WiMAXは口座振替で支払いできる!クレジットカードなしで契約できるプロバイダ3社の選び方を解説

  • URLをコピーしました!

WiMAXのサービスはクレジットカードでの支払いが一般的で、それ以外の支払い方法を知らない方も多いと思います。クレジットカードを持たない人やカードの利用に抵抗がある人、そのような方々にはWiMAXサービスの利用方法が限られてしまうことでしょう。

何らかの理由があってクレジットカード払いができない人向けに、口座振替に対応しているプロバイダ3社をご紹介します。

口座振替が可能なプロバイダの選び方や利用方法、注意点を順に確認していきましょう。

目次(タップしてジャンプ)

WiMAXを口座振替で利用できるプロバイダは3つ!選び方について解説

今回ご紹介するプロバイダは以下の3社です。

WiMAXを口座振替で利用できるプロバイダ

  1. BIGLOBE WiMAX +5G
  2. UQ WiMAX
  3. ブロードワイマックス

それでは各プロバイダの特徴を順に見ていきましょう。

口座振替で最もおすすめなのがBIGLOBE WiMAX(ビッグローブワイマックス)

BIGLOBE WiMAXの料金プランは「ギガ放題プラス(契約期間なし)」のみで、口座振替を指定したときに月額費用の方が安価となっているのが特徴です。

手続きをすれば契約翌月に5,000円(不課税)のキャッシュバックを受けられる他、データ端末とSIMカードのセットで購入した場合、端末代金の分割支払い費用相当(913円(税込))が月額費用から24ヶ月間割り引かれるため、実質的に端末が無料となります。

ただし、口座振替を選んだ場合の端末代金は一括請求となり、クレジットカードでの支払いと比べると初期費用が高額になるデメリットが発生する点については注意しましょう。

あわせて、端末はあくまでも「24回の分割払い」となっているため、24ヶ月以内に解約した場合は端末残債の精算が必要になる点も注意点の一つです。

WiMAX +5Gを口座振替で利用したいのであればBIGLOBE WiMAX +5Gが第一選択肢となります。

\公式サイトを見てみる/
BIGLOBE WiMAX +5G

店頭でのアフターサポートが魅力のUQ WiMAX(UQワイマックス)

UQ WiMAXは、WiMAXサービスの提供元であるUQコミュニケーションズ株式会社が運営しているプロバイダです。

料金プランは「ギガ放題プラスホームルータープラン/モバイルルータープラン」の2種類となります。

規約改定で従来の2年契約が撤廃され、2022年4月1日以降からは今後は契約期間なしで月額料金も4,950円(税込)と若干の値下げが行われました。2022年3月31日以前に申し込んでいる場合、従来通りの契約期間となるので注意しましょう。

UQ WiMAXの魅力は契約後にUQスポットでアフターサポートが受けられる点です。

実店舗を持たない他のWiMAXプロバイダーと比較すると大きなアドバンテージになるでしょう。

また、UQ WiMAX公式オンラインショップからの申込みで、WiMAX +5G対応端末が特別価格で購入できる特典があるため、店頭での申込みよりもオンラインショップからの申込みをお勧めします。

また、BIGLOBE WiMAXやBroad WiMAXと比較すると支払い方法に口座振替を選択しても「口座振替手数料」の請求がない点も魅力的です。

\公式サイトを見てみる/
UQ WiMAX

口座振替はおすすめできないBroad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad WiMAXは2022年7月1日施行の「改正電気通信事業法」を受けて、料金プランが「ギガ放題バリュープラン」と「ギガ放題フリープラン」の2種類に変更になりました。

大きな変更点は、バリュープランでは24ヶ月以内に解約した場合の違約金上限を一律3,883円(税込)としたことでしょう。

また、フリープランは「契約期間なし」となりました。

通常、「初期費用」として契約時に20,743円(税込)がかかりますが、クレジットカード払い+強制加入オプション2種を選択することでこの費用が無料になる「WEB割キャンペーン」を実施しています。

