オマーンのインターネット事情は?人気観光地でフリーWiFiは使える?

  • URLをコピーしました!

古き良きアラブの雰囲気が楽しめるオマーン。

首都マスカットには、大きなモスクや王宮など人気の観光地が豊富です。

そんなオマーンでは、フリーWiFiはどのくらい使えるものでしょうか。

この記事では、オマーンのフリーWiFi事情・インターネット事情を紹介します。

その上で、フリーWiFiより日本からポケット型WiFiを持ち込む方が安心である理由についても紹介するので参考にして下さい。

目次(タップしてジャンプ)

オマーン旅行ではフリーWiFiは使える?実際の状況を調査した結果

オマーンだけに限らず、やはり海外旅行へ行く際は「現地でインターネット環境があるか」ということは非常に重要です。

現地の観光情報を調べたり、日本と同じようにLINEなどのSNSを使用することができれば海外旅行をもっと有意義なものにできるでしょう。

ここからはオマーンの観光地やホテルでのフリーWiFiの設置状況について解説していきます。

オマーンのホテルでは、たいていフリーWiFiを完備している

旅行ガイドブック「地球の歩き方」によれば、「(オマーンでは)ほとんどのホテルにWiFi環境が整っている(無料)」とのことです。

ただ、海外のホテルで使えるWiFiは、通信速度が安定しているとは限りません。

インターネットにつながりはするものの、通信速度が極端に遅いと言うケースも多いです。あまり期待し過ぎない方がよいでしょう。

 ※参照元:「地球の歩き方 ドバイとアラビア半島の国々(2020~21)」(P369)

 マスカット国際空港でも無料WiFiは利用可能

オマーンの空港へ着いたら、ホテルや観光地の情報を調べたりするため、インターネットに接続できると便利ですね。

世界中のWiFiスポットを検索できるアプリ「WiFi MAP」の以下検索結果をみると、「マスカット国際空港」には無料のWiFiがあるのがわかります。

WiFi Map:インターネットとVPN今

WiFi Map:インターネットとVPN今

WiFi Map LLC無料posted withアプリーチ

地図上の青いマークが無料のWiFiスポットを示します。

ただ家のかたちをしたマークは、自宅のWiFiのことです。誰か分からない個人のWiFiを使うのは、セキュリティ的に推奨できないので注意して下さい。 ※(iOS版)(Android版

 また下記ブログでは、以下のように無料のWiFiスポットが使えることが報告されています。 

オマーン マスカット国際空港でのWi-Fiの使い方が特殊だったので、ご紹介しようと思います。マスカット国際空港にWi-Fiはあるのですが、パスワードがかかっています。

Wi-Fiパスワードを入手するには、空港内の各所に設置してあるこのマシーンを使います。

※参照元:「神様そりゃないぜ」(「オマーン マスカット国際空港のフリーWiFiを使う 使い方(旧シーブ国際空港)」)

こちらの記事によると機器にパスポートをセットすることで、パスワードが発行されるとのことです。

この操作自体は、簡単なように見受けられます。 

なお、空港のWiFiは空港内のどの場所でも使えるとは限りません。

また通信速度は保証されていないので過度な期待は禁物。

多くの旅行者が接続することで、WiFiが混雑して通信速度が遅くなることもよくあります。

人気観光地でWiFiは使える?

中東のリゾート地としても知られるオマーンは、古き良きアラブの雰囲気が楽しめる観光地が多いです。

そんなオマーンの人気観光地でWiFiは使えるのでしょうか? 

