ポーランドのインターネット事情は?フリーWiFiは使える?

  • URLをコピーしました!

ポーランドでは、海外からの観光客はフリーWiFiを含め複数の方法でインターネットに接続できます。

ただインターネット接続手段の種類によって、使い勝手が異なるので事前に「どの手段が自分に合うか」きちんと調べておきたいところです。

この記事ではポーランドのインターネット事情と、ポーランドで日本人観光客が使えるインターネット接続手段の種類を紹介します。

どの手段が簡単で快適かも解説しているので、ポーランド渡航前に是非参考にして下さい!

ポーランドでのインターネット接続手段比較表

スクロールできます
通信品質セキュリティ使いやすさコスト
ポケット型WiFi
フリーWiFi×
プリペイドSIM
海外ローミング
  • ポケット型WiFi(★おすすめ) 
    安全性が高く電源を入れるだけで使える。複数デバイスで利用可能。
  • フリーWiFi 
    無料で使えると言う利点を除くと、通信品質やセキュリティに不安が生じる。
  • プリペイドSIM
    現地で購入すると安価な反面、煩雑な設定が必要なため最低限の知識が必要である。
  • 海外ローミング
    設定のハードルは高くはありませんが、他の手段と比べ割高になる事も。
目次(タップしてジャンプ)

ポーランドのインターネット事情

インターネット環境がしっかり整備されている国の方が、その国へやってくる海外からの観光客もインターネットを使いやすいものです。

海外へ旅行したときに渡航先の国できちんとインターネット環境を確保できるかは、その国のインターネット事情次第と言えます。

そこで、ここではポーランドのインターネット事情をみていきましょう。

まず世界のインターネット統計を公開している「Internet World Stats」のデータを参考に、ポーランドのインターネット普及率を紹介します。

ポーランドのインターネット普及率(2021年)

国名/地域名普及率
ポーランド78.2 %
ヨーロッパ平均87.7%
日本94.5%
※参照元:「Internet World Stats

ポーランドのインターネット普及率は78.2%で、日本と比べると16.3%低くなっています。

今の日本では、人が暮らしていないようなエリアでない限り、だいたい何らかの方法でインターネットに接続可能です。

インターネットにつなげる手段が何も見つからなくて、困るようなことはほとんどありません。

一方のポーランドでは日本に比べインターネット普及率が低い分、インターネット環境を見つけにくいでしょう。

ポーランド観光中にインターネットを不自由なく使いたいときは、事前の準備が不可欠です。

次に、ポーランドのインターネット通信速度についてみていきます。

インターネット環境をみつけられたとしても、速度が遅過ぎたら快適に使うことはできません。

以下、インターネット通信速度測定サイト「SPEED TEST」が集計したデータを紹介します。

ポーランドのインターネット通信速度と順位(2022年5月時点)

固定回線

スクロールできます
順位国名通信速度(下り)
全世界64.70Mbps
8アメリカ152.66Mbps
9日本137.19Mbps
35ポーランド92.39Mbps

モバイル回線

スクロールできます
順位国名通信速度(下り)
世界30.37Mbps
25アメリカ59.93Mbps
45日本42.60Mbps
52ポーランド36.97Mbps
※参照元:SPEEDTEST「Speedtest Global Index
※参照したデータをもとに、当サイトが表を作成しています。
※インターネット通信速度の「中央値」による統計です。

ポーランドのインターネット通信速度をみると、固定回線は日本と比べ約45Mbps遅く、モバイル回線は日本とほぼ同程度です。

日本国内では、インターネット通信速度が遅くて困るようなことはほとんどありません。

たいてい動画もスムーズに鑑賞できますし、インターネットの調べものもさくさく進められます。

ポーランドの固定回線は日本と比べてしまうと、通信速度が少し物足りないと感じる可能性が高いですね。

とはいえ、100Mbps前後の通信速度がでていたら高画質な動画も見られますし不自由は感じないでしょう。

一方でモバイル回線に関しては、日本とポーランドでそれほど差はありません。

海外ローミングやポケット型WiFiルーターなど、モバイル回線を使ったインターネット接続は日本と同じくらい快適に使えそうです。

日本人がポーランドに旅行や出張で滞在する際のインターネット接続手段とは?

