イスラエルのインターネット事情は?フリーWiFiは使える?

  • URLをコピーしました!

イスラエルへ観光で訪れた際は、フリーWiFiや海外用ポケット型WiFiルーターのレンタルなど複数の手段でインターネットに接続可能です。

この記事ではイスラエルのインターネット事情と、イスラエルで日本人観光客が使えるインターネット接続手段の種類について解説します。

インターネット接続手段によっては、使い勝手や通信品質が大きく異なるので自分に合う手段を選びたいものです。

そこで、それぞれの手段の特徴や、どの手段が簡単でおすすめかも解説しているので是非参考にして下さい。

イスラエルでのインターネット接続手段比較表

スクロールできます
通信品質セキュリティ使いやすさコスト
ポケット型WiFi
フリーWiFi×
プリペイドSIM
海外ローミング
  • ポケット型WiFi(★おすすめ) 
    安全性が高く電源を入れるだけで使える。複数デバイスで利用可能。
  • フリーWiFi 
    無料で使えると言う利点を除くと、通信品質やセキュリティに不安が生じる。
  • プリペイドSIM
    現地で購入すると安価な反面、煩雑な設定が必要なため最低限の知識が必要である。
  • 海外ローミング
    設定のハードルは高くはありませんが、他の手段と比べ割高になる事も。
目次(タップしてジャンプ)

イスラエルのインターネット事情

国中でインターネットが使えるようなインターネット事情の良い国の方が、その国を訪れる観光客も不自由なくインターネットが使えます。

海外旅行をしたときに、渡航先の国でどのくらいインターネットを使えるかは、その国のインターネット事情によるのです。

そこで、ここではイスラエルのインターネット事情をみていきましょう。

まずは世界のインターネット統計を公開している「Internet World Stats」のデータを参考に、イスラエルのインターネット普及率を紹介します。

イスラエルのインターネット普及率(2021年)

国名/地域名普及率
イスラエル79.7%
中東平均75.2%
日本94.5%
※参照元:「Internet World Stats

イスラエルのインターネット普及率は79.7%で中東平均と比べ若干高い一方で、日本と比べると約15%低いです。

インターネット普及率が高い日本では、人が暮らしているエリアならたいてい何らかの方法でインターネットが使えます。

インターネット接続の手段が何もなくて困る、といったことはほとんどありません。

一方、日本よりインターネット普及率が低いイスラエルでは、日本と比べるとインターネット環境の確保に苦労しそうですね。

イスラエル旅行中に不自由なくインターネットを使いたい場合は、事前の準備が欠かせません。

普及率の次に気になるのはインターネット通信速度です。

イスラエルではどのくらいの通信速度でインターネットが使えるでしょうか。

通信速度によって、どれだけストレスなくインターネットを使えるかも変わります。

以下、インターネット通信速度測定サイト「SPEED TEST」が集計したデータを参考に、イスラエルのインターネット通信速度をみていきましょう。

イスラエルのインターネット通信速度と順位(2022年5月時点)

固定回線

スクロールできます
順位国名通信速度(下り)
全世界64.70Mbps
8アメリカ152.66Mbps
9日本137.19Mbps
31イスラエル93.11Mbps

モバイル回線

スクロールできます
順位国名通信速度(下り)
世界30.37Mbps
25アメリカ59.93Mbps
45日本42.60Mbps
68イスラエル29.34Mbps
※参照元:SPEEDTEST「Speedtest Global Index
※参照したデータをもとに、当サイトが表を作成しています。
※インターネット通信速度の「中央値」による統計です。

イスラエルのインターネット通信速度をみていくと、まず固定回線は93.11Mbpsで日本と比べ40Mbps以上遅くなっています。

日本では固定回線のインターネット通信速度が足りなくて、ストレスを感じるといったことはほとんどありません。

高画質な動画もたいてい快適に鑑賞できます。

それに対しイスラエルの固定回線は日本より大分インターネット通信速度が遅いので、物足りなく感じるかもしれませんね。

ただ、それでも100Mbpsに近いインターネット通信速度なので、不自由を感じることはないでしょう。

一方でモバイル回線に関しては、イスラエルのインターネット通信速度は日本と比べ10Mbps程度遅くなっています。

モバイル通信も日本と比べ、少し物足りなさを感じるかもしれません。

ただモバイル回線に関してもそれほど大きな差ではないので、それほどストレスくなく使えそうです。

日本人がイスラエルに旅行や出張で滞在する際のインターネット接続手段とは?