WiFiスポット検索アプリ「WiFi MAP」を参考にみていきましょう。

「スルタンカーブースグランドモスク(カーブース王大モスク)」周辺

 首都マスカットのなかでも最大のモスク「スルタン カブース グランド モスク」。

マスカット観光では外せないスポットです。

さすがに首都にある代表的な観光地の周辺だけあって、WiFi MAP の地図をみてもWiFiスポットが多いですね。 

「王立オペラ劇場(ロイヤル・オペラハウス)」周辺

オマーンの芸術と文化の中心地「王立オペラ劇場(ロイヤル・オペラハウス)」。

施設内にはコンサート劇場やレストラン、美しい庭園などがあります。

※上記地図上では「王立歌劇場」と記載されています。

 こちらも首都にある中心的な観光地だけあって、WiFi MAP 上にはWiFiスポットが点在していますね。

王立オペラ劇場内にもWiFiスポットのマークがあります。

「マスカット・グランドモール」周辺

マスカットグランドモールは、首都マスカットにある大型ショッピングモール。

百貨店や映画館、ホテル、オフィス、フードコートなどがあります。

首都のショッピングモールだけあって、利用可能なWiFiスポットも多いですね。

このあたりなら、流石にインターネットにつなげず困るといったことはなさそうです。

「アラム王宮」周辺

オールドマスカット中心に位置する「アラム王宮(アラム宮殿)」。

こちらも豪華なアラビア建築が楽しめる人気の観光地です。

ただ、こちらにはWiFi MAPを見る限り、アラム王宮内はもちろん、WiFiスポットがあまりありません。

(キャプチャにある5つの青いマークのうち、2つは自宅を示すマーク)

このあたりで、WiFiは期待できそうにないですね。

 「ハッサブ・フォート/ハッサブ砦(Khasab Fort)」周辺

ムサンダム地方の中心地「ハッサブ」にある人気観光スポット「ハッサブ・フォート」。

6世紀にポルトガルに建てられた建築物で、現在は改装され博物館となっています。

WiFi MAPを見る限り、周辺には使えそうなWiFiスポットがありません(自宅のWiFiを示すマークのみ)。

このあたりでも、WiFiにつなげるのは難しそうですね。

【参考】そもそもオマーンのインターネット事情は?

旅行中にWiFiをはじめとしたインターネットをどれだけ快適に使えるかは、その国のインターネット事情に大きく左右されます。

そこで、統計情報からオマーンのインターネット事情をみていきましょう。

まず世界のインターネット統計を公開している「Internet World Stats」から、オマーンのインターネット普及率についてのデータを紹介します。

【オマーンのインターネット普及率】

国名/地域名 普及率
オマーン76.8%
中東全体75.2%
日本94.5%
※参照元:「Internet World Stats
(参照したデータをもとに、当サイトが表を作成しています。)

 オマーンのインターネット普及率は日本と比べると低いですが、中東全体より若干高く70%を大きく超えています。

国全体でみると、ある程度インターネット環境が整備されていると考えてよさそうですね。

それでは通信速度についてはどうでしょうか。

インターネットの通信速度測定サイト「SPEED TEST」のデータを元に、オマーンのインターネット通信速度がどのくらいか平均をみてみましょう。

 【オマーンの平均通信速度と順位(2021)】 

固定回線

スクロールできます
順位 国名 平均通信速度(下り)
全世界59.75Mbps
8アメリカ136.53Mbps
15日本111.36Mbps
74オマーン44.97Mbps

モバイル

スクロールできます
順位 国名 平均通信速度(下り)
世界29.55Mbps
24アメリカ54.80Mbps
30オマーン51.99Mbps
44日本41.48Mbps
※参照元:SPEEDTEST「Speedtest Global Index
(参照したデータをもとに、当サイトが表を作成しています。)