ポーランドのインターネット事情をみてみると、日本と比べインターネット環境の整備状況が若干劣ることがわかりました。

それでは、そんなポーランドへ日本人が観光や出張で訪れた際は、どのような方法でインターネットに接続できるでしょうか。

最もよく使われる代表的な手段としては、以下4種類があげられます。

ポーランドでインターネットに接続する4つの方法
  1. ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する
  2. ポーランドで利用可能なプリペイドSIMを購入する
  3. 日本の通信キャリアが展開している海外ローミングサービスを使う
  4. ポーランドに対応した海外用ポケット型WiFiのルーターをレンタルする

上記4つの手段は、日本人に限らず海外旅行者によってよく使われています。

けれど手段によって通信品質や難易度に大きな差があるので、自分にあった方法をえらびたいものです。

以下、それぞれの手段の特徴を解説するので参考にして下さい。

1.ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する

フリーWiFiは、名前の通り無料で使えるWiFiのことです。

日本でも有名なカフェチェーンやファミレス、主要鉄道駅などフリーWiFiを使えるスポットは増えています。

ポーランドの観光地でもフリーWiFiを使えるスポットがあれば、日本人観光客がWiFiを利用しインターネット接続可能です。

それではポーランドでは、どのくらいフリーWiFiが使えるでしょうか。

代表的な海外観光情報誌「地球の歩き方」では、ポーランドのフリーWiFi事情について以下のようにまとめています。

(ポーランドでは)インターネットは広く普及している。
ほとんどがWi-Fiとなっており、対応のパソコンやスマートフォンを持っていけば、町なかにあるカフェやホテルでネット接続が可能だ。
また、一部の長距離バスでは、無料のWi-Fiが使える。
(中略)
都市にある国際空港では、ほとんどの場合公共のWi-Fiがある。
有料の場合と無料の場合があり、また空港内の一部の区域でのみ無料ということもある。 
有料の場合、1時間で日本円にして500~2000円くらい。
移動中にもネット接続を行いたい人やホテルでのネット環境に不安を感じている人は、海外でも定額で利用できるWi-Fiルーターを出発前に日本でレンタルするとよい。

参照元:「地球の歩き方 チェコ ポーランド スロヴァキア 2020〜21」(P434)

地球の歩き方の情報をみる限り、ポーランドではフリーWiFiを使えるスポットが豊富にありそうですね。

ただ地球の歩き方にもあるように、フリーWiFiは必ずしも通信品質がよいとは言えず不安が残るのは否めません。

フリーWiFiは専用スポットの近くで使うものなので、移動中に使えない点も注意が必要です。

こういった点に不安がある方は、地球の歩き方でも紹介しているWiFiルーター(=海外用ポケット型WiFi)のレンタルをおすすめします。(海外用ポケット型WiFiの詳細については後述しますね。)

以下、ポーランドのなかでも特に日本人観光客がよく訪れる場所に、どのくらいフリーWiFiスポットがあるかみていきましょう。

空港のフリーWiFiスポットは?

日本からポーランドへ行くときに必ず使う現地の空港では、手続きのために長い時間滞在することになります。

そのため、空港でフリーWiFiを使いたいと考える方も多いでしょう。

ポーランドへ観光や出張で訪れる日本人が、特によく使うのが首都ワルシャワにあるワルシャワ・ショパン空港です。

ワルシャワ・ショパン空港の公式サイトでは、フリーWiFiの提供について以下のように書いています。(当サイトで日本語に訳しています。)

新ターミナルのオープン以来、ショパン空港は確実に進化しました。
フリーWiFiの提供をはじめ、豊富なレストラン・バーなど、「旅行中に必要なものがそろっている」と利用客はアンケートに答えています。

参照元:ワルシャワ・ショパン空港公式サイト

公式サイトの情報をみる限り、ワルシャワ・ショパン空港ではフリーWiFiが使えるようですね。

観光地にはどのくらいフリーWiFiスポットがある?

