セルビアのインターネット事情は?フリーWiFiは使える?

  • URLをコピーしました!

日本の北海道とほぼ同じくらいの小さな国「セルビア」は、日本と比べインターネット環境が整備されているとはいえません。

ただ、きちんと準備してからセルビアへ観光や出張で訪れれば、滞在中はインターネットを利用可能です。

この記事ではセルビアのインターネット事情と、セルビアで日本人観光客が使えるインターネット接続手段の種類を紹介します。

手段によって使い勝手や難易度が異なるので、自分にあった種類を選ぶようにしましょう。

簡単で快適に使えるおすすめがどれかも解説するので、ぜひ参考にして下さい!

セルビアでのインターネット接続手段比較表

スクロールできます
通信品質セキュリティ使いやすさコスト
ポケット型WiFi
フリーWiFi×
プリペイドSIM
海外ローミング
  • ポケット型WiFi(★おすすめ) 
    安全性が高く電源を入れるだけで使える。複数デバイスで利用可能。
  • フリーWiFi 
    無料で使えると言う利点を除くと、通信品質やセキュリティに不安が生じる。
  • プリペイドSIM
    現地で購入すると安価な反面、煩雑な設定が必要なため最低限の知識が必要である。
  • 海外ローミング
    設定のハードルは高くはありませんが、他の手段と比べ割高になる事も。
目次(タップしてジャンプ)

セルビアのインターネット事情

海外で観光をするときに、行き先の国でどのくらい観光客がインターネットを使えるかは、その国のインターネット事情によります。

インターネット環境が整備されている国の方が、観光客もインターネットを快適に使えるのは言うまでもありません。

それではセルビアのインターネット事情はどうでしょうか。

まずは世界のインターネット統計を公開している「Internet World Stats」のデータを参考に、セルビアのインターネット普及率を紹介します。

セルビアのインターネット普及率(2021年)

国名/地域名普及率
セルビア73.4 %
ヨーロッパ平均87.7%
日本94.5%
※参照元:「Internet World Stats

セルビアのインターネット普及率は73.4%で、日本と比べ20%以上低いです。

日本では観光地でも、自然しか周りにないようなエリアでなければたいてい何らかの方法でインターネットに接続できます。

インターネット接続手段が何もなくて困るようなことはほとんどありません。

一方、日本と比べインターネット普及率が大分低いセルビアでは、日本よりインターネット環境の確保に苦労しそうですね。

セルビア観光中にインターネットを便利に使いたい場合は、日本にいる間の準備が欠かせません。

インターネット普及率の次に気になるのは、セルビアのインターネット通信速度です。

インターネット環境が確保できても、どのくらい快適に使えるかはインターネット通信速度次第です。

以下、インターネット通信速度測定サイト「SPEED TEST」が集計したデータを紹介します。

セルビアのインターネット通信速度と順位(2022年6月時点)

固定回線

スクロールできます
順位国名通信速度(下り)
全世界66.25Mbps
8アメリカ153.80Mbps
9日本134.47Mbps
57セルビア62.52Mbps

モバイル回線

スクロールできます
順位国名通信速度(下り)
世界31.01Mbps
27アメリカ59.47Mbps
44セルビア43.99Mbps
47日本41.75Mbps
※参照元:SPEEDTEST「Speedtest Global Index
※参照したデータをもとに、当サイトが表を作成しています。
※インターネット通信速度の「中央値」による統計です。