残念ながらキャンペーン適用条件にクレジットカード払いが必須なため、口座振替の場合だと費用面で高額になり、口座振替手数料に毎月220円の手数料が掛かってしまうのです。

よって、口座振替での支払いを希望される場合は上記2社をおすすめします。

\公式サイトを見てみる/
ブロードワイマックス

あなたに合った WiMAXプロバイダの選び方

口座振替が可能な3社のWiMAXのプロバイダですが、どれを選んでも良いというわけではありません。

プロバイダ特徴
BIGLOBE WiMAX端末費用分(913円(税込)×24回)を月額費用から割引
UQ WiMAXアフターサポートが受けられる
オンラインショップからの申込みで端末が特別価格に
Broad WiMAX口座振替選択で初期費用20,743円(税込)がかかりお得ではない

どのプロバイダを選ぶかは、あなたにとって受けられる特典に魅力を感じるかどうかで決めるのが良いでしょう。

WiMAXを口座振替で利用する注意点4つ

WiMAXサービスで口座振替を利用する際の注意点が下記となります。

口座振替で利用する際の注意点4つ
  • 利用できるプロバイダは3つだけ
  • 口座振替での契約は審査期間がある
  • 口座振替手数料が発生する
  • キャンペーン内容が変わる場合がある

以上の4つの注意点について順に確認していきましょう。

利用できるプロバイダは3つだけ

既に説明しているように、口座振替ができるWiMAXのプロバイダは、2022年7月時点で3社のみです。

口座振替が利用できるプロバイダ

クレジットカード払いができない場合、選択肢が上記3社のみとなってしまうことを覚えておきましょう。

口座振替での契約は審査期間がある

口座振替で申し込んだ場合、本人確認が行われ審査が始まります。

審査方法や期間はプロバイダごとに異なり、本人確認書類の提出が必要です。

主な本人確認書類の一例
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証と住民票や公共料金領収書などの補助書類

本人確認書類として認められるのは、プロバイダ指定の身分証明書のみになります。

身分証明書を郵送する場合、審査期間に10日前後か最長で2週間ほど掛かります。カメラやスマートフォンで撮影した書類をアップロードする場合、審査期間は3日前後と見ておきましょう。

クレジットカード払いはカード発行時に既に確認が済んでいるため、審査の必要がありません。

口座振替時の審査基準は、滞りなく利用料を支払えるかどうかをチェックします。

通常なら問題はないと思われますが、自社もしくは他社サービスの支払いで滞納期間があった場合は注意が必要です。

また、過去にクレジットカードの審査に落ちた経験があったとしても、口座振替の審査に落ちるとは限りません。

口座振替手数料が発生する

口座振替には利用料金のほかに、毎月口座振替手数料が発生します。

プロバイダ口座振替手数料
Broad WiMAX220円(税込)
BIGLOBE WiMAX220円(税込)
UQ WiMAX0円

UQ WiMAXの口座振替手数料は0円で、クレジットカード払いと同様に無料で支払い手続きが可能です。

ただし、口座振替手続きが完了していない場合、プロバイダからコンビニ支払専用の請求書が送られてきます。

請求書による支払いには口座振替手数料165円(税込)が発生し、さらに口座振替手続きの完了までに1〜2か月掛かり、本来無料になるはずの振替手数料が発生し続けるので注意しましょう。

キャンペーン内容が変わる場合がある

支払い方法をクレジットカード払いではなく、口座振替を選んだ場合はキャンペーン内容が変わるケースがあります。

プロバイダクレジットカード払いが条件のキャンペーン
Broad WiMAX初期費用無料キャンペーン
2台同時お申し込みキャンペーン
BIGLOBE WiMAX口座振替選択時のみ端末費用は一括支払い(代引きのみ)
UQ WiMAXクレジットカード払いで端末代金がさらに特価になる

