WiMAX各プロバイダのキャンペーンまとめ|一番お得に乗り換えられるのは?

  • URLをコピーしました!

「WiMAXっていろいろあるけどどれが一番良いのかわからない」

「お得に乗り換えられるキャンペーンってないの?」

上記のように考えてはいないでしょうか?

WiMAXはプロバイダーが数多く存在し、それぞれキャッシュバックや月額料金割引など魅力的なキャンペーンを行っていますが、種類が多すぎてどれがお得なのかなかなかわからないものです。

キャンペーンが魅力的でも実質料金でみると高くなり損をしてしまうことがあるため、ポイントを押さえて自分に合ったプロバイダを選ぶ必要があると言えるでしょう。

本記事では、WiMAXプロバイダーのキャンペーン比較からお得に乗り換えられるおすすめのプロバイダー、プロバイダーを選ぶポイントや注意点など徹底的に解説していきます。

WiMAXのキャンペーンについて気になっている方や他社サービスからWiMAXへ乗り換えを検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次(タップしてジャンプ)

WiMAXのキャンペーンは4種類

WiMAXサービスは、プロバイダによって実にさまざまなキャンペーンが用意されています。

内容はプロバイダによって異なりますが、基本的には以下4種類のキャンペーンである場合がほとんどです。

WiMAXのキャンペーンの種類
  1. キャッシュバック
  2. 月額料金割引
  3. 解約時の違約金負担
  4. その他(端末料金・初期費用無料など)

順番に解説していきます。

その1.キャッシュバック

WiMAXプロバイダーのキャンペーンの中で最もポピュラーなのがキャッシュバックです。

WiMAXに限らず、キャンペーンと聞くとキャッシュバックを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

プロバイダーによって大きく異なりますが、5,000〜20,000円ほどもらえるケースが多く、現金だけでなく商品券やギフトカードで受け取れる場合もあります。

キャッシュバックを受け取れると実質料金がグッと安くなるので、積極的にキャッシュバックを狙っていきましょう。

その2.月額料金割引

キャッシュバックに次いで多いのが、月額料金割引キャンペーンです。

契約から一定期間月額料金が安くなるキャンペーンを実施しているWiMAXプロバイダーが多く、毎月支払う料金を抑えてWiMAXを利用できます。

ただし、契約期間中ずっと割引されるケースはほとんどなく、契約から数ヶ月〜1年ほどで割引が終了してしまうことが多いので適用期間を必ずチェックしておきましょう。

その3.解約時の違約金負担

他サービスからWiMAXに乗り換える際、他社の違約金を負担してくれるキャンペーンを実施しているプロバイダーもあります。

スマートフォンの契約であれば契約期間の縛りが撤廃される動きが進んでいるため解約時の違約金もかなり安くなってきていますが、WiMAXをはじめインターネットサービスの場合は2022年7月1日以前のプランでは違約金が高額となるケースがほとんど。

しかし、違約金負担キャンペーンを利用することで乗り換え時の負担を減らせるので、気兼ねなくWiMAXサービスを使えるようになるでしょう。

全額負担してくれるプロバイダーは少ないですが、ほとんどのサービスの違約金を帳消しにできる場合が多いので、解約時の費用がネックでなかなか乗り換えに踏み切れないという方に非常におすすめです。

その4.その他(端末料金・初期費用無料など)

端末料金や初期費用、契約事務手数料などその他の費用を無料にするキャンペーンを行っているプロバイダーもあります。

WiMAXの端末の種類はどのプロバイダーも同じですが、プロバイダーによって端末料金が無料の場合もあれば全額負担しなければならない場合もあり、加えて初期費用が必要なケースもゼロではありません。

月額料金だけでなく、端末代金などの費用で実質料金が高くなることもあるので、気になるプロバイダでキャンペーンを実施していないか確認してみましょう。

各WiMAXプロバイダーのキャッシュバック・キャンペーン比較【2022年7月】

WiMAXプロバイダは20社以上存在していますが、中でもWiMAX +5G対応かつキャッシュバックなどのキャンペーンを実施中のプロバイダーに絞って比較し、自分がお得に使える WiMAXを見つけていきましょう。