まずWiFiスポットに多く使われていると考えられる固定回線に関しては、日本・アメリカのような先進国や世界的な平均と比べても大分遅いです。

そのため日本で普段使っているWiFiスポットと比べると、通信速度は期待しない方がよさそうですね。

次にモバイルの通信速度は、なんと世界的な平均を大きく超え日本よりも速いぐらいです。

オマーン観光ではフリーWiFiに頼るのは危険!日本国内から海外対応ポケット型WiFiを持ち込む方が良い理由とは

オマーンのWiFi事情・インターネット事情をみていく中で、オマーン観光中にある程度は無料のWiFiスポットが利用できることをみていきました。

しかしオマーン旅行中にストレスなくインターネットを使いたいなら、日本国内から海外対応のポケット型WiFiを持ち込んだ方が無難で安心です。

以下、その理由をみていきますね。

WiFiスポットが周辺にない人気観光地が多いため安定したインターネットができない

 オマーンの首都「マスカット」中心にあるようなスルタンカーブースグランドモスク・王立オペラ劇場周辺には、WiFiスポットが豊富でした。

一方で、こちらも人気観光地であるアラム王宮やハッサブ・フォート周辺には、WiFi MAPでみる限りWiFiスポットがありません。 

首都以外の方が、地図や観光地の情報を調べたりなどでインターネット環境は欲しいですよね。

このように、オマーンでは観光地にWiFiスポットがないケースも多いと考えられるので、日本からポケット型WiFiを持ち込んだ方が安心なのです。

WiFiスポットには情報流出などのリスクが付きまとう 

悪意のある第三者が「なりすまし」のWiFiスポットを立てて、そこへ接続してきたスマートフォンやPCから情報を盗むという事例も多いです。

誰が立てたか分からないあやしいWiFiスポットも少なくありません。

(WiFi MAP上にも、安全かどうかわからない自宅マークのWiFiスポットは数多く表示されていました。)

そういったあやしいWiFiスポットに間違って接続してしまい、情報を抜き取られる危険性もあります。

また観光客用に用意されたWiFiスポットでも、暗号化されていないかされていても貧弱で通信を傍受されてしまう可能性も低くありません。

(パスワードは公開されている例も多い)

特に言葉も分からない海外のWiFiスポットは、こういったセキュリティの不安も大きいですね。

一方、ポケット型WiFiならパスワードも強固で安心。セキュリティ的な不安なく使えます。

通信速度は期待しづらい

オマーンのインターネット環境自体は悪くありませんでしたが、WiFiスポットに多く使われる固定回線の通信速度は日本より大分遅かったです。

その上、WiFiスポットはWiFi混雑などの影響で、通信速度が遅くなる例も少なくありません。

そのため海外のWiFiスポットは、通信速度を期待しづらいのが正直なところです。

一方でオマーンではポケット型WiFi用に使う、モバイル回線用の平均通信速度が日本より速いぐらいでした。

ポケット型WiFiであれば自分だけのWiFi環境を使えるので、WiFiスポットより通信速度を期待できます。

まとめ

オマーンでは主要なホテルではたいてい無料のWiFiが使えますが、WiFiスポットを利用できそうにない観光地も多いです。

無料WiFiスポットには、なりすましや通信の盗聴といった不安も安心して使えません。

その点、海外対応のクラウドWiFiなら、WiFiスポットのない場所でも使えて便利。

オマーンはポケット型WiFiで使うモバイル通信の速度も比較的速く、さくさく情報や地図の検索ができそうです。

当サイト一押しの海外WiFiサービスは「クラウドWiFi」です。

クラウドWiFiならオマーンでのインターネットが、1日1GBまで¥1,600で利用することができます。

また、制限後速度についても「384kbps」と明記されているため、極端に低速化して通信できないという心配もありません。

「384kbps」ではインターネットブラウジングやTwitter、インスタグラムへの画像のアップロードなどは難しいですが、LINE電話などのIP電話であれば日本国内とも問題なく行える可能性があります。

あなたの海外旅行がうまく行くことを願っています。

ピーマンくん

オマーンに行くときにはぜひクラウドWiFiも検討してみてね!

\海外で使うならこれで決まり/
クラウドWiFi

あなたの行きたい国はどこ?

興味のある国のインターネット事情をチェック!

行きたい国をクリック
ベトナム
韓国
中国
台湾
タイ
香港
カンボジア
インドネシア
マレーシア
シンガポール
フィリピン
スリランカ
ネパール
インド
ラオス
マカオ
バングラディシュ
モンゴル
ミャンマー
ロシア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いピーマンっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

WiFiPman登場人物紹介

■ピーマンくん■

Pman学園の生徒の一人。通信系の知識を学ぶために日夜勉強に励む努力家。好きなものはピーマンの肉詰め。
■トマト先生■

Pman学園の先生。ポケットWiFiのみならず通信系界隈の知識が豊富。トレードマークはちょっとグレーになってきている口髭。話が長いことが玉に瑕。
■レモンちゃん■

Pman学園の生徒でみんなのアイドル的存在。容姿端麗でかつ勉強が得意で通信関係の補足知識をよく教えてくれる。最近の流行りはヘアアレンジ。

この記事を書いた人

WiFiやインターネット回線でお困りの方に、最新最適な情報をお届けできるよう常に情報収集に励んでおります!
また海外でのインターネット事情にも精通しているので、現地情報を盛り込んだフレッシュな情報をお送りいたします!

目次(タップしてジャンプ)