クラウドWiFiが選ばれる6つの特徴

世界中これ一台で

クラウドWiFiならSIMカードの差し替えなしで世界135の国と地域でそのまま使える!次世代通信方式「クラウドSIM」採用で国内でも海外でもその場所で最も最適な電波を自動で選択して通信できます。

海外利用時の料金について▶︎▶︎

海外でも1日1GB使える

クラウドWiFiなら対応する国なら1日あたり1GBもの大容量通信ができる!容量を使い切っても最大384kbpsで通信できるからIP電話なら無制限で可能です。

海外利用時の料金について▶︎▶︎

4GLTE回線で高速通信

クラウドWiFiなら海外でも4GLTE回線で高速インターネットができる!3G通信の約3倍の速度で快適通信が可能です。※渡航国によっては3G回線での通信になります。

海外利用時の料金について▶︎▶︎

一日中使えるバッテリー

クラウドWiFiが採用しているGlocalMe U3/U2sなら連続12時間の通信が可能!朝から晩まで一日中充電なしで使える!

海外利用時の料金について▶︎▶︎

周遊でも借り換えなしで

クラウドWiFiなら世界135の国と地域で使えるので、複数の国を周遊する場合でも端末の借り換えなし!2カ国でも3カ国でもOK!世界一周もできる!手続き不要で電源を入れるだけで通信可能!

海外利用時の料金について▶︎▶︎

移動時間は費用発生なし

クラウドWiFiを海外で使うときに料金がかかるのは電源を入れた時だけ!他社WiFiと違って移動時間に料金がかからないからお得に使える!

海外利用時の料金について▶︎▶︎

クラウドWiFiなら世界中これ一台で|電源を入れるだけで世界135の国と地域で使える

クラウドWIFiなら世界135の国と地域で使えます。

クラウドWiFiは次世代通信システム「クラウドSIM」の仕組みを採用しているため、日本国内だけでなく海外でもその場所で最適なキャリア回線を自動で選択して使えるのが最大の特徴です。

その国の通信キャリアの中から最適な回線を使って通信ができるため、カバーエリアも広くいつでもどこでも快適通信を実現することができます。

使い方は電源を入れるだけ!面倒な設定不要ですぐにインターネットに接続可能。

しかも電源を入れた分しか料金がかからないのでお得に使用できます。

クラウドWiFi

主要観光地が首都圏だけとは限りません。郊外の観光地へ行った途端に圏外になるなんてことはクラウドWiFiでは少ないでしょう。電波状況に応じてその場所で最適な電波で通信ができるためカバーエリアも広くいつでもどこでもインターネットを楽しむことができます。

一般的な海外WiFi

通常の海外ポケットWiFiは特定のキャリアにしか接続できないため、電波状況が悪いところでは通信ができない可能性があります。

海外利用料金を見る▶▶

海外でも大容量通信が可能|1日1GB!使い切っても繋がる

クラウドWiFiならどの国へ行っても1日1GBの大容量通信が可能です。

旅先で撮った写真をSNSにすぐアップ!リアルタイムで日本国内にいる友人とのテレビ電話も問題なくできるという大きな魅力を秘めています。

クラウドWiFi

1日1GBの大容量通信が可能!パケットを使い切っても最大384kbpsで通信ができるため、IP電話程度のやりとりであれば実質無制限で利用できます。

一般的な海外WiFi

一般的な海外WiFiの1日あたりのパケット上限は500MB程度となっており、使い切った後の速度については明記されていないことが多く、場合によっては通信制限がかかって通信不可となるケースもあります。

海外利用料金を見る▶▶

4GLTE回線で海外でも快適インターネットができる

海外でも4GLTE回線で高速通信が可能!