プロバイダー名実質月額料金/37ヶ月間キャンペーン内容
GMOとくとくBB WiMAX3,671円(税込)新規申し込みで23,000円(不課税)
他社からの乗り換えで最大49,000円(不課税)キャッシュバック
Broad WiMAX4,494円(税込)初期費用無料(WEB割適用時)
他社からの乗り換えで最大19,000円(税込)までの違約金相当をキャッシュバック
カシモWiMAX4,387円(税込)端末費用を分割で支払った場合、端末費用分を月額費用から割引き
BIGLOBE WiMAX 3,945円(税込)端末費用を分割で支払った場合、端末費用分を月額費用から割引き
クーポンコード利用で最大10,000円(不課税)のキャッシュバック
UQ WiMAX4,739円(税込)オンラインショップ限定で利用端末が特別価格で案内
すべて37ヶ月間利用した場合を想定して実質料金を算出。

※月額料金割引などは全て実質費用に含みます。共通してauスマートバリュー/UQモバイル自宅セット割インターネットコース適用可能

上記表にあるように、WiMAXプロバイダーによってキャンペーン内容や料金が大きく異なります。

月額料金や端末代金割引、乗り換えキャンペーンなど、何が安くなるのかプロバイダーごとに違うため、自身が求めるキャンペーンを実施しているプロバイダーを選ぶことでお得に利用できると言えるでしょう。

【厳選3社】キャンペーンがお得なおすすめWiMAXプロバイダー

上記の一覧表をもとに、キャンペーンがお得なおすすめのプロバイダーを3社厳選して詳しく解説していきます。

プロバイダーによって特徴が異なるので、自分が求めるキャンペーンを実施しているプロバイダーを中心に確認してみてください。

順番にみていきましょう。

その1.GMOとくとくBB WiMAX|高額キャッシュバックで実質料金が最安

画像出典:GMOとくとくBB 
契約事務手数料3,300円(税込)
初期費用0円(税込)
端末費用21,780円(税込)
605円(税込)×36回払い
0ヶ月目1,484円(税込)の日割り
1ヶ月目1,484円(税込)
2ヶ月目1,484円(税込)
3-35ヶ月目3,784円(税込)
36ヶ月目以降4,444円(税込)
キャンペーン
(新規申込)
▲23,000円(税込)
キャンペーン
(乗り換えの場合のみ適用)
▲49,000円(税込)
合計135,818円(税込)|新規
実質月額3,671円(税込)|新規
契約解除料金
0~24か月目1,100円(税込)
更新月(25ヵ月目)0円(税込)
26ヵ月目以降なし

GMOとくとくBB WiMAXは、高額キャッシュバックや諸費用が無料であることなどにより実質料金が最安値クラスのWiMAXプロバイダーです。

キャッシュバックが高額であるだけでなく、他社からの解約違約金など(端末残債の精算も含む)を最大49,000円(不課税)まで負担*してくれるため、乗り換えを検討している方にピッタリでしょう。

※~22,000円(税込)未満の場合:23,000円(不課税)キャッシュバック還元/22,000円(税込)以上~の場合:49,000円(不課税)キャッシュバック還元