はじめに結論を書くと、ポーランドの主要な観光地周辺では複数のフリーWiFiスポットがあることが多いです。

専用アプリなどを使えば、事前に行先の観光地付近のフリーWiFiスポットを見つけられるでしょう。

ここでは世界中のフリーWiFiスポットを検索できるアプリ「WiFiMAP」で、ポーランドの各観光地にフリーWiFiスポットが実際どのくらいあるか確認します。

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map LLC無料posted withアプリーチ

WiFiMAPでは、フリーWiFiスポットを青い丸のマークで表しています。

青い丸の中に数字が書かれているのは、周辺にその分だけフリーWiFiスポットがあるということです。

旧市街市場広場(ワルシャワ)

世界遺産「旧市街市場広場」は、中世ヨーロッパの街並みが再現された美しい広場です。

第二次世界大戦でナチスに破壊されましたが、「壁のひびまで忠実に」というポリシーのもとで正確に復元されました。

首都ワルシャワを代表する観光スポットということもあり、WiFiMAPをみると周辺に多くのフリーWiFiスポットが確認できますね。

旧市街市場広場の近くには旧王宮などの人気観光スポットもあります。

聖十字架教会(ワルシャワ)

聖十字架教会は、ポーランド出身の偉大な作曲家「ショパン」に大変関り深い教会です。

教会の石柱には、ショパンの心臓が収められています。

ショパンの遺体はパリに安置されていますが、「せめて心臓だけでも祖国に帰してほしい」というのがショパン自身の希望でした。

黄金色に輝く祭壇やシャンデリアをはじめ、聖十字架教会では絢爛豪華なその内装も見逃せません。

WiFiMAPをみると、聖十字架教会周辺に多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

教会周辺には、ショパン博物館などの人気観光スポットもあります。

ヴィラヌフ宮殿(ワルシャワ)

ワルシャワ市街地から少し離れた場所にあるバロック様式のヴィラヌフ宮殿は、国王が夏に暮らす別荘として17世紀に建てられました。

ヴィラヌフ宮殿は、その美しさから「ポーランドのヴェルサイユ宮殿」とも言われます。

ヴィラヌフ宮殿は現在美術館として公開されており、豪華な庭園の他、当時の国王が世界各地から集めた貴重な美術品も鑑賞可能です。

ワルシャワ市街地程ではありませんが、WiFiMAPをみると複数のフリーWiFiスポットがあるのがわかりますね。

中央市場広場(クラクフ)

クラクフ旧市街は、ポーランドの中でも数々の戦火から免れ中世の街並みがそのまま残るスポットです。

その貴重さが評価され、1978年には世界遺産の第1号として登録されました。

上記WiFiMAPのキャプチャは、クラクフ旧市街の中心的な存在である中央市場広場周辺を写したものです。

石畳が敷き詰められた広場の周囲には、織物会館や旧市庁舎の塔など歴史深い建物が立ち並んでいます。

WiFiMAPをみるとクラクフ観光の中心だけあり、周辺には非常に多くのフリーWiFiスポットが確認できますね。

中央市場広場の近くには、他にも聖マリア教会やヴァヴェル城といったクラクフ観光の人気スポットが集まっています。

カジミエシュ地区(クラクフ)

カジミエシュ地区は、クラクフのなかでも第二次世界大戦時までユダヤ人の居住区だった場所です。

今では古い建物を活用したお洒落なカフェやショップが立ち並んでおり、散策に適したスポットとなっています。

ユダヤ人の礼拝所「シナゴーク」やユダヤ博物館も、観光では是非訪れたい見どころです。

上記WiFiMAPはカジミエシュ地区の中でも、メインストリートであるユジェファ通り周辺を写しています。

WiFiMAPをみる限り、この周辺にも非常に多くのフリーWiFiスポットが確認できますね。

ヴィエリチカ岩塩坑(クラクフ周辺)