セルビアのインターネット通信速度をみると、まず固定回線は62.52Mbpsで日本の半分以下です。

日本の固定回線は速度も十分で、使っていてストレスになることはほとんどありません。

4K動画も鑑賞できますし、数百MB・数GB単位のファイルをダウンロードするのも時間がかかりません。

一方、セルビアの固定回線は日本に比べこれだけ速度が遅いと、日本人は使っていてストレスを感じることがあるかもしれませんね。

ただ、これだけ速度がでていれば、地図アプリをみたりホームページをみたりなど一般的な利用は特に問題ないと考えられます。

次にセルビアのモバイル回線は43.99Mbpsで、日本より少し速いぐらいです。

日本では、スマートフォンなどモバイル回線上の通信でも速度に困ることはほとんどありません。

ホームページや地図はさくさく表示されますし、動画もスムーズに鑑賞できます。

セルビアも日本とほぼ同程度の速度なので、モバイル回線は日本と同じぐらい快適に使えそうですね。

ポケット型WiFiレンタルや海外ローミングなど、モバイル回線系のインターネット接続には期待できます。

日本人がセルビアに旅行や出張で滞在する際のインターネット接続手段とは?

セルビアのインターネット事情は、モバイル回線の速度を除き日本と比べ良いとは言えないことをみてきました。

それではそんなセルビアでは、日本人が観光や出張中にどのような手段でインターネットへ接続できるでしょうか。

主な手段として、以下4種類があげられます。

セルビアでインターネットに接続する4つの方法
  1. ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する
  2. セルビアで利用可能なプリペイドSIMを購入する
  3. 日本の通信キャリアが展開している海外ローミングサービスを使う
  4. セルビアに対応した海外用ポケット型WiFiのルーターをレンタルする

この4種類は、どれも日本人だけでなく海外からの観光客がよく使うインターネット接続手段です。

ただ手段によって使い勝手や難易度が異なるので、自分にあった方法をえらぶようにしましょう。

以下、それぞれの特徴を解説しますね。

1.ホテルや街のカフェなどに設置されているフリーWiFiを活用する

ホテルや街のカフェなどのフリーWiFiとは、名前の通り無料で使えるWiFi環境のことです。

日本でもカフェチェーンやファーストフード店などでフリーWiFiが提供されているので、使ったことがある方も多いでしょう。

セルビアにもフリーWiFiの環境があれば、日本人観光客がWiFi経由でインターネットへ接続できます。

それではセルビアにはどのくらいフリーWiFiのスポットがあるでしょうか。

有名な観光ガイドブック「地球の歩き方」では、セルビアを含む中欧のフリーWiFi事情について以下のようにまとめています。

中欧でスマホ、ネットを使うには
まずは、ホテルなどのネットサービス(有料または無料)、Wi-Fiスポット (インターネットアクセスポイント。無料)を活用する方法がある。
中欧では、主要ホテルや町なかにWi-Fiスポットがあるので、宿泊ホテルでの利用可否やどこにWi-Fi スポットがあるかなどの情報を事前にネットなどで調べておくとよいだろう。
ただしWi-Fiスポットでは、通信速度が不安定だったり、繋がらない場合があったり、利用できる場所が限定されたりするというデメリットもある。

参照元:「地球の歩き方 中欧 2019〜20」(P517)

地球の歩き方の情報をみる限り、セルビアにはある程度フリーWiFi(無料のWiFiスポット)のスポットがありそうですね。

ただし地球の歩き方にも書いてあるように、フリーWiFiは通信品質や利便性の面で問題が多いのは否めません。

地球の歩き方ではフリーWiFiより快適なインターネット接続手段として、同じページでポケット型WiFiレンタルや海外ローミングをあげています。

これらの詳細については後述しますね。

次の項からは、セルビアのなかでも多くの日本人が行く場所にどのくらいフリーWiFiスポットがあるかみていきましょう。

空港のフリーWiFiスポットは?

セルビアへ行くときに使う空港では、入国の際の手続きなどのために滞在する時間が長くなります。

そのため空港内でインターネットに接続し、動画をみて時間をつぶしたり観光情報を調べたりしたいと考える方も多いでしょう。

それではセルビアの空港ではフリーWiFiが使えるでしょうか。

セルビアのなかでも日本人がよく使うのが、首都ベオグラードの市街地から12km程の場所にあるベオグラード・ニコラ・テスラ空港です。

ベオグラード・ニコラ・テスラ空港の公式サイトには、フリーWiFiの提供について以下のように記載されています。

(当サイトが日本語に訳しています。)

当空港では全てのお客様に、フリーWiFiを制限なく提供しています。
フリーWiFiを利用いただける場所は、両ターミナル、チェックインカウンター、A・Cコンコース、待合室前の廊下、到着ロビーです。

参照元:ベオグラード・ニコラ・テスラ空港公式サイト

公式サイトの記載をみる限り、ベオグラード・ニコラ・テスラ空港ではフリーWiFiを使ってインターネットに接続できそうですね。

観光地にはどのくらいフリーWiFiスポットがある?