イスラエルのインターネット事情は、普及率・インターネット通信速度ともに日本と比べ若干劣ることをみてきました。

そんなイスラエルへ日本人が観光や出張で訪れる際は、どのような方法でインターネットに接続できるでしょうか。

主な方法として、以下4種類が挙げられます。

イスラエルでインターネットに接続する4つの方法
  1. ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する
  2. イスラエルで利用可能なプリペイドSIMを購入する
  3. 日本の通信キャリアが展開している海外ローミングサービスを使う
  4. イスラエルに対応した海外用ポケット型WiFiのルーターをレンタルする

これらはいずれも海外旅行客がよく使うインターネット接続手段ですが、使い勝手が大きく異なります。

それぞれの特徴を把握して、自分に合った手段をえらびたいものです。

以下、それぞれの特徴について詳しく解説しますね。

1.ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する

フリーWiFiとは、無料で使えるWiFiのことです。日本の観光地でも、カフェや観光施設、鉄道駅などフリーWiFiを使えるスポットが多くなっています。

そのため国内旅行中などに、フリーWiFiを使ったことがある方も多いでしょう。

イスラエルでもフリーWiFiが使えれば、観光中にインターネットへ接続できます。

それでは、イスラエルではどのくらいフリーWiFiスポットがあるでしょうか。

有名観光ガイドブック「地球の歩き方」では、イスラエルのフリーWiFi事情について、以下のようにまとめています。

ほとんどすべてのホテルはWi-Fiを備えている。まれに客室では通じず、ロビー周辺でしかWi-Fiが利用できない宿もある。
カフェやレストランでもWi-Fiが使える所が多いが、接続するにはパスワードが必要な場合があるので、スタッフにパスワードを教えてもらおう。
また、Wi-Fiを備えた長距離バスも増えている。
(中略)
ただしWi-Fiスポットでは、通信速度が不安定だったり、繋がらない場合があったり、利用できる場所が限定されたりするというデメリットもある。

参照元:「地球の歩き方イスラエル 2019〜20」(P298)

地球の歩き方をみる限りホテルやカフェなど、イスラエルではフリーWiFiを使えるスポットが多くあるようですね。

ただ地球の歩き方も書いているように、フリーWiFiは通信品質に不安があるのに加え、使える場所が限定されるため必ずしも便利とは言えません。

地球の歩き方ではより快適にインターネット接続する方法として、海外用ポケット型WiFiのレンタルや海外ローミングをあげています。

それぞれの詳細については、このあと1つずつ紹介しますね。

空港のフリーWiFiスポットは?

イスラエルの空港では、入出国の手続きや搭乗待ちなどで長い時間滞在することになるでしょう。

そのため空港内で、フリーWiFiを使いたいと思う方も多いと考えられます。

それでは、イスラエルの空港ではフリーWiFiが使えるでしょうか。

イスラエルのなかでも、日本人が特によく使うのがイスラエルの中央地区ロードにあるベン・グリオン国際空港です。

ここでは、世界各地のフリーWiFiスポットを検索できるアプリ「WiFiMAP」を利用し、ベン・グリオン国際空港でのフリーWiFi提供状況を確認します。

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map LLC無料posted withアプリーチ

WiFiMAPでは、フリーWiFiスポットを青い丸のマークで表しています。

青い丸の中に数字が書かれているのは、周辺にその分だけフリーWiFiスポットがあるということです。

以下、ベン・グリオン国際空港周辺を写したWiFiMAPのキャプチャとなります。

ご覧の通り、WiFiMAPをみると空港の内外に多くのフリーWiFiスポットがあるのがわかりますね。

この結果から、ベン・グリオン国際空港ではフリーWiFiを使いインターネットに接続できると考えられます。

観光地にはどのくらいフリーWiFiスポットがある?