世界遺産「ヴィエリチカ岩塩坑」へは、クラクフから電車を使い40分ほどでアクセスできます。

ヴィエリチカ岩塩坑は全長300km以上、最深部は地下375mに及ぶ岩塩の採掘場ですが、1996年に商業採掘が中止されました。

現在は「塩の宮殿」とも言われる美しい採掘場跡が、観光客にも公開されています。

WiFiMAPをみると、周辺に複数のフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館(アウシュヴィッツ)

アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館は、ナチスによるユダヤ人の大量虐殺が行われた強制収容所だった場所に作られた博物館です。

博物館では、強制収容所に関わる負の歴史をじっくり学ぶことができます。

WiFiMAPをみると、周辺に複数のフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

ドゥーギ広場(グダニスク)

カラフルな建物が立ち並ぶグタニスク旧市街は、ヨーロッパらしい町並みがみられるポーランドでも屈指の人気観光スポットです。

上記WiFiMAPのキャプチャは、旧市街の中心であるドゥーギ広場を写しています。

広場にはカフェやレストランが多く、テラス席でゆっくりお茶をしながら広場の景観を眺めるのもよいでしょう。

WiFiMAPをみると、広場周辺に多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

広場内や周辺には、ネプチューンの噴水や旧市庁舎、聖マリア教会といった有名観光スポットもあります。

ヴロツワフ旧市庁舎(ヴロツワフ)

ヴロツワフ旧市庁舎は、美しいヴロツワフ旧市街のシンボル的な存在です。

200年近くかけて作られたゴシック様式の建物で、現在は博物館として使われています。

ヴロツワフは「小人(こびと)が暮らす街」としても有名。

街のそこかしこには小さくてかわいらしい小人像が設置されており、小人像を探しながら散策しても楽しいでしょう。

WiFiMAPをみると、旧市庁舎の周辺に数多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

ヴロツワフ旧市庁舎の近くにはヴロツワフ大学博物館やヴロツワフ歌劇場といった観光スポットもあります。

ポーランドのホテルではフリーWiFiが使える?

海外でフリーWiFiを使う人にとって、一番フリーWiFiを使いたくなるのは宿泊先のホテルでしょう。

ホテルにフリーWiFiがあれば、明日行く観光地の情報を調べたりできるからです。

それではポーランドのホテルでは、どのくらいの割合でフリーWiFiが使えるでしょうか。

ここでは、世界最大級のホテル予約サイト「Booking.com」のデータを参考に、ポーランドのホテルにおけるフリーWiFiの設置状況を調べました。

結果は以下の通りです。

ポーランドの主要観光地のホテルにおけるフリーWiFi設置状況

スクロールできます
都市掲載ホテル数フリーWiFiが設置されたホテル数設置割合
ポーランド全土60,26548,291約80%
ワルシャワ2,9542689約91%
クラクフ2,4262232約92%
グダニスク3,9853481約87%
ヴロツワフ984879約89%
※2022年7月11日時点の情報です。