インターネット事業では老舗の「GMOインターネット株式会社」がサービスを提供しているため安心感も抜群で、ユーザーの満足度も高いです。

ただし、キャッシュバックは契約から11ケ月後以降に所定の方法で申請しないと受け取れないため注意が必要。

申請忘れによりキャッシュバックを受け取れないユーザーがかなり多いので、リマインダー設定などで忘れないよう準備をしておきましょう。

期間によってお得なキャンペーンをさまざま実施しているので、詳しくは以下の当サイト限定リンクからご確認ください。

\GMOとくとくBB WiMAXのお申込みはこちら/
GMOとくとくBB

その2.カシモWiMAX|シンプルに安く端末費用分割引キャンペーンでさらにお得

画像出典:カシモWiMAX
契約期間なし
3年間総額162,316円(税込)
月額費用契約月(0か月目):1,408円(税込)*
以降:4,378円(税込)
新規事務手数料3,300円(税込)
契約解除料なし
プラスエリア
モード利用料
1,100円(税込)/月
キャンペーン端末分割払いを指定した場合
月額費用から▲605円(税込)×36回割引
端末費用21,780円(税込)|一括/36分割
(分割の場合605円(税込)×36回払い)
支払い方法クレジットカードのみ
口座振替未対応
解約時の
端末精算
あり
備考契約月は0か月目とカウント
※契約月は日割り計算なしで一律料金
※契約月は1日からとした場合

カシモWiMAXは、割引なしでもシンプルに安いお得に利用できるプロバイダです。

端末代金が無料であるほか契約初月は1,408円(税込)で利用可能でその後はずっと料金が変わらないため料金計算がしやすくお得というメリットがあります。

また、現在は端末代金の支払い方法を分割払いにした場合、月々に支払う端末費用分を月額費用から割り引くキャンペーンも実施中です。

さまざまなキャンペーンにより料金が安くなるプロバイダーが多いですが、カシモWiMAXはキャンペーンがなくても安くシンプルな料金プランとなっているので、キャッシュバックのもらい忘れで損をしてしまう心配がないのも嬉しいポイントです。

契約期間もないため、わかりやすく安心できる料金プランをお求めの方はぜひ詳細をチェックしてみてください。

\カシモWiMAXのお申込みはこちら/
カシモWiMAX

その3.BIGLOBE WiMAX(ビッグローブワイマックス)|キャッシュバック受け取りが早くクーポンがお得

画像出典:BIGLOBE WiMAX
契約事務手数料3,300円(税込)
初期費用0円(税込)
端末費用21,912円(税込)(一括/分割)
0ヶ月目0円(税込)
1ヶ月目1,166円(税込)
2-24ヶ月目4,015円(税込)
25ヶ月目以降4,928円(税込)
キャンペーン5,000円(不課税)キャッシュバック
913円(税込)×24ヶ月分割引
合計145,947円(税込)|クレカ払い
159,307円(税込)|口座振替
実質月額3,945円(税込)|クレカ払い
4,306円(税込)|口座振替
契約解除料金
一律なし

BIGLOBE WiMAX(ビッグローブワイマックス)は、契約翌月に最大5,000円(不課税)のキャッシュバックを受け取れる契約期間のないWiMAXプロバイダーです。

受け取りまでに数ヶ月から1年ほどかかるプロバイダが多い中、すぐに受け取れるのは大きなメリットだと言えます。

インターネット回線サービスでは老舗の「ビッグローブ株式会社」が提供しているWiMAXサービスで、光回線や格安SIMなど他サービスで名前を聞いたことがある方も多いことでしょう。

老舗プロバイダーである安心感はもちろん、初月のみ利用料が無料、端末費用分を月額費用から割引きするなど魅力的なキャンペーンを実施中です。

また、期間限定クーポンを発行していることが多いため、気になる方はぜひ公式サイトをご覧ください。

BIGLOBE WiMAXお得情報

新プランリリース!契約翌月に5,000円(不課税)キャッシュバック!

現在提供中のクーポン

クーポンコード|ATF(2022年8月1日現在)

内容:キャッシュバック5,000円(不課税)増額

適用期間:2022年8月31日 23:50まで

\BIGLOBE WiMAXのお申込みはこちら/
BIGLOBE WiMAX +5G

キャンペーンでお得に使えるWiMAXプロバイダーを選ぶポイント

キャンペーンがお得なおすすめプロバイダについて詳しく解説してきましたが、キャンペーンでお得に使えるプロバイダを選ぶポイントについて深掘りしてみましょう。

WiMAXプロバイダを選ぶ4つのポイント
  1. 自分にとって最もメリットのあるキャンペーンを選ぶ
  2. キャンペーンなどを含めた実質料金で比較する
  3. 契約期間や解約時の料金も確認する
  4. スマホセット割が適用できるプロバイダを選ぶ(au・UQ mobileユーザー)