最初に結論を述べると、セルビアのなかでも市街地にある人気の観光地周辺には比較的フリーWiFiスポットが豊富です。

専用アプリなどを使って事前に調べておけば、行き先の観光地周辺のフリーWiFiスポットを複数見つけられるでしょう。

ここでは世界中のフリーWiFiスポットを検索できるアプリ「WiFiMAP」で、セルビアの各観光地にフリーWiFiスポットが実際どのくらいあるか確認します。

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map:インターネット、eSIM、VPN

WiFi Map LLC無料posted withアプリーチ

カレメグタン公園(ベオグラード)

カレメグタン公園は首都ベオグラードのランドマーク「ベオグラード要塞」や動物園をはじめ、多くの人気観光スポットが集まるスポット。

カレメグタン公園の近くには観光客で賑わうミハイロ通り、ルビツァ公妃の館、セルビア正教大聖堂などもあります。

首都ベオグラード観光の中心的なエリアだけあり、WiFiMAPをみると周辺には非常に多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できますね。

聖サワ大聖堂(ベオグラード)

聖サワ大聖堂は世界最大級の正教会大聖堂です。

堂々とした建物の外観はもちろんのこと、部屋を埋め尽くすように飾られた美しいモザイク画の数々も見逃せません。

WiFiMAPをみると、聖サワ大聖堂の近くにも多くのフリーWiFiスポットがあるのが確認できます。

スロボテ広場(ノヴィサド)

スロボテ広場はノヴィサド旧市街の中心に位置する広場で、周囲には趣きある歴史的な建造物が並んでいます。

また周辺にはレストラン・カフェや多くのショップも集まっており、ゆっくり観光を楽しめるでしょう。

WiFiMAPをみると、スロボテ広場中心に複数のフリーWiFiスポットが確認できますね。

ペトロヴァラディン要塞(ノヴィサド)

ペトロヴァラディン要塞は、17~18世紀に建造された巨大要塞です。

ヨーロッパ軍事建築の屈指で、かつては難攻不落の要塞としてその名を轟かせていました。

現在では一般に開放され、市民の憩いの場となっています。

WiFiMAPをみると、ペトロヴァラディン要塞周辺に複数のフリーWiFiスポットが確認できますね。

ザイェチャル国立博物館(ザイェチャル)

ザイェチャル国立博物館は、世界遺産の遺跡「フェリクス・ロムリアーナ」から発掘された様々な彫刻・モザイクなどを展示する博物館です。

フェリクス・ロムリアーナを観光する前に訪れて、予習しておくのも良いでしょう。

WiFiMAPをみると、ザイェチャル国立博物館周辺に複数のフリーWiFiスポットが確認できますね。

フェリクス・ロムリアーナ(ザイェチャル)

世界遺産「フェリクス・ロムリアーナ」は、ローマ皇帝ガレリウス・マキシミアヌスが建てた城塞の遺跡です。

フェリクス・ロムリアーナには、宮殿や寺院、浴場など様々な遺構が残っています。

これらの建造物を飾る、人や幾何学模様を描いたフレスコ画なども素晴らしく要チェックです。

WiFiMAPをみると、フェリクス・ロムリアーナ周辺にはフリーWiFiスポットが見当たりませんね。

ソポチャニ修道院(ノヴィ・パザル)

