ドミニカ共和国のインターネット事情は?フリーWiFiは使える?

  • URLをコピーしました!

歴史的な建造物やビーチリゾートを楽しめるドミニカ共和国には、ヨーロッパの人々を中心に多くの観光客が訪れます。

そんなドミニカ共和国に日本人が観光や出張で訪れた際は、どのような手段でインターネットへ接続できるでしょうか。

この記事ではフリーWiFiを含め、日本人がドミニカ共和国でインターネットに接続する方法を解説します。

目次(タップしてジャンプ)

ドミニカ共和国のインターネット事情は?

旅行や出張で海外に滞在する場合、どれだけインターネットに困らないかは、その国におけるインターネット環境の整備状況に影響されます。

そこで、ここではドミニカ共和国のインターネット事情をみていきましょう。

まず世界のインターネット統計を公開している「Internet World Stats」のデータから、ドミニカ共和国におけるインターネット普及率をまとめます。

ドミニカ共和国のインターネット普及率(2019年3月)

国名/地域名普及率
ドミニカ共和国65.0 %
カリブ諸国平均50.8%
※参照元:「Internet World Stats」(参照したデータをもとに、当サイトが表を作成しています。)

同サイトによれば日本(2021年半ば)のインターネット普及率は94.5%なので、ドミニカ共和国はその2/3程度となります。

カリブ諸国平均より高いとは言え、日本のようにインターネット環境が整っていると考えない方がよいでしょう。

次にドミニカ共和国における平均的なインターネットの通信速度をみていきます。

参照するのは、インターネット通信速度測定サイト「SPEED TEST」がまとめたデータです。

ドミニカ共和国の平均通信速度と順位(2022年1月時点)

▽固定回線

スクロールできます
順位国名平均通信速度(下り)
全世界59.86Mbps
9アメリカ143.76Mbps
14日本112.90Mbps
127ドミニカ共和国15.52Mbps

▽モバイル回線

スクロールできます
順位国名平均通信速度(下り)
世界29.60Mbps
21アメリカ62.47Mbps
42日本42.90Mbps
97ドミニカ共和国17.21Mbps
※参照元:SPEEDTEST「Speedtest Global Index」(参照したデータをもとに、当サイトが表を作成しています。)

まずフリーWiFiに使われることが多い固定回線からみていきましょう。

ドミニカ共和国における固定回線の平均通信速度は15.52Mbpsで、日本はもちろん世界的な平均と比べて遅いことがわかるでしょう。

次にモバイル回線に関しても、ドミニカ共和国の平均通信速度は17.21Mbpsで日本に比べ大幅に遅くなっています。

これだけ日本と差があると、ドミニカ共和国でインターネットを使うときは、通信速度に不安がありますね。

ストレスなくインターネットを使いたい場合、できる限り品質のよい通信手段を準備してドミニカ共和国へ行った方がよいでしょう。

日本人がドミニカ共和国に旅行や出張で滞在する際のインターネット手段とは?

ドミニカ共和国のインターネット事情を見てきました。

普及率にも通信速度にも不安が残るドミニカ共和国に日本人が滞在する際、どんな方法でインターネットが使えるでしょうか。

代表的な手段として、以下4種類があげられます。

ドミニカでインターネットを使う4つの方法
  1. ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する
  2. ドミニカ共和国で利用可能なプリペイドSIMを購入する
  3. 日本の通信キャリアが展開している海外ローミングサービスを使う
  4. ドミニカ共和国に対応した海外用ポケット型WiFiを日本でレンタルして持ち込む

具体的にはどのような手段か、1つずつみていきましょう。

ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する

フリーWiFiは文字通り、無料で使えるWiFi環境です。

日本国内ではいろいろな場所に設置されているので、使ったことがある方も多いでしょう。

フリーWiFiの設備があれば、ドミニカ共和国国内でもスマートフォンやタブレットをつなげてインターネットを利用できます。

ドミニカ共和国国内のうち日本人が訪れるような場所にフリーWiFiのスポットがあるかみていきましょう。

空港のWiFiスポットは?

ドミニカ共和国内には複数の国際空港がありますが、日本人が最もよく使うのは首都サント・ドミンゴにあるラス・アメリカス国際空港です。

ラス・アメリカス国際空港の公式サイトには以下のように記載されています。※日本語に訳しています。

空港内では無制限のフリーWiFiを提供しています。(中略)

以下の方法でフリーWiFiに接続できます。

1.モバイルデバイスでWiFiオプションを選択して接続します。

2.「VINCIAirportsWi-Fi」ネットワークを選択し、インターネットブラウザを開きます。

3.メールアドレスを入力し、居住国を選択してください。利用規約に同意すると、接続され、無制限の無料アクセスの準備が整います。

参照元:ラス・アメリカス国際空港公式サイト

公式サイトを見る限り、空港のフリーWiFiは手軽に利用できそうですね。

観光地のWiFiスポットは?

ここからは世界中のWiFiスポットを検索できるアプリ「WiFi MAP」で、各観光地周辺にフリーWiFiのスポットがあるかみていきましょう。

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map LLC無料posted withアプリーチ

ソナコロニアル(サント・ドミンゴ)

ソナコロニアルは歴史的建造物が多く残る首都サント・ドミンゴの旧市街で、ユネスコの世界遺産にも登録されているエリアです。

中心部にある「ドゥアルテ公園」をはじめ、人気観光地だけあり周辺にはフリーWiFiのスポットが多いですね。

コロンブス記念灯台(サント・ドミンゴ)

コロンブス記念灯台は、コロンブスの新大陸上陸500周年を記念して建築された大理石の巨大建造物です。

建物の中央には、コロンブスの遺骨が安置されています。

首都サント・ドミンゴのなかでも観光客が多く訪れるエリアだけあり、周辺には数多くのWiFiスポットがあるのがわかりますね。

ボカチカ

ボカチカは首都サント・ドミンゴからバスで約30分のビーチリゾートで、アクセスがよいため地元民や観光客が多く訪れています。

WiFiMAPを見る限り、周辺には多くのフリーWiFiスポットがありますね。

数字が記載された青いマークは、周辺にその数だけWiFiスポットがあることを示しています。

バヴァロビーチ(ブンタカーナ)

バヴァロビーチは「カリブ海の真珠」と呼ばれる美しいビーチで、ビーチ周辺にはリゾートホテルやヴィラが並んでいます。バヴァロビーチ周辺には数こそ少ないものの、フリーWiFiのスポットがありますね。

ドミニカ共和国のホテルは?

旅行や出張中にフリーWiFiが一番欲しいのは、最も長い時間を過ごす滞在先のホテルです。

ドミニカ共和国のホテルにはフリーWiFiが整備されているのでしょうか。

有名観光ガイドブック「地球の歩き方」には以下のような記載があります。

(ドミニカ共和国の)ほとんどのリゾートホテルにはWi-Fi(無線LAN) が整備されており、インターネットやSNSが楽しめる。

ただし、ホテルにより有料のところもある。

「地球の歩き方 キューバ バハマ ジャマイカ カリブの島々(2019~2020)」(P379)

日本人が観光で訪れるリゾートホテルには、フリーWiFiが完備されていることが多いようです。

実際にどのくらいフリーWiFiが整備されているか、「Booking.com」のデータをみてみましょう。

ドミニカ共和国のホテルにおけるフリーWiFi設置状況

スクロールできます
都市掲載ホテル数フリーWiFiが設置されたホテル数設置割合
ドミニカ共和国全土3,1762,254約71%
サント・ドミンゴ411282約69%
ブンタカーナ806657約82%
※2022年3月16日時点の情報です。

Booking.comのデータを見る限り、ドミニカ共和国にある多くのホテルではフリーWiFiが設置されているようです。

バヴァロビーチがあるリゾート地「ブンタカーナ」や首都「サント・ドミンゴ」を含め、設置率は7~8割程度となっています。

ただ裏を返せば2~3割程度のホテルにはフリーWiFiの設備がないので、利用したい場合は予約する前に確認が必要ですね。

フリーWiFiはセキュリティ的にも利便性にも問題がありおすすめできない

ドミニカ共和国の空港やホテル、人気観光地ではフリーWiFiが整備されていることをみてきました。

しかしフリーWiFiはセキュリティ的なリスクがある上に、利便性に問題がありおすすめできません。

まずフリーWiFiは仮に暗号化されていても、大事なパスワードが公開されています。

フリーWiFiでは悪意のある第三者がその気になれば、通信内容を盗み見るのは難しくないのです。

フリーWiFiを使いクレジットカード決済やアプリ決済をすると、カード番号が盗み見られ悪用される可能性も否定できません。

また昨今ではフリーWiFiスポットの「なりすまし」を悪用した犯罪も増えており、多くの被害が発生しています。

仮になりすましのWiFiスポットに接続してしまうと、情報を盗み取られたりウイルス感染してしまったりする可能性があるのです。

日本から遠く離れたドミニカ共和国で、こんな被害にあったら旅行なんて楽しめなくなってしまいますね。

フリーWiFiは無料で手軽に使える反面、利便性もあまりよくありません。

フリーWiFiに接続したい場合、設置場所の近くに行かないといけないからです。

仮にフリーWiFiが充実している人気観光地でも、すぐ近くにスポットがなければ使えません。

フリーWiFiだけしかインターネット接続手段がないと、スポットから離れた道端などでは、スマートフォンの地図をみることもできないのです。

フリーWiFiはスポットにより通信品質に大きな差がある点も、注意しなくてはいけません。

特にドミニカ共和国は平均的な通信速度が速くはないので、フリーWiFiの通信速度も期待しない方がよいでしょう。

場合によっては、ホームページが開かないほど遅い可能性もあります。

セキュリティの心配をせず、より便利にインターネットを使いたいなら、他のインターネット接続手段を選ぶのがおすすめです。

2.ドミニカ共和国で利用可能なプリペイドSIMを購入する

プリペイドSIMとはスマートフォンやタブレットへ挿入すると、あらかじめ契約した分だけインターネットが使えるチップです。

たとえば1GB/3日という契約なら、合計1GBまで3日間はインターネットが使えることになります。

当サイトで調査したところ、ドミニカ共和国では以下プランのプリペイドSIMが販売されていることを確認しました。( 2022年3月16日時点の情報です。 )

通信事業者:Claro

スクロールできます
プランの内容料金日本円
500MB/5日間RD$150約322円
1GB/30日間RD$400約860円
3GB/30日間RD$1,125約2,419円
参照元:Claro公式サイト
※Claro側はプランが多いので一部を記載しています。他のプランは参照元で確認してください。

通信事業者:Altice

スクロールできます
プランの内容料金日本円
500MB/1日間RD$99約213円
1GB/7日間RD$299約643円
2GB/15日間RD$599約1,288円
3GB/30日間RD$799約1,718円
参照元:Altice公式サイト

・RD$1=2.15円(2022年3月16日時点のレート)として計算しています。

プリペイドSIMは、日本人の旅行者が現地で購入することもできます。

ただ現地の公用語であるスペイン語でコミュニケーションをとる必要があるので、ハードルは高いでしょう。

プリペイドSIMを使うのであれば、日本国内で購入して現地へ持ち込む方が現実的です。

プリペイドSIMはインターネットの設定に慣れた人向け

プリペイドSIMがあれば、ドミニカ共和国内でインターネットに接続できます。

しかしプリペイドSIMを使うためには、以下にあげる条件をクリアする必要があり簡単とは言えません。

ドミニカ共和国でプリペイドSIMを使うための条件3つ
  • 「SIMフリー」スマートフォンを持っている
    ※キャリアで購入した端末は、別途「SIMロック解除」という手続きをしなければならないことが多い
  • 使っているスマートフォンが現地キャリアの周波数帯域に対応している
  • 自分でSIMカードを端末に挿入し「APN設定(接続先情報設定)」ができる

上記条件を「そんなに難しくないな」と感じる人でないとプリペイドSIMはおすすめしにくいです。

現実的にプリペイドSIMを使えるのは、自分でインターネットの設定をこなせる一部の「玄人」に限られます。

3. キャリアの海外ローミングを利用する

日本国内のスマートフォンユーザーの約9割がドコモ・au・ソフトバンクのいずれかのキャリアを使っているというのは有名な話です。

恐らくあなたもその一人ではないでしょうか?

キャリアのサービスには「海外ローミングサービス」と言って、SIMカードを入れ替えなくても事前に手続きを行うことで海外でもお使いのスマートフォンをそのまま使える機能があります。

ただし全てのキャリアが、ドミニカ共和国での海外ローミングに対応しているわけではありません。

2022年3月時点で、各キャリアのドミニカ共和国での海外ローミング対応状況・料金表は以下の通りです。

サービス名内容
ドコモ■パケットパック海外オプション
200円/1時間〜
980円/24時間
2,480円/3日間
3,980円/5日間
5,280円/7日間
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は30GBが上限
■海外パケ・ホーダイ
24.4MB /日|1,980円
無制限/日:2,980円
◇通話:従量課金
→利用にはWEB/店頭/電話から申込手続きが必要
au■世界データ定額
(利用日数:1日から30日)
490円/24時間〜
690円/24時間〜
980円/24時間〜
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は60GB-80GBが上限
◇通話:従量課金
→利用には「世界データ定額アプリ」から申込手続きが必要
ソフトバンク■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
ahamo■非対応
povo■対応予定
※詳細は未決定(2021年10月時点)
◇未定
LINEMO■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
※アメリカ放題非対応
UQ mobile ■対応
楽天モバイル■非対応