WiMAXサービスのキャンペーンの多くがクレジットカード払いを条件にしており、口座振替ができるプロバイダも例外ではありません。

BIGLOBE WiMAXは口座振替でもキャッシュバックを受け取れますが、高額な端末代金が一括請求になるので注意が必要です。

WiMAXを口座振替で申し込む2つの方法

WiMAXを口座振替で申し込む方法は下記をご覧ください。

WiMAXを口座振替で申し込む2つの方法

  1. WEBでの申し込み方法
  2. 店頭での申し込み方法

それでは順番に申し込み方法をチェックしていきましょう。

WEBでの申し込み方法

WEB上での口座振替手続き方法は、各プロバイダの公式サイトから行います。

新規申し込みの場合は、契約手続き内のWEBフォームで「利用料金の支払い方法」から口座振替を選択可能です。

そのまま「口座振替の手続き方法」に進み、WEB申込か口座振替依頼書の郵送を選びます。郵送の場合は手続き完了までに審査とは別に時間が掛かるので、WEB申込がおすすめです。

契約手続き完了後は会員用のマイページから「支払い方法の変更」で、いつでも支払い方法を変更できるようになります。

店舗での申し込み方法

UQ WiMAXならUQスポットでも申し込みが可能です。

口座振替には本人確認書類となる運転免許証やマイナンバーカードの原本が必要になるので、必ず事前に用意しておきましょう。

あとはスタッフの案内通りに進めていけば、口座振替の申し込み手続きは完了です。

実店舗は営業時間や店舗の場所などが決まっていて、タイミングによっては混雑していたり休業の可能性があります。

あらかじめ店舗の場所と営業時間を確認しておき、ショップなら予約を入れておけば待ち時間なくスムーズに申し込みが完了します。

まとめ

WiMAXはクレジットカード払いが一般的なため、口座振替ができるプロバイダは極わずかに限られています。

今回紹介したプロバイダ3社は口座振替に対応しているので、クレジットカード払いができないという方はぜひ本記事を参考にしてください。

ただし、口座振替だと特定のキャンペーンを利用できなかったり、支払いのたびに口座振替手数料が掛かるなどのデメリットがあります。

それらを踏まえたうえで、あなたにとって最善の支払い方法を選んでくださいね。

GMOとくとくBB|最安値クラス!何をとっても素晴らしい

  • 37ヶ月間総額でWiMAX史上最安値クラス
  • キャッシュバックキャンペーンがお得23,000円キャッシュバックに加えて他社から乗り換えでかかる違約金を最大49,000円まで還元!
  • 端末費用は21,780円(税込)(36分割で605円(税込)/月)
  • 契約期間は24ヶ月自動更新なし|違約金は最大1,100円(税込)

\公式サイトを見てみる/
GMOとくとくBB

カシモWiMAX|シンプルに安いプロバイダを探している人に

  • シンプルに基本料金が安くキャッシュバック受け取り忘れの心配がない
  • 月額料金の値上がりなし
  • 端末分割払いなら実質端末費用が無料!で超お得(▲605円(税込)×36回)
  • 契約期間縛りなし
  • Galaxy 5G Mobile Wi-Fiは申込み不可
  • プラスエリアモード|1,100円(税込)/月

\公式サイトを見てみる/
カシモWiMAX

BIGLOBE WiMAX|キャッシュバックで選びたい方向け

  • 契約期間なしで違約金も無料
  • 申込み翌月に5,000円(不課税)もらえるキャッシュバックキャンペーンがお得
  • 公式サイト公開のクーポンコードでさらにお得に
  • 口座振替に対応して且つ安い
  • クレカ払い/口座振替の場合でも▲913円(税込)×24回分を月額費用から割引
  • 端末費用|21,792円(税込)(クレカ払いは24分割/口座振替は一括払いのみ)
  • プラスエリアモード|1,100円(税込)/月

\公式サイトを見てみる/
BIGLOBE WiMAX +5G

Broad WiMAX|他社からの乗り換え時にかかる違約金をキャッシュバック

  • バリュープラン(24ヶ月契約)とフリープラン(縛りなし)から選べる
  • 他社からの乗り換え時に発生する違約金を最大19,000円(不課税)まで負担
  • 他社乗り換え時は契約事務手数料3,300円(税込)が無料
  • クレジットカード払いなら初期費用が無料
  • 口座振替に対応
  • 端末費用|21,780円(税込)(一括/36回分割)
  • バリュープランの解約違約金は一律1,100円(税込)