世界遺産「ソポチャニ修道院」は、セルビア王ステファン・ウロシュ1世により建築されたセルビア正教会の修道院です。

修道院内部にあるフレスコ画「生神女の就寝」は、13世紀ビザンティン美術の傑作として知られています。

WiFiMAPをみると、ソポチャニ修道院周辺にフリーWiFiスポットは確認できませんね。

ストゥデニツァ修道院(クラリェヴォ周辺)

世界遺産「ストゥデニツァ修道院」は、1190年にセルビアを建国したステファン・ネマニャによって建築されました。

この修道院のフレスコ画は、ビザンティン美術屈指の名作として知られています。

WiFiMAPをみると、ストゥデニツァ修道院周辺にフリーWiFiスポットは見当たりませんね。

セルビアのホテルではフリーWiFiが使える?

海外旅行では、宿泊先のホテルに長い時間滞在することになります。

そのためホテルでインターネットに接続できれば、動画を見て過ごしたり観光先の情報を調べられたりでき便利です。

それでは、セルビアのホテルではフリーWiFiが使えるでしょうか。

ここでは世界最大級のホテル予約サイト「Booking.com」のデータを参考に、セルビアのホテルにおけるフリーWiFiの設置状況を調べました。

結果は以下の通りです。

セルビア主要観光地のホテルにおけるフリーWiFi設置状況

スクロールできます
都市掲載ホテル数フリーWiFiが設置されたホテル数設置割合
セルビア全土11,8589,190約78%
ベオグラード1,8111,618約89%
ノヴィサド820649約79%
※2022年8月8日時点の情報です。

