チリのインターネット事情は?フリーWiFiは使える?

  • URLをコピーしました!

チリを訪れた観光客は、フリーWiFiをはじめ複数の手段でインターネットに接続可能です。

ただし手段ごとに難易度や利便性などが大きく異なります。

チリでストレスなくインターネットを使いたいときは、事前にきちんとチェックしておきたいところです。

この記事ではチリのインターネット事情と、チリで使えるインターネット接続の手段を紹介します。

どの方法が最もおすすめかも解説しているので、チリへ出発する前にぜひご覧ください!

チリでのインターネット接続手段比較表

スクロールできます
通信品質セキュリティ使いやすさコスト
ポケット型WiFi
フリーWiFi×
プリペイドSIM
海外ローミング
  • ポケット型WiFi(★おすすめ) 
    安全性が高く電源を入れるだけで使える。複数デバイスで利用可能。
  • フリーWiFi 
    無料で使えると言う利点を除くと、通信品質やセキュリティに不安が生じる。
  • プリペイドSIM
    現地で購入すると安価な反面、煩雑な設定が必要なため最低限の知識が必要である。
  • 海外ローミング
    設定のハードルは高くはありませんが、他の手段と比べ割高になる事も。
目次(タップしてジャンプ)

チリのインターネット事情は?

海外旅行中に観光客がどれだけインターネットを使えるかは、その国のインターネット事情によります。

インターネット環境がよく整った国の方が、観光客も快適にインターネットを使えることは言うまでもありません。

そこで、ここではチリのインターネット事情をみていきましょう。

まずは世界のインターネット統計を公開している「Internet World Stats」のデータから、チリのインターネット普及率を紹介します。

チリのインターネット普及率(2021年)

国名/地域名普及率
チリ92.0%
南アメリカ平均78.8%
日本94.5%
※参照元:「Internet World Stats

チリのインターネット普及率は南アメリカ平均の78.8%を大きく上回り、92.0%となっています。日本の94.5%とほとんど差はありません。

インターネットが普及した日本では、人の住むエリアであればだいたいインターネットを利用可能です。

インターネットが使えず困ることはほとんどありません。

日本と同じくらいインターネットが普及したチリでも、準備さえすれば日本と同じぐらいインターネットが使えると考えてよさそうですね。

次に通信速度のデータをみていきましょう。

いくら普及率が高くても、通信速度に問題があれば思うようにインターネットを使うことはできません。

チリのインターネット通信速度と順位(2022年4月時点)

固定回線

スクロールできます
順位国名通信速度(下り)
全世界63.46Mbps
2チリ200.01Mbps
8アメリカ151.21Mbps
14日本123.98Mbps

モバイル回線

順位国名通信速度(下り)
世界30.75Mbps
26アメリカ61.06Mbps
43日本42.79Mbps
80チリ22.35Mbps
※参照元:SPEEDTEST「Speedtest Global Index
※参照したデータをもとに、当サイトが表を作成しています。
※インターネット通信速度の「中央値」による統計です。

チリにおける固定回線の通信速度は日本やアメリカと比べてもはるかに高速で、なんと世界2位の200.01Mbpsです。

(世界1位はシンガポールの207.61Mbps)

一方でモバイル回線に関しては、22.35Mbpsで日本の半分程度となっています。

ただし、いずれもインターネットを問題なく使えるレベルとは言えるでしょう。

このぐらいの通信速度がでてくれれば、通信速度が遅くてストレスが溜まることはありません。

日本人がチリに旅行や出張で滞在する際のインターネット手段とは?

チリはインターネット普及率が高く、インターネット事情は悪くないようです。

それではそんなチリに日本人が旅行や出張で滞在する際は、どのような手段でインターネットに接続できるでしょうか。

代表的な手段としては以下4種類があげられます。

チリでインターネットに接続する4つの方法
  1. ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する
  2. チリで利用可能なプリペイドSIMを購入する
  3. 日本の通信キャリアが展開している海外ローミングサービスを使う
  4. チリに対応した海外用ポケット型WiFiを日本でレンタルして持っていく

