スウェーデンのインターネット事情は?フリーWiFiは使える?

  • URLをコピーしました!

スウェーデンは世界的にも有数のIT先進国で、インターネット環境も整備されています。

そんなスウェーデンでは、日本人観光客は複数の手段でインターネットへ接続可能です。

この記事ではスウェーデンのインターネット事情と、スウェーデンで日本人観光客が使えるインターネット接続手段の種類を紹介します。

どの手段が簡単でおすすめかも解説しているので、スウェーデン観光中にストレスなくインターネットを使いたい方は是非参考にして下さい!

スウェーデンでのインターネット接続手段比較表

スクロールできます
通信品質セキュリティ使いやすさコスト
ポケット型WiFi
フリーWiFi×
プリペイドSIM
海外ローミング
  • ポケット型WiFi(★おすすめ) 
    安全性が高く電源を入れるだけで使える。複数デバイスで利用可能。
  • フリーWiFi 
    無料で使えると言う利点を除くと、通信品質やセキュリティに不安が生じる。
  • プリペイドSIM
    現地で購入すると安価な反面、煩雑な設定が必要なため最低限の知識が必要である。
  • 海外ローミング
    設定のハードルは高くはありませんが、他の手段と比べ割高になる事も。
目次(タップしてジャンプ)

スウェーデンのインターネット事情

インターネット環境が整備された国の方が、海外からきた観光客も快適にインターネットを利用できます。

海外旅行の際に、渡航先の国でどれだけインターネットを使えるかはその国のインターネット事情によるのです。

そこで、ここではスウェーデンのインターネット事情をみていきましょう。

まず世界のインターネット統計を公開している「Internet World Stats」のデータを参考に、スウェーデンのインターネット普及率を紹介します。

スウェーデンのインターネット普及率(2021年)

国名/地域名普及率
スウェーデン96.4%
ヨーロッパ平均87.7%
日本94.5%
※参照元:「Internet World Stats

スウェーデンのインターネット普及率は96.4%で、ヨーロッパ平均より高いのはもちろん、日本の94.5%と比べても高くなっています。

日本では人の暮らすエリアであれば、たいていインターネットに接続可能です。

インターネット環境が見つからなくて困る、といったことはありません。

日本よりインターネット普及率が高いスウェーデンでは、日本に比べてもインターネット環境を確保しやすそうですね。

日本人がスウェーデンへ旅行などで出掛ける際も、事前の準備さえしておけば、滞在中はインターネット環境に困らなくてすみそうです。

次にスウェーデンのインターネット通信速度をみていきましょう。

どのくらいのインターネット通信速度を確保できるかは、インターネットを快適に使う上で重要なポイントです。

以下、インターネット通信速度測定サイト「SPEED TEST」が集計したデータを紹介します。

スウェーデンのインターネット通信速度と順位(2022年5月時点)

固定回線

スクロールできます
順位国名通信速度(下り)
全世界64.70Mbps
8アメリカ152.66Mbps
9日本137.19Mbps
26スウェーデン102.35Mbps

モバイル回線

スクロールできます
順位国名通信速度(下り)
世界30.37Mbps
14スウェーデン76.07Mbps
25アメリカ59.93Mbps
45日本42.60Mbps
※参照元:SPEEDTEST「Speedtest Global Index
※参照したデータをもとに、当サイトが表を作成しています。
※インターネット通信速度の「中央値」による統計です。

スウェーデンのインターネット通信速度をみていくと、まず固定回線は102.35Mbpsで日本と比べ約35Mbps遅くなっています。

日本の固定回線(光回線/CATV回線など)では、インターネット通信速度が遅くて使いづらいと感じることは少ないでしょう。

一方、日本よりインターネット通信速度が遅いスウェーデンの固定回線は、日本と比べ速度が物足りなく感じることはありそうですね。

とはいえ、100Mbpsを超えるインターネット通信速度がでていれば、一般的な利用であればまず困ることはありません。

反対にモバイル回線に関しては、スウェーデンのインターネット通信速度は76.07Mbpsで日本の約1.8倍も速いです。

ポケット型WiFiや海外ローミングなどのモバイル通信によるインターネット接続に関しては、日本よりスウェーデンの方が快適に使えそうですね。

日本人がスウェーデンに旅行や出張で滞在する際のインターネット接続手段とは?