首都ベオグラードでは約9割、セルビア全土では約8割のホテルでフリーWiFiが提供されていることがわかりました。

このデータをみる限り、セルビアのホテルではたいていフリーWiFiでインターネットに接続できると考えてよさそうですね。

ただフリーWiFiが提供されていないホテルも少なくはないので、確実に使いたいときは宿泊前に確認しておく必要があるでしょう。

フリーWiFiはセキュリティ的にも利便性にも問題がありおすすめできない

セルビアの空港や市街地にある観光地、ホテルではフリーWiFiのスポットが多いことをみてきました。

そのためセルビアでのインターネット接続手段はフリーWiFiだけでよいだろう、と考えている人もいるでしょう。

しかしフリーWiFiはいくつかの問題があり、海外旅行時にメインで使うインターネット接続手段としておすすめできません。

以下、どんな問題があるか解説しますね。

1.フリーWiFiの通信は簡単に盗み見られてしまう

フリーWiFiは暗号化されていないことが多いです。

仮に暗号化されていても解読に必要なパスワードは、フリーWiFiを運営するため便宜上公開されています。

そのためフリーWiFi上の通信を、悪意のある第三者が盗み見ることは難しくありません。

フリーWiFiで個人情報を送受信すると、盗み見られてしまう可能性があるのです。

フリーWiFi上でクレジット決済やアプリ決済を行った場合は、クレジットカード番号を盗み見られ不正利用されてしまう可能性も否定できません。

2.フリーWiFiの偽物=なりすましによる被害も多い

フリーWiFiに似せた偽物「なりすまし」による被害も少なくありません。

悪意のある第三者が構築した「なりすまし」に接続してしまうと、個人情報を盗み見られたりウイルスに感染させられたりする可能性があります。

その上、なりすましか本物かを見分けるのは、普段からフリーWiFiを使い慣れた人でさえ簡単ではありません。

知らないうちになりすましへ接続していて、日本に帰国してから被害に気付くなんてケースもあり得るのです。

こんな風にセキュリティ上のリスクが大きいフリーWiFiは、慣れない海外の観光地で使うのは不安ですね。

3.フリーWiFiは限られた場所でしか使えない

フリーWiFiを使えるのは、専用設備が設置された場所の近くだけです。

たとえば一番近いフリーWiFiスポットがカフェなら、そのカフェのなかでしか原則としてフリーWiFiを使えません。

日本の観光地ではフリーWiFiスポットが近くになくても、路上でスマートフォンをインターネットに接続し地図アプリなどを使うことは可能です。

けれどセルビアでフリーWiFiしかインターネット接続の手段がないと、そんな風にインターネットを使うことはできません。

スマートフォンを普段から使い慣れた日本人観光客にとっては、不便で仕方ないでしょう。

4.フリーWiFiの通信品質は悪い場合も多い

フリーWiFiの通信品質は、スポットによって差があります。

快適な通信速度で使えるスポットもあれば、通信速度が極端に遅かったり接続が不安定だったりするスポットも少なくありません。

たとえばフリーWiFiを使えるカフェへ入っても、通信品質が悪くて使い物にならないこともあるのです。

フリーWiFiが使えなかったとしても、カフェ代は支払わなくてはなりません…。

せっかくの観光中にこんなことがあったら楽しい気分も台無しですね…。

このように、いろいろな理由でフリーWiFiはメインのインターネット接続手段として適していません。

フリーWiFiは他に手段がない場合に限り、地図アプリをみるなど個人情報を送受信しない範囲で必要最低限だけ使うとよいです。

もしくはデータ通信量を節約するために、動画をみるときだけ比較的信頼性の高いホテルや空港のフリーWiFiを使うという活用法もあります。

ピーマンくん

フリーWiFiって無料で気軽に使えると思ってたけど、、、

トマト先生

フリーWiFiは簡単に使える反面、デメリットが多いことも覚えておくんじゃぞ。

フリーWiFiよりモバイル通信の方がはるかに使えるエリアが広い

フリーWiFiとこれから紹介するモバイル通信系のサービスを比較すると、使えるエリアはモバイル通信系のサービスの方がはるかに広いです。

フリーWiFiスポットがないエリアでも、モバイル通信系のサービスならインターネットに接続できる可能性があります。

たとえばWiFiMAPを使い調査したところ、以下のようにフェリクス・ロムリアーナ周辺ではフリーWiFiスポットが確認できませんでした。

フェリクス・ロムリアーナ(ザイェチャル)

一方、セルビアの大手通信事業者「mts」が公開している提供エリアマップをみると、以下の通りモバイル通信の提供範囲内となっています。

mtsのモバイル通信(LTE/4G)提供エリアマップ

※橙色の部分がモバイル通信(4G/LTE)の提供範囲内

この例のようにフリーWiFiスポットがないエリアでも、モバイル通信ならインターネット接続できるケースもあるのです。

フリーWiFiスポットが少ないセルビアの郊外でインターネットを使いたい場合、次項以降で紹介するモバイル通信系のサービスをおすすめします。

2.セルビアで利用可能なプリペイドSIMを購入する

プリペイドSIMとは前払い方式で必要な分だけ契約できるモバイル通信のサービスです。

たとえば1GB/5日というプリペイドSIMのプランなら、5日間の有効期限内に合計1GBまでモバイル通信が使えることになります。

プリペイドSIMは月払い契約をしなくても必要な分だけ使えるため、日本人に限らず旅行者によく利用されています。

またプリペイドSIMであれば、フリーWiFiスポットの近くでなくてもインターネットに接続できて便利です。

プリペイドSIMには、フリーWiFiのようなセキュリティ上の不安もありません。

当サイトで調査したところ、セルビアの大手通信事業者「mts」が観光客向けに以下プリペイドSIMプランを販売していました。

mts(Telekom Srbija)※

スクロールできます
プランの内容料金日本円
3GB/7日600ディナール約702円
5GB/7日900ディナール約1,053円
10GB/30日1,800ディナール約2,106円
参照元:mts公式サイト
※掲載しているのはプランの一部内容です。プランの詳細やここに掲載していない他プランについては公式サイトを確認下さい。
※1ディナール=1.17円(2022/8/9時点のレート)で計算しています。

