コロンビアのインターネット事情は?フリーWiFiは使える?

  • URLをコピーしました!

以前は治安が悪いイメージの強かったコロンビアですが、近年は国をあげての改善がすすみ観光にも力をいれている状況です。

そんなコロンビアではフリーWiFiを含め観光客が使える複数のインターネット接続手段があり、滞在中はインターネットが使えます。

ただ接続手段の種類によって利便性や難易度に差があるので、コロンビアへ出発する前に確認しておきたいところです。

この記事ではコロンビアのインターネット事情をはじめ、コロンビアで観光客が使えるインターネット接続手段の種類を解説します。

どの手段がおすすめかも紹介するので参考にして下さい!

コロンビアでのインターネット接続手段比較表

スクロールできます
通信品質セキュリティ使いやすさコスト
ポケット型WiFi
フリーWiFi×
プリペイドSIM
海外ローミング
  • ポケット型WiFi(★おすすめ) 
    安全性が高く電源を入れるだけで使える。複数デバイスで利用可能。
  • フリーWiFi 
    無料で使えると言う利点を除くと、通信品質やセキュリティに不安が生じる。
  • プリペイドSIM
    現地で購入すると安価な反面、煩雑な設定が必要なため最低限の知識が必要である。
  • 海外ローミング
    設定のハードルは高くはありませんが、他の手段と比べ割高になる事も。
目次(タップしてジャンプ)

コロンビアのインターネット事情は?

海外を訪問した際にどの程度インターネットを使えるかは、その国のインターネット事情次第です。

インターネット事情がよい国の方が、観光客も快適にインターネットを使えます。

そこで、当サイトではコロンビアのインターネット事情を調査しました。

まず世界のインターネット統計を公開している「Internet World Stats」を参考に、コロンビアのインターネット普及率を紹介します。

コロンビアのインターネット普及率(2021年)

国名/地域名普及率
コロンビア75.1%
日本94.5%
南アメリカ平均78.8%
※参照元:「Internet World Stats

コロンビアのインターネット普及率は75.1%で、日本と比べると20%近く低いです。

日本では人の暮らす場所なら、たいていインターネットに接続できる環境があります。

一方、日本と比べインターネット普及率が低いコロンビアでは、日本よりインターネット環境の確保に苦労しそうですね。

コロンビアを訪れる際は、事前にインターネット接続の手段をチェックしておきたいものです。

次にコロンビアのインターネット通信速度をみていきましょう。

いくらインターネット環境があっても、通信速度が遅過ぎれば快適に利用することはできません。

参考にするのは、インターネット通信速度測定サイト「SPEED TEST」がまとめたデータです。

コロンビアの平均通信速度と順位(2022年3月時点)

固定回線

スクロールできます
順位国名平均通信速度(下り)
全世界62.52Mbps
8アメリカ151.46Mbps
13日本122.48Mbps
46コロンビア69.44Mbps

モバイル回線

スクロールできます
順位国名平均通信速度(下り)
世界29.96Mbps
23アメリカ61.12Mbps
43日本44.05Mbps
126コロンビア12.35Mbps
※参照元:SPEEDTEST「Speedtest Global Index

(参照したデータをもとに、当サイトが表を作成しています。)

コロンビアの平均通信速度をみると固定回線は69.44Mbpsで日本の約1/2、モバイル回線は12.35Mbpsで日本の1/3以下です。

日本ではインターネットの通信速度が遅いと感じることはほとんどありません。

一方のコロンビアでは、これだけ日本と差があると通信速度が足りずストレスを感じることが多そうですね。

コロンビアで快適にインターネットを使いたいときは、できるだけ通信品質のよいインターネット接続手段を準備しておきたいものです。

日本人がコロンビアに旅行や出張で滞在する際のインターネット接続手段とは?

インターネット事情をみると、コロンビアのインターネット環境は日本に比べ整備されていないことが分かりました。

それでは、そんなコロンビアへ日本から旅行や出張で滞在する際は、どのような手段でインターネットに接続できるでしょうか。

代表的な手段として、以下4種類があげられます。

コロンビアでインターネットに接続する4つの方法
  1. ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する
  2. コロンビアで利用可能なプリペイドSIMを購入する
  3. 日本の通信キャリアが展開している海外ローミングサービスを使う
  4. コロンビアに対応した海外用ポケット型WiFiを使う