スウェーデンのインターネット事情は、日本と同等以上によいことをみてきました。

それではそんなスウェーデンへ日本人が観光や出張で訪れた際は、どのような手段でインターネットに接続できるでしょうか。

主要な手段としては以下4種類があげられます。

スウェーデンでインターネットに接続する4つの方法
  1. ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する
  2. スウェーデンで利用可能なプリペイドSIMを購入する
  3. 日本の通信キャリアが展開している海外ローミングサービスを使う
  4. スウェーデンに対応した海外用ポケット型WiFiのルーターをレンタルする

この4種類は、いずれも日本人に限らず海外旅行の際によく使われるインターネット接続手段です。

ただし種類によって使い勝手が大きく異なります。

そのためスウェーデンへ渡航される前に、どの方法がよいかチェックしておきたいところです。

以下、それぞれの手段について詳しく解説しますね。

1.ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する

フリーWiFiとは、名前の通り料金がかからないWiFi環境のことです。

日本でも、今では街や観光地にフリーWiFiスポットが増えています。

フリーWiFiを使えることを示すステッカーを、見たことがない人はいないでしょう。

スウェーデンでもフリーWiFiが使えれば、日本人観光客でもインターネットに接続できます。

それではスウェーデンでは、どのくらいフリーWiFiスポットがあるでしょうか。

有名観光ガイドブック「地球の歩き方」では、スウェーデンのフリーWiFi事情について以下のように述べています。

ネット接続の環境
北欧諸国ではインターネットが広く普及している。
ほとんどがWi-Fiとなっており、対応のパソコンやスマートフォンを持っていけば、町中多くの宿泊施設でインターネット接続が可能だ。
空港やショッピングセンターなどの施設でも無料のWi-Fiが使えることがある。
インターネットカフェもあちこちにあるが、日本語の入力には対応していないことが多いので、メール送信の必要性が高いなら、自分の情報機器を持っていったほうがよい。
(中略)
ネット接続が無料のホテルがほとんど
サービス競争の結果、ホテルの多くがWi-Fi接続サービスを無料で提供するようになっている。
アクセスの際のログイン方法はホテルによって異なる。
共通のコードを使用することもあれば、個人ごとにアカウントを渡されることもある。
チェックインの際にネット接続の方法を確認しよう。

参照元:「地球の歩き方 北欧 2021〜22」(P563)

地球の歩き方の記載をみる限り、スウェーデンではフリーWiFi(無料のWiFiサービス)を使えるスポットが多いようですね。

ただし地球の歩き方では別の箇所で、「(フリーWiFiは)通信が不安定だったり使える場所が限定されていたりする」という問題があると注意しています。

無料で手軽に使える反面、地球の歩き方にもあるようにフリーWiFiは注意すべき点が多いのは否めません。

地球の歩き方では、より快適に使えるインターネット接続手段として、海外用ポケット型WiFiのルーターレンタルや海外ローミングをあげています。

これらの詳細については後述しますね。

以下、スウェーデンのなかでも特に日本人観光客がよく訪れる場所に、どのくらいフリーWiFiスポットがあるかみていきましょう。

空港のフリーWiFiスポットは?

