ブルガリアのインターネット事情は?フリーWiFiは使える?

  • URLをコピーしました!

ヨーグルトでよく知られるブルガリアは、歴史的・文化的な価値が高い観光スポットが多い国です。

一方で日本と比べるとインターネットが普及しているとは言えず、日本のように「どこでも快適に」インターネットが使えるわけではありません。

そんなブルガリアへ日本人が観光や出張で滞在する場合は、どのような方法でインターネットに接続できるでしょうか。

この記事では、ブルガリアのインターネット事情とブルガリアにおけるインターネット接続手段をまとめて解説します。

そのなかでも、どの手段がおすすめか詳しく解説しているので、渡航前に是非参考にして下さい!

ブルガリアでのインターネット接続手段比較表

スクロールできます
通信品質セキュリティ使いやすさコスト
ポケット型WiFi
フリーWiFi×
プリペイドSIM
海外ローミング
  • ポケット型WiFi(★おすすめ) 
    安全性が高く電源を入れるだけで使える。複数デバイスで利用可能。
  • フリーWiFi 
    無料で使えると言う利点を除くと、通信品質やセキュリティに不安が生じる。
  • プリペイドSIM
    現地で購入すると安価な反面、煩雑な設定が必要なため最低限の知識が必要である。
  • 海外ローミング
    設定のハードルは高くはありませんが、他の手段と比べ割高になる事も。
目次(タップしてジャンプ)

ブルガリアのインターネット事情

海外旅行先でインターネットを使いたい場合に、気になるのは渡航先のインターネット事情です。

インターネット環境が整備された国の方が、海外からの観光客も快適にインターネットを使えることは言うまでもありません。

そこで、ここではブルガリアのインターネット事情をみていきましょう。

まずインターネットに関する様々な統計を公開している「Internet World Stats」のウェブページから、ブルガリアのインターネット普及率を紹介します。

ブルガリアのインターネット普及率(2021年)

国名/地域名普及率
ブルガリア66.7%
ヨーロッパ平均87.7%
日本94.5%
※参照元:「Internet World Stats

ブルガリアのインターネット普及率は66.7%で、ヨーロッパ平均や日本と比べずっと低くなっています。

インターネット環境が整備された日本なら、周りに自然しかないような場所でない限りたいていインターネットが使えます。

インターネット環境が何もなくて困るようなことは、ほとんどありません。

一方、日本より大分インターネット普及率が低いブルガリアでは、日本と比べインターネット環境の確保に苦労しそうですね。

ブルガリアでストレスなくインターネットを使いたい場合は、事前の準備が必須と考えた方がよいでしょう。

次に、ブルガリアのインターネット通信速度は問題ないでしょうか。

速度が遅いと、快適にインターネットを使うことはできません。

以下、インターネット通信速度測定サイト「SPEED TEST」が集計したデータを紹介します。

ブルガリアのインターネット通信速度と順位(2022年5月時点)

固定回線

スクロールできます
順位国名通信速度(下り)
全世界64.70Mbps
8アメリカ152.66Mbps
9日本137.19Mbps
57ブルガリア60.76Mbps

モバイル回線

スクロールできます
順位国名通信速度(下り)
世界30.37Mbps
9ブルガリア95.71Mbps
25アメリカ59.93Mbps
45日本42.60Mbps
※参照元:SPEEDTEST「Speedtest Global Index
※参照したデータをもとに、当サイトが表を作成しています。
※インターネット通信速度の「中央値」による統計です。

まず固定回線に関してブルガリアのインターネット通信速度は60.76Mbpsで、日本の半分以下となっています。

日本ではインターネット通信速度が遅くて困ることはほとんどありません。

一方、ブルガリアの固定回線を日本人が使うと、通信速度が物足りなく感じることが多そうですね。

次にモバイル回線に関しては、ブルガリアのインターネット通信速度は95.71Mbpsで日本の2倍以上となっています。

これだけ速いと、海外ローミングやポケット型WiFiなどモバイル回線を使ったインターネット接続は快適に使えそうですね。

日本人がブルガリアに旅行や出張で滞在する際のインターネット接続手段とは?