ご覧の通りポーランド全土で約80%、ワルシャワをはじめ人気観光地では90%前後のホテルでフリーWiFiを使えることがわかりました。

このデータをみる限り、ポーランドではだいたいのホテルでフリーWiFiを使えると考えてよさそうですね。

ただ逆に言えば1~2割のホテルではフリーWiFiが提供されていないので、確実に使う必要があるときは宿泊前に確認するようにしましょう。

フリーWiFiはセキュリティ的にも利便性にも問題がありおすすめできない

ポーランドの空港、観光地、ホテルではフリーWiFiを使える場所が多いことをみてきました。

そのためフリーWiFiがあれば、「ポーランドのインターネット環境は充分」と考える人もいるかもしれません。

しかし実際は、フリーWiFiにはセキュリティ面で大きな不安要素がある上に、不便な点も多いです。

ポーランドでメインに使うインターネット接続手段としておすすめできません。

以下、その理由を詳しく解説しますね。

1.フリーWiFiの通信は盗み見られやすい

フリーWiFiの通信は便宜上暗号化されておらず、簡単に盗み見られる状態であることが多いです。

仮に暗号化されていても、暗号化を解除するパスワードが公開されているため、セキュリティ的なレベルはあまり変わりません。

その結果、フリーWiFi上で個人情報を送受信すると、悪意のある第三者に盗み見られてしまう可能性があるのです。

フリーWiFi上でクレジット決済やアプリ決済を行うと、クレジットカード番号が盗み見られ悪用される可能性もあります。

2.フリーWiFiのなりすましによる被害も多い

フリーWiFiに似せて悪意のある第三者がたてた、「なりすまし」のWiFiによる被害も多いです。

なりすましへ接続してしまった場合、個人情報を盗み見られたりウイルスに感染させられたりします。

また、なりすましか正規のフリーWiFiかは、WiFiの設定に慣れた方でも区別するのが簡単ではありません。

なりすましに接続してしまったことに気付かず、ずっと後になってから被害を受けていたことが分かるなんてこともあるのです。

このようにセキュリティの不安が大きいと、安心してフリーWiFiは使いにくいですね。

3.フリーWiFiは決まった場所でしか使えない

フリーWiFiを使えるのは専用スポットのすぐ近くだけです。

好きな場所でいつでも使えるわけではありません。

日本国内を旅行するときは、目的地の途中でスマートフォンのGoogle MAPを調べるのも簡単です。

スマートフォン自体のモバイル通信によって、インターネットにつながっているからです。

一方、ポーランドでフリーWiFiしかインターネット接続手段がないと、専用スポットまで行かないとインターネットが使えません。

フリーWiFiが近くにない路上などでは、スマートフォンで地図を調べることもできないのです。

このような不便さは、フリーWiFiスポットがたくさんある市街地でもあてはまります。

Google MAPをみるためだけに、わざわざ設置先のカフェへ入店しないといけないこともあるのです。

4.フリーWiFiは通信の品質が悪くて使えない場合も多い

フリーWiFiを使うためカフェに入ったり、フリーWiFiのあるホテルに宿泊したりしても、満足に使える保証はありません。

フリーWiFiによって通信品質に大きな差があるからです。

フリーWiFiは接続が頻繁に途切れたり、通信速度が遅過ぎたりすることも少なくありません。

特に人気の観光地では同じフリーWiFiに多くの観光客が殺到し、混雑によって著しく通信品質が下がる場合もあります。

フリーWiFi目的に入ったカフェで、通信品質が悪くて使えなかったらテンションが下がりますね。

海外旅行時には、できるだけこんな残念な経験は避けたいものです。

このように、フリーWiFiは問題が多くなっています。

フリーWiFiを使うにしても、以下のようなケースに限定するとよいでしょう。

フリーWiFiを使用しても問題ないケース2つ
  • 他にインターネット接続できる手段がないときに限り、Google Mapをみるなど個人情報の送受信が必要ない範囲で使う
  • 他の手段で利用可能なデータ通信量を節約するため、動画をみるときだけフリーWiFiを使う
ピーマンくん

フリーWiFiって無料で気軽に使えると思ってたけど、、、

トマト先生

フリーWiFiは簡単に使える反面、デメリットが多いことも覚えておくんじゃぞ。

2.ポーランドで利用可能なプリペイドSIMを購入する

プリペイドSIMとは、前払いで使えるモバイル通信のサービスです。

日本では一般的に、月払いでモバイル通信(=スマートフォンのインターネット)を使うことが多くなっています。

一方プリペイドSIMなら月払いの契約をする必要がなく、最初に支払った分だけインターネットを使うことが可能です。

このように手軽に使えるので、旅行者によく利用されます。

当サイトが調査したところ、ポーランドでは以下のプリペイドSIMプランが販売されていることを確認しました。

Play※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
10GB/1ヵ月25PLN約722円
15GB/1ヵ月30PLN約867円
無制限/1ヵ月(高速で使えるのは20GB)35PLN約1,011円
参照元:Play公式サイト

Orange※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
5GB/5日間5PLN約144円
7GB/7日間7PLN約202円
10GB/10日間10PLN約289円
30GB/30日間30PLN約867円
参照元:Orange公式サイト
※掲載しているのは一部のプランです。その他のプランや、プランの詳細についてはリンク先で確認して下さい。
※1PLN=28.89円(2022/7/11時点のレート)で計算しています。