海外に行くときは、渡航先の空港に長い時間滞在することになります。

そのため空港内でフリーWiFiを使いたいと考える方も多いでしょう。

それではスウェーデンの空港では、フリーWiFiが使えるでしょうか。

スウェーデンのなかでも、日本人が特によく使うのがスウェーデン最大の空港「ストックホルム・アーランダ空港」です。

空港の公式サイトでは、フリーWiFiの提供について以下のように記載しています。

(当サイトで日本語に訳しています。)

“空港内の公共エリアでは、3時間までフリーWiFiを利用いただけます。
WiFiに3時間以上接続する必要がある場合は、クレジットカードで利用権を購入可能です。
フリーWiFiの利用方法
1. スマートフォンやノートPCのWiFi機能をオンにしてください
2. SSID「Airport-Guest」のネットワークへ接続して下さい
3. ブラウザを開き、任意のアドレスを入力してください
4. 画面の指示に従い先へ進んでください。

参照元:ストックホルム・アーランダ空港公式サイト

公式サイトの情報をみる限り、ストックホルム・アーランダ空港ではフリーWiFiでインターネットに接続できそうですね。

フリーWiFiを使えるのが3時間までとのことですが、空港内で3時間もインターネット接続できれば十分という方がほとんどではないでしょうか。

観光地にはどのくらいフリーWiFiスポットがある?

はじめに結論から書くと、スウェーデンの観光地ではフリーWiFiスポットを見つけられることが多いです。

専用アプリなどを使えば、行き先の観光地周辺にあるフリーWiFiスポットを簡単に検索できるでしょう。

ここでは世界中のフリーWiFiスポットを検索できるアプリ「WiFiMAP」で、スウェーデンの各観光地にフリーWiFiスポットが実際どのくらいあるか確認します。

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map LLC無料posted withアプリーチ

WiFiMAPでは、フリーWiFiスポットを青い丸のマークで表しています。

青い丸の中に数字が書かれているのは、周辺にその分だけフリーWiFiスポットがあるということです。

ガムラスタン/旧市街(ストックホルム)

ガムラスタン(旧市街)は、ストックホルムを代表する観光スポットです。

石畳の道や色鮮やかでかわいらしい建物が立ち並ぶ姿など、中世ヨーロッパの趣きをたっぷり味わえます。

ガムラスタンにはカフェや雑貨屋、土産物店などが軒を連ねており、ゆっくりショッピングを楽しむことも可能です。

上記WiFiMAPのキャプチャは、ガムラスタンの中心にあるストールトルゲット広場周辺を写しています。

広場周辺に多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

ストールトルゲット広場周辺には、ストックホルム宮殿(王宮)やストックホルム大聖堂、ノーベル博物館などの観光スポットもあります。

ストックホルム市庁舎(ストックホルム)

ストックホルム市庁舎は王宮に負けないくらい趣ある立派な建物で、ノーベル賞授賞式の晩餐会が開かれる場所としても知られています。

ガイドツアーに参加すれば、晩餐会会場をはじめ気品あふれる内観も見学可能です。

またすぐ近くにある市庁舎タワーは、ストックホルム市街を眺望できるスポットとなっておりあわせて訪れるとよいでしょう。

WiFiMAPをみると、ストックホルム市庁舎周辺にも非常に多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

ヴァーサ号博物館(ストックホルム)

ヴァーサ号博物館は、1628年の処女航海の際に沈没し333年後に引き上げられたヴァーサ号を展示する博物館です。

展示されているヴァーサ号はほぼ原形をとどめています。

その他、ヴァーサ号沈没時や引き上げ時の状況を解説する展示なども人気です。

WiFiMAPをみると、博物館周辺に複数のフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

ドロットニングホルム宮殿(ストックホルム)

ドロットニングホルム宮殿は「北欧のヴェルサイユ」とも呼ばれる美しい宮殿で、世界遺産にも登録されています。

緑豊かで広大な庭園や、中国趣味を反映させた中国離宮など見どころが豊富です。

WiFiMAPをみると宮殿内外に複数のフリーWiFiスポットがあるのがわかりますね。

オーロラ・スカイ・ステーション(アビスコ)

オーロラ・スカイ・ステーション(アビスコツーリストステーション)は、世界で最もオーロラ観測に適していると言われる場所です。

オーロラがみられるシーズンにはレストランも営業しており、北欧のグルメを楽しめます。

WiFiMAPをみると、施設内にフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

ヴィスビー(ゴットランド島)