先に結論を書くと、イスラエルの主要な観光地周辺では複数のフリーWiFiスポットを見つけられることが多いです。

専用アプリを使って事前に検索しておけば、観光地周辺のフリーWiFiスポットを比較的簡単に確認できます。

特に市街地にある人気観光地周辺では、たくさんのフリーWiFiスポットをみつけられるでしょう。

ここでも世界中のフリーWiFiスポットを検索できるアプリ「WiFiMAP」を利用し、イスラエルの主要な観光地周辺のフリーWiFi提供状況を調べます。

エルサレム旧市街(エルサレム)

世界遺産「エルサレム旧市街」はキリスト教・イスラム教・ユダヤ教にとっての聖地です。

旧市街にはキリストが葬られた場所とされる「聖墳墓教会」や「嘆きの壁」をはじめ、各宗教にとって重要な施設・見どころが集まっています。

エルサレム旧市街の広さは1平方kmに満たず、徒歩で見て回ることが可能。

そのなかで宗教ごとの地区に別れており、それぞれ雰囲気が違うので観光をたっぷり楽しめるでしょう。

上記WiFiMAPのキャプチャは、旧市街の全体を写したものです。

WiFiMAPを見る限り、旧市街の中には非常に多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

ヤド・ヴァシェム/ホロコースト記念館(エルサレム)

ヤド・ヴァシェム(ホロコースト記念館)は、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の犠牲者を弔う目的で建設された国立の記念館です。

ヤド・ヴァシェムのなかには、ホロコースト歴史博物館や、ホロコースト関連の芸術品を集めた博物館などがあります。

たくさんの施設や展示がある中で、数えきれないホロコースト犠牲者たちの写真や名前を一堂に集めた「名前の広間」の景観は圧巻。

ホロコーストが、ユダヤ人にとってどれだけ大きな悲劇だったか感じられるでしょう。

WiFiMAPをみると、ヤド・ヴァシェム周辺にも複数のフリーWiFiスポットが確認できますね。

ヤッファ旧市街(テルアビブ)

テルアビブは新しい都市ですが、テルアビブに吸収されたヤッファは紀元前から存在した古代都市。

石畳の道がひろがるヤッファ旧市街は、古くて趣きある街並みが広がるテルアビブで特に人気の高い観光スポットです。

上記WiFiMAPのキャプチャは、旧市街全体を写しています。

WiFiMAPをみると、旧市街の中に数多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

カルメル市場(テルアビブ)

カルメル市場はテルアビブ最大の野外市場で、テルアビブ市民にとっての台所。

イスラエルグルメを楽しめるお店や土産物店などが立ち並んでおり、数多くの観光客が訪れています。

WiFiMAPをみると、カルメル市場周辺にたくさんのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

テルアビブの遊歩道/テイエレット(テルアビブ)

テルアビブの遊歩道(テイエレット)は、テルアビブの中でも地中海沿いに整備された遊歩道です。

周辺にはレストランやショップなどが数多く立ち並んでおり、ゆっくり散策しながら観光するのにも適しています。

上記WiFiMAPのキャプチャは、テルアビブの北端にあるオールドポート周辺を写したものです。

WiFiMAPをみると、周辺に多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

エンボケック・ビーチ(死海地方)

ヨルダンとの国境付近にある湖「死海」は、イスラエルの人々にとっても人気の高い観光地となっています。

死海は塩分濃度が高く、身体が浮いてしまうというのはよく知られた話です。

そんな死海で観光客は、海のなかでぷかぷか浮いたり、岸辺を散策したりしてのんびり過ごしています。

上記WiFiMAPのキャプチャは死海リゾートの中でも、中心的なエンボケック・ビーチ周辺を写したものです。

人気の観光地だけあり周辺には多くのフリーWiFiスポットが確認できますね。

マサダ要塞遺跡(死海地方)