ポーランド現地の価格なので、日本のモバイル通信と比べ安く感じる方も多いでしょう。

ただ現地でプリペイドSIMを購入する場合、店員と英語やポーランド語で会話をしなくてはなりません。

ショップによっては、実際より高値でプリペイドSIMを旅行者に売りつける場合があり、注意する必要もあります。

不安であれば、プラン料金はかわりますがプリペイドSIMを日本のAmazonなどで調達してからポーランドへいくのも良いです。

インターネット設定に慣れた方でないと、プリペイドSIMを使うのは難しい

プリペイドSIMであれば、フリーWiFiスポットが近くになくてもインターネットに接続でき便利です。

フリーWiFiと比べると通信品質も安定します。

ただプリペイドSIMを使うためには、以下にあげる条件や設定を自分で解決できなくてはいけません。

ポーランドでプリペイドSIMを使うための3つの条件
  • 「SIMフリー」というタイプのスマートフォンを持っている
    ※キャリアで購入した端末は、別途「SIMロック解除」という手続きをしなければならないことも多い
  • 使っているスマートフォンが、現地キャリアの周波数帯域に対応している必要がある
  • 自分でSIMカードを端末に挿入し「APN設定(接続先情報設定)」ができる

上記の意味を理解できて、トラブルが発生しても自分で対処できるような方でないと、プリペイドSIMはおすすめしにくいです。

せっかくお金を出してプリペイドSIMを購入しても、使えず無駄になってしまう可能性が高くなります。

あまりインターネット設定に慣れていない方は、次項以降で紹介するより簡単な手段がおすすめです。

3.キャリアの海外ローミング

日本国内のスマートフォンユーザーの約9割がドコモ・au・ソフトバンクのいずれかのキャリアを使っているというのは有名な話です。

恐らくあなたもその一人ではないでしょうか?

キャリアのサービスには「海外ローミングサービス」と言って、SIMカードを入れ替えなくても事前に手続きを行うことで海外でもお使いのスマートフォンをそのまま使える機能があります。

各キャリアの利用料金については下記表をご覧ください。

サービス名内容
ドコモ■パケットパック海外オプション
200円/1時間〜
980円/24時間
2,480円/3日間
3,980円/5日間
5,280円/7日間
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は30GBが上限
■海外パケ・ホーダイ
24.4MB /日|1,980円
無制限/日:2,980円
◇通話:従量課金
→利用にはWEB/店頭/電話から申込手続きが必要
au■世界データ定額
(利用日数:1日から30日)
490円/24時間〜
690円/24時間〜
980円/24時間〜
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は60GB-80GBが上限
◇通話:従量課金
→利用には「世界データ定額アプリ」から申込手続きが必要
ソフトバンク■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
ahamo■月間20GBまで通信可能
※手続き不要
※20GB以上は追加費用発生
※15日以上の滞在では通信速度制限あり
◇通話:従量課金
povo■非対応
LINEMO■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
※アメリカ放題非対応
UQ mobile■対応
楽天モバイル■対応
※2022年7月時点

注意しなければならないのは、ドコモ・auに関しては海外で使用したパケット通信量が国内で契約しているパケットプランから差し引かれるという点です。

パケット上限がないプランに加入していれば問題ありませんが、そうでない低容量プランの場合は海外での利用料金に加えてパケット代金も発生してしまうため、高額請求となる場合も考えられます。

ソフトバンクユーザーに関しては国内パケット通信量から引かれることはありませんが、その分一日当たりの利用料金が高額となっています。

トマト先生

キャリアの海外ローミングサービスは非常に便利じゃが、このように落とし穴があるんじゃ。
特にソフトバンクを使っている人やそれ以外のパケット無制限プランに加入していない場合は注意するんじゃぞ。

4.海外用ポケット型WiFiを利用する

海外旅行の際に現地でインターネットを行いたい場合は海外専用のポケットWiFiを事前にレンタルしていくという手段は最も一般的かもしれません。

国際空港のカウンターであれば、事前に契約手続きを済ませていれば出国前に受け取ることもできます。

※新型コロナウィルスの影響で受け取りカウンターが臨時休業となっている場合もありますので詳しくはご利用のサービスにご確認いただければ幸いです。

ポケットWiFiであればお使いのスマートフォンとポケットWiFi端末をWiFi接続するだけで簡単に現地でもインターネットをすることが出来ます。

SIMカードを差し替える手間もなく、フリーWiFiのように危険に晒されることもなく安全にかつ快適にインターネットを楽しむことが出来るでしょう。

ただし、多くの海外専用ポケットWiFiの場合、飛行機に乗っている間もレンタル期間にカウントされてしまうため、渡航時間が長い国へ行く際には少々もったいないかもしれません。

トマト先生

これまで説明してきた方法で最も簡単なやり方じゃ!

まとめ

ポーランドの空港や観光地、ホテルではフリーWiFiを使えるスポットが豊富です。

しかしフリーWiFiはセキュリティ的な不安が大きいのに加え、決まった場所でしか使えないなど不便な点が少なくありません。

そのため、ポーランドでメインに使うインターネット接続手段としては、他の方法をおすすめします。

プリペイドSIMであれば、フリーWiFiスポットの近くでなくてもインターネットに接続でき便利です。

ポーランド現地で、プリペイドSIMを調達することもできます。

ただしプリペイドSIMは使えるようにするための条件が多く、インターネット設定に慣れていない方は簡単に使えません。

せっかく購入しても使えず無駄にしてしまう可能性が高いので、より簡単な方法をおすすめします。

そういった意味で、海外ローミングや海外用ポケット型WiFiならインターネット設定に慣れていない方でも簡単に利用可能です。

通信品質についても、フリーWiFiに比べ安定しています。

ただ海外ローミングはプランや設定によって、想定外の料金が発生してしまう可能性があり注意しなくてはなりません。

その点、海外用ポケット型WiFiなら、完全定額制が多く安心して使えます。

たとえばポケット型WiFi「クラウドWiFi」なら、ポーランドで1GB/日のモバイル通信を700円/日の完全定額で利用可能。

クラウドWiFiは、クラウドSIM技術により電源を入れるだけで最適な電波を取得しインターネットに接続できるのもメリットです。

簡単に使えるインターネット接続手段を確保して、ポーランド観光を思いっきり楽しみましょう!

トマト先生

やはり海外で一番簡単にインターネットができるのは日本国内から「海外専用ポケット型WiFi」を持っていくことじゃのう!

ピーマンくん

ポーランド旅行へ行くならクラウドWiFiがおすすめだよっ!

\海外で使うならこれで決まり/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

あなたの行きたい国はどこ?

興味のある国のインターネット事情をチェック!

行きたい国をクリック
ベトナム
韓国
中国
台湾
タイ
香港
カンボジア
インドネシア
マレーシア
シンガポール
フィリピン
スリランカ
ネパール
インド
ラオス
マカオ
バングラディシュ
モンゴル
ミャンマー
ロシア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いピーマンっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

WiFiPman登場人物紹介

■ピーマンくん■

Pman学園の生徒の一人。通信系の知識を学ぶために日夜勉強に励む努力家。好きなものはピーマンの肉詰め。
■トマト先生■

Pman学園の先生。ポケットWiFiのみならず通信系界隈の知識が豊富。トレードマークはちょっとグレーになってきている口髭。話が長いことが玉に瑕。
■レモンちゃん■

Pman学園の生徒でみんなのアイドル的存在。容姿端麗でかつ勉強が得意で通信関係の補足知識をよく教えてくれる。最近の流行りはヘアアレンジ。

この記事を書いた人

WiFiやインターネット回線でお困りの方に、最新最適な情報をお届けできるよう常に情報収集に励んでおります!
また海外でのインターネット事情にも精通しているので、現地情報を盛り込んだフレッシュな情報をお送りいたします!

目次(タップしてジャンプ)