ヴィスビーは城壁に囲まれた、中世の趣きが残る街です。

まるでおとぎ話からでてきたようなかわいらしい街並みがみられるヴィスビーの街は、世界遺産にも登録されています。

ヴィスビーは有名なジブリ映画「魔女の宅急便」に登場した、「海の見える街」のモデルになったことでも有名です。

WiFiMAPをみると、ヴィスビーの街に多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

フォールエー島(ゴットランド島)

フォールエー島には、岩の石灰層が海水に浸食されたことでできた巨大な奇岩が立ち並ぶ海岸があります。

ヴィスビーの街並みと同じ島内にあるとは思えない、異世界に足を踏み入れてしまったような感覚にさせてくれるスポットです。

上記WiFiMAPのキャプチャは、フォールエー島の公共ビーチ周辺を写しています。

WiFiMAP上では、この周辺にフリーWiFiスポットが確認できませんね。

ウプサラ大聖堂(ウプサラ)

ウプサラ大聖堂は、完成までに約165年もかかった北欧で最大の教会です。

現在は1880年に再建された当時の姿をみることができます。

内部にはウプサラ大聖堂が所有する宝物を展示する博物館もあり、こちらも要チェックです。

WiFiMAPをみると周辺に多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

北欧最古の大学「ウプサラ大学」やウプサラ城は、ウプサラ大聖堂のすぐ近くにあります。

ヨーテボリ中央駅(ヨーテボリ)

スウェーデン第2の都市「ヨーテボリ」にあるヨーテボリ中央駅は、レンガ造りの外観が美しいスウェーデン最古の駅です。

ストックホルムについで国内2番目に旅客数も多い構内にはたくさんのお店があり、ショッピングにも適しています。

WiFiMAPをみると、周辺に多くのフリーWiFiスポットが確認できますね。

ヨーテボリ中央駅の近くには、ヨーテボリ大聖堂やヨーテボリオペラハウスといった観光スポットもあります。

リセベリ遊園地(ヨーテボリ)

リセベリ遊園地は2005年にフォーブス誌で「世界の遊園地トップ10」にえらばれたことから、観光客が多く集まるようになった北欧最大の遊園地です。

リセベリ遊園地では、木製のレトロなジェットコースター「バルデル」が一番人気となっています。

観光客に人気の遊園地ということもあって、WiFiMAPをみると周辺に多くのフリーWiFiスポットが確認できますね。

ボルボ博物館(ヨーテボリ)

スウェーデンは世界的な車メーカー・ボルボが生まれた国で、ヨーテボリにはボルボの本社があります。

ボルボ博物館には、ボルボがこれまで作ってきたクラシックカーから最新の車までが飾られており、車好きでなくても楽しめるでしょう。

WiFiMAPをみると、周辺に複数のフリーWiFiスポットが確認できますね。

アイスホテル(ユッカスヤルヴィ)

氷で作られるスウェーデンのアイスホテルは、テレビなどで見たことのある方も多いでしょう。

アイスホテルではベッドまで氷でできているというから驚きです。

アイスホテルのデザインは、世界各地から集まったアーティストにより毎年変更されます。

淡い光でライトアップされたアーティスティックな氷のホテルは幻想的。

アイスホテルは宿泊者でなくても、内部の見学やホテル内のレストランやショップの利用が可能です。

WiFiMAPをみると、アイスホテルに1つフリーWiFiスポットが設置されているのが確認できますね。

スウェーデンのホテルではフリーWiFiが使える?

スウェーデンへ行ったときに、一番長い時間過ごすことになるのは宿泊先のホテルでしょう。

ホテル宿泊中にインターネット環境があれば、観光情報を調べたり暇つぶしに動画をみたりなどいろいろ役に立ちます。

それでは、スウェーデンのホテルではフリーWiFiがどのくらいの割合で提供されているでしょうか。

ここでは、世界最大級のホテル予約サイト「Booking.com」のホテルデータを参考に、スウェーデンのホテルにおけるフリーWiFiの提供状況を確認しました。

結果は以下の通りです。

スウェーデン主要観光地のホテルにおけるフリーWiFi設置状況

スクロールできます
都市掲載ホテル数フリーWiFiが設置されたホテル数設置割合
スウェーデン全土8,8776,031約68%
ストックホルム274262約96%
ヨーテボリ110101約92%
※2022年6月30日時点の情報です。

ホテルのフリーWiFi設置状況をみると、スウェーデン全土では7割程度、ストックホルムやヨーテボリのような観光地では9割を超えています。

この結果をみる限りスウェーデンでも観光人気の高い場所のホテルでは、フリーWiFiを使える可能性が高いと考えてよさそうですね。

ただ、全てのホテルでフリーWiFiが提供されているわけではないので、確実に使いたい場合は事前に確認するようにしましょう。

フリーWiFiはセキュリティ的にも利便性にも問題がありおすすめできない

スウェーデンの空港や主要観光地、ホテルではフリーWiFiを使える場所が多いことをみてきました。

スウェーデンでは、フリーWiFiを使ってインターネットに接続できることが多いでしょう。

しかしフリーWiFiはセキュリティ的にみて大きなリスクがある上に、不便な点も多くメインのインターネット接続手段としておすすめできません。

以下、その理由を詳しく解説しますね。

1.フリーWiFiの通信は、第三者に簡単に覗き見られてしまう

フリーWiFiの通信は暗号化されていないことが多い上に、暗号化されていてもパスワードが公開されています。

そのためフリーWiFiの通信から、利用者の個人情報を盗み見るのは難しくありません。

仮にフリーWiFi上でクレジット決済やアプリ決済を行うと、クレジットカードの番号が盗み見られ悪用されてしまう可能性もあるのです。

2.なりすましによる被害も多い

正規のフリーWiFiに似せて作ったなりすましによる被害も増えています。

なりすましに接続してしまうと、個人情報を盗み見られたりウイルスに感染させられたりするのです。

なりすましは、普段からWiFiを使い慣れている方でも正しく判別するのは簡単ではありません。

その結果、なりすましに接続してしまったことに気づかず、ずっと後になってから被害に遭っていたことが分かるということも多いのです。

3.フリーWiFiは使える場所が限定されている

フリーWiFiは、基本的に専用スポットのすぐ近くでしか使えません。

たとえばカフェのフリーWiFiであれば、原則としてお店のなかでしか使えないのです。

日本では路上でも近くにお店のない場所でも、手元のスマートフォンを使ってすぐにインターネットに接続できます。

しかしスウェーデンで、フリーWiFiしかインターネット接続手段がないと、そんな便利な使い方はできません。

たとえばフリーWiFiスポットが近くにない路上で、スマートフォンの地図を調べるといった使い方もできなくなります。

4.フリーWiFiの通信品質は悪いことも多い

フリーWiFiの通信品質はスポットによってまちまちです。

高速な通信速度で快適に使えるスポットもあれば、接続が不安定だったり通信速度が極端に遅かったりするスポットも少なくありません。

せっかくフリーWiFiがあるカフェやレストランに入店したのに、インターネットがまともに使えないなんてことも多いのです。

このようにフリーWiFiは手軽に使える反面、問題が少なくありません。

スウェーデンでストレスなくインターネットを使うためには、次項以降で紹介するモバイル通信系のサービスをおすすめします。

ピーマンくん

フリーWiFiって無料で気軽に使えると思ってたけど、、、

トマト先生

フリーWiFiは簡単に使える反面、デメリットが多いことも覚えておくんじゃぞ。

2.スウェーデンで利用可能なプリペイドSIMを購入する

日本でモバイル通信を使う場合、月払いの契約が一般的です。

一方プリペイドSIMとは、前払い方式で必要な分のモバイル通信を契約するサービスを指します。

たとえば2GB/7日というプリペイドSIMのプランであれば、7日間の有効期限内に合計データ容量2GBまでモバイル通信が可能です。

当サイトで調査したところ、スウェーデン現地では以下プリペイドSIMのプランが販売されていることを確認しました。

Telia※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
0.5GB/30日109kr1,455円
2GB/30日199kr2,657円
無制限/3日249kr3,324円
30GB/月329kr4,392円
無制限/月459kr6,128円
参照元:Telia公式サイト

Telenor※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
1GB/31日49kr654円
3GB/31日99kr1,322円
10GB/31日199kr2,657円
30GB/31日299kr3,992円
参照元:Telenor公式サイト
※掲載しているのは一部のプランです。その他のプランについてはリンク先で確認して下さい。
※1kr=13.35円(2022/6/30時点のレート)で計算しています。

プリペイドSIMのプランは、スウェーデン現地で契約することも可能です。

ただし、その場合はスウェーデン語か英語で店員とコミュニケーションをとらなくてはなりません。

不安な方は現地で契約するより料金が高くなりますが、日本にいる間にスウェーデンで使えるプリペイドSIMを購入し持ち込む方が無難です。

インターネット設定に慣れた方でないと、プリペイドSIMを使うのは難しい

プリペイドSIMがあれば、フリーWiFiスポットの近くでなくてもインターネット接続が可能です。

ただしプリペイドSIMを使えるようにするためには、以下ハードルをクリアしなくてはならず初めての方には簡単ではありません。

スウェーデンでプリペイドSIMを使うための3つの条件
  • 「SIMフリー」というタイプのスマートフォンを持っている
    ※キャリアで購入した端末は、別途「SIMロック解除」という手続きをしなければならないことも多い
  • 使っているスマートフォンが、現地キャリアの周波数帯域に対応している必要がある
  • 自分でSIMカードを端末に挿入し「APN設定(接続先情報設定)」ができる

上記の意味が分かってトラブルが発生しても自分で解決できる方でないと、プリペイドSIMを使いこなすのは難しいです。

自信のない方は、次項以降で紹介するより簡単な手段をおすすめします。

3.キャリアの海外ローミング

日本国内のスマートフォンユーザーの約9割がドコモ・au・ソフトバンクのいずれかのキャリアを使っているというのは有名な話です。

恐らくあなたもその一人ではないでしょうか?

キャリアのサービスには「海外ローミングサービス」と言って、SIMカードを入れ替えなくても事前に手続きを行うことで海外でもお使いのスマートフォンをそのまま使える機能があります。

各キャリアの利用料金については下記表をご覧ください。

サービス名内容
ドコモ■パケットパック海外オプション
200円/1時間〜
980円/24時間
2,480円/3日間
3,980円/5日間
5,280円/7日間
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は30GBが上限
■海外パケ・ホーダイ
24.4MB /日|1,980円
無制限/日:2,980円
◇通話:従量課金
→利用にはWEB/店頭/電話から申込手続きが必要
au■世界データ定額
(利用日数:1日から30日)
490円/24時間〜
690円/24時間〜
980円/24時間〜
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は60GB-80GBが上限
◇通話:従量課金
→利用には「世界データ定額アプリ」から申込手続きが必要
ソフトバンク■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
ahamo■月間20GBまで通信可能
※手続き不要
※20GB以上は追加費用発生
※15日以上の滞在では通信速度制限あり
◇通話:従量課金
povo■非対応
LINEMO■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
※アメリカ放題非対応
UQ mobile■対応
楽天モバイル■対応
※2022年6月時点

注意しなければならないのは、ドコモ・auに関しては海外で使用したパケット通信量が国内で契約しているパケットプランから差し引かれるという点です。

パケット上限がないプランに加入していれば問題ありませんが、そうでない低容量プランの場合は海外での利用料金に加えてパケット代金も発生してしまうため、高額請求となる場合も考えられます。

ソフトバンクユーザーに関しては国内パケット通信量から引かれることはありませんが、その分一日当たりの利用料金が高額となっています。

トマト先生

キャリアの海外ローミングサービスは非常に便利じゃが、このように落とし穴があるんじゃ。
特にソフトバンクを使っている人やそれ以外のパケット無制限プランに加入していない場合は注意するんじゃぞ。