この4つは海外でインターネットを使うときによく名前があげられる方法ですが、使い勝手などに大きな差があります。

以下、1つずつどんな特徴かみていきましょう。

1.ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する

フリーWiFiとは無料で誰でも使えるWiFi環境です。

昨今では日本の観光地でも、フリーWiFiが使える場所はどんどん増えています。

チリのなかで日本人がよく訪れる場所には、どのくらいフリーWiFiのスポットがあるのでしょうか。

有名観光ガイドブック「地球の歩き方」では、チリのフリーWiFi事情について以下のように述べています。

アルゼンチンとチリに関しては無線LANが広く普及しており、無線LAN搭載のパソコンやスマートフォンを持っていけば、空港やホテル、カフェなど多くの場所でネットに接続することができる。
空港や商業施設など公共エリアでのネット接続については、メールアドレスやSNSアカウントの登録が必要な場合も。
ほとんどのホテルでは無線LAN接続を無料で提供しているが、まれに有料だったり、使用できるエリアが限られていたりするので予約時に確認を。
また、安宿では部屋により接続状況に変動があり、場所や時間帯によっては全く繋がらなくなることもある。

参照元:地球の歩き方「アルゼンチン・チリ・パラグアイ・ウルグアイ(2020~2021)P428」

地球の歩き方の情報をみる限り、チリではフリーWiFiを使える場所が多いようですね。

ただし記載されているようにフリーWiFiは通信品質が不安定である点は注意しなくてはなりません。

無料で使いやすい反面、他の手段に比べスポットごとに通信品質の差が大きい点は否めないです。

以下、チリの中でも日本人が特によく行く場所でどのくらいフリーWiFiがあるかみていきましょう。

空港のWiFiスポットは?

海外旅行の際には、入国時や帰国時など空港にいる時間が長くなるためインターネットを使えると便利です。

それではチリの中でも日本人がよく使う空港では、フリーWiFiは使えるでしょうか。

チリのなかで入出国の際に日本人がよく利用するのが、首都サンティアゴにあるアルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港です。

空港の公式サイトには、フリーWiFiの提供に関して以下のように記載されています。(当サイトで日本語に訳しています。)

空港を単なる乗り継ぎの場所でなく楽しめる場所にするため、30分ごとに再接続することで無制限に使えるフリーWiFiを提供します。

参照元:アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港公式サイト

公式サイトをみる限り、アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港ではフリーWiFiが利用できるようですね。

観光地のWiFiスポットは?

先に結論を述べると、チリの主要な観光地周辺ではフリーWiFiのスポットが豊富にあります。

専用アプリなどを使えば、これから訪れる観光地周辺のフリーWiFiスポットを見つけられることが多いでしょう。

ここでは世界中のWiFiスポットを検索できるアプリ「WiFiMAP」のデータを参考に、チリの各観光地でフリーWiFiが提供されているかみていきます。

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map LLC無料posted withアプリーチ

WiFiMAPでは、フリーWiFiスポットを青い丸のマークで表しています。

青い丸の中に数字が書かれているのは、周辺にその分だけフリーWiFiスポットがあるということです。

アルマス広場は、サンティアゴ市民が集まる憩いの場所です。

チェスをする老人やストリートミュージシャンなど、サンティアゴ市民の日常がみられます。

首都サンティアゴ観光の中心となる場所だけあり、WiFiMAPをみると周辺に多くのフリーWiFiスポットがあるのがわかりますね。

アルマス市場の近隣には、サンティアゴ大聖堂や国立美術館、中央市場などサンティアゴ観光の人気スポットも集まっています。

チリのホテルは?

海外旅行中に一番長い時間過ごす宿泊先のホテルでは、インターネットを使いたくなるでしょう。

それでは、チリのホテルではどの程度フリーWiFiが提供されているでしょうか。

ここでは世界最大級のホテル予約サイト「Booking.com」のデータを参考に、チリのホテルにおけるフリーWiFi提供状況を紹介します。

チリ主要観光地のホテルにおけるフリーWiFi設置状況

スクロールできます
都市掲載ホテル数フリーWiFiが設置されたホテル数設置割合
チリ全土6,8004,378約64%
サンティアゴ749628約84%
サン・ペドロ・デ・アタカマ181118約65%
イースター島3930約77%
※2022年5月24日時点の情報です