セルビア現地で上記のようなプリペイドSIMプランを契約し、観光や出張中に使うことも可能です。

ただ、その場合は現地のショップ店員とセルビア語や英語でコミュニケーションをとらなくてはなりません。

海外旅行の際は、現地のショップ店員が観光客相手に実際より大幅に高くプリペイドSIMを売りつけようとする例も多いです。

こういったことが不安であれば、料金は変わりますが日本のAmazonなどでプリペイドSIMを購入して持ち込む方が安心ではあります。

インターネット設定に慣れた方でないと、プリペイドSIMを使うのは難しい

プリペイドSIMをえらぶときに注意が必要なのは、使えるようにするための設定や条件が簡単ではないことです。

プリペイドSIMを使うためには、以下にあげる条件・設定をクリアできる必要があります。

セルビアでプリペイドSIMを使うための3つの条件
  • 「SIMフリー」というタイプのスマートフォンを持っている
    ※キャリアで購入した端末は、別途「SIMロック解除」という手続きをしなければならないことも多い
  • 使っているスマートフォンが、現地キャリアの周波数帯域に対応している必要がある
  • 自分でSIMカードを端末に挿入し「APN設定(接続先情報設定)」ができる

これらの意味が理解できて、問題が起きても自分で解決できるインターネット設定に慣れた方でないと、プリペイドSIMはおすすめできません。

せっかく購入しても使えず無駄になってしまう可能性があるので、次項以降で紹介するより簡単な方法をえらぶとよいでしょう。

3.キャリアの海外ローミング

日本国内のスマートフォンユーザーの約9割がドコモ・au・ソフトバンクのいずれかのキャリアを使っているというのは有名な話です。

恐らくあなたもその一人ではないでしょうか?

キャリアのサービスには「海外ローミングサービス」と言って、SIMカードを入れ替えなくても事前に手続きを行うことで海外でもお使いのスマートフォンをそのまま使える機能があります。

各キャリアの利用料金については下記表をご覧ください。

サービス名内容
ドコモ■パケットパック海外オプション
200円/1時間〜
980円/24時間
2,480円/3日間
3,980円/5日間
5,280円/7日間
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は30GBが上限
■海外パケ・ホーダイ
24.4MB /日|1,980円
無制限/日:2,980円
◇通話:従量課金
→利用にはWEB/店頭/電話から申込手続きが必要
au■世界データ定額
(利用日数:1日から30日)
490円/24時間〜
690円/24時間〜
980円/24時間〜
※国内パケット通信量から消費
※パケット上限なしプラン利用の場合は60GB-80GBが上限
◇通話:従量課金
→利用には「世界データ定額アプリ」から申込手続きが必要
ソフトバンク■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
ahamo■非対応
povo■非対応
LINEMO■海外パケットし放題
25MB以下/日:0-1,980円(税込)
25MB以上/日:2,980円(税込)
◇通話:従量課金
※My Menuから事前申し込みが必要
※新規契約から5ヶ月以上経過していないと利用不可
※アメリカ放題非対応
UQ mobile■対応
楽天モバイル■非対応
※2022年8月時点

注意しなければならないのは、ドコモ・auに関しては海外で使用したパケット通信量が国内で契約しているパケットプランから差し引かれるという点です。

パケット上限がないプランに加入していれば問題ありませんが、そうでない低容量プランの場合は海外での利用料金に加えてパケット代金も発生してしまうため、高額請求となる場合も考えられます。

ソフトバンクユーザーに関しては国内パケット通信量から引かれることはありませんが、その分一日当たりの利用料金が高額となっています。

トマト先生

キャリアの海外ローミングサービスは非常に便利じゃが、このように落とし穴があるんじゃ。
特にソフトバンクを使っている人やそれ以外のパケット無制限プランに加入していない場合は注意するんじゃぞ。