\公式サイトを見てみる/
ブロードワイマックス

UQ WiMAX|本家の安心感と契約期間なしが魅力

  • 全プラン契約期間なしで違約金が無料
  • UQスポットでサポートが受けられる
  • WiMAX 5Gはじめる割(▲682円(税込)×25ヶ月間割引)で月額費用がお得に
  • 口座振替に対応
  • オンラインショップ限定で端末費用が特価|5,940円(税込)〜(通常21,780円(税込))
  • プラスエリアモード利用料|1,100円(税込)

\公式サイトを見てみる/
UQ WiMAX

5G CONNECT|初期費用を抑えて端末を「レンタル」したい方向け

  • 端末レンタルで初期費用が安く始めやすい
  • 指定利用期間3ヶ月以降はいつ解約しても違約金なし
  • お試しでWiMAXを使いたい方に最適
  • 端末費用|無料(無料レンタル)
  • プラスエリアモード利用料|無料
  • UQモバイル/auのセット割は非適用

\公式サイトを見てみる/
5G CONNECT

口座振替対応WiMAXプロバイダでよくある質問

口座振替に対応しているWiMAXのプロバイダで、よくある質問についてQ&A方式でお答えしていきます。

疑問に感じたことや申し込み前の不安などは、ここで一気に解消していきましょう。

UQ WiMAXはWEBからのオンライン申し込みでも口座振替が選択できますか?

UQ WiMAXはWEBからのオンライン申し込みでも口座振替が選択できますか?

選択できます。

オンライン申し込みの方が書類の記入や送付の手間が無く、24時間好きなタイミングで行えるのでおすすめです。

WiMAXプロバイダでデビットカードでの支払いはできますか?

WiMAXプロバイダでデビットカードでの支払いはできますか?

できません。

今後対応するプロバイダが出てくる可能性が無いとは言い切れませんが、支払い方法は「クレジットカード」か「口座振替」のいずれかになります。

カシモWiMAXは口座振替に対応していますか?

カシモWiMAXは口座振替に対応していますか?

対応していません。

今回紹介した「Broad WiMAX」「BIGLOBE WiMAX」「UQ WiMAX」以外のプロバイダは、口座振替に非対応です。

口座振替対応WiMAXで端末費用が無料のプロバイダはありますか?

口座振替対応WiMAXで端末費用が無料のプロバイダはありますか?

ありません。端末費用については2022年7月1日の改正電気通信事業法を受けて多くが利用者負担となりました。

WiMAXの引き落とし日はいつですか?

WiMAXの引き落とし日はいつですか?

利用料金の引き落とし日はプロバイダごとに異なるので、以下の表で見比べてみましょう。

プロバイダ引き落とし日
Broad WiMAX請求確定当月27日か翌月3日
BIGLOBE WiMAX請求確定月の翌月26日
UQ WiMAX請求確定月の翌月26日

Broad WiMAXは登録した金融機関期間によって引き落とし日が異なり、BIGLOBE WiMAXとUQ WiMAXは請求確定月の翌月26日になります。

この記事の執筆者

manji(マンジ)

通信系WEBライター

フリーのWEBライターとして、主にインターネットなどの通信系をメインに活動中。調査や取材が好きで、ジャンルを問わず題材に取り組んで独自の知識を構築。未経験のジャンルには「積極的にチャレンジ」をモットーに日々精進。

プロフィールを見る▶︎▶︎

この記事の監修者
河村亮介

河村亮介(カワムラリョウスケ)

回線サービスの比較専門家

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイル回線選びの専門家。徹底した通信速度測定に定評がある。回線系比較サイト「GreenWaves」運営/WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表

プロフィールを見る▶︎▶︎

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップしてジャンプ)