グアテマラのインターネット事情を解説|おすすめはWiFiレンタル!

  • URLをコピーしました!

マヤ文明が栄えた土地としても知られるグアテマラは、遺跡や美しい湖などの人気観光地があり海外から多くの観光客が訪れています。

国全体でみるとインターネット普及率は低いものの、観光客が多く訪れるエリアは比較的フリーWiFiのスポットが豊富です。

しかし、観光客がフリーWiFiを使う場合は注意点が多く、おすすめはできません。

この記事では、フリーWiFiを含め日本人がグアテマラに滞在する際のインターネット手段や注意点について紹介します。

旅行中にインターネット接続できず困らないように安全で確実な方法を選びましょう。

グアテマラでのインターネット接続手段比較表

スクロールできます
通信品質セキュリティ使いやすさコスト
ポケット型WiFi
フリーWiFi×
プリペイドSIM
海外ローミング
  • ポケット型WiFi(★おすすめ) 
    安全性が高く電源を入れるだけで使える。複数デバイスで利用可能。
  • フリーWiFi 
    無料で使えると言う利点を除くと、通信品質やセキュリティに不安が生じる。
  • プリペイドSIM
    現地で購入すると安価な反面、煩雑な設定が必要なため最低限の知識が必要である。
  • 海外ローミング
    設定のハードルは高くはありませんが、他の手段と比べ割高になる事も。
目次(タップしてジャンプ)

グアテマラのインターネット事情は?

どんな手段を使うにしろ海外でインターネットを快適に使えるかどうかは、その国のインターネット事情に影響されます。

そこで、まずはグアテマラのインターネット普及率や平均的な通信速度をみていきましょう。

グアテマラのインターネット普及率

グアテマラのインターネット普及率(2019年6月時点)

国名/地域名普及率
グアテマラ41.4%
中米平均61.9%
※参照元:「Internet World Stats」(参照したデータをもとに、当サイトが表を作成しています。)

グアテマラはインターネット普及率が中米平均よりずっと低く約40%となっています。

同サイトのデータによれば、2021年6月時点における日本のインターネット普及率が94.5%ですからその半分以下となります。

データを見る限り、グアテマラは日本のように「どこでもインターネットが使える」状態ではないと考えた方がよさそうですね。

グアテマラでインターネットを使いたいときは、事前に十分な準備をしておきたいところです。

次に通信速度のデータをみていきましょう。

グアテマラの平均通信速度と順位(2022年1月時点)

固定回線

順位国名平均通信速度(下り)
全世界59.86Mbps
9アメリカ143.76Mbps
14日本112.90Mbps
110グアテマラ21.56Mbps

モバイル回線

順位国名平均通信速度(下り)
世界29.60Mbps
21アメリカ62.47Mbps
42日本42.90Mbps
93グアテマラ17.82Mbps
※参照元:SPEEDTEST「Speedtest Global Index」(参照したデータをもとに、当サイトが表を作成しています。)

固定回線もモバイル回線も、グアテマラは日本に比べて平均通信速度がずっと遅いことがわかります。

グアテマラで快適にインターネットを使いたいときは、できるだけ品質の安定したインターネット手段を準備しておいた方がよいでしょう。

日本人がグアテマラに旅行や出張で滞在する際のインターネット手段は?

日本国内ではキャリアの通信回線が広い地域をカバーしている上にフリーWiFiのスポットも豊富にあります。

外へ出かけても、人里から離れた場所でなければインターネット接続できず困ることはあまりありません。

それではグアテマラへ旅行や出張で出掛ける際は、どんな方法でインターネット接続できるでしょうか。

主な手段として、以下4つがあげられます。

グアテマラでインターネットを使う4つの方法
  1. 空港や街中に設置されてあるフリーWiFiのスポットを使う
  2. 現地で使えるプリペイドSIMを購入する
  3. 日本の通信キャリアが提供している海外ローミングを使う
  4. ウルグアイに対応した海外用ポケット型WiFiを日本でレンタルして持っていく

以下、実際にどのような手段か詳しく見ていきましょう。

1.空港やホテルに設置されてあるフリーWiFiのスポットを利用する

フリーWiFiのスポットがあれば、スマートフォンなどでつなげてインターネットを利用できます。

以下、グアテマラ国内でどのくらいフリーWiFiのスポットがあるかみていきましょう。

空港のWiFiスポットは?

世界中のWiFiスポットを検索できるアプリ「WiFi MAP」で調べてみましょう。

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map LLC無料posted withアプリーチ

ラ・アウロラ国際空港

(青色のマークがWiFiスポットを表しています)

ラ・アウロラ国際空港は、グアテマラの首都「グアテマラシティ」から6kmとアクセスのよい場所にある空港です。

空港内に複数のWiFiスポットがあるのがわかりますね。

観光地のWiFiスポットは

有名な観光地にはWiFiスポットがあるでしょうか。

以下、1つずつみていきましょう。

ラ・アウロラ動物園は、首都「グアテマラシティ」にある動物園で、ラ・アウロラ国際空港から車なら5分程度とアクセスしやすいです。

中には伝統的なグアテマラ料理を提供するレストランもあり、食事も楽しめます。

首都だけあって、周辺にはたくさんのWiFiスポットがあることがお分かりいただけるでしょう。。

「6」「7」と数字が書いてあるマークは、周辺にその数のWiFiスポットがあることを示しています。

グアテマラのホテルは

旅行や出張で最もフリーWiFiを使いたいのは、滞在先のホテルでしょう。

そこで「Booing.com」のデータをもとに、グアテマラのホテルにおけるフリーWiFiの設置状況を調べてみました。

その結果は以下の通りです。

グアテマラのホテルにおけるフリーWiFi設置状況

スクロールできます
地名掲載ホテル数フリーWiFiが設置されたホテル数設置割合
グアテマラ全土781623約80%
グアテマラシティ148128約86%
アンティグア187171約91%
※2022年3月1日時点の情報

グアテマラのホテルでは、ご覧のようにほとんどフリーWiFiが設置されています。

ただ設置割合が100%ではないので注意が必要です。

また観光情報誌「地球の歩き方」には、以下のような気になる記載があります。

(グアテマラの)高級ホテルから経済的なホテルまで、ほとんどの宿泊施設ではWi-Fi環境が整っているが、客室でアクセスできず、ロビーなど公共エリアのみ可能という場合もあ る。

参照元:地球の歩き方・中米(2018~2019/P355)

せっかくWiFiに対応していても、客室で使えないのは不便ですね。

フリーWiFiはセキュリティ面と利便性に致命的な問題がありおすすめできない

フリーWiFiはいろいろな場所で使えて一見便利ですが、セキュリティ面でも利便性でも致命的な問題があります。

グアテマラを訪れたときに、メインで使うインターネット手段としてはおすすめできません。

フリーWiFiは仮に暗号化されていても、パスワードが公開されています。

悪意のある第三者であれば、通信内容を簡単に盗み見ることができてしまうのです。

フリーWiFi上でクレジットカード決済やアプリ決済を行った場合、クレジットカード情報が盗まれ悪用される可能性があります。

またフリーWiFiで注意すべきなのは、本物になりすましたWiFiスポットの存在です。

万が一なりすましのWiFiスポットに接続してしまうと、やはり情報が盗み取られたりウイルス感染させられたりすることもあります。

右も左もわからないグアテマラで、こんな被害にあうのは避けたいですね。

フリーWiFiは利便性も高いとは言えません。

フリーWiFiを使うためには、カフェやホテルなどの設置場所に行く必要があります。

無料のWiFiが多い街中でも、近くにWiFiスポットがなければインターネットに接続できないのです。

地球の歩き方に書いてあった注意をみてもわかるようにホテルの部屋に電波が届かず、ロビーでしか使えないという可能性もあります。

さらにフリーWiFiは必ずしも通信品質が良いとは言えず、繋がっても通信速度が非常に遅いというケースも少なくありません。

通信速度が足りず、ホームページや地図を開けないなんてこともあるのです。

グアテマラへ訪れたときにインターネット接続できずストレスを溜めたくないなら、フリーWiFi以外の手段を用意しておくことをおすすめします。

ピーマンくん

フリーWiFiって無料で気軽に使えると思ってたけど、、、

トマト先生

フリーWiFiは簡単に使える反面、デメリットが多いことも覚えておくんじゃぞ。

現地で使えるプリペイドSIMを購入する

プリペイドSIMとはスマートフォンなどに挿入することで、契約した分だけインターネットが使えるようになる通信チップです。

現在お使いのスマートフォンにもこの「SIMカード」が挿入されていることで、インターネット通信が可能となっていることはご存知ない方も多いのではないでしょうか。

たとえば3GB/7日間という契約内容のプリペイドSIMなら、有効期限が7日間で合計3GBまでインターネットを使えます。

グアテマラでは現地でプリペイドSIMを購入して利用可能です。

当サイトで調べた限り、現地で以下プランのプリペイドSIMが販売されているのを確認しました。

通信会社プラン
Tigo800MB/2日(Q10【約150円】)
3.3GB/1週間(Q30【約450円】)
5GB/15日(Q50【約750円】)
10GB/1ヵ月(Q99【約1,485円】)
Craro2GB/3日(Q20【約300円】)
4GB/7日(Q30【約450円】)
6GB/15日(Q50【約750円】)
10GB/30日(Q100【約1,500円】)
※1ケツァル(Q)15円として計算しています。
※2022年3月1日時点の情報です。

ただグアテマラの公用語であるスペイン語を話せないと、現地でプリペイドSIMを購入するのは難しいかもしれません。

日本でプリペイドSIMを購入し、現地へ持ち込む方が現実的でしょう。

インターネット設定に慣れていない人は、プリペイドSIMを使うのは困難

プリペイドSIMの設定はいろいろと難しい点が多く、インターネット設定に慣れていない人でないと使うのが困難です。

プリペイドSIMを使うためには、以下の条件を満たさないといけません。

グアテマラでプリペイドSIMを使う3つの条件
  • インターネット接続するスマートフォンに対して、「SIMロック」がかかってない。
    ※キャリアで購入したスマートフォンは、SIMロック解除という手続きをしないといけない場合が多い
  • スマートフォンが、現地キャリアの周波数帯域に対応している必要がある
  • 自分でSIMカード挿入や「APN設定(接続先情報設定)」といった設定ができる

このためプリペイドSIMは、インターネットの設定を自分1人で行える「玄人向け」と言えます。

設定方法などを少しでも不安に思う場合は他のインターネット手段を検討した方が良いでしょう。

3.キャリアが提供している海外ローミングを使う

日本国内のスマートフォンユーザーの約9割がドコモ・au・ソフトバンクのいずれかのキャリアを使っているというのは有名な話です。

恐らくあなたもその一人ではないでしょうか?

キャリアのサービスには「海外ローミングサービス」と言って、SIMカードを入れ替えなくても事前に手続きを行うことで海外でもお使いのスマートフォンをそのまま使える機能があります。

前述のプリペイドSIMカードに比べるとハードルが低いですが、全てのキャリアがグアテマラでの海外ローミングに対応しているわけではないので注意して下さい。

当サイトで調べた各キャリアのウルグアイでの海外ローミング対応状況・各キャリアの利用料金については下記表をご覧ください。

サービス名内容
ドコモ■パケットパック海外オプション
200円/1時間〜
980円/24時間
2,480円/3日間
3,980円/5日間
5,280円/7日間
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は30GBが上限
■海外パケ・ホーダイ
24.4MB /日|1,980円
無制限/日:2,980円
◇通話:従量課金
→利用にはWEB/店頭/電話から申込手続きが必要
au■世界データ定額
(利用日数:1日から30日)
490円/24時間〜
690円/24時間〜
980円/24時間〜
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は60GB-80GBが上限
◇通話:従量課金
→利用には「世界データ定額アプリ」から申込手続きが必要
ソフトバンク■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
ahamo■非対応
povo■対応予定
※詳細は未決定(2021年10月時点)
◇未定
LINEMO■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
※アメリカ放題非対応
楽天モバイル ■非対応
※2022年2月時点

注意しなければならないのは、ドコモ・auに関しては海外で使用したパケット通信量が国内で契約しているパケットプランから差し引かれるという点です。

パケット上限がないプランに加入していれば問題ありませんが、そうでない低容量プランの場合は海外での利用料金に加えてパケット代金も発生してしまうため、高額請求となる場合も考えられます。

ソフトバンクユーザーに関しては国内パケット通信量から引かれることはありませんが、その分一日当たりの利用料金が高額となっています。

トマト先生

キャリアの海外ローミングサービスは非常に便利じゃが、このように落とし穴があるんじゃ。
特にソフトバンクを使っている人やそれ以外のパケット無制限プランに加入していない場合は注意するんじゃぞ。

4.海外で使えるポケット型WiFiを日本でレンタルして持っていく

海外旅行や出張で渡航する際、現地でインターネットを使うのに最も安全で便利な方法として挙げられるのが
日本でレンタルしたポケット型WiFiを現地で使う事です。

これまで紹介したフリーWiFiやプリペイドSIMと比較した場合の特徴を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

海外用ポケット型WiFiを日本でレンタルした場合の特徴
  • インターネットを安全に使える
  • 電源を入れた時だけ料金が発生する
  • 事前に受け取りが出来る
  • 1台の端末で世界134ヶ国の周遊が可能

インターネットを安全に使える

前述したように、フリーWiFiはセキュリティの脆弱性がマイナス要素となっており、海外で安全にインターネットを使用することにおいては対局にあります。

ビジネスで国外へ出張される場合、機密ファイルのデータ送信やクレジットカードの情報などを入力することもあるので尚更顕著であると言えるでしょう。

通信速度の観点から見ても、決して快適な速度で通信ができるとは言えなく、例えば現地で近くのレストランを探したり、SNSで画像を投稿する時にも時間がかかってしまうようでは快適なインターネットとは言えません。

その点、海外用ポケット型WiFiを日本でレンタルしていけば個別のネットワークとパスワードで保護されているため、快適な速度で安全なインターネット環境を有することができます。

電源を入れた時だけ料金が発生する

従来の海外用ポケット型WiFiの多くは、日本でレンタルしてから帰国後に返却をするまで料金が加算されていくシステムが主流であり、データ通信をしない日であっても料金が発生していました。

例えば人気国のハワイなら日本からのフライト時間が8時間ほど、アメリカのロサンゼルスであればフライト時間だけでも10時間以上となりますが、これまではインターネットを使用していないこの時間においても料金がかかっていました。

当サイトがおすすめする海外用ポケット型WiFiは、電源を入れた時だけ料金が発生するので、フライト時間や現地でWiFiを使用していない時は通信料が無料となっている事が特徴と言えます。

事前に受け取りが出来る

プライベートであってもビジネスにおいても、渡航先でスケジュールを組む方が大半だと思われますが
海外でインターネット環境を手配するには、それなりの知識や言語を要します。

例えば現地でSIMを手配するとなると、販売している所に出向き現地の言葉、または英語で商品を購入して自身の端末との接続を行う作業が必要となり、本来計画していたスケジュールを変更することも。

海外用のポケット型WiFiを日本でレンタルして、事前に受け取っておけば現地でも計画的にスケジュールが組めると言えるでしょう。

1台の端末で世界134ヶ国の周遊が可能

当サイトがおすすめする海外用ポケット型WiFiはクラウドSIMという規格を用いているため、利用場所に応じてクラウドサーバー上に存在する複数のSIMカードから最適なものを自動的に適用する仕組みとなっています。

海外においてもその利点を発揮し、日本を含めた世界134の国や地域でインターネットを利用できます。

このクラウドSIMの起用により、これまで国を跨ぐ度に変更していた設定や手続きの必要がなくなったことが、日本からWiFiをレンタルするメリットの最たるものと言えるでしょう。

\安全で快適に使える/
クラウドWi-Fiを見る >

まとめ

グアテマラは首都グアテマラシティをはじめ、多くの人気観光地やホテルでフリーWiFiが使えます。

しかしフリーWiFiはセキュリティ的な不安が多いだけでなく、設置場所の近くでしか使えないなど便利とは言えず、強くおすすめできません。

日本国内でプリペイドSIMを購入してグアテマラへ持ち込む方法はプリペイドSIMを使うにはクリアしないといけない条件が複数あり、慣れていない方にとってハードルが高いのは否めません。

せっかくプリペイドSIMを購入しても、使えずにお金を無駄にしてしまう可能性もあります。

グアテマラで確実にインターネットを使うためには、通信キャリアの海外ローミングか海外用ポケット型WiFiを使うのがよいです。

ただ残念ながら、グアテマラでの海外ローミングに対応していないキャリアも少なくありません。お使いのプランや設定次第では、帰国後に高額な料金を請求される可能性もあります。

グアテマラで簡単・快適にインターネットにつなげられる方法は海外用ポケット型WiFiです。

海外用ポケット型WiFiなら料金も定額制で、意図しないような高額な料金を請求されることもありません。

せっかく楽しみにしていた海外旅行ですので、現地では快適で快適に過ごすためのインターネット手段をじっくり検討することも楽しみを倍増させるためにきっと必要なことです。

あなたのグアテマラ旅行がいいものになることを祈っています!

トマト先生

やはり海外で一番簡単にインターネットができるのは日本国内から「海外専用ポケット型WiFi」を持っていくことじゃのう!

ピーマンくん

グアテマラ旅行へ行くならポケット型WiFiがおすすめだよっ!

\安全で快適に使える/
クラウドWi-Fiを見る >

あなたの行きたい国はどこ?

興味のある国のインターネット事情をチェック!

行きたい国をクリック
ベトナム
韓国
中国
台湾
タイ
香港
カンボジア
インドネシア
マレーシア
シンガポール
フィリピン
スリランカ
ネパール
インド
ラオス
マカオ
バングラディシュ
モンゴル
ミャンマー
ロシア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いピーマンっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

WiFiPman登場人物紹介

■ピーマンくん■

Pman学園の生徒の一人。通信系の知識を学ぶために日夜勉強に励む努力家。好きなものはピーマンの肉詰め。
■トマト先生■

Pman学園の先生。ポケットWiFiのみならず通信系界隈の知識が豊富。トレードマークはちょっとグレーになってきている口髭。話が長いことが玉に瑕。
■レモンちゃん■

Pman学園の生徒でみんなのアイドル的存在。容姿端麗でかつ勉強が得意で通信関係の補足知識をよく教えてくれる。最近の流行りはヘアアレンジ。

この記事を書いた人

WiFiやインターネット回線でお困りの方に、最新最適な情報をお届けできるよう常に情報収集に励んでおります!
また海外でのインターネット事情にも精通しているので、現地情報を盛り込んだフレッシュな情報をお送りいたします!

目次(タップしてジャンプ)