順番に解説していきます。

ポイント1.自分にとって最もメリットのあるキャンペーンを選ぶ

キャンペーンは自分にとって最もメリットのあるものを選ぶようにしましょう。

キャッシュバックや他社の違約金負担などWiMAXプロバイダーによってキャンペーン内容は大きく異なります。

基本的にキャンペーンが適用できればお得に使えることは間違いないのですが、できる限り自分が求めるキャンペーンを利用することでよりお得に利用することが可能です。

他社からの乗り換えで違約金が気になる場合は乗り換えキャンペーンを、キャッシュバックがすぐに欲しい場合は受け取りが早いプロバイダーをそれぞれ選ぶとよりお得感が増すはずです。

キャンペーンが魅力的でどうしても迷ってしまう時は、プロバイダーごとにキャンペーンを比較し自分に最もメリットのあるものを選ぶようにすると良いでしょう。

ポイント2.キャンペーンなどを含めた実質料金で比較する

キャンペーンの内容だけでなく、キャンペーンなどをすべて含めた実質料金でプロバイダーを比較しましょう。

実質料金とは月額料金や初期費用などのすべての費用からキャッシュバックなどの割引を引いた実際に支払う料金のことで以下のように求めることができます。

WiMAXプロバイダーを契約する際の実質料金

実質料金=(初期費用+契約事務手数料+端末代金+月額料金×契約月数-キャッシュバック・割引)÷(端末分割月数+1ヶ月)

キャッシュバックや月額料金割引などの金額が大きくても、そのほかの費用が高ければ実質料金はそこまで安くならず、結果的に損をしてしまうことがあります。

せっかくキャンペーンを適用してもお得にならなければ元も子もないので、契約期間のうちかかる可能性がある費用を計算し、実質料金でプロバイダーを比較するようにしましょう。

ポイント3.契約期間や解約時の料金も確認する

プロバイダごとに契約期間や解約時の費用も必ず確認しておきましょう。

2022年7月1日以降にリリースされた新プランに関しては、契約期間を設けていないものも多く、契約期間があったとしても解約違約金上限は月額費用1ヶ月以下となっている場合がほとんどとなったため、解約違約金について心配する必要は少なくなりました。

しかし、端末代金については実費負担となったため、端末の分割費用を支払っている途中での解約では端末費用の精算が必要になるため十分注意が必要です。

ポイント4.スマホセット割が適用できるプロバイダを選ぶ(au・UQ mobileユーザー)

auやUQ mobileユーザーの方は、スマホセット割が適用できるプロバイダを選ぶことでスマートフォンの料金を安くすることができます。

auの場合は「auスマートバリュー」により最大1,100円(税込)、UQ mobileの場合は「自宅セット割」により最大858円(税込)が月額料金から毎月割引されるため非常にお得です。

さらに、プラスエリアモード利用料が無料になるなど追加でお得になることもあるので、au・UQ mobileユーザーはスマホセット割が適用できるプロバイダを選ぶようにしましょう。

WiMAXでキャンペーンを利用する際の注意点

お得なWiMAXプロバイダーを選ぶポイントに続いて、キャンペーンを利用する際の注意点について詳しく解説します。

できるだけ損をしないよう、注意点についてもしっかりと把握しておきましょう。

WiMAXプロバイダーでキャンペーンを利用する際の4つの注意点
  1. キャッシュバックは受け取れるまでに時間がかかる
  2. 口座振替はキャンペーン適用外となる場合が多い
  3. 店頭とWEBではキャンペーン内容が異なる
  4. 申請を忘れるとキャンペーンやキャッシュバックを適用できない