4.海外用ポケット型WiFiを利用する

海外旅行の際に現地でインターネットを行いたい場合は海外専用のポケットWiFiを事前にレンタルしていくという手段は最も一般的かもしれません。

国際空港のカウンターであれば、事前に契約手続きを済ませていれば出国前に受け取ることもできます。

※新型コロナウィルスの影響で受け取りカウンターが臨時休業となっている場合もありますので詳しくはご利用のサービスにご確認いただければ幸いです。

ポケットWiFiであればお使いのスマートフォンとポケットWiFi端末をWiFi接続するだけで簡単に現地でもインターネットをすることが出来ます。

SIMカードを差し替える手間もなく、フリーWiFiのように危険に晒されることもなく安全にかつ快適にインターネットを楽しむことが出来るでしょう。

ただし、多くの海外専用ポケットWiFiの場合、飛行機に乗っている間もレンタル期間にカウントされてしまうため、渡航時間が長い国へ行く際には少々もったいないかもしれません。

トマト先生

これまで説明してきた方法で最も簡単なやり方じゃ!

まとめ

スウェーデンでは空港や主要観光地、ホテルなど日本人観光客がよく訪れる場所で、フリーWiFiを使えることが多いです。

しかしフリーWiFiはセキュリティ的な不安がある上に、使える場所が限定されるなど不便な点は否めません。

プリペイドSIMを使えばフリーWiFiスポットが近くになくてもインターネットに接続可能ですが、使うためのハードルが高いのが難点です。

インターネット設定に慣れていて、問題が起こっても自分で解決できる方でないと使いこなせません。

その点、海外ローミングや海外用ポケット型WiFiであれば、インターネット設定に慣れていない方でも無理なく使えます。

フリーWiFiのようなセキュリティ上の不安もありません。

ただ、海外ローミングはプランや設定によっては、想定外の料金が発生してしまうことがあります。

料金が高くならないようにするため、よく注意して使うことが必要です。

一方、海外用ポケット型WiFiなら完全定額制で使えるタイプが多く、安心して使えます。

たとえばポケット型WiFiサービス「クラウドWiFi」なら、スウェーデンで1GB/日のモバイル通信を1,200円/日の完全定額制で利用可能。

クラウドWiFiでは、クラウドSIM技術により電源を入れるだけで最適な電波を取得し、インターネットに接続できるのもメリットです。

簡単で快適なインターネット接続手段を確保して、スウェーデンの観光を思う存分楽しんできてください!

トマト先生

やはり海外で一番簡単にインターネットができるのは日本国内から「海外専用ポケット型WiFi」を持っていくことじゃのう!

ピーマンくん

スウェーデン旅行へ行くならクラウドWiFiがおすすめだよっ!

\海外で使うならこれで決まり/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

あなたの行きたい国はどこ?

興味のある国のインターネット事情をチェック!

行きたい国をクリック
ベトナム
韓国
中国
台湾
タイ
香港
カンボジア
インドネシア
マレーシア
シンガポール
フィリピン
スリランカ
ネパール
インド
ラオス
マカオ
バングラディシュ
モンゴル
ミャンマー
ロシア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いピーマンっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

WiFiPman登場人物紹介

■ピーマンくん■

Pman学園の生徒の一人。通信系の知識を学ぶために日夜勉強に励む努力家。好きなものはピーマンの肉詰め。
■トマト先生■

Pman学園の先生。ポケットWiFiのみならず通信系界隈の知識が豊富。トレードマークはちょっとグレーになってきている口髭。話が長いことが玉に瑕。
■レモンちゃん■

Pman学園の生徒でみんなのアイドル的存在。容姿端麗でかつ勉強が得意で通信関係の補足知識をよく教えてくれる。最近の流行りはヘアアレンジ。

この記事を書いた人

WiFiやインターネット回線でお困りの方に、最新最適な情報をお届けできるよう常に情報収集に励んでおります!
また海外でのインターネット事情にも精通しているので、現地情報を盛り込んだフレッシュな情報をお送りいたします!

目次(タップしてジャンプ)