サンティアゴやイースター島は約8割のホテルがフリーWiFiを提供している一方、チリ全土の設置割合は約64%にとどまっています。

ちなみにチリ全土で4つ星以上のホテルに絞って検索すると、フリーWiFiの設置割合は約77%(920件中705件)となりました。

日本人が使うような高い品質のホテルなら、サンティアゴでなくてもフリーWiFiを使えるホテルが大半のようですね。

ただ、いずれにしろ一定数のホテルではフリーWiFiが設置されていないので、使いたい場合は事前に確認した方がよいでしょう。

もしくはホテルで確実にインターネット接続するため、フリーWiFi以外の方法を選ぶことをおすすめします。

フリーWiFiはセキュリティ的にも利便性にも問題がありおすすめできない

チリの空港や観光地、ホテルではフリーWiFiスポットが豊富であることをみてきました。

しかしフリーWiFiはセキュリティ面と利便性の面で大きな問題があり、チリでメインに使うインターネット接続手段としておすすめできません。

以下、その理由を詳しく解説しますね。

1.フリーWiFiでは簡単に通信を盗み見られてしまう

フリーWiFiの通信は暗号化されていないことが多い上に、仮にされていてもパスワードが公開されています。

悪意のある第三者にとって、フリーWiFi上の通信を盗み見ることは技術的にみても難しくありません。

フリーWiFiを使うことで、個人情報を盗み見られてしまう可能性があるのです。

フリーWiFiでクレジット決済・アプリ決済を行うと、クレジットカード番号が盗み見られ悪用されるリスクもあります。

2.フリーWiFiの「なりすまし」による被害も多い

フリーWiFiを装った「なりすまし」による被害も少なくありません。

万が一、なりすましに接続してしまった場合、個人情報が盗み見られたりウイルスに感染させられたりする可能性があります。

さらに悪いことに、フリーWiFiを使い慣れた人でもなりすましを見分けるのは難しいものです。

なりすましによる攻撃を防ぐのは簡単ではありません。

3.フリーWiFiスポットの近くでないと使えない

フリーWiFiで特に大きな問題は、専用スポットのすぐ近くでしか使えない点です。

たとえば路上などでスマートフォンの地図を調べたくても、フリーWiFiスポットの近くでなければインターネットに接続することもできません。

また近隣のフリーWiFiスポットがカフェやレストランであれば、基本的にそのスポットを使えるのはそのお店を来店客として利用する人だけです。

4.フリーWiFiは通信品質が不安定

フリーWiFiの場合は仮に接続できても、通信品質に問題がある場合も少なくありません。

設備の問題で接続が不安定だったり、多くの人が同時に使うため混雑で通信速度が極端に遅かったりすることも多いです。

またフリーWiFiが提供されているレストランやカフェでも、テーブルの位置によっては電波が届かず繋がらないこともあります。

このような理由から、フリーWiFiに頼り過ぎるのはおすすめできません。

チリ滞在中にストレスなくインターネットを使いたいなら、これから紹介する他の方法をおすすめします。

ピーマンくん

フリーWiFiって無料で気軽に使えると思ってたけど、、、

トマト先生

フリーWiFiは簡単に使える反面、デメリットが多いことも覚えておくんじゃぞ。

2. チリで利用可能なプリペイドSIMを購入する

プリペイドSIMとは前払いで使えるモバイル通信サービスのことです。

たとえば2GB/7日というプリペイドSIMのプランであれば、7日間の有効期限内に合計2GBのモバイル通信が行えます。

当サイトで調査したところ、チリでは以下のようなプリペイドSIMのプランが販売されていることを確認しました。

Entel※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
2GB/5日$2,000約300円
4GB/7日$3,000約450円
5GB/30日$5,000約750円
7GB/30日$6,000約900円
10GB/30日$8,000約1,200円
参照元:Entel公式サイト

Claro※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
3GB/7日$2,500約375円
5GB/15日$4,000約600円
8GB/30日$7,000約1,050円
10GB/30日$10,000約1,500円
参照元:Claro公式サイト

Movil

スクロールできます
プランの内容料金日本円
4GB/7日$1,990約299円
6GB/10日$2,990約499円
10GB/30日$6,990約1,049円
参照元:Movil公式サイト
※掲載しているのは一部のプランです。その他のプランについてはリンク先で確認して下さい。
※$1=0.15円(2022/5/25時点のレート)で計算しています。

プリペイドSIMはチリ現地のショップで購入して利用することができます。

ただし、その場合は店員と現地公用語であるスペイン語でコミュニケーションをとらなくてはなりません。

不安な方は、日本のAmazonなどでプリペイドSIMを購入して持ち込む方が無難ではあります。

インターネット設定に慣れた方でないと、プリペイドSIMを使うのは難しい

プリペイドSIMがあれば、近くにフリーWiFiスポットがなくてもインターネットに接続でき便利です。

チリ現地の価格でモバイル通信が使えるのもメリットと言えます。

ただしプリペイドSIMを使うためには、以下にあげる条件を自分で解決できなくてはなりません。

チリでプリペイドSIMを使うための3つの条件
  • 「SIMフリー」というタイプのスマートフォンを持っている※キャリアで購入した端末は、別途「SIMロック解除」という手続きをしなければならないことも多い
  • 使っているスマートフォンが、現地キャリアの周波数帯域に対応している必要がある
  • 自分でSIMカードを端末に挿入し「APN設定(接続先情報設定)」ができる

これらの意味を理解できて、自分で必要な対応が行えるようなインターネット設定に慣れた方でないとプリペイドSIMは使えません。

自信のない方はより簡単に使える他の手段をおすすめします。

3. キャリアの海外ローミングを利用する

日本国内のスマートフォンユーザーの約9割がドコモ・au・ソフトバンクのいずれかのキャリアを使っているというのは有名な話です。

恐らくあなたもその一人ではないでしょうか?

キャリアのサービスには「海外ローミングサービス」と言って、SIMカードを入れ替えなくても事前に手続きを行うことで海外でもお使いのスマートフォンをそのまま使える機能があります。

各キャリアの利用料金については下記表をご覧ください。

サービス名内容
ドコモ■パケットパック海外オプション
200円/1時間〜
980円/24時間
2,480円/3日間
3,980円/5日間
5,280円/7日間
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は30GBが上限
■海外パケ・ホーダイ
24.4MB /日|1,980円
無制限/日:2,980円
◇通話:従量課金
→利用にはWEB/店頭/電話から申込手続きが必要
au■世界データ定額
(利用日数:1日から30日)
490円/24時間〜
690円/24時間〜
980円/24時間〜
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は60GB-80GBが上限
◇通話:従量課金
→利用には「世界データ定額アプリ」から申込手続きが必要
ソフトバンク■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
ahamo■月間20GBまで通信可能
※手続き不要
※20GB以上は追加費用発生
※15日以上の滞在では通信速度制限あり
◇通話:従量課金
povo■非対応
LINEMO■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
※アメリカ放題非対応
UQ mobile■対応
楽天モバイル■非対応
※2022年5月時点

注意しなければならないのは、ドコモ・auに関しては海外で使用したパケット通信量が国内で契約しているパケットプランから差し引かれるという点です。

パケット上限がないプランに加入していれば問題ありませんが、そうでない低容量プランの場合は海外での利用料金に加えてパケット代金も発生してしまうため、高額請求となる場合も考えられます。

ソフトバンクユーザーに関しては国内パケット通信量から引かれることはありませんが、その分一日当たりの利用料金が高額となっています。

トマト先生

キャリアの海外ローミングサービスは非常に便利じゃが、このように落とし穴があるんじゃ。
特にソフトバンクを使っている人やそれ以外のパケット無制限プランに加入していない場合は注意するんじゃぞ。

4.海外で使えるポケット型WiFiを日本でレンタルして持っていく

海外旅行や出張で渡航する際、現地でインターネットを使うのに最も安全で便利な方法として挙げられるのが
日本でレンタルしたポケット型WiFiを現地で使う事です。

これまで紹介したフリーWiFiやプリペイドSIMと比較した場合の特徴を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

海外用ポケット型WiFiを日本でレンタルした場合の特徴
  • インターネットを安全に使える
  • 電源を入れた時だけ料金が発生する
  • 事前に受け取りが出来る
  • 1台の端末で世界134ヶ国の周遊が可能

インターネットを安全に使える

前述したように、フリーWiFiはセキュリティの脆弱性がマイナス要素となっており、海外で安全にインターネットを使用することにおいては対局にあります。

ビジネスで国外へ出張される場合、機密ファイルのデータ送信やクレジットカードの情報などを入力することもあるので尚更顕著であると言えるでしょう。

通信速度の観点から見ても、決して快適な速度で通信ができるとは言えなく、例えば現地で近くのレストランを探したり、SNSで画像を投稿する時にも時間がかかってしまうようでは快適なインターネットとは言えません。

その点、海外用ポケット型WiFiを日本でレンタルしていけば個別のネットワークとパスワードで保護されているため、快適な速度で安全なインターネット環境を有することができます。

電源を入れた時だけ料金が発生する

従来の海外用ポケット型WiFiの多くは、日本でレンタルしてから帰国後に返却をするまで料金が加算されていくシステムが主流であり、データ通信をしない日であっても料金が発生していました。

例えば人気国のハワイなら日本からのフライト時間が8時間ほど、アメリカのロサンゼルスであればフライト時間だけでも10時間以上となりますが、これまではインターネットを使用していないこの時間においても料金がかかっていました。

当サイトがおすすめする海外用ポケット型WiFiは、電源を入れた時だけ料金が発生するので、フライト時間や現地でWiFiを使用していない時は通信料が無料となっている事が特徴と言えます。

事前に受け取りが出来る

プライベートであってもビジネスにおいても、渡航先でスケジュールを組む方が大半だと思われますが
海外でインターネット環境を手配するには、それなりの知識や言語を要します。

例えば現地でSIMを手配するとなると、販売している所に出向き現地の言葉、または英語で商品を購入して自身の端末との接続を行う作業が必要となり、本来計画していたスケジュールを変更することも。

海外用のポケット型WiFiを日本でレンタルして、事前に受け取っておけば現地でも計画的にスケジュールが組めると言えるでしょう。

1台の端末で世界134ヶ国の周遊が可能

当サイトがおすすめする海外用ポケット型WiFiはクラウドSIMという規格を用いているため、利用場所に応じてクラウドサーバー上に存在する複数のSIMカードから最適なものを自動的に適用する仕組みとなっています。

海外においてもその利点を発揮し、日本を含めた世界134の国や地域でインターネットを利用できます。

このクラウドSIMの起用により、これまで国を跨ぐ度に変更していた設定や手続きの必要がなくなったことが、日本からWiFiをレンタルするメリットの最たるものと言えるでしょう。

\安全で快適に使える/
クラウドWi-Fiを見る >

まとめ

チリは空港・観光地・ホテルでフリーWiFiを使える場合が多いです。

しかしフリーWiFiはセキュリティ的な不安が大きい上に、決まった場所でしか使えないなど利便性が高いとは言えません。

チリでストレスなくインターネットを使いたいときは、他の方法をおすすめします。

プリペイドSIMはフリーWiFiスポットの近くでなくてもインターネットに接続でき便利ですが、使うためのハードルが多いのが難点です。

インターネット設定に慣れていない方は、プリペイドSIMを使いこなせない可能性が高いのでおすすめできません。

その点、海外ローミングや海外用ポケット型WiFiであれば、インターネット設定に慣れていない方でも無理なく利用できます。

これらの手段であれば、フリーWiFiスポットの近くでなくても利用可能です。

ただ海外ローミングは通信キャリアによっては対応していません。

またプランや設定によっては想定外の料金が発生してしまうこともあります。

一方、海外用ポケット型WiFiであれば完全定額制で利用でき、想定外の料金が請求されることもありません。

たとえば海外用ポケット型WiFiの1つ「クラウドWiFi」であれば、チリで1GB/日のモバイル通信を1,250円/日で利用可能です。

またクラウドWiFiはクラウドSIM技術の採用により、電源を入れるだけで最適な電波を取得しインターネットに接続できます。

設定も非常に簡単で手間がかかりません。

快適に使えるインターネット接続手段を確保して、チリの観光をたっぷり楽しんでください!

トマト先生

やはり海外で一番簡単にインターネットができるのは日本国内から「海外専用ポケット型WiFi」を持っていくことじゃのう!

ピーマンくん

チリ旅行へ行くならクラウドWiFiがおすすめだよっ!

\安全で快適に使える/
クラウドWi-Fiを見る >

あなたの行きたい国はどこ?

興味のある国のインターネット事情をチェック!

行きたい国をクリック
ベトナム
韓国
中国
台湾
タイ
香港
カンボジア
インドネシア
マレーシア
シンガポール
フィリピン
スリランカ
ネパール
インド
ラオス
マカオ
バングラディシュ
モンゴル
ミャンマー
ロシア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いピーマンっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

WiFiPman登場人物紹介

■ピーマンくん■

Pman学園の生徒の一人。通信系の知識を学ぶために日夜勉強に励む努力家。好きなものはピーマンの肉詰め。
■トマト先生■

Pman学園の先生。ポケットWiFiのみならず通信系界隈の知識が豊富。トレードマークはちょっとグレーになってきている口髭。話が長いことが玉に瑕。
■レモンちゃん■

Pman学園の生徒でみんなのアイドル的存在。容姿端麗でかつ勉強が得意で通信関係の補足知識をよく教えてくれる。最近の流行りはヘアアレンジ。

この記事を書いた人

WiFiやインターネット回線でお困りの方に、最新最適な情報をお届けできるよう常に情報収集に励んでおります!
また海外でのインターネット事情にも精通しているので、現地情報を盛り込んだフレッシュな情報をお送りいたします!

目次(タップしてジャンプ)