カザフスタンのインターネット事情は?フリーWiFiは使える

  • URLをコピーしました!

カザフスタンは日本に比べ、インターネット環境が整備されていません。カザフスタンへ海外旅行をしたときに、ストレスなくインターネットを使いたい場合は事前の準備が不可欠です。

この記事ではカザフスタンのインターネット事情と、フリーWiFiをはじめカザフスタンで使えるインターネット接続手段の種類を紹介します。

どれが簡単でおすすめかも解説するので、カザフスタン渡航前にぜひ参考にして下さい!

カザフスタンでのインターネット接続手段比較表

スクロールできます
通信品質セキュリティ使いやすさコスト
ポケット型WiFi
フリーWiFi×
プリペイドSIM
海外ローミング
  • ポケット型WiFi(★おすすめ) 
    安全性が高く電源を入れるだけで使える。複数デバイスで利用可能。
  • フリーWiFi 
    無料で使えると言う利点を除くと、通信品質やセキュリティに不安が生じる。
  • プリペイドSIM
    現地で購入すると安価な反面、煩雑な設定が必要なため最低限の知識が必要である。
  • 海外ローミング
    設定のハードルは高くはありませんが、他の手段と比べ割高になる事も。
目次(タップしてジャンプ)

カザフスタンのインターネット事情

海外からの観光客が、渡航先の国でどのくらいインターネットを使えるかはその国のインターネット事情によります。

インターネット環境が充実していてインターネット事情がよい国の方が、その国を訪れる観光客もインターネットを使いやすいわけです。

そこで、ここではカザフスタンのインターネット事情をみていきましょう。

まずは世界のインターネット統計を公開している「Internet World Stats」のデータを参考に、カザフスタンのインターネット普及率を紹介します。

カザフスタンのインターネット普及率(2021年)

国名/地域名普及率
カザフスタン77.2%
アジア平均64.1%
日本94.5%
※参照元:「Internet World Stats

カザフスタンのインターネット普及率は77.2%でアジア平均よりは高い一方、日本と比べると17.3%低いです。

日本では街や観光地で、インターネットが使えないなんてことはほとんどありません。

だいたい何らかの方法でインターネットに接続できます。

その点、日本より大分インターネット普及率が低いカザフスタンでは、インターネット環境を見つけるのに苦労しそうですね。

カザフスタン滞在中にストレスなくインターネットを使いたいときは、日本にいる間に十分な準備をしておく必要があるでしょう。

次にカザフスタンのインターネット通信速度をみていきましょう。

インターネット通信速度によって、どれだけ快適にインターネットを使えるかもかわるからです。

以下、インターネット通信速度測定サイト「SPEED TEST」が集計したデータを参考に、カザフスタンのインターネット通信速度をみていきます。

カザフスタンのインターネット通信速度と順位(2022年6月時点)

固定回線

スクロールできます
順位国名通信速度(下り)
全世界66.25Mbps
8アメリカ153.80Mbps
9日本134.47Mbps
95カザフスタン36.26Mbps

モバイル回線

スクロールできます
順位国名通信速度(下り)
世界31.01Mbps
27アメリカ59.47Mbps
47日本41.75Mbps
82カザフスタン22.53Mbps
※参照元:SPEEDTEST「Speedtest Global Index
※参照したデータをもとに、当サイトが表を作成しています。
※インターネット通信速度の「中央値」による統計です。

カザフスタンのインターネット通信速度は固定回線が36.26Mbpsで日本の1/4程度、モバイル回線が22.53Mbpsで日本の1/3程度です。

日本では固定回線もモバイル回線も、インターネット通信速度が足りなくてストレスを感じるようなことはほとんどありません。

ホームページもさくさく参照できますし、動画もたいていきれいに鑑賞できます。

一方でカザフスタンでは、日本人はインターネット通信速度が足りずストレスを感じることも多そうですね。

カザフスタンで出来る限り快適にインターネットを使いたい場合、通信品質ができるだけ安定した手段をえらびたいものです。

日本人がカザフスタンに旅行や出張で滞在する際のインターネット接続手段とは?

日本と比べ、カザフスタンのインターネット事情はお世辞にもよいとは言えないことをみてきました。

それでは日本人がカザフスタンへ旅行や出張で訪れた際は、どのような方法でインターネットに接続できるでしょうか。

考えられる手段は、以下の4つです。

カザフスタンでインターネットに接続する4つの方法
  1. ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する
  2. カザフスタンで利用可能なプリペイドSIMを購入する
  3. 日本の通信キャリアが展開している海外ローミングサービスを使う
  4. カザフスタンに対応した海外用ポケット型WiFiのルーターをレンタルする

これらの手段は日本人に限らず、他の国からの旅行者もよく利用します。

ただ手段によって使い勝手や通信品質が異なるので、それぞれの特徴を良く把握しておきましょう。

以下、1つずつ詳しく解説しますね。

1.ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する

フリーWiFiとは名前の通り、無料で使えるWiFiのことです。

日本のカフェやファミレス、鉄道駅などでもフリーWiFiが提供されているので、使ったことがある方も多いでしょう。

カザフスタンにフリーWiFiの環境があれば、日本人観光客がWiFiへ接続しインターネットが使えます。

それでは、カザフスタンではフリーWiFiは提供されているのでしょうか。

有名な観光ガイドブック「地球の歩き方」では、カザフスタンのフリーWiFi事情について以下のように説明しています。

中央アジアでスマホ、ネットを使うには
まずは、ホテルなどのネットサービス (有料または無料)、 Wi-Fiスポット(インターネットアクセスポイント。無料)を活用する方法がある。
中央アジアでは、主要ホテルや町なかにWi-Fiスポットがあるので、宿泊ホテルでの利用可否やどこにWi-Fi スポットがあるかなどの情報を事前にネットなどで調べておくとよいだろう。
ただしWi-Fiスポットでは、通信速度が不安定だったり、繋がらない場合があったり、利用できる場所が限定されたりするというデメリットもある。

参照元:「地球の歩き方 中央アジア サマルカンドとシルクロードの国々 2019〜20」(P247)

地球の歩き方の情報をみる限り、カザフスタンではフリーWiFi(無料のWiFiスポット)が使えるようですね。

ただ地球の歩き方で注意しているように、フリーWiFiは通信品質に不安がある点は否めません。

地球の歩き方では、フリーWiFiより快適にインターネットを使う手段として、海外用ポケット型WiFiのレンタルや海外ローミングをあげています。

それぞれの詳細については後述しますね。

次の項からは、カザフスタンのなかでも日本人が特によく訪れる場所にどのくらいフリーWiFiスポットがあるかみていきましょう。

空港のフリーWiFiスポットは?

海外旅行をするときには、空港で搭乗の手続きや搭乗待ちなどのために長い時間過ごすことになります。

そのため空港内で暇つぶしに動画をみたり観光情報を調べたりするのに、インターネットに接続したいと思う方も多いでしょう。

カザフスタンの空港では、フリーWiFiが使えるでしょうか。

以下、カザフスタンのなかでも、特に日本人がよく使う空港でフリーWiFiが使えるかみていきましょう。

アルマトイ国際空港(ALA)

アルマトイ国際空港は、カザフスタン最大の都市「アルマトイ」中心部から18km程の場所にある国際空港です。

空港の公式サイトには、フリーWiFiの提供について以下のように記載されていました。(当サイトが日本語に訳しています。)

旅客ターミナル内では、カザフスタンの方も外国人の方もフリーWiFiをお使いいただけます。
フリーWiFiを使うためには携帯電話の番号(海外の番号でも可)が必要です。
空港内でフリーWiFiを使いインターネット接続するためには、まずSSID「AIRPORT_Almaty」にWiFi接続して下さい。
そのあと、指示に従って携帯電話の番号を入力し、SMSのメッセージを受信します。
最後にSMSメッセージに記載されたコードを指示通りに入力すればWiFiにてインターネット接続可能です。

参照元:アルマトイ国際空港公式サイト

公式サイトの情報をみる限り、アルマトイ国際空港ではフリーWiFiを使うのに携帯電話番号による認証が必要になるようです。

ということは、空港に到着した時点で携帯電話やスマートフォンがSMSを受信できる状態でないとフリーWiFiが使えないということですね。

他の方法でスマートフォンが通信できる状態である必要があるということで、日本人観光客が使うのにはハードルが高そうですね。

ヌルスルタン・ナザルバエフ国際空港(NQZ)

ヌルスルタン・ナザルバエフ国際空港は、首都ヌルスルタンにある国際空港です。

空港の公式サイトには、フリーWiFiの提供について以下のように記載されていました。(当サイトが日本語に訳しています。)

空港のターミナル1・ターミナル2ではフリーWiFiをお使いいただけます。
フリーWiFiを使うための手順は以下の通りです。
1. 利用可能なWiFiネットワークのリストを取得します
2. SSID「OpenWiFi_NQZ」もしくは「OpenWiFi_NQZ1」へ接続します
3. 接続後、認証画面が表示されるので「Connect」をクリックします
4. 認証ページが開くので、「Continue」をクリックします
5. 利用規約をチェックした後、携帯電話番号を入力し「送信」をクリックします。(携帯電話が有効で、モバイルネットワークに接続されSMSを受信できる状態であることが必要)次のページで、SMSで受信したコードを入力して「Connect」をクリックすればインターネットへの接続が完了です

参照元:ヌルスルタン・ナザルバエフ国際空港公式サイト

こちらの空港でも、フリーWiFiを使うためにSMSによる認証が必要になるようですね。

やはり日本人観光客が使うのは、ハードルが高そうです。

観光地にはどのくらいフリーWiFiスポットがある?

最初に結論を書くと、カザフスタンの主要な観光地周辺では、フリーWiFiスポットが複数あることが多いです。

専用アプリなどを使えば、比較的簡単に行先周辺のフリーWiFiスポットを調べられるでしょう。

ここでは世界中のフリーWiFiスポットを検索できるアプリ「WiFiMAP」を利用し、カザフスタンの主要な観光地周辺のフリーWiFi提供状況を調べます。

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map LLC無料posted withアプリーチ

WiFiMAPでは、フリーWiFiスポットを青い丸のマークで表しています。

青い丸の中に数字が書かれているのは、周辺にその分だけフリーWiFiスポットがあるということです。

バイテレク・タワー(ヌルスルタン【旧称:アスタナ】)

高さ105mのバイテレク・タワーは、首都ヌルスルタンのランドマークです。

近未来的な外観が目を引くタワーで、高さ97mの場所にある展望台からは360度の大パノラマでヌルスルタンの街並みが見渡せます。

首都ヌルスルタンを代表する観光スポットということもあり、WiFiMAPをみると周辺には非常に多くのフリーWiFiスポットがあるのがわかりますね。

バイテレク・タワー周辺には大統領官邸アク・オルダやヌル・アスタナモスク、アスタナ・オペラハウスといった人気観光スポットもあります。

ハズレット・スルタン・モスク(ヌルスルタン【旧称:アスタナ】)

ハズレット・スルタン・モスクは、最大5,000人を収容可能なアジア最大級のモスクです。

白を基調とした美しくも巨大なモスクの姿には、思わず見とれてしまいます。

夕暮れ時にはライトアップされその美しさが際立つので、時間をかえて訪れてもよいでしょう。

こちらも首都ヌルスルタンを代表する観光スポットだけあり、周辺に多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

ゼンコフ教会(アルマトイ)

ゼンコフ教会は、カラフルな外観が際立つバロック様式の聖堂です。

大地震でも倒壊しなかったこの聖堂は、釘1本も使わない木造建築というから驚き。教会内では、美しい聖人画や祭具を鑑賞できます。

アルマトイを代表する観光スポットだけあり、WiFiMAPをみると周辺には非常に多くのフリーWiFiスポットがあるのがわかりますね。

ゼンコフ教会の近くには、中央バザール(緑のバザール)や国立カザフ民族楽器博物館といった人気の観光スポットもあります。

ビッグ・アルマティ湖(アルマトイ周辺)

ビッグ・アルマティ湖は、アルマトイの郊外にある美しい湖です。

高い山々に囲まれたビッグ・アルマティ湖は、夏は新緑に包まれ秋は紅葉で彩られます。

WiFiMAPをみると、自然に囲まれたエリアということもあって流石に周辺にはフリーWiFiスポットが見当たりませんね。

チャリンキャニオン(アルマトイ周辺)

チャリンキャニオンは、約12億万年前に川の浸食によって形成された巨大な渓谷です。

深さ300mを超える渓谷の壮大な自然美には、圧倒されることでしょう。

上記WiFiMAPのキャプチャは、チャリンキャニオンの駐車場(パルコフカ)とビューポイント周辺を写しています。

残念ながら、この周辺にフリーWiFiスポットは見当たりませんね。

コジャ・アフメッド・ヤサウイ廊/ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟(テュルキスタン)

コジャ・アフメッド・ヤサウイ廊は、中央アジアにおけるイスラム教の聖地ともなっている教会です。

代表的なイスラム建築で、トルコ石によって飾られた直系約22mもの青いドームをもっています。

コジャ・アフメッド・ヤサウイ廊は2003年に、ウズベキスタンで初めて世界遺産に登録されました。

WiFiMAPをみると、周辺に多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

カザフスタンのホテルではフリーWiFiが使える?

海外旅行中は、滞在先のホテルでたっぷり時間があるのでインターネットを使いたくなる方は多いでしょう。

それではカザフスタンのホテルではフリーWiFiが使えるでしょうか。

ここでは、世界最大級のホテル予約サイト「Booking.com」のデータを参考に、カザフスタンのホテルにおけるフリーWiFiの設置状況を調べました。

結果は以下の通りです。

カザフスタンの主要観光地のホテルにおけるフリーWiFi設置状況

スクロールできます
都市掲載ホテル数フリーWiFiが設置されたホテル数設置割合
カザフスタン全土2,8501,568約55%
ヌルスルタン665371約56%
アルマトイ837513約61%
※2022年7月20日時点の情報です。

カザフスタン全土のホテルでみると、フリーWiFi設備の設置率は約55%でぎりぎり半分を超えている程度です。

この数字をみる限り、カザフスタンではフリーWiFiを使えないホテルもかなりあるようですね。

ただし3つ星以上のホテルに絞ると、カザフスタン全土で1,060軒中866軒(約82%)のホテルでフリーWiFiが使えることも確認しました。

この結果から多くの日本人が使うようなグレードのホテルには、たいていフリーWiFiの設備があると考えてよさそうですね。

ただ逆に言えば3つ星以上でも2割のホテルでフリーWiFiの設備がないことになるので、確実に使いたい場合は事前の確認が欠かせません。

フリーWiFiはセキュリティ的にも利便性にも問題がありおすすめできない

カザフスタンは観光地やホテルなどでフリーWiFiを使える場所が多いことをみてきました。

しかしフリーWiFiはセキュリティ的にも利便性の面でも大きな問題があり、メインで使うインターネット接続手段としてはおすすめできません。

以下、その理由を解説しますね。

1.フリーWiFiの通信は簡単に盗み見られてしまう

フリーWiFiの通信は暗号化されていないか、仮にされていても便宜上パスワードが公開されています。

悪意のある第三者にとってフリーWiFiの通信を盗み見ることは技術的に難しいことではありません。

そのためフリーWiFi上でインターネットにつなげると、個人情報を盗み見られる可能性があるのです。

フリーWiFiでクレジット決済やアプリ決済を行った場合は、クレジットカード番号が盗み見られ悪用される可能性すらあります。

2.なりすましによる被害も少なくない

フリーWiFiを装った偽物「なりすまし」の存在にも気を付けなくてはなりません。

なりすましのWiFiに接続してしまうと、悪意のある第三者に個人情報を盗みみられたりウイルスに感染させられたりする可能性があります。

その上、なりすましは普段からWiFiを使い慣れた方でも見分けるのが簡単ではありません。

知らず知らずなりすましに接続していて、ずっと後になってから被害に気付くこともあるのです。

3.フリーWiFiは限定された場所でしか使えない

フリーWiFiは、専用スポットのすぐ近くでしか使えません。

フリーWiFiを使う目的で、数百m先のカフェまで行く – なんてことも多いです。

日本国内では、スマートフォンが常にインターネットに接続されていて、観光地でもGoogle Mapをすぐに調べられます。

しかしカザフスタンでフリーWiFiしかインターネット接続手段がないと、そんな便利な使い方はできません。

フリーWiFiスポットが近くにない路上などで道に迷っても、Google Mapさえみれないのです。

普段からスマートフォンを使い慣れた人にとっては特に、そんな状況は不便でストレスがたまるでしょう。

4.フリーWiFiは通信品質が信頼できない

フリーWiFiはスポットによって通信品質がまちまちです。

高速な通信速度で安定して使えるスポットもあれば、接続が不安定だったり速度が極端に遅かったりすることも少なくありません。

特に人気の観光地であれば、1つのフリーWiFiスポットに多くの観光客が接続を試みて、混雑で通信品質が低下することもあります。

フリーWiFiを目当てに入ったカフェやレストランで、通信品質が悪ければ目も当てられませんね。

こういった理由から、カザフスタンでフリーWiFiはメインのインターネット接続手段としておすすめできません。

フリーWiFiは他のインターネット接続手段がない場合に限り、個人情報を送受信しないで良い範囲で必要最低限だけ使うようにしましょう。

もしくは、データ通信量を節約する目的で、動画をみるときだけホテルのフリーWiFiを使うといった活用法もあります。

ピーマンくん

フリーWiFiって無料で気軽に使えると思ってたけど、、、

トマト先生

フリーWiFiは簡単に使える反面、デメリットが多いことも覚えておくんじゃぞ。

カザフスタンではフリーWiFiを使うのにSMS認証が必要な場合も?

前述したように、カザフスタンの中でも日本人がよく使うアルマトイ国際空港などではフリーWiFiを使うのにSMS認証が必要でした。

※フリーWiFiでインターネットに接続する際に、携帯電話番号を使って認証を行う方法。具体的には以下のような手順で認証を行います。
フリーWiFiに接続するSMS認証のため、フォームに携帯電話の番号を入力するよう指示される入力した番号宛に認証に必要な番号がSMSで通知される通知された番号を入力すると認証が完了し、インターネットが使えるようになる

カザフスタンでは、空港以外でもフリーWiFiを使うのにSMS認証が求められる可能性があります。

たとえば、「JUSAN Mobile」というカザフスタンのプロバイダーでは、公式サイトで以下のように書いています。(当サイトで日本語に訳しています。)

当社ではSMS認証とマーケティングツールを備えたフリーWiFiで、お客様のビジネスを促進します。

参照元:JUSAN Mobile公式サイト

仮にフリーWiFiを使うのにSMS認証が必要だと、フリーWiFiを使う時点でスマートフォンが通信できる状態である必要があります。

言い換えればフリーWiFi以外にネットワークに接続できる状態でないとフリーWiFiが使えない – ということです。(フリーWiFiしかネットワークに接続できる手段がないと、フリーWiFiも使えない)

この意味でも、カザフスタンではフリーWiFiをメインのインターネット接続手段にするのはおすすめできません。

2.カザフスタンで利用可能なプリペイドSIMを購入する

プリペイドSIMとは、前払いで使えるモバイル通信サービスのことです。

プリペイドSIMであれば、電波さえつかめればフリーWiFiの専用スポットの近くでなくてもインターネットに接続できます。

フリーWiFiに比べれば、ずっと通信品質が安定しているので快適に使えるでしょう。

日本ではスマートフォンのモバイル通信を、だいたい月額制・後払い制で契約します。

一方、プリペイドSIMでは、あらかじめ使う分だけのモバイル通信を購入して使えるのです。

そのため海外旅行者にとっては、契約しやすくよく使われています。

プリペイドSIMでたとえば1GB/1週間というプランなら、1週間の有効期限内に合計1GBまでモバイル通信が可能です。

当サイトが調査したところ、カザフスタンでは以下のようなプリペイドSIMプランが販売されていることを確認しました。

kcell※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
5GB/1ヵ月1,490テンゲ約432円
10GB/1ヵ月1,990テンゲ約577円
20GB/1ヵ月2,990テンゲ約867円
30GB/1ヵ月3,990テンゲ約1,157円
40GB/1ヵ月4,990テンゲ約1,447円
参照元:kcell公式サイト 
※掲載しているのはプランの一部内容です。プランの詳細やここに掲載していない他プランについては公式サイトを確認下さい。
※1テンゲ=0.29円(2022/7/20時点のレート)で計算しています。

上記プランの内容をみて、「日本のモバイル通信より安いな」と感じた方が多いでしょう。

そういった意味でも、プリペイドSIMはカザフスタンへ旅行する日本人観光客にとって魅力的なインターネット接続手段とはいえます。

ただ現地でプリペイドSIMを購入する場合、日本語をしゃべれない店員とコミュニケーションをとらなくてはなりません。

(カザフスタンでは、英語もほとんど通じないようです。)また海外では、言葉の通じない旅行者に実際よりずっと高い価格でプリペイドSIMを売りつけるケースもあります。

それが不安であれば料金はかわってしまいますが、日本のAmazonなどでカザフスタン用のプリペイドSIMを購入して持ち込む方が無難です。

インターネット設定に慣れた方でないと、プリペイドSIMを使うのは難しい

プリペイドSIMでもう1つ気を付ける必要があるのは、使えるようにするためのハードルが高い点です。

プリペイドSIMを使う場合、以下にあげる設定や条件を解決しなくてはなりません。

カザフスタンでプリペイドSIMを使うための3つの条件
  • 「SIMフリー」というタイプのスマートフォンを持っている
    ※キャリアで購入した端末は、別途「SIMロック解除」という手続きをしなければならないことも多い
  • 使っているスマートフォンが、現地キャリアの周波数帯域に対応している必要がある
  • 自分でSIMカードを端末に挿入し「APN設定(接続先情報設定)」ができる

これらの意味を理解でき、問題が起きても自分で対処できるようなインターネット設定に慣れた方でないとプリペイドSIMを使うのは難しいです。

自信のない方はせっかくプリペイドSIMを購入しても無駄にしてしまう可能性が高いので、次項以降で紹介するより簡単な方法をおすすめします。

3.キャリアの海外ローミング

日本国内のスマートフォンユーザーの約9割がドコモ・au・ソフトバンクのいずれかのキャリアを使っているというのは有名な話です。

恐らくあなたもその一人ではないでしょうか?

キャリアのサービスには「海外ローミングサービス」と言って、SIMカードを入れ替えなくても事前に手続きを行うことで海外でもお使いのスマートフォンをそのまま使える機能があります。

各キャリアの利用料金については下記表をご覧ください。

サービス名内容
ドコモ■パケットパック海外オプション
200円/1時間〜
980円/24時間
2,480円/3日間
3,980円/5日間
5,280円/7日間
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は30GBが上限
■海外パケ・ホーダイ
24.4MB /日|1,980円
無制限/日:2,980円
◇通話:従量課金
→利用にはWEB/店頭/電話から申込手続きが必要
au■世界データ定額
(利用日数:1日から30日)
490円/24時間〜
690円/24時間〜
980円/24時間〜
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は60GB-80GBが上限
◇通話:従量課金
→利用には「世界データ定額アプリ」から申込手続きが必要
ソフトバンク■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
ahamo■非対応
povo■非対応
LINEMO■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
※アメリカ放題非対応
UQ mobile■対応
楽天モバイル■非対応
※2022年7月時点

注意しなければならないのは、ドコモ・auに関しては海外で使用したパケット通信量が国内で契約しているパケットプランから差し引かれるという点です。

パケット上限がないプランに加入していれば問題ありませんが、そうでない低容量プランの場合は海外での利用料金に加えてパケット代金も発生してしまうため、高額請求となる場合も考えられます。

ソフトバンクユーザーに関しては国内パケット通信量から引かれることはありませんが、その分一日当たりの利用料金が高額となっています。

トマト先生

キャリアの海外ローミングサービスは非常に便利じゃが、このように落とし穴があるんじゃ。
特にソフトバンクを使っている人やそれ以外のパケット無制限プランに加入していない場合は注意するんじゃぞ。

4.海外用ポケット型WiFiを利用する

海外旅行の際に現地でインターネットを行いたい場合は海外専用のポケットWiFiを事前にレンタルしていくという手段は最も一般的かもしれません。

国際空港のカウンターであれば、事前に契約手続きを済ませていれば出国前に受け取ることもできます。

※新型コロナウィルスの影響で受け取りカウンターが臨時休業となっている場合もありますので詳しくはご利用のサービスにご確認いただければ幸いです。

ポケットWiFiであればお使いのスマートフォンとポケットWiFi端末をWiFi接続するだけで簡単に現地でもインターネットをすることが出来ます。

SIMカードを差し替える手間もなく、フリーWiFiのように危険に晒されることもなく安全にかつ快適にインターネットを楽しむことが出来るでしょう。

ただし、多くの海外専用ポケットWiFiの場合、飛行機に乗っている間もレンタル期間にカウントされてしまうため、渡航時間が長い国へ行く際には少々もったいないかもしれません。

トマト先生

これまで説明してきた方法で最も簡単なやり方じゃ!

まとめ

カザフスタンの空港や市街地にある人気の観光地、ホテルではフリーWiFiを使える場所が多いです。

けれどフリーWiFiはセキュリィティ上の不安が大きい上に、限定された場所でしか使えないなど不便な面が少なくありません。

カザフスタンでメインに使うインターネット接続手段としておすすめできないです。

プリペイドSIMであればセキュリティ的な不安が少ない上に、フリーWiFiスポットの近くでなくてもインターネットに接続でき便利に使えます。

ただしプリペイドSIMは、使えるようにするための条件や設定が簡単ではありません。

インターネット設定に慣れた方でないと使うのは困難です。

その点、海外ローミングや海外用ポケット型WiFiならプリペイドSIMよりずっと簡単に使えます。

難しい設定や複雑な条件もないです。

ただし海外ローミングは、お使いの通信キャリアによっては対応しておらず使えません。

設定やプランによっては、想定外の料金が発生してしまう可能性もあります。

それに対し海外用ポケット型WiFiであれば、契約中の通信キャリアに関わらず完全定額制で使える種類が多く安心です。

たとえばポケット型WiFiサービス「クラウドWiFi」であれば、カザフスタンで1GB/日のモバイル通信を700円/日の完全定額制で利用可能。

クラウドSIM技術により、電源を入れるだけで最適な電波を取得でき誰でも簡単に使えるのもメリットです。

簡単で快適なインターネット接続手段を準備して、カザフスタン観光で素敵な思い出を作ってください!

トマト先生

やはり海外で一番簡単にインターネットができるのは日本国内から「海外専用ポケット型WiFi」を持っていくことじゃのう!

ピーマンくん

カザフスタン旅行へ行くならクラウドWiFiがおすすめだよっ!

あなたの行きたい国はどこ?

興味のある国のインターネット事情をチェック!

行きたい国をクリック
ベトナム
韓国
中国
台湾
タイ
香港
カンボジア
インドネシア
マレーシア
シンガポール
フィリピン
スリランカ
ネパール
インド
ラオス
マカオ
バングラディシュ
モンゴル
ミャンマー
ロシア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いピーマンっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

WiFiPman登場人物紹介

■ピーマンくん■

Pman学園の生徒の一人。通信系の知識を学ぶために日夜勉強に励む努力家。好きなものはピーマンの肉詰め。
■トマト先生■

Pman学園の先生。ポケットWiFiのみならず通信系界隈の知識が豊富。トレードマークはちょっとグレーになってきている口髭。話が長いことが玉に瑕。
■レモンちゃん■

Pman学園の生徒でみんなのアイドル的存在。容姿端麗でかつ勉強が得意で通信関係の補足知識をよく教えてくれる。最近の流行りはヘアアレンジ。

この記事を書いた人

WiFiやインターネット回線でお困りの方に、最新最適な情報をお届けできるよう常に情報収集に励んでおります!
また海外でのインターネット事情にも精通しているので、現地情報を盛り込んだフレッシュな情報をお送りいたします!

目次(タップしてジャンプ)