これら手段は、通信品質や難易度が大きく異なります。

以下、それぞれの特徴を1つずつみていきましょう。

1.ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する

フリーWiFiとは無料で誰でも使えるWiFi環境のことです。

日本でも、カフェやファミレスをはじめ街には数多くのフリーWiFiスポットがあります。

コロンビアでは、どのくらいフリーWiFiのスポットがあるのでしょうか。

有名観光ガイドブック「地球の歩き方」では、コロンビアのフリーWiFi事情について以下のように書いています。

ペルー・ボリビア・エクアドル・コロンビアでは、主要ホテルや町なかにWi-Fiスポットがあるので、宿泊ホテルでの利用可否やどこにWi-Fiスポットがあるかなどの情報を事前にネットなどで調べておくとよいだろう。
ただしWi-Fiスポットでは、通信速度が不安定だったり、繋がらない場合があったり、 利用できる場所が限定されたりするというデメリットもある。

参照元:「地球の歩き方 ペルー 2020〜21」(P406)

「地球の歩き方」をみる限り、コロンビアではフリーWiFiスポットが充実しているように見受けられますね。

ただし書いてあるように、フリーWiFiスポットの近くでしか使えなかったり、通信品質に不安があったりする点は注意が必要です。

以下、ペルーのなかでも日本人が特によく訪れそうな場所にフリーWiFiスポットがあるか1つずつみていきましょう。

空港のWiFiスポットは?

入出国時に利用する空港では、手続きなどのために滞在時間が長くなりインターネットを使いたくなります。

コロンビアの空港では、フリーWiFiが使えるでしょうか。

コロンビアのなかで、日本人が入出国時に最もよく利用するのは、首都ボゴタにある「エル・ドラド国際空港」です。

エル・ドラド国際空港の公式サイトには、フリーWiFiの提供について以下のように記載されています。(日本語に訳して紹介します。)

エル・ドラド国際空港では簡単にフリーWiFiが使えます。
1. SSID「ElDoradoFreeAirport」に接続して下さい
2. お客様の情報を入力してください
3. ブラウザを開くとインターネットにアクセスできます。

参照元:エル・ドラド国際空港公式サイト

公式サイトの情報をみる限り、エル・ドラド国際空港ではフリーWiFiを利用してインターネットに接続できそうですね。

観光地のWiFiスポットは?

コロンビアの主要な観光地では、フリーWiFiのスポットが充実しています。

コロンビアの観光地で、専用のアプリなどを利用すれば比較的簡単に近隣のフリーWiFiスポットを検索可能です。

以下、コロンビアの主要な観光地に実際どのくらいフリーWiFiスポットがあるかみていきましょう。

参考にするのは、世界中のWiFiスポットを検索できるアプリ「WiFi MAP」のデータです。

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map LLC無料posted withアプリーチ

WiFiMAP上で、フリーWiFiスポットを示すのが青い丸のマークです。

青い丸の中に数字が書かれているのは、周辺にその分だけフリーWiFiスポットがあることを示します。

ボリバル広場(ボゴタ)

ボリバル広場は首都ボゴタのなかでも、行政機関や歴史的に貴重な建造物が多く集まるスポットです。

周辺にはボゴタで最も大きな教会「カテルドル」や、1926年に完成したネオクラシック様式の「国会議事堂」など多くの見どころがあります。

有名観光スポットが集まるエリアということもあり、WiFiMAPをみると周辺に多くのフリーWiFiスポットがあるのがわかりますね。

黄金博物館(ボゴタ)

「黄金博物館」は、コロンビア国内で発掘された数万に及ぶ黄金製の美術品を保有する博物館です。

館内では繊細な細工が施された黄金の美術品などを鑑賞できます。

WiFiMAPをみると、博物館の周辺に多くのフリーWiFiスポットが確認できますね。

ウサケン地区(ボゴタ)

高級住宅街のウサケン地区は、ボゴタのなかでもお洒落なレストランやカフェ、ブティックなどが集まるエリアです。

毎週日曜日にはマーケットが開かれ、コロンビア土産に適したアクセサリーや工芸品などが売られています。

WiFiMAPをみると、この周辺にも多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

塩の教会(ボゴタ周辺)

「塩の教会」は塩の鉱山に建てられた教会で、内部はLEDに照らされ幻想的な雰囲気となっています。

「塩の教会」は、ボゴタから車やバスを使い約1時間半でアクセス可能です。

WiFiMAPをみると周辺に複数のフリーWiFiスポットがあるのがわかりますね。

悪魔の岩/ピエドラ・デル・ペニョール(メデジン周辺)