ブルガリアは日本よりインターネット普及率が大分低い反面、モバイル回線のインターネット通信速度は非常に速いことをみてきました。

それでは、そんなブルガリアへ日本人が観光や出張で訪れた際は、どのような手段でインターネットに接続できるでしょうか。

主な手段としては、以下が挙げられます。

ブルガリアでインターネットに接続する4つの方法
  1. ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する
  2. ブルガリアで利用可能なプリペイドSIMを購入する
  3. 日本の通信キャリアが展開している海外ローミングサービスを使う
  4. ブルガリアに対応した海外用ポケット型WiFiルーターをレンタルする

この4つは、日本人に限らず海外からの観光客がよく使うインターネット接続手段です。

ただ、手段によって難易度や通信品質に差があるので、それぞれの特徴をよく把握しておきたいところです。

以下、それぞれの手段について詳しく解説しますね。

1.ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する

フリーWiFiとは、名前の通り無料で使えるWiFi環境のことです。

今では世界中でフリーWiFiを使えるスポットが増えています。

日本でもカフェや公共の観光施設などフリーWiFiを使えるスポットがいろいろあるので、実際に使ったことがある方も多いでしょう。

ブルガリアでもフリーWiFiスポットがあれば、インターネットに接続できます。

海外旅行用のガイドブックとして有名な「地球の歩き方」では、ブルガリアのフリーWiFi事情について以下のようにまとめています。

ブルガリア・ルーマニアでスマホ、ネットを使うには
まずは、ホテルなどのネットサービス(有料または無料)、 Wi-Fiスポット(インターネットアクセスポイント。無料)を活用する方法がある。
ブルガリア・ルーマニアでは、主要ホテルや町なかにWi-Fiスポットがあるので、宿泊ホテルでの利用可否やどこにWi-Fiスポットがあるかなどの情報を事前にネットなどで調べておくとよいだろう。
ただしWi-Fiスポットでは、通信速度が不安定だったり、繋がらない場合があったり、利用できる場所が限定されたりするというデメリットもある

参照元:「地球の歩き方 ブルガリア ルーマニア 2019〜20」(P310)

地球の歩き方の記載をみる限り、ブルガリアではフリーWiFi(無料のWiFi)が使えるようですね。

ただ地球の歩き方にもあるように、フリーWiFiは使える場所が限定されたり、通信品質が良くなかったりなど問題が多いことは否めません。

地球の歩き方ではフリーWiFiより快適にブルガリアでインターネット接続できる手段として海外ローミングやポケット型WiFiを推奨しています。

それぞれの手段の詳細については後述しますね。

以下、ブルガリアで日本人観光客がよく訪れる場所にフリーWiFiスポットがあるか1つずつみていきましょう。

空港のフリーWiFiスポットは?

海外旅行に出かけたときは、入出国時などに空港で長い時間過ごすことになります。

そのため空港内でフリーWiFiを使い、インターネットに接続したいと考える方も多いでしょう。

以下、ブルガリアの中でも特に日本人観光客がよく使うと思われる空港のフリーWiFi事情をみていきます。

ソフィア空港(SOF)

ソフィア空港はブルガリアの首都ソフィア東部にある空港です。

2022年6月時点で、日本からソフィア空港への直行便はありません。

ソフィア空港の公式サイトでは、ビジネスラウンジ以外でフリーWiFiが提供されているとの明確な記載は見つけられませんでした。

そこで、当サイトでは世界中のフリーWiFiスポットを検索できるアプリ「WiFiMAP」で、ソフィア空港のフリーWiFi状況をチェックしています。

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map LLC無料posted withアプリーチ

WiFiMAPを使って調査した結果が以下の通りです。

WiFiMAPでは、フリーWiFiスポットを青い丸のマークで表しています。

青い丸の中に数字が記載されているのは、周囲にその分だけフリーWiFiスポットがあるということです。

WiFiMAPをみる限り空港の内外に多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

ヴァルナ空港(VAR)

ヴァルナ空港はブルガリア北東部のヴァルナにある空港です。

2022年6月時点で、日本からヴァルナ空港への直行便はありません。

ヴァルナ空港の公式サイトでは、VIPラウンジ以外でフリーWiFiが提供されているとの記載は見つけられませんでした。

そこでソフィア空港と同様にWiFiMAPを使い、ヴァルナ空港でフリーWiFiが提供されているか確認しています。

結果は以下の通りです。

WiFiMAPをみると、こちらも空港の内外にフリーWiFiスポットが複数確認できますね。

ブルガス国際空港(BOJ)

ブルガス国際空港は黒海沿岸の都市「ブルガス」にある空港です。

2022年6月時点で、日本からブルガス空港への直行便はありません。

ブルガス国際空港の公式サイトでは、VIPラウンジ以外でフリーWiFiが提供されているとの記載は見つけられませんでした。

そこでソフィア空港と同様にWiFiMAPを使い、ヴァルナ空港でフリーWiFiが提供されているか確認しています。

結果は以下の通りです。

WiFiMAPをみると、空港の内外に複数のフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

これらの調査結果から、ブルガリアの空港ではフリーWiFiを利用しインターネットに接続できそうですね。

観光地にはどのくらいフリーWiFiスポットがある?

先に結論を述べると、ブルガリアの主要な観光地周辺では近くにフリーWiFiスポットを見つけられることが多いです。

専用アプリなどを使えば、事前にこれから行く観光地付近のフリーWiFiスポットを調べておくこともできるでしょう。

ここでは世界中のフリーWiFiスポットを検索できるアプリ「WiFiMAP」で、ブルガリアの各観光地にフリーWiFiスポットが実際どのくらいあるか確認します。

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map LLC無料posted withアプリーチ

WiFiMAPでは、フリーWiFiスポットを青い丸のマークで表しています。

青い丸の中に数字が書かれているのは、周辺にその分だけフリーWiFiスポットがあるということです。

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂(ソフィア)

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は、ブルガリアで最も大きく美しいと言われる聖堂です。

印象的な金色のドームは、遠くからでも確認できます。

WiFiMAPをみると、首都ソフィアの中でも特に人気の高い観光スポットだけあり、周辺に多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂の近くには、中央市場ホールやソフィア中央温泉浴場といった人気観光スポットもあります。

ボヤナ教会(ソフィア)

ボヤナ教会は長い歴史がある教会で、世界遺産にも登録されています。

ボヤナ教会には、聖人を描いたフレスコ画が数多く残っており、これらが評価され世界遺産に登録されました。

フレスコ画に描かれた聖人たちの表情は、どれも生き生きとしていてみていて飽きません。

WiFiMAPをみると、周辺に複数のフリーWiFiスポットが確認できますね。

ヴィトシャ大通り(ソフィア)

ヴィトシャ大通りは高級ブティックやブランド店、お洒落なカフェなどが並ぶ有名な大通りです。

ヴィトシャ大通りからは、美しいヴィトシャ山の景観も眺望できます。

WiFiMAPをみると通りの周辺に複数のフリーWiFiスポットがあるのがわかりますね。

リラ修道院(リラ)

リラ修道院は、ブルガリアにおけるキリスト教の一派「ブルガリア正教会」において中心的な存在です。

現在も多くの修道僧が暮らすリラ修道院には、フレスコ画をはじめとした貴重な美術品が数多く保存・展示されています。

WiFiMAPをみる限り、この周辺にフリーWiFiスポットは確認できませんね。

リラの七つの湖(リラ)

リラの七つの湖は、自然豊かなリラ国立公園のなかでも一番の見どころです。

これらは氷河が作り出した湖で、夏には湖に青い空が映り込み溜め息がこぼれる程の美しい景観となります。

WiFiMAPをみると、この周辺にフリーWiFiスポットは確認できませんね。

ブルガスビーチ/サニービーチ(ブルガス)

ブルガスビーチは、黒海に面したブルガリアの代表的なビーチリゾートです。

海の深い青と、白い砂浜のコントラストがきれいで、海を見ているだけでも飽きないでしょう。

夏場にはヨーロッパの近隣の国から多くの観光客が訪れています。

海外からの観光客が集まるビーチリゾートだけあり、周辺にはたくさんフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

古代都市ネセバル(ブルガス周辺)

3,000年の歴史を誇る古代都市ネバセルは、町全体が世界遺産に登録されています。

ネバセルは古代ギリシアやローマ帝国、ブルガリア帝国など各時代の強国に支配されてきました。

そのため、それぞれの時代を反映したいろいろな遺跡がみられるのも古代都市ネバセルの魅力です。

ベログラトチク要塞(ベログラトチク)

ベログラトチク要塞は、天然の岸壁(ベログラドチク奇岩)を用いた城塞です。

岸壁は高さが70mにも上り、その迫力には圧倒されるでしょう。

人気の高い観光地だけあり、周辺には複数のフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

バラの谷(カザンラク)

バルカン山脈とスレドナ・ゴラ山脈にはさまれた渓谷は「バラの谷」と呼ばれ、古くからローズオイルの産地として知られてきました。

毎年5~6月には、一帯がいろいろな色のバラに覆われバラのかぐわしい香りに包まれます。

この時期に開催されるハザンサク・バラ祭りも有名です。

上記WiFiMAPのキャプチャは、カザンラク駅周辺を写しています。

ご覧の通り、周辺には非常に多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

ブルガリアのホテルではフリーWiFiが使える?