世界遺産「マサダ要塞遺跡」は、紀元66年にローマの圧政に耐え兼ね反乱を起こしたユダヤ人たちが、最後の抵抗を試みた要塞の跡です。

必死の抵抗むなしくローマ軍に敗れたユダヤ人は、女性と子供を残し自決を選びます。

砂漠の中にある巨大な要塞の跡は、ユダヤ人の歴史にとって重要な場所です。

上記WiFiMAPのキャプチャは、マサダ要塞遺跡の観光案内所周辺を写しています。

周辺に1つだけフリーWiFiスポットが確認できますね。

テル・ベエル・シェバ国立公園(ネゲヴ砂漠)

テル・ベエル・シェバ国立公園は、旧約聖書にも登場する古代都市の遺構が残る公園です。

園内には水利施設の遺構や世界最古といわれるキリスト教堂跡、祭壇のレプリカなどがあります。

WiFiMAPをみると、この周辺にはフリーWiFiスポットが見当たりませんね。

イスラエルのホテルではフリーWiFiが使える?

海外旅行をしたときに、ホテルでインターネットが使えれば便利です。

これから行く観光先の情報を調べたり、暇つぶしに動画をたりできます。

それではイスラエルのホテルでは、フリーWiFiが使えるでしょうか。

ここでは、世界最大級のホテル予約サイト「Booking.com」のデータを参考に、イスラエルのホテルにおけるフリーWiFiの設置状況を調べました。

結果は以下の通りです。

イスラエルの主要観光地のホテルにおけるフリーWiFi設置状況

スクロールできます
都市掲載ホテル数フリーWiFiが設置されたホテル数設置割合
イスラエル全土5,2594,124約78%
エルサレム458400約87%
テルアビブ929834約90%
※2022年7月16日時点の情報です。