「悪魔の岩」とは、約7,000万年前に形成されたと言われる高さ200m超の巨大な一枚岩です。

700段もある階段を登りきった頂上からは、目の前に広がるダム湖と湖に浮かぶ島々の絶景を見渡せます。

WiFiMAPをみると、このあたりにフリーWiFiスポットは見当たりませんね。

グアタペ(メデジン周辺)

「グアタペ」は、カラフルでメルヘンチックな建物が立ち並ぶ街です。

グアタペでは観光を活性化するため、街をあげてカラフルな街の構築に取り組みました。

周辺には写真映えするスポットがたくさんあります。

観光客が多く訪れるエリアだけあって、WiFiMAPを確認する限り周辺に多くのフリーWiFiスポットがあるのがわかりますね。

カルタヘナ旧市街(カルタヘナ)

世界遺産にも登録されている「カルタヘナ旧市街」は、スペイン植民地時代の美しい建造物が数多く残る地域です。

旧市街にはお洒落なカフェやレストランもあり、散策に適しています。

カルタヘナ観光の人気エリアなので、WiFiMAPをみると数多くのフリーWiFiスポットがあるのがわかりますね。

サン・フェリペ要塞(カルタヘナ)

世界遺産に登録された「サン・フェリペ要塞」は、南アメリカで最も強固な要塞だったと言われています。

要塞の頂上からはカルタヘナ旧市街やカリブ海を眺望することもでき、特に夕陽が海へ沈む絶景は必見です。

WiFiMAPをみると、このあたりにも複数のフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

コロンビアのホテルは?

海外旅行中は、滞在先のホテルでインターネットが使えれば便利ですね。

インターネットで旅の情報を集められますし、暇つぶしにもなります。

そこで当サイトではコロンビアのホテルでどのくらいフリーWiFiが提供されているかを調査しました。

参考にしたのは、世界最大級のホテル予約サイト「Booking.com」のデータで、結果は以下の通りです。

コロンビア主要観光地のホテルにおけるフリーWiFi設置状況

スクロールできます
都市掲載ホテル数フリーWiFiが設置されたホテル数設置割合
コロンビア全土14,1449,796約69%
ボゴタ1,122936約83%
メデジン665545約82%
カルタヘナ1,251987約79%
※2022年5月12日時点の情報です。