海外を旅行中に一番長い時間を過ごすことになる宿泊先のホテルでは、インターネットに接続して観光情報を調べたりしたくなります。

それではブルガリアのホテルでは、フリーWiFiを使ってインターネットに接続できるでしょうか。

ここでは、世界最大級のホテル予約サイト「Booking.com」のデータを参考に、ブルガリアのホテルにおけるフリーWiFiの設置状況を調べました。

結果は以下の通りです。

ブルガリア主要観光地のホテルにおけるフリーWiFi設置状況

スクロールできます
都市掲載ホテル数フリーWiFiが設置されたホテル数設置割合
ブルガリア全土12,54810,208約81%
ソフィア924836約90%
※2022年6月28日時点の情報です。

ブルガリア全土では約8割、首都ソフィアでは約9割のホテルでフリーWiFiが提供されていることを確認しました。

このデータをみる限り、ブルガリアでは大部分のホテルでフリーWiFiが使えると考えてよさそうですね。

ただ100%ではないので、確実にフリーWiFiを使いたい場合は予約する前に確認するようにしましょう。

フリーWiFiはセキュリティ的にも利便性にも問題がありおすすめできない

ブルガリアの空港や主要観光地、ホテルではフリーWiFiを使える場所が多いことを確認しました。

そのため「フリーWiFiが使えれば他のインターネット接続手段は必要ないかな」と考えている方もいるでしょう。

しかし実際には、フリーWiFiはセキュリティ的な問題がある上に、不便な面も多くメインのインターネット接続手段としておすすめできません。

以下、理由を詳しく解説しますね。

1.フリーWiFiの通信は簡単に盗み見られてしまう

フリーWiFiの通信はそもそも暗号化されていないか、暗号化されていても暗号化に使うパスワードが公開されています。

そのため悪意のある第三者は、その気になれば簡単にフリーWiFiの通信を盗み見ることは可能なのです。

フリーWiFiを使ったことで個人情報を盗み見られ、良くないことに悪用される可能性もあります。

仮にフリーWiFi上でクレジット決済やアプリ決済を行った場合、クレジットカード番号を盗み見られ不正利用される可能性も否定できません。

2.最近はなりすましによる被害も多い

昨今では、フリーWiFiに似せたなりすましによる被害も少なくありません。

仮になりすましのWiFiに接続してしまった場合、個人情報を盗み見られたりウイルスに感染させられたりする可能性があります。

さらに悪いことに、日常的にWiFiを使い慣れている人でもなりすましかどうかを見分けるのは簡単ではありません。

結果的になりすましに接続していたことに気づかず、あとになって原因の分からない被害が発覚する – なんてこともあり得るのです。

3.フリーWiFiは使える場所が限られる

日本ではスマートフォンがあれば電車の中でも路上でも、どこでもインターネットに接続できます。

一方、海外でフリーWiFiしか手段がないと、インターネットへ接続するのにわざわざ専用スポットに行かないといけません。

たとえば一番近くのフリーWiFiスポットがカフェなら、そこまで歩いて行って客として入店してからでないと、原則フリーWiFiは使えないのです。

いつでもどこでも場所に縛られずインターネットを使いたいなら、フリーWiFiは適していません。

これはフリーWiFiスポットが多い市街地の観光地にも言えることです。

4.フリーWiFiの通信品質は必ずしもよいとは限らない

フリーWiFiの通信品質はスポットによって差があります。

フリーWiFiは接続が不安定だったり、通信速度が極端に遅かったりすることが少なくありません。

わざわざフリーWiFiスポットまでやってきても、通信品質が悪くて快適に使えないことも多いのです。

また同じフリーWiFiスポットでも、場所によってはWiFiの電波が届かず使えないなんてこともあります。

このようにフリーWiFiは無料で気軽に使える反面、問題が多いことは覚えておきましょう。

フリーWiFiは他の手段がない場合に限り、個人情報を送受信するのを控え簡単な調べものなど必要最低限だけ利用するのがよいです。

より安全かつ快適にインターネットを使いたいのであれば、次項以降で紹介するインターネット接続手段をおすすめします。

2.ブルガリアで利用可能なプリペイドSIMを購入する

プリペイドSIMとは、モバイル通信によるインターネット接続を前払いで利用できるようにするサービスです。

日本では一般的に、インターネット接続系のサービスは月払いであることが多くなっています。

しかしプリペイドSIMでは先に料金を支払って、モバイル通信を利用可能です。

たとえば2GB/10日というプリペイドSIMのプランがあった場合、10日の有効期限内に合計2GBまでモバイル通信によってインターネット接続できます。

海外でインターネットに接続する際、プリペイドSIMは日本人・外国人問わずよく使われる手段の1つです。

当サイトで調査したところ、ブルガリアでは以下プリペイドSIMのプランが販売されていることを確認しました。

A1 Bulgaria※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
15GB/30日15BGN約1,100円
30GB/30日25BGN約1,833円
50GB/30日50BGN約3,666円
参照元:A1 Bulgaria公式サイト

Yettel※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
15GB/30日15BGN約1,100円
30GB/30日25BGN約1,833円
50GB/30日40BGN約2,932円
参照元:Yettel公式サイト

Vivacom※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
25GB/28日20BGN約1,466円
参照元:Vivacom公式サイト
※掲載しているのは一部のプランです。その他のプランについてはリンク先で確認して下さい。
※1BGN=73.31円(2022/6/28時点のレート)で計算しています。

ブルガリア現地の価格なので、日本人からみると安く感じるかもしれません。

しかしブルガリア現地でプリペイドSIMを購入する場合、ブルガリア語か英語(通じれば)でコミュニケーションをとる必要があります。

それが不安であれば料金は高くなりますが、ブルガリアで使えるプリペイドSIMを日本で購入して持ち込む方が簡単です。

日本でもAmazonなどでプリペイドSIMを購入できます。

インターネット設定に慣れた方でないと、プリペイドSIMを使うのは難しい

プリペイドSIMさえ使えれば、フリーWiFiのようにインターネット接続できる場所が限定されてしまうことはありません。

そのためフリーWiFiよりずっと快適に、ブルガリアでインターネット接続可能です。

ブルガリア現地の価格でインターネットが使える点もメリットと言えます。

しかしプリペイドSIMを使うためには、以下のようなハードルがある点は注意しなくてはなりません。

ブルガリアでプリペイドSIMを使うための3つの条件
  • 「SIMフリー」というタイプのスマートフォンを持っている
    ※キャリアで購入した端末は、別途「SIMロック解除」という手続きをしなければならないことも多い
  • 使っているスマートフォンが、現地キャリアの周波数帯域に対応している必要がある
  • 自分でSIMカードを端末に挿入し「APN設定(接続先情報設定)」ができる

これらの意味を理解できて、自分で解決できる方でないとプリペイドSIMを使うのは難しいです。

自信のない方は、せっかくプリペイドSIMを契約しても使えず無駄になってしまう恐れがあります。

次項以降で紹介する方法の方が、簡単でおすすめです。

3.キャリアの海外ローミング

日本国内のスマートフォンユーザーの約9割がドコモ・au・ソフトバンクのいずれかのキャリアを使っているというのは有名な話です。

恐らくあなたもその一人ではないでしょうか?

キャリアのサービスには「海外ローミングサービス」と言って、SIMカードを入れ替えなくても事前に手続きを行うことで海外でもお使いのスマートフォンをそのまま使える機能があります。

各キャリアの利用料金については下記表をご覧ください。

サービス名内容
ドコモ■パケットパック海外オプション
200円/1時間〜
980円/24時間
2,480円/3日間
3,980円/5日間
5,280円/7日間
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は30GBが上限
■海外パケ・ホーダイ
24.4MB /日|1,980円
無制限/日:2,980円
◇通話:従量課金
→利用にはWEB/店頭/電話から申込手続きが必要
au■世界データ定額
(利用日数:1日から30日)
490円/24時間〜
690円/24時間〜
980円/24時間〜
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は60GB-80GBが上限
◇通話:従量課金
→利用には「世界データ定額アプリ」から申込手続きが必要
ソフトバンク■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
ahamo■月間20GBまで通信可能
※手続き不要
※20GB以上は追加費用発生
※15日以上の滞在では通信速度制限あり
◇通話:従量課金
povo■非対応
LINEMO■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
※アメリカ放題非対応
UQ mobile■対応
楽天モバイル■対応
※2022年6月時点

注意しなければならないのは、ドコモ・auに関しては海外で使用したパケット通信量が国内で契約しているパケットプランから差し引かれるという点です。

パケット上限がないプランに加入していれば問題ありませんが、そうでない低容量プランの場合は海外での利用料金に加えてパケット代金も発生してしまうため、高額請求となる場合も考えられます。

ソフトバンクユーザーに関しては国内パケット通信量から引かれることはありませんが、その分一日当たりの利用料金が高額となっています。

トマト先生

キャリアの海外ローミングサービスは非常に便利じゃが、このように落とし穴があるんじゃ。
特にソフトバンクを使っている人やそれ以外のパケット無制限プランに加入していない場合は注意するんじゃぞ。

4.海外用ポケット型WiFiを利用する

海外旅行の際に現地でインターネットを行いたい場合は海外専用のポケットWiFiを事前にレンタルしていくという手段は最も一般的かもしれません。

国際空港のカウンターであれば、事前に契約手続きを済ませていれば出国前に受け取ることもできます。

※新型コロナウィルスの影響で受け取りカウンターが臨時休業となっている場合もありますので詳しくはご利用のサービスにご確認いただければ幸いです。

ポケットWiFiであればお使いのスマートフォンとポケットWiFi端末をWiFi接続するだけで簡単に現地でもインターネットをすることが出来ます。

SIMカードを差し替える手間もなく、フリーWiFiのように危険に晒されることもなく安全にかつ快適にインターネットを楽しむことが出来るでしょう。

ただし、多くの海外専用ポケットWiFiの場合、飛行機に乗っている間もレンタル期間にカウントされてしまうため、渡航時間が長い国へ行く際には少々もったいないかもしれません。

トマト先生

これまで説明してきた方法で最も簡単なやり方じゃ!

まとめ

ブルガリアの空港や主要な観光地、ホテルではフリーWiFiを使える場所が多いです。

しかしフリーWiFiは、通信内容を盗み見られる可能性があるなどの不安がある点は否めません。

専用スポットのすぐ近くでしか使えないなど、使い勝手が悪い面もあります。

その点、プリペイドSIMであればフリーWiFiのようなセキュリティの不安はなく、フリーWiFiのように使える場所が限定されることもありません。

ただプリペイドSIMは、使うためのハードルが高いのが難点です。

インターネット設定に慣れた方でなければ、プリペイドSIMは使いこなせません。

次に海外ローミングや海外用ポケット型WiFiであれば、プリペイドSIMよりずっと手軽に使えます。

設定も簡単で、インターネット設定に慣れていない方でも手間なく利用可能です。

ただし海外ローミングは、プランや設定によっては想定外の料金が発生してしまうことがあります。

その点、海外用ポケット型WiFiルーターのレンタルであれば、完全定額制で利用が可能。

たとえばポケット型WiFiサービス「クラウドWiFi」なら、ブルガリアで1GB/日のモバイル通信を1,200円/日の完全定額制で使えます。

クラウドWiFiは、クラウドSIM技術により電源を入れるだけで最適な電波を取得しインターネット接続できる点もメリットです。

簡単かつ快適なインターネット接続手段を確保して、ブルガリア旅行を思う存分楽しんできてくださいね!

トマト先生

やはり海外で一番簡単にインターネットができるのは日本国内から「海外専用ポケット型WiFi」を持っていくことじゃのう!

ピーマンくん

ブルガリア旅行へ行くならクラウドWiFiがおすすめだよっ!

\海外で使うならこれで決まり/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

あなたの行きたい国はどこ?

興味のある国のインターネット事情をチェック!

行きたい国をクリック
ベトナム
韓国
中国
台湾
タイ
香港
カンボジア
インドネシア
マレーシア
シンガポール
フィリピン
スリランカ
ネパール
インド
ラオス
マカオ
バングラディシュ
モンゴル
ミャンマー
ロシア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いピーマンっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

WiFiPman登場人物紹介

■ピーマンくん■

Pman学園の生徒の一人。通信系の知識を学ぶために日夜勉強に励む努力家。好きなものはピーマンの肉詰め。
■トマト先生■

Pman学園の先生。ポケットWiFiのみならず通信系界隈の知識が豊富。トレードマークはちょっとグレーになってきている口髭。話が長いことが玉に瑕。
■レモンちゃん■

Pman学園の生徒でみんなのアイドル的存在。容姿端麗でかつ勉強が得意で通信関係の補足知識をよく教えてくれる。最近の流行りはヘアアレンジ。

この記事を書いた人

WiFiやインターネット回線でお困りの方に、最新最適な情報をお届けできるよう常に情報収集に励んでおります!
また海外でのインターネット事情にも精通しているので、現地情報を盛り込んだフレッシュな情報をお送りいたします!

目次(タップしてジャンプ)