4.海外用ポケット型WiFiを利用する

海外旅行の際に現地でインターネットを行いたい場合は海外専用のポケットWiFiを事前にレンタルしていくという手段は最も一般的かもしれません。

国際空港のカウンターであれば、事前に契約手続きを済ませていれば出国前に受け取ることもできます。

※新型コロナウィルスの影響で受け取りカウンターが臨時休業となっている場合もありますので詳しくはご利用のサービスにご確認いただければ幸いです。

ポケットWiFiであればお使いのスマートフォンとポケットWiFi端末をWiFi接続するだけで簡単に現地でもインターネットをすることが出来ます。

SIMカードを差し替える手間もなく、フリーWiFiのように危険に晒されることもなく安全にかつ快適にインターネットを楽しむことが出来るでしょう。

ただし、多くの海外専用ポケットWiFiの場合、飛行機に乗っている間もレンタル期間にカウントされてしまうため、渡航時間が長い国へ行く際には少々もったいないかもしれません。

トマト先生

これまで説明してきた方法で最も簡単なやり方じゃ!

まとめ

セルビアでは空港や主要観光地、ホテルでフリーWiFiを使える場所が多いです。

しかしフリーWiFiはセキュリティ的な不安が大きいのに加え、使える場所が限られるなど不便な点が少なくありません。

セルビアでメイン利用するインターネット接続手段としては、フリーWiFi以外を準備しておくことをおすすめします。

プリペイドSIMであれば、フリーWiFiのようなセキュリティ上の不安もない上に、フリーWiFiより広いエリアで使えて便利です。

ただプリペイドSIMを使えるようにするための条件や設定が難しく、インターネット設定に不慣れな方にはおすすめできません。

海外ローミングや海外用ポケット型WiFiなら、プリペイドSIMと同じくフリーWiFiスポットが近くになくても使えます。

その上、海外ローミングや海外用ポケット型WiFiは、プリペイドSIMのような難しい設定や条件はありません。

インターネット設定に慣れていない方でも、比較的無理なく使えます。

ただお使いのキャリアによっては、海外ローミングに対応しておらず使えません。

海外ローミングは、設定やプランによっては想定外の料金が発生してしまう不安もあります。

その点、海外用ポケット型WiFiであれば契約中のキャリアに関わらず使える上に、完全定額制で使えて安心です。

たとえばポケット型WiFi「クラウドWiFi」であれば、セルビアで1GB/日のモバイル通信を1,200円/日の完全定額制で利用できます。

クラウドWiFiならクラウドSIM技術により、電源を入れるだけで最適な電波を取得しインターネットに接続でき設定に迷うこともありません。

簡単で快適なインターネット接続手段を確保して、セルビアでの観光を思う存分楽しんできてください!

トマト先生

やはり海外で一番簡単にインターネットができるのは日本国内から「海外専用ポケット型WiFi」を持っていくことじゃのう!

ピーマンくん

セルビア旅行へ行くならクラウドWiFiがおすすめだよっ!

あなたの行きたい国はどこ?

興味のある国のインターネット事情をチェック!

行きたい国をクリック
ベトナム
韓国
中国
台湾
タイ
香港
カンボジア
インドネシア
マレーシア
シンガポール
フィリピン
スリランカ
ネパール
インド
ラオス
マカオ
バングラディシュ
モンゴル
ミャンマー
ロシア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いピーマンっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

WiFiPman登場人物紹介

■ピーマンくん■

Pman学園の生徒の一人。通信系の知識を学ぶために日夜勉強に励む努力家。好きなものはピーマンの肉詰め。
■トマト先生■

Pman学園の先生。ポケットWiFiのみならず通信系界隈の知識が豊富。トレードマークはちょっとグレーになってきている口髭。話が長いことが玉に瑕。
■レモンちゃん■

Pman学園の生徒でみんなのアイドル的存在。容姿端麗でかつ勉強が得意で通信関係の補足知識をよく教えてくれる。最近の流行りはヘアアレンジ。

この記事を書いた人

WiFiやインターネット回線でお困りの方に、最新最適な情報をお届けできるよう常に情報収集に励んでおります!
また海外でのインターネット事情にも精通しているので、現地情報を盛り込んだフレッシュな情報をお送りいたします!

目次(タップしてジャンプ)