コロンビア全土で約7割、主要な観光都市では8割前後のホテルでフリーWiFiが提供されています。

日本人が使いそうな一定以上のクオリティを備えたホテルであれば、フリーWiFiが使えそうですね。

ただし安いホテルを中心に、一部のホテルではフリーWiFiが提供されていないと考えられます。

コロンビアのホテルでフリーWiFiを使いたいときは、事前に確認した方がよいでしょう。

フリーWiFiはセキュリティ的にも利便性にも問題がありおすすめできない

コロンビアの空港・観光地・ホテルでは、フリーWiFiが提供されている場所が多いことがわかりました。

このことから「フリーWiFiが使えるなら、他のインターネット接続手段は必要ないかな」と考える人もいるでしょう。

しかしフリーWiFiはセキュリティ的にも利便性にも大きな問題があり、メインでインターネットに接続する手段としてはおすすめできません。

以下、その理由を詳しく解説しますね。

1.フリーWiFiの通信は盗み見られる可能性がある

フリーWiFiは暗号化されていないことが多い上に、暗号化されていてもパスワードが公開されています。

そのためフリーWiFi上の通信を盗み見ることは技術的に難しくありません。

フリーWiFiで個人情報を送受信すると、悪意のある第三者に盗み見られる可能性があるのです。

フリーWiFiでクレジット決済やアプリ決済を行った場合は、クレジットカード番号が盗み見られ悪用されるリスクもあります。

2.フリーWiFiの「なりすまし」にも注意が必要

フリーWiFiの「なりすまし」を使い、個人情報を盗み見ようとする例も少なくありません。

万が一、フリーWiFiのなりすましに接続してしまった場合、個人情報を盗み見られたりウイルス感染させられたりする可能性があります。

こんなにセキュリティ上の不安が大きいと、気持ちよくインターネットを使えませんね。

3.フリーWiFiは専用スポットのすぐ近くでしか使えない

フリーWiFiは専用スポットのすぐ近くでないと使えません。

たとえば路上でスマートフォンの地図を調べたくても、フリーWiFiスポットが近くになければインターネットに接続できないのです。

フリーWiFiスポットが多く集まるエリアでも、その場所に行かなければ使えません。

4.フリーWiFiは必ずしも快適に使えるとは限らない

フリーWiFiスポットによって品質や混雑度もまちまちです。

品質が悪かったりたくさんの人が使って混雑していたりすれば、通信速度が極端に遅かったり接続が不安定だったりします。

仮にフリーWiFiをうまく使えなくても、海外ではサポートを期待することもできません。

以上のような理由から、コロンビアでメインのインターネット接続手段としてフリーWiFiはおすすめできません。

フリーWiFiはどうしても他の手段がないときに限り、地図を調べるなど必要最低限だけ使うようにしましょう。

コロンビアで快適にインターネットを使いたい場合は、これから紹介する他の手段をおすすめします。

2. コロンビアで利用可能なプリペイドSIMを購入する

プリペイドSIMとは、前払いであらかじめ決まった期間・量のモバイル通信が使えるサービスです。

これから紹介する海外用ポケット型WiFiなどと並び、海外の旅行者がよく使うインターネット手段としてよく知られています。

たとえば2GB/7日というプリペイドSIMのプランであれば、7日の有効期間内に合計2GBまでのモバイル通信が可能です。

一例としてコロンビアの通信大手「Claro」と「Movistar」では、以下プリペイドSIMのプランを販売していることを確認しました。

Claro※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
1.3GB/7日$7,000約210円
2GB/10日$10,000約310円
9GB/30日$30,000約930円
12GB/30日$40,000約1,240円
参照元:Claro公式サイト

Movistar※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
500MB/3日$4,900約152円
1.4GB/7日$13,900約431円
5GB/15日$15,000約465円
7.5GB/30日$20,000約620円
10GB/30日$30,000約930円
参照元:Movistar公式サイト
※掲載しているのは一部のプランです。その他のプランについてはリンク先で確認して下さい。
※$1=0.031円(2022/5/13時点のレート)で計算しています。

ご覧の通りコロンビア現地では、数百円程度という安価な料金からプリペイドSIMを購入して使えます。

ただ現地でプリペイドSIMを購入する場合、ショップ店員と公用語のスペイン語でコミュニケーションをとらなくてはなりません。

不安であれば、料金は変わりますがコロンビアで使えるプリペイドSIMを日本で購入し持ち込む方が無難でしょう。

インターネット設定に慣れた方でないと、プリペイドSIMを使うのは難しい

プリペイドSIMがあれば、近くにフリーWiFiスポットがなくてもインターネット接続できて便利です。

プリペイドSIMなら、フリーWiFiのようなセキュリティ上の不安もありません。

しかしプリペイドSIMは、以下にあげる条件を自分でクリアしないといけないのが難点です。

コロンビアでプリペイドSIMを使うための3つの条件
  • 「SIMフリー」というタイプのスマートフォンを持っている
    ※キャリアで購入した端末は、別途「SIMロック解除」という手続きをしなければならないことも多い
  • 使っているスマートフォンが、現地キャリアの周波数帯域に対応している必要がある
  • 自分でSIMカードを端末に挿入し「APN設定(接続先情報設定)」ができる

上記条件を聞いてすぐに意味がわかって自分で解決できるような、インターネット設定に慣れた方でないとプリペイドSIMを使うのは難しいです。

せっかく現地でプリペイドSIMを購入しても、言葉の通じない現地の店員にサポートを求めるのも現実的ではありません。

自信のない方は、これから紹介するプリペイドSIMより簡単な方法を選ぶことをおすすめします。

3. キャリアの海外ローミングを利用する

日本国内のスマートフォンユーザーの約9割がドコモ・au・ソフトバンクのいずれかのキャリアを使っているというのは有名な話です。

恐らくあなたもその一人ではないでしょうか?

キャリアのサービスには「海外ローミングサービス」と言って、SIMカードを入れ替えなくても事前に手続きを行うことで海外でもお使いのスマートフォンをそのまま使える機能があります。

各キャリアの利用料金については下記表をご覧ください。

サービス名内容
ドコモ■パケットパック海外オプション
200円/1時間〜
980円/24時間
2,480円/3日間
3,980円/5日間
5,280円/7日間
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は30GBが上限
■海外パケ・ホーダイ
24.4MB /日|1,980円
無制限/日:2,980円
◇通話:従量課金
→利用にはWEB/店頭/電話から申込手続きが必要
au■非対応
ソフトバンク■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
ahamo■非対応
povo■非対応
UQ mobile■非対応
LINEMO■対応
楽天モバイル■非対応
※2022年5月時点

