ザンビアのインターネット事情は?フリーWiFiは使える?

  • URLをコピーしました!

ザンビアは広大な自然が広がる魅力的な観光地です。

たくさんの野生動物を間近で見られるサファリを体験可能なスポットも、ザンビアには数多く存在します。

そんなザンビアへ日本人の観光客が滞在する際は、どのような手段でインターネットに接続できるでしょうか。

この記事ではザンビアのインターネット事情と、フリーWiFiをはじめ日本人観光客が使える主なインターネット接続手段の種類を紹介します。

どの手段が簡単で快適に使えるかも解説しているので参考にして下さい!

ザンビアでのインターネット接続手段比較表

スクロールできます
通信品質セキュリティ使いやすさコスト
ポケット型WiFi
フリーWiFi×
プリペイドSIM
海外ローミング
  • ポケット型WiFi(★おすすめ) 
    安全性が高く電源を入れるだけで使える。複数デバイスで利用可能。
  • フリーWiFi 
    無料で使えると言う利点を除くと、通信品質やセキュリティに不安が生じる。
  • プリペイドSIM
    現地で購入すると安価な反面、煩雑な設定が必要なため最低限の知識が必要である。
  • 海外ローミング
    設定のハードルは高くはありませんが、他の手段と比べ割高になる事も。
目次(タップしてジャンプ)

ザンビアのインターネット事情は?

海外からの観光客がどれだけインターネットを使えるかは、その国のインターネット事情に左右されます。

インターネット環境が整備された国の方が、観光客も快適にインターネットが使えることは言うまでもありません。

そこで、ここではザンビアのインターネット事情をみていきましょう。

まずは世界のインターネット統計を公開している「Internet World Stats」のデータから、ザンビアのインターネット普及率を紹介します。

ザンビアのインターネット普及率(2022年)

国名/地域名普及率
ザンビア52.2%
アフリカ平均43.0%
※参照元:「Internet World Stats

統計の年は違いますが、日本のインターネット普及率は94.5%(2021年)です。

ザンビアのインターネット普及率は52.2%でアフリカ平均より若干高いものの、日本と比べ40%以上低くなっています。

インターネットが普及した日本では、人が少ない場所でない限りたいていインターネットを利用可能です。

インターネットに接続できず困るということはありません。

一方で日本よりはるかにインターネット普及率が低いザンビアでは、日本のように簡単にインターネット環境を確保できそうにないですね。

ザンビア観光中にインターネットを使いたいときは、事前の情報収集や準備が欠かせません。

次にザンビアのインターネット通信速度をみていきましょう。

いくらインターネットに接続できても、通信速度が遅過ぎるようであれば思うように使うことはできません。

参考にするのは、インターネット通信速度測定サイト「SPEED TEST」がまとめたデータです。

ザンビアのインターネット通信速度と順位(2022年4月時点)

固定回線

スクロールできます
順位国名通信速度(下り)
全世界63.46Mbps
8アメリカ151.21Mbps
14日本123.98Mbps
165ザンビア6.22Mbps

モバイル回線

スクロールできます
順位国名通信速度(下り)
世界30.75Mbps
26アメリカ61.06Mbps
45日本42.79Mbps
130ザンビア10.48Mbps
※参照元:SPEEDTEST「Speedtest Global Index
※参照したデータをもとに、当サイトが表を作成しています。
※インターネット通信速度の「中央値」による統計です。

ご覧の通りザンビアのインターネット通信速度は、日本と比べはるかに低速です。

日本では通信速度が遅過ぎてストレスを感じると言ったことはほとんどありません。

一方のザンビアでは、これだけ日本と差があると通信速度が遅くて思うように使えないことが多そうですね。

ザンビアで快適にインターネットを使いたいときは、できるだけ通信品質のよい手段を選びたいものです。

ザンビアでは固定回線よりモバイル回線での通信速度が速いことも気になります。

(一般的には逆)ザンビアでは海外ローミングや海外用ポケット型WiFiのようなモバイル通信の方が、快適にインターネットを使えそうです。

日本人がザンビアに旅行や出張で滞在する際のインターネット接続手段とは?

インターネット普及率や通信速度のデータをみる限り、ザンビアのインターネット事情はお世辞にも良いとは言えません。

そんなザンビアへ日本人が観光や出張で訪れた際は、どのような手段でインターネットへ接続できるでしょうか。

代表的な手段としては、以下4種類が挙げられます。

ザンビアでインターネットに接続する4つの方法
  1. ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する
  2. ザンビアで利用可能なプリペイドSIMを購入する
  3. 日本の通信キャリアが展開している海外ローミングサービスを使う
  4. ザンビアに対応した海外用ポケット型WiFiを使う

それぞれどのような方法になるか、以下1つずつみていきましょう。

1.ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する

フリーWiFiとは無償で提供されているWiFi環境です。日本でもホテルや街のカフェなどが、サービスの一環としてフリーWiFiを提供しています。

それではザンビアではどのくらいフリーWiFiのスポットがあるでしょうか。

以下、ザンビアのなかでも日本人がよく訪れる場所にフリーWiFiスポットがあるかみていきましょう。

空港のWiFiスポットは?

入出国の際に使う空港には、手続きなどで長い時間滞在することになるためフリーWiFiを使いたくなるでしょう。

そこで、ここではザンビアの空港でフリーWiFiが使えるかみていきます。

日本人がザンビアの入出国時に使うのは、首都ルサカにあるルサカ国際空港(別名:ケネス・カウンダ国際空港)です。

空港の公式サイトには、フリーWiFiの提供について以下のように記載されています。(当サイトで日本語に訳しています。)

ケネス・カウンダ国際空港では、ターミナルビル内でフリーWiFiが利用可能です。

参照元:Zambia Airports Corporation Limited公式サイト

公式サイトの情報をみる限り、ルサカ国際空港ではフリーWiFiが使えるようですね。

観光地のWiFiスポットは?

先に結論をまとめると、ザンビアの観光地でも市街地ではフリーWiFiを使える場所が多いです。

反対に広大な自然が広がるエリアでは、当サイトが確認した限りフリーWiFiスポットが見つけられませんでした。

ここでは世界中のWiFiスポットを検索できるアプリ「WiFiMAP」のデータを参考に、ザンビアの各観光地でフリーWiFiが利用可能かみていきます。

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map LLC無料posted withアプリーチ

WiFiMAPでは、フリーWiFiスポットを青い丸のマークで表しています。

青い丸の中に数字が書かれているのは、周辺にその分だけフリーWiFiスポットがあるということです。

ビクトリアの滝(リビングストーン)

世界三大瀑布の1つで世界遺産にも登録されている「ビクトリアの滝」は、ザンビアで最も有名な観光地です。

ビクトリアの滝は最大落差が108mもあり、この巨大な滝から水が流れ落ちる大迫力の光景には圧倒されるでしょう。

滝つぼから立ち上る水煙は最大で1kmほどの高さになり、20km離れた場所からでも見える程です。

上記WiFiMAPのキャプチャは、ビクトリアの滝観光の拠点となる街「リビングストーン」のメインストリートを写しています。

海外からの観光客が集まるエリアということもあり、この周辺にはフリーWiFiスポットが複数みられますね。

ただし同じリビングストーンでも、WiFiMAPをみる限りメインストリートを外れるとほとんどフリーWiFiスポットは見当たりませんでした。

ルサカ国立博物館(ルサカ)

「ルサカ国立博物館」は、ザンビアの歴史や暮らしを学べるスポットです。

観光の拠点となる首都ルサカの中心部にあるため気軽に立ち寄れるでしょう。

首都の中心ということもあって、WiFiMAPをみると周辺に多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

ルサカ国立博物館の近くには、ザンビアの伝統文化に触れたりザンビア土産を買えたりする「カブワタ文化村」もあります。

ロウワーザンベジ国立公園

「ロウワーザンベジ国立公園」は、数あるザンビアの国立公園のなかでも首都ルサカから最も近いサファリスポットです。

ルサカの中心部からロウワーザンベジ国立公園まで、車なら3時間ほどでアクセスできます。

園内ではサファリでゾウをはじめ、ライオンやバッファローなど様々な野生動物の姿を鑑賞可能です。

大自然の中にある観光地ということもあり、WiFiMAPをみても流石にこのあたりでフリーWiFiスポットは確認できませんね。

サウスルアングア国立公園

サウスルアングア国立公園は、ザンビアでも人気の高いサファリスポットです。

ライオンをはじめとした肉食獣に出会える可能性が高い上に、ザンビアでは数少ないナイトサファリを楽しめるスポットでもあります。

上記WiFiMAPはサウスルアングア国立公園を写していますが、この周辺にも流石にフリーWiFiスポットは確認できませんね。

ザンビアのホテルは?

ザンビア滞在中に一番長い時間を過ごすのは宿泊先のホテルです。

ザンビアのホテルではフリーWiFiは使えるでしょうか。

ここでは世界最大級のホテル予約サイト「Booking.com」のデータを参考に、ザンビアのホテルにおけるフリーWiFiの提供状況を紹介します。

ザンビア主要観光地のホテルにおけるフリーWiFi設置状況

スクロールできます
都市掲載ホテル数フリーWiFiが設置されたホテル数設置割合
ザンビア全土205153約75%
ルサカ11490約79%
リビングストーン3228約88%
※2022年5月31日時点の情報です

ビクトリアの滝の観光拠点であるリビングストーンでは約90%、ザンビア全体でも約75%のホテルでフリーWiFiが提供されています。

さらにザンビア全体で3つ星以上のホテルに絞ると、フリーWiFiの設置率は約89%(89件中79件)となりました。

この結果からザンビアでは、日本人が使いそうな品質の高いホテルならほぼフリーWiFiが利用できると考えてよさそうですね。

ただ全てのホテルで提供されているわけではないので、ホテルで確実にフリーWiFiを使いたいときは事前に確認した方がよいでしょう。

またホテルによっては共有エリアのみでフリーWiFiが提供され、客室で使えない場合もあるので注意して下さい。

フリーWiFiはセキュリティ的にも利便性にも問題がありおすすめできない

ザンビアでは空港や市街地の観光スポット、ホテルなどでフリーWiFiを使える場所が多いことをみてきました。

しかしフリーWiFiはセキュリティ上の不安がある上に、利便性の面で大きな問題点があります。

ザンビアでメインに使うインターネット接続手段としてはおすすめできません。以下、その理由を詳しく解説しますね。

1.フリーWiFiの通信は簡単に盗み見られてしまう

フリーWiFiの通信は暗号化されていないか、されていても暗号化に使うパスワードが公開されています。

そのためフリーWiFiの通信を盗み見ることは技術的に難しくありません。

仮にフリーWiFi上でクレジット決済やアプリ決済を行った場合、クレジットカード番号が盗み見られ悪用される可能性もあるのです。

2.フリーWiFiのなりすましによる被害も多い

フリーWiFiに似せた「なりすまし」を使い、通信内容を盗み見られるなどの被害も少なくありません。

なりすましに誤って接続してしまった場合、個人情報を盗み見られたりウイルスに感染させられたりするのです。

さらに悪いことに、なりすましはWiFiを使い慣れた人でも簡単に見分けることはできません。

なりすましに接続してしまったことに気づかず、知らないうちに被害が発生していたなんてこともあり得るわけです。

このようにセキュリティの不安が大きい状態では、快適にフリーWiFiを使うことはできませんね。

3.フリーWiFiスポットのすぐ近くでないと使えない

フリーWiFiの最も大きな注意点は、専用スポットのすぐ近くでしか使えないことです。

路上でスマートフォンの地図を調べたくても、フリーWiFiは近くに専用スポットがなければ、インターネットに接続することすらできないのです。

また近くのカフェやレストランでフリーWiFiを提供していたとしても、そのお店へ行って客として注文しないと使わせてもらえません。

4.フリーWiFiは通信品質が不安定

フリーWiFiの通信品質は、スポットによってばらばらです。

同じお店やホテルでも、テーブルや客室の位置によっては「つながりやすい」「つながりにくい」といった差も生じます。

仮に通信品質が悪くても、店員やホテルのスタッフへお願いしてすぐに改善してもらうことはほぼ不可能です。

以上のような点から、ザンビアではこれから紹介する他の手段をえらぶことをおすすめします。

フリーWiFiは他の手段がないときに限り、個人情報を送受信せず必要最低限だけ使うようにしましょう。

2.ザンビアで利用可能なプリペイドSIMを購入する

プリペイドSIMとは前払い方式のモバイル通信サービスです。

プリペイドSIMでは最初に決まった期間・通信量のモバイル通信サービスを購入します。

たとえば2GB/7日というプリペイドSIMのプランであれば、7日の有効期限内に合計2GBまでのモバイル通信が使えるということです。

当サイトで調査したところ、ザンビアでは以下のようなプリペイドSIMのプランが販売されていました。

MTN※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
700MB/1週間K10約74円
1.8GB/1週間K20約148円
5GB/1週間K50約370円
2.5GB/1ヵ月K50約370円
9GB/1ヵ月K100約740円
22GB/1ヵ月K200約1,480円
参照元:MTN公式サイト

Airtel※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
800MB/7日K10約74円
2GB/7日K20約148円
6GB/7日K50約370円
1.5GB/30日K30約222円
5GB/30日K60約444円
10GB/30日K100約740円
25GB/30日K200約1,480円
参照元:Airtel公式サイト

Zamtel※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
880MB/7日K10約74円
2.2GB/7日K20約148円
6.6GB/7日K50約370円
5.5GB/30日K60約444円
15GB/30日K100約740円
30GB/30日K200約1,480円
参照元:Zamtel公式サイト
※掲載しているのは一部のプランです。その他のプランについてはリンク先で確認して下さい。
※K1=7.4円(2022/5/31時点のレート)で計算しています。

ザンビア現地の価格なので、日本のモバイル通信サービスと比べ安く感じるでしょう。

ただ現地でプリペイドSIMを購入するためには、公用語である英語でスタッフと会話をしなくてはなりません。

不安な方は料金が高くなりますが、ザンビアで使えるプリペイドSIMを日本国内で購入し持ち込む方が無難ではあります。

インターネット設定に慣れた方でないと、プリペイドSIMを使うのは難しい

プリペイドSIMなら、フリーWiFiスポットの近くでなくてもインターネットに接続でき便利です。フリーWiFiのようなセキュリティ上の不安もありません。

ただプリペイドSIMは、以下の通り使えるようにするための条件が難しい点は注意が必要です。

ザンビアでプリペイドSIMを使うための3つの条件
  • 「SIMフリー」というタイプのスマートフォンを持っている
    ※キャリアで購入した端末は、別途「SIMロック解除」という手続きをしなければならないことも多い
  • 使っているスマートフォンが、現地キャリアの周波数帯域に対応している必要がある
  • 自分でSIMカードを端末に挿入し「APN設定(接続先情報設定)」ができる

これらの意味を理解できて、自分で必要な対応が行える方でないとプリペイドSIMは使えません。自信のない方は、これから紹介する手段の方が簡単でおすすめできます。

3. キャリアの海外ローミングを利用する

日本国内のスマートフォンユーザーの約9割がドコモ・au・ソフトバンクのいずれかのキャリアを使っているというのは有名な話です。

恐らくあなたもその一人ではないでしょうか?

キャリアのサービスには「海外ローミングサービス」と言って、SIMカードを入れ替えなくても事前に手続きを行うことで海外でもお使いのスマートフォンをそのまま使える機能があります。

各キャリアの利用料金については下記表をご覧ください。

サービス名内容
ドコモ■パケットパック海外オプション
200円/1時間〜
980円/24時間
2,480円/3日間
3,980円/5日間
5,280円/7日間
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は30GBが上限
■海外パケ・ホーダイ
24.4MB /日|1,980円
無制限/日:2,980円
◇通話:従量課金
→利用にはWEB/店頭/電話から申込手続きが必要
au■世界データ定額
(利用日数:1日から30日)
490円/24時間〜
690円/24時間〜
980円/24時間〜
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は60GB-80GBが上限
◇通話:従量課金
→利用には「世界データ定額アプリ」から申込手続きが必要
ソフトバンク■非対応
ahamo■非対応
povo■非対応
LINEMO■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
※アメリカ放題非対応
UQ mobile■対応
楽天モバイル■非対応
※2022年5月時点

注意しなければならないのは、ドコモ・auに関しては海外で使用したパケット通信量が国内で契約しているパケットプランから差し引かれるという点です。

パケット上限がないプランに加入していれば問題ありませんが、そうでない低容量プランの場合は海外での利用料金に加えてパケット代金も発生してしまうため、高額請求となる場合も考えられます。

ソフトバンクユーザーに関しては国内パケット通信量から引かれることはありませんが、その分一日当たりの利用料金が高額となっています。

トマト先生

キャリアの海外ローミングサービスは非常に便利じゃが、このように落とし穴があるんじゃ。
特にソフトバンクを使っている人やそれ以外のパケット無制限プランに加入していない場合は注意するんじゃぞ。

4.海外用ポケット型WiFiを利用する

海外旅行の際に現地でインターネットを行いたい場合は海外専用のポケットWiFiを事前にレンタルしていくという手段は最も一般的かもしれません。

国際空港のカウンターであれば、事前に契約手続きを済ませていれば出国前に受け取ることもできます。

※新型コロナウィルスの影響で受け取りカウンターが臨時休業となっている場合もありますので詳しくはご利用のサービスにご確認いただければ幸いです。

ポケットWiFiであればお使いのスマートフォンとポケットWiFi端末をWiFi接続するだけで簡単に現地でもインターネットをすることが出来ます。

SIMカードを差し替える手間もなく、フリーWiFiのように危険に晒されることもなく安全にかつ快適にインターネットを楽しむことが出来るでしょう。

ただし、多くの海外専用ポケットWiFiの場合、飛行機に乗っている間もレンタル期間にカウントされてしまうため、渡航時間が長い国へ行く際には少々もったいないかもしれません。

トマト先生

これまで説明してきた方法で最も簡単なやり方じゃ!

まとめ

ザンビアの空港やホテル、市街地にある主要な観光スポット周辺ではフリーWiFiが使える場所が多いです。

しかしフリーWiFiはセキュリティ的な不安がある上に、専用スポットのすぐ近くでしか使えないなど利便性にも問題があります。

ザンビア観光中に、メインで使うインターネット接続手段としてはおすすめできません。

プリペイドSIMを使う方法もありますが、インターネット設定に慣れていない方にとっては条件が難しくてハードルが高いです。

自分で設定できる自信のない方は、より簡単なインターネット接続手段をおすすめします。

海外ローミングや海外用ポケット型WiFiであれば特に難しい設定はありません。

あまりインターネットの設定に慣れていない方も無理なく利用可能です。

ただ通信キャリアによっては、ザンビアでの海外ローミングに対応していません。

海外ローミングは、プランや設定によっては想定外の料金が発生してしまうこともあります。

その点、海外用ポケット型WiFiであれば完全定額制で使えて思わぬ料金が発生してしまうこともありません。

なかでも海外用ポケット型WiFiの1つ「クラウドWiFi」であれば、ザンビアで1GB/日のモバイル通信を1,800円/日の完全定額制で利用できます。

またクラウドWiFiはクラウドSIM技術の採用により、電源を入れるだけで最適な電波を取得しインターネットに接続でき手間もかかりません。

簡単かつ快適なインターネット接続手段を確保して、ザンビアの観光をたっぷり楽しんでください!

トマト先生

やはり海外で一番簡単にインターネットができるのは日本国内から「海外専用ポケット型WiFi」を持っていくことじゃのう!

ピーマンくん

ザンビアー旅行へ行くならクラウドWiFiがおすすめだよっ!

あなたの行きたい国はどこ?

興味のある国のインターネット事情をチェック!

行きたい国をクリック
ベトナム
韓国
中国
台湾
タイ
香港
カンボジア
インドネシア
マレーシア
シンガポール
フィリピン
スリランカ
ネパール
インド
ラオス
マカオ
バングラディシュ
モンゴル
ミャンマー
ロシア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いピーマンっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

WiFiPman登場人物紹介

■ピーマンくん■

Pman学園の生徒の一人。通信系の知識を学ぶために日夜勉強に励む努力家。好きなものはピーマンの肉詰め。
■トマト先生■

Pman学園の先生。ポケットWiFiのみならず通信系界隈の知識が豊富。トレードマークはちょっとグレーになってきている口髭。話が長いことが玉に瑕。
■レモンちゃん■

Pman学園の生徒でみんなのアイドル的存在。容姿端麗でかつ勉強が得意で通信関係の補足知識をよく教えてくれる。最近の流行りはヘアアレンジ。

この記事を書いた人

WiFiやインターネット回線でお困りの方に、最新最適な情報をお届けできるよう常に情報収集に励んでおります!
また海外でのインターネット事情にも精通しているので、現地情報を盛り込んだフレッシュな情報をお送りいたします!

目次(タップしてジャンプ)