待ち時間が少なくサクサクインターネットが楽しめます。

※渡航国によっては3G回線のみしか対応していない場合があるため利用前に渡航国についての詳細をご確認下さい。

クラウドWiFi

どのプランでも4GLTE回線の高速通信が可能!料金プランで悩む必要がありません。

一般的な海外WiFi

一般的なポケットWiFiでは3G回線が割安な価格、4G回線が若干高額な価格設定となっています。高速通信を選ぶと料金が上がるというデメリットがあります。

海外利用料金を見る▶▶

一日中使えるバッテリー|1回の充電で12時間たっぷり使える

クラウドWiFiが採用しているGlocalMe U3/U2sなら連続で12時間使用することができます。

充電をするのが難しい海外旅行でも朝から晩まで充電なしでたっぷり使えて、バッテリー切れの心配がありません。

モバイルバッテリーを用意しないでいいのは荷物が一つ減るメリットがあります。

クラウドWiFi

最大12時間の通信ができるため海外でも朝から晩までたっぷり使える!モバイルバッテリーを持ち歩く必要もありません。

一般的な海外WiFi

一般的な海外WiFiではバッテリー切れの心配を考慮してオプションでモバイルバッテリーの貸し出しも追加料金を払うことで行っている場合が多いです。

海外利用料金を見る▶▶

GlocalMe端末で世界一周も|周遊旅行でも借り換えの心配なし

クラウドWiFiは世界135の国と地域で使用できます。

よって、複数の国を跨ぐ周遊旅行の場合でもポケットWiFiを借り換える手間はありません。

面倒な手続きの時間もすべて旅行を楽しむ時間に費やすことができるのは素晴らしいメリットでしょう。

クラウドWiFi

1台で世界135の国と地域で使えるため、国を跨いで移動する旅行でも新たなポケットWiFiを借りる必要はありません。電源を入れるだけでその国の最適な電波でインターネットを楽しむことができます。

一般的な海外WiFi

一般的な海外WiFiでも周遊プランがありますが、1日あたりの通信量が少ない、3G回線しか使えないなど制約が多い場合があります。また2カ国以上の周遊旅行であらたにポケットWiFiを借り直す必要も出てきます。

海外利用料金を見る▶▶

使った分しかかからないお得な料金体系

クラウドWiFiは現地で「電源を入れた日」しか料金がかかりません。

日本から遠く離れた国へ行く場合は往復で24時間以上かかる場合も…そうしたとき一般的な海外WiFiでは移動時間もレンタル期間にカウントしますが、クラウドWiFiなら現地で使った分しか料金がかからないため通信費用の節約につながります。

クラウドWiFi

海外で電源を入れた日しか料金がかかりません。飛行機に乗っている間は電源をOFFにしておけば通信費用の請求はありません。

一般的な海外WiFi

一般的な海外WiFiの場合、渡航開始日から帰国日までのレンタル料金がかかります。よって、飛行機に乗っている間もレンタル費用が発生しており無駄が大きいのが現実です。加えて返却が遅くなると延滞費用も発生するため、結果として総費用が高額となるケースがあります。

海外利用料金を見る▶▶

クラウドWiFiの料金について

クラウドWiFiは国内/海外で使えるポケットWiFiのレンタルサービスで、1ヶ月単位でのレンタルが可能です。

日本国内では月間20GB〜の通信が可能となっており、海外での利用に関しては「電源を入れたときのみ」1日毎に費用が発生する形となっています。

利用料金についてのご案内

  • 月額費用:2,580円(税込)/月間20GB〜
  • 契約事務手数料:3,300円(税込)
  • 海外利用:渡航国と日数による返送料:自己負担
  • 合計:2,580円(税込)+海外利用料+返送料~※別途契約事務手数料がかかります

国内利用料金

  • 契約事務手数料(契約月のみ請求):3,300円(税込)
  • 発送費用:無料
  • 返送費用:自己負担(レターパックライト利用で370円(税込))
月間容量月額費用
20GB2,580円(税込)
50GB2,980円(税込)
100GB3,718円(税込)
月間容量超過後は月末まで128kbpsに速度が制限されます。

海外利用料金

行きたい国名をタップするとその国のインターネット事情に関する記事を見ることができます。

渡航国1日1GBの料金
ベトナム¥700
韓国¥750
中国¥1,100
台湾¥750
タイ¥750
香港¥800
カンボジア¥800
インドネシア¥800
マレーシア¥850
シンガポール¥850
フィリピン¥950
スリランカ¥1,000
ネパール¥1,000
インド¥1,050
ラオス¥1,100
マカオ¥1,100
バングラディシュ¥1,450
モンゴル¥1,450
ミャンマー¥1,450
ロシア¥900

解約について

クラウドWiFiでは当月15日までの解約申請では当月解約が可能です。当月解約の場合は解約月月末までに端末のご返送をお願いいたします。(翌月1日の消印有効)

16日以降の解約申請では来月末の解約となりますのでご注意下さい。

解約はマイページからお問い合わせくださいませ。

解約時に発生する費用
  • 利用月の月額料金(日割り計算なし)
  • 返却時の送料

注意点

  • 当月末での解約は15日までです。それ以降になると翌月末での解約となります。
  • 端末の返却は解約する月の翌月1日消印有効です。
  • 返送時の送料は自己負担となります。

【クラウドWiFiの端末返却先】
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-18-19
新宿税理士ビル第二別館佐竹ビル2F

海外WiFiの記事一覧

トップへ