注意しなければならないのは、ドコモ・auに関しては海外で使用したパケット通信量が国内で契約しているパケットプランから差し引かれるという点です。

パケット上限がないプランに加入していれば問題ありませんが、そうでない低容量プランの場合は海外での利用料金に加えてパケット代金も発生してしまうため、高額請求となる場合も考えられます。

ソフトバンクユーザーに関しては国内パケット通信量から引かれることはありませんが、その分一日当たりの利用料金が高額となっています。

トマト先生

キャリアの海外ローミングサービスは非常に便利じゃが、このように落とし穴があるんじゃ。
特にソフトバンクを使っている人やそれ以外のパケット無制限プランに加入していない場合は注意するんじゃぞ。

4.海外用ポケット型WiFiを利用する

海外旅行の際に現地でインターネットを行いたい場合は海外専用のポケットWiFiを事前にレンタルしていくという手段は最も一般的かもしれません。

国際空港のカウンターであれば、事前に契約手続きを済ませていれば出国前に受け取ることもできます。

※新型コロナウィルスの影響で受け取りカウンターが臨時休業となっている場合もありますので詳しくはご利用のサービスにご確認いただければ幸いです。

ポケットWiFiであればお使いのスマートフォンとポケットWiFi端末をWiFi接続するだけで簡単に現地でもインターネットをすることが出来ます。

SIMカードを差し替える手間もなく、フリーWiFiのように危険に晒されることもなく安全にかつ快適にインターネットを楽しむことが出来るでしょう。

ただし、多くの海外専用ポケットWiFiの場合、飛行機に乗っている間もレンタル期間にカウントされてしまうため、渡航時間が長い国へ行く際には少々もったいないかもしれません。

トマト先生

これまで説明してきた方法で最も簡単なやり方じゃ!

まとめ

コロンビアでは空港や観光地、ホテルなどでフリーWiFiスポットが充実しています。

しかしフリーWiFiはセキュリティ的なリスクが大きい上に、決まった場所でしか使えないなど使いにくさがありおすすめできません。

何か問題が起こった場合でも自分で解決できるような、インターネット設定に慣れた方でなければおすすめできません。

コロンビアでプリペイドSIMを購入して使う方法もありますが、使えるようにするまでの条件が多いので注意が必要です。

コロンビアで簡単かつ快適にインターネット接続できる方法としては、海外ローミングか海外用ポケット型WiFiがあげられます。

これらはプリペイドSIMのような難しい設定もありません。

ただコロンビアでの海外ローミングは、使える通信キャリアが限られています。

プランや設定によっては、想定していなかった料金が発生してしまうのも難点です。

以上のことからもコロンビアでのインターネット接続方法として、海外用ポケット型WiFiをおすすめします。

海外用ポケット型WiFiであれば完全定額で使え、想定外の料金が請求されるリスクもありません。

中でも海外用ポケット型WiFi「クラウドWiFi」なら、コロンビアで1GB/日のモバイル通信を1,250円/日の完全定額制で利用できます。

クラウドWiFiはクラウドSIM技術採用により、電源を入れるだけで最適な電波を取得しインターネット接続できる点もメリットです。

クラウドWiFiなら、インターネット設定に慣れていない方でも簡単で手間なく使えます。

快適に使えるインターネット接続手段を確保して、コロンビアでの観光を思いっきり楽しんでください!

\海外で使うならこれで決まり/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

あなたの行きたい国はどこ?

興味のある国のインターネット事情をチェック!

行きたい国をクリック
ベトナム
韓国
中国
台湾
タイ
香港
カンボジア
インドネシア
マレーシア
シンガポール
フィリピン
スリランカ
ネパール
インド
ラオス
マカオ
バングラディシュ
モンゴル
ミャンマー
ロシア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いピーマンっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

WiFiPman登場人物紹介

■ピーマンくん■

Pman学園の生徒の一人。通信系の知識を学ぶために日夜勉強に励む努力家。好きなものはピーマンの肉詰め。
■トマト先生■

Pman学園の先生。ポケットWiFiのみならず通信系界隈の知識が豊富。トレードマークはちょっとグレーになってきている口髭。話が長いことが玉に瑕。
■レモンちゃん■

Pman学園の生徒でみんなのアイドル的存在。容姿端麗でかつ勉強が得意で通信関係の補足知識をよく教えてくれる。最近の流行りはヘアアレンジ。

この記事を書いた人

WiFiやインターネット回線でお困りの方に、最新最適な情報をお届けできるよう常に情報収集に励んでおります!
また海外でのインターネット事情にも精通しているので、現地情報を盛り込んだフレッシュな情報をお送りいたします!

目次(タップしてジャンプ)