イスラエル全土で約8割、エルサレムやテルアビブといった人気観光都市では9割近いホテルでフリーWiFiが使えることがわかりました。

イスラエルのホテルでは、だいたいフリーWiFiを使いインターネットに接続できると考えてよさそうですね。

ただし1~2割のホテルではフリーWiFiが提供されていないので、使いたいときは宿泊予約をする前に確認した方がよいでしょう。

フリーWiFiはセキュリティ的にも利便性にも問題がありおすすめできない

イスラエルの空港やホテル、観光地ではフリーWiFiを使える場所が多いことをみてきました。

そのため「フリーWiFiが使えるなら、イスラエルでは他のインターネット接続手段がいらないだろう」と考えている方もいるかもしれません。

しかし実際は、フリーWiFiにはセキュリティ面でも利便性の面でも問題が多いです。

イスラエルでメインに使うインターネット接続手段として、フリーWiFiはおすすめできません。

以下、その理由を詳しく解説しますね。

1.フリーWiFiの通信は、簡単に盗み見られてしまう

フリーWiFiの通信は暗号化されていないか、暗号化されていても使いにくくならないようにパスワードが公開されています。

そのためフリーWiFi上の通信を盗み見ることは、技術的に難しくありません。

フリーWiFi上で個人情報を送受信すると、その情報を盗み見られてしまう可能性があるのです。

フリーWiFi上でクレジット決済やアプリ決済をすると、クレジットカードの番号が盗み見られて最悪の場合は悪用される可能性も否定できません。

2.なりすましにも気を付けなくてはならない

正規のフリーWiFiに似せた、「なりすまし」による被害も多いです。

悪意のある第三者がたてたなりすましに接続してしまうと、個人情報を盗み見られたりウイルスに感染させられたりします。

その上で、なりすましかどうかはWiFiを使い慣れた方でも見分けるのが簡単ではありません。

結果、なりすましに接続したことに気付かず、日本に帰国して時間がたってから被害を受けていたことが分かるなんてこともあり得るのです。

このようにセキュリティ的な不安が大きいと、フリーWiFiは安心して使えないですね。

3.インターネットに接続できる場所が限定されてしまう

フリーWiFiは、機器が設置されたカフェやレストランなどのなかでしか原則として使えません。

たとえば路上でGoogle Mapをみたくても、近くにフリーWiFiスポットがなければ使えないのです。

Google Mapをどうしてもみたければ、そのためだけに200m先のカフェまで行って入店しコーヒーを注文しなくてはならないなんてこともありえます。

日本国内の観光地なら、電波さえ届けば手元のスマートフォンをいつでもどこでもインターネットに接続可能。

Google Mapをみたりこれから向かう場所の情報を調べたり自由にできます。

イスラエルで、フリーWiFiしかインターネット接続手段がないと、そんな風に便利な使い方はできないのです。

普段からスマートフォンを使い慣れている日本人にとって、フリーWiFiしかインターネット接続手段がないと不便に感じることが多いでしょう。

4.フリーWiFiは通信品質が悪く使えないことも多い

無料で提供されるフリーWiFiは接続が不安定だったり、通信速度が極端に遅かったりして使えないことも少なくありません。

特に観光客が多い場所であれば、1つのフリーWiFiに多くの人が接続することで通信速度が遅くなってしまうこともよくあります。

フリーWiFiが使いたくて入ったカフェで、注文もしたのにフリーWiFiの通信品質が悪くて使えなければ旅行の楽しい気分が台無しですね。

このようにフリーWiFiは問題が多いです。フリーWiFiは他にインターネット接続手段がない場合に限り、個人情報を送受信せず必要最低限だけ使うようにしましょう。

あとはスマートフォンのデータ通信量を節約するため、動画をみるときだけホテルや空港のWiFiを使うといった活用法はあります。

イスラエルで快適にストレスなくインターネットを使いたいときは、これから紹介するモバイル通信系のサービスがおすすめです。

ピーマンくん

フリーWiFiって無料で気軽に使えると思ってたけど、、、

トマト先生

フリーWiFiは簡単に使える反面、デメリットが多いことも覚えておくんじゃぞ。

2.イスラエルで利用可能なプリペイドSIMを購入する

プリペイドSIMとは、前払いで必要な分だけ購入できるモバイル通信のサービスです。

日本では、スマートフォンのモバイル通信はたいてい月額制・後払いで利用します。

一方、プリペイドSIMは前払いなので、旅行者でも使いやすいわけです。

プリペイドSIMなら、近くにフリーWiFiスポットがなくてもインターネット接続可能。

フリーWiFiと比べて、通信品質も安定しやすく快適に使えるでしょう。

プリペイドSIMで、たとえば2GB/7日というプランがあった場合、7日間の有効期限内に合計2GBまでモバイル通信が使えることになります。

イスラエルでもプリペイドSIMが使えれば、イスラエル滞在中にモバイル通信でインターネット接続が可能です。

当サイトで調査したところ、イスラエル国内では以下のようなプリペイドSIMのプランが販売されていることを確認しました。

Partner※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
1GB/2日29シェケル約1,161円
10GB/7日50シェケル約2,002円
100GB/30日59シェケル約2,362円
参照元:Partner公式サイト
※掲載しているのはプランの一部内容です。プランの詳細やここに掲載していない他プランについては公式サイトを確認下さい。
※1シェケル=40.04円(2022/7/15時点のレート)で計算しています。

イスラエルへ行けば、上記のようなプランのプリペイドSIMを日本人でも購入可能です。

ただしイスラエル国内でプリペイドSIMを購入する場合、公用語であるヘブライ語や英語で店員と会話をしなくてはなりません。

また空港などではプリペイドSIMが実際より高く販売されていたり、店員に本来より高い価格を請求されたりするなんてこともあります。

観光客が店に戻ることはないと考え、プリペイドSIMとしてプリペイドSIMより安い後払いのSIMを販売するなんてこともあるようです。

この場合、店側はSIMを観光客に売ったあとに回線を停止して使えなくしてしまいます。

こういった行為が不安であれば、プランの価格は高くなりますがプリペイドSIMを日本のAmazonなどで購入して持ち込む方が無難です。

インターネット設定に慣れた方でないと、プリペイドSIMを使うのは難しい

プリペイドSIMでもう1つ注意が必要なのは、インターネット設定に慣れていない方にとって使えるようにするまでのハードルが高いことです。

プリペイドSIMを使うためには、以下にあげる設定や条件を、自分で解決しなくてはなりません。

イスラエルでプリペイドSIMを使うための3つの条件
  • 「SIMフリー」というタイプのスマートフォンを持っている
    ※キャリアで購入した端末は、別途「SIMロック解除」という手続きをしなければならないことも多い
  • 使っているスマートフォンが、現地キャリアの周波数帯域に対応している必要がある
  • 自分でSIMカードを端末に挿入し「APN設定(接続先情報設定)」ができる

これらの意味を理解できて、何か問題が起きても自分で解決できるような方でないと、プリペイドSIMを使うのは難しいです。

せっかくプリペイドSIMを購入しても、全く使えずに無駄になってしまう可能性も低くありません。

自信のない方は、次項以降で紹介するより簡単なインターネット接続手段をおすすめします。

3.キャリアの海外ローミング

日本国内のスマートフォンユーザーの約9割がドコモ・au・ソフトバンクのいずれかのキャリアを使っているというのは有名な話です。

恐らくあなたもその一人ではないでしょうか?

キャリアのサービスには「海外ローミングサービス」と言って、SIMカードを入れ替えなくても事前に手続きを行うことで海外でもお使いのスマートフォンをそのまま使える機能があります。

各キャリアの利用料金については下記表をご覧ください。

サービス名内容
ドコモ■パケットパック海外オプション
200円/1時間〜
980円/24時間
2,480円/3日間
3,980円/5日間
5,280円/7日間
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は30GBが上限
■海外パケ・ホーダイ
24.4MB /日|1,980円
無制限/日:2,980円
◇通話:従量課金
→利用にはWEB/店頭/電話から申込手続きが必要
au■世界データ定額
(利用日数:1日から30日)
490円/24時間〜
690円/24時間〜
980円/24時間〜
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は60GB-80GBが上限
◇通話:従量課金
→利用には「世界データ定額アプリ」から申込手続きが必要
ソフトバンク■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
ahamo■月間20GBまで通信可能
※手続き不要
※20GB以上は追加費用発生
※15日以上の滞在では通信速度制限あり
◇通話:従量課金
povo■非対応
LINEMO■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
※アメリカ放題非対応
UQ mobile■対応
楽天モバイル■非対応
※2022年7月時点

注意しなければならないのは、ドコモ・auに関しては海外で使用したパケット通信量が国内で契約しているパケットプランから差し引かれるという点です。

パケット上限がないプランに加入していれば問題ありませんが、そうでない低容量プランの場合は海外での利用料金に加えてパケット代金も発生してしまうため、高額請求となる場合も考えられます。

ソフトバンクユーザーに関しては国内パケット通信量から引かれることはありませんが、その分一日当たりの利用料金が高額となっています。

トマト先生

キャリアの海外ローミングサービスは非常に便利じゃが、このように落とし穴があるんじゃ。
特にソフトバンクを使っている人やそれ以外のパケット無制限プランに加入していない場合は注意するんじゃぞ。

4.海外用ポケット型WiFiを利用する

海外旅行の際に現地でインターネットを行いたい場合は海外専用のポケットWiFiを事前にレンタルしていくという手段は最も一般的かもしれません。

国際空港のカウンターであれば、事前に契約手続きを済ませていれば出国前に受け取ることもできます。

※新型コロナウィルスの影響で受け取りカウンターが臨時休業となっている場合もありますので詳しくはご利用のサービスにご確認いただければ幸いです。

ポケットWiFiであればお使いのスマートフォンとポケットWiFi端末をWiFi接続するだけで簡単に現地でもインターネットをすることが出来ます。

SIMカードを差し替える手間もなく、フリーWiFiのように危険に晒されることもなく安全にかつ快適にインターネットを楽しむことが出来るでしょう。

ただし、多くの海外専用ポケットWiFiの場合、飛行機に乗っている間もレンタル期間にカウントされてしまうため、渡航時間が長い国へ行く際には少々もったいないかもしれません。

トマト先生

これまで説明してきた方法で最も簡単なやり方じゃ!

まとめ

イスラエルの空港や観光地、ホテルではフリーWiFiを利用できるスポットが多いです。

しかしフリーWiFiはセキュリティ的なリスクがある上に、使える場所が限定されるなど不便な点が少なくありません。

そのため、イスラエルでメインに使うインターネット接続手段としておすすめしにくいです。

プリペイドSIMなら、フリーWiFiスポットが近くになくてもインターネットに接続可能。

通信品質もフリーWiFiより安定して使えますし、セキュリティ的な不安もありません。

ただプリペイドSIMは、使えるようにするためのハードルが高いのが難点です。

インターネット設定に慣れていて、トラブルが起きても自分で解決できる方以外にはおすすめできません。

一方、海外ローミングや海外用ポケット型WiFiなら、フリーWiFiより快適な上にプリペイドSIMより簡単に使えます。

インターネット設定に不慣れな方でも比較的無理なく利用可能です。

ただし海外ローミングは、契約中の通信キャリアによっては対応していません。

設定やプラン次第で、想定外の料金が発生してしまうこともあります。

その点、海外用ポケット型WiFiのレンタルであれば契約中のキャリアに関わらず契約できる上に、完全定額制で使えるタイプが多く安心です。

たとえばポケット型WiFiサービス「クラウドWiFi」であれば、イスラエルで1GB/日のモバイル通信を1,000円/日の完全定額制で利用可能。

クラウドWiFiはクラウドSIM技術を採用し電源を入れるだけで最適な電波を取得し、インターネットに接続できるのもメリットです。

簡単で快適なインターネット接続手段を確保して、イスラエル観光を思いっきり楽しんできてくださいね!

トマト先生

やはり海外で一番簡単にインターネットができるのは日本国内から「海外専用ポケット型WiFi」を持っていくことじゃのう!

ピーマンくん

イスラエル旅行へ行くならクラウドWiFiがおすすめだよっ!

\海外で使うならこれで決まり/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

あなたの行きたい国はどこ?

興味のある国のインターネット事情をチェック!

行きたい国をクリック
ベトナム
韓国
中国
台湾
タイ
香港
カンボジア
インドネシア
マレーシア
シンガポール
フィリピン
スリランカ
ネパール
インド
ラオス
マカオ
バングラディシュ
モンゴル
ミャンマー
ロシア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いピーマンっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

WiFiPman登場人物紹介

■ピーマンくん■

Pman学園の生徒の一人。通信系の知識を学ぶために日夜勉強に励む努力家。好きなものはピーマンの肉詰め。
■トマト先生■

Pman学園の先生。ポケットWiFiのみならず通信系界隈の知識が豊富。トレードマークはちょっとグレーになってきている口髭。話が長いことが玉に瑕。
■レモンちゃん■

Pman学園の生徒でみんなのアイドル的存在。容姿端麗でかつ勉強が得意で通信関係の補足知識をよく教えてくれる。最近の流行りはヘアアレンジ。

この記事を書いた人

WiFiやインターネット回線でお困りの方に、最新最適な情報をお届けできるよう常に情報収集に励んでおります!
また海外でのインターネット事情にも精通しているので、現地情報を盛り込んだフレッシュな情報をお送りいたします!

目次(タップしてジャンプ)