注意しなければならないのは、ドコモ・auに関しては海外で使用したパケット通信量が国内で契約しているパケットプランから差し引かれるという点です。

パケット上限がないプランに加入していれば問題ありませんが、そうでない低容量プランの場合は海外での利用料金に加えてパケット代金も発生してしまうため、高額請求となる場合も考えられます。

ソフトバンクユーザーに関しては国内パケット通信量から引かれることはありませんが、その分一日当たりの利用料金が高額となっています。

トマト先生

キャリアの海外ローミングサービスは非常に便利じゃが、このように落とし穴があるんじゃ。
特にソフトバンクを使っている人やそれ以外のパケット無制限プランに加入していない場合は注意するんじゃぞ。

4.海外専用ポケット型WiFiを日本国内から持っていく

海外旅行の際に現地でインターネットを行いたい場合は海外専用のポケット型WiFiを事前にレンタルしていくという手段は最も一般的かもしれません。

国際空港のカウンターであれば、事前に契約手続きを済ませていれば出国前に受け取ることもできます。

※新型コロナウィルスの影響で受け取りカウンターが臨時休業となっている場合もありますので詳しくはご利用のサービスにご確認いただければ幸いです。

ポケット型WiFiであればお使いのスマートフォンとポケット型WiFi端末をWiFi接続するだけで簡単に現地でもインターネットをすることが出来ます。

SIMカードを差し替える手間もなく、フリーWiFiのように危険に晒されることもなく安全にかつ快適にインターネットを楽しむことが出来るでしょう。

ただし、多くの海外専用ポケット型WiFiの場合、飛行機に乗っている間もレンタル期間にカウントされてしまうため、渡航時間が長い国へ行く際には少々もったいないかもしれません。

トマト先生

これまで説明してきた方法で最も簡単なやり方じゃ!

まとめ

ドミニカ共和国では空港やホテル、人気観光地のフリーWiFiが比較的充実しています。

ただしフリーWiFiは、「設置場所でしか使えない」など利便性に問題がある上にセキュリティ的なリスクもありおすすめできません。

平均的な通信速度が日本に比べ大分遅いドミニカ共和国では、フリーWiFiを快適に使えるかも不安があります。

日本国内でプリペイドSIMを買って持ち込む方法もありますが、使えるようにするまでのハードルは高いです。

自分でインターネットの設定を何でもできるような「玄人」でないと、使うのは難しいでしょう。

ドミニカ共和国内で手軽にインターネットを使いたいなら、通信キャリアの海外ローミングか海外用ポケット型WiFiが適しています。

しかし海外ローミングは、キャリアによっては対応していません。

設定やプラン、使い方によってはびっくりするくらい料金が高額になることもあります。

以上のことから、最も安心しておすすめできるのは、日本国内でポケット型WiFiをレンタルして持ち込む方法です。

ポケット型WiFiなら設定は簡単ですし、料金は定額となります。

あとから高額な料金を請求されることはありません。

当サイトイチオシの海外でも使えるモバイルルーターは「クラウドWiFi」です。

クラウドWiFiはドミニカ共和国で1日1,250円の定額で、1GB/日のインターネットを利用できます。

クラウドWiFiなら次世代通信システム「クラウドSIM」の仕組みによって、電源をオンにするだけで最適な電波を取得しインターネット接続が可能です。

安心快適なインターネット接続手段を準備して、ドミニカ共和国での観光を思う存分楽しんでくださいね!

\海外で使うならこれで決まり/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

あなたの行きたい国はどこ?

興味のある国のインターネット事情をチェック!

行きたい国をクリック
ベトナム
韓国
中国
台湾
タイ
香港
カンボジア
インドネシア
マレーシア
シンガポール
フィリピン
スリランカ
ネパール
インド
ラオス
マカオ
バングラディシュ
モンゴル
ミャンマー
ロシア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いピーマンっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

WiFiPman登場人物紹介

■ピーマンくん■

Pman学園の生徒の一人。通信系の知識を学ぶために日夜勉強に励む努力家。好きなものはピーマンの肉詰め。
■トマト先生■

Pman学園の先生。ポケットWiFiのみならず通信系界隈の知識が豊富。トレードマークはちょっとグレーになってきている口髭。話が長いことが玉に瑕。
■レモンちゃん■

Pman学園の生徒でみんなのアイドル的存在。容姿端麗でかつ勉強が得意で通信関係の補足知識をよく教えてくれる。最近の流行りはヘアアレンジ。

この記事を書いた人

WiFiやインターネット回線でお困りの方に、最新最適な情報をお届けできるよう常に情報収集に励んでおります!
また海外でのインターネット事情にも精通しているので、現地情報を盛り込んだフレッシュな情報をお送りいたします!

目次
トップへ
目次(タップしてジャンプ)
閉じる