注意点1.キャッシュバックは受け取れるまでに時間がかかる

キャッシュバックは受け取れるまでに時間がかかってしまうことに注意しましょう。

WiMAXプロバイダーは高額キャッシュバックが魅力的ですが、実際に受け取れるまでは数ヶ月から1年ほどかかってしまうケースが多いです。

キャッシュバックに惹かれて契約した場合は契約後すぐに欲しくなってしまうものですが、どうしても時間がかかってしまうことを肝に銘じておきましょう。

注意点2.口座振替はキャンペーン適用外となる場合が多い

支払い方法を口座振替にするとキャンペーンを適用できなくなる場合が多いです。

口座振替対応のプロバイダーは非常に少ないため、口座振替できるということはクレジットカードを持たない方にとって契約の決め手となるほどのポイントだと思います。

しかし、クレジットカードのほうがプロバイダーにとって利便性が高いためか、キャンペーンがクレジットカード払い限定であるケースがほとんどです。

何らかの理由でクレジットカードを持てない場合を除き、できる限りクレジットカードで契約するほうが無難だと言えるでしょう。

注意点3.キャッシュバックが高額でも必ず実質料金が安くなるわけではない

見落としがちですが、キャッシュバックが高額であったり割引額が大きかったりしても、必ずしも実質料金が安くなるわけではないことを把握しておきましょう。

前述の通り、お得なWiMAXプロバイダーを見つけるためには月額料金やキャンペーンだけではなく実質料金で比較することが重要です。

実質料金は契約期間中に支払うすべての費用を計算したものなので、キャッシュバックや割引があっても端末代金や月額料金などそのほかの費用が高いと総合的に高くついてしまうことがあります。

基本的にキャッシュバック金額や割引額が大きいほどお得になる傾向にありますが、万が一の場合に備え必ず実質料金をみるようにしましょう。

注意点4.店頭ではキャンペーンが適用されないことが多い

WiMAXは家電量販店や携帯ショップなど店頭でも契約することができますが、WEBとは異なりキャンペーンが適用されない場合が多いです。

店頭では専門スタッフに詳しく話を聞けるメリットがありますが、その分人件費などの経費がかかってしまうためキャンペーンはWEB限定となっていると考えられます。

また、店頭でのキャンペーンは店舗独自のものであるケースもあり、キャッシュバックがポイントや商品券になることが多いためあまりキャンペーンの恩恵を受けられない可能性も。

WEBではスタッフに直接話を聞くことはできませんが、申し込み手順はどのプロバイダーも非常に簡単なので、どうしても直接話を聞きたい場合を除きWEBで契約するようにしましょう。

注意点5.申請を忘れるとキャンペーンやキャッシュバックを適用できない

キャッシュバックなどのキャンペーンが適用可能となっても申請を忘れると受け取れなくなってしまいます。

特にキャッシュバックは申請期間が限られているケースがほとんどで、特定の期間に申請しないといけないため注意が必要です。

また、キャッシュバックは契約から数ヶ月経過後に届くメールから申請手続きをするようになっていますが、何らかの不具合によりメールが届かなかったりプロバイダのメールアドレスに届いたりして確認を忘れてしまうケースが非常に多くなっています。

契約時にリマインダーを設定する、カレンダーに書き込むなど申請を忘れない対策は必須だと言えるでしょう。

キャッシュバックやキャンペーンを確実に適用する手順

WiMAXはキャッシュバックをはじめとしたキャンペーンが魅力的であることはここまで解説してきた通りですが、キャンペーンの適用方法はプロバイダーやキャンペーンの種類によって異なります。

キャンペーンの種類ごとに簡単に適用方法をみていきましょう。

WiMAXのキャンペーンの種類
  1. キャッシュバック
  2. 違約金負担
  3. その他

その1.キャッシュバックの申請・受け取り方法

まずは、キャッシュバックの申請・受け取り方法について詳しくみてみましょう。

申請方法はプロバイダによって多少異なりますが共通する部分は多いです。

ここでは、キャッシュバックの受け取りができないという声が多い「GMOとくとくBB WiMAX」を例にキャッシュバック申請から受け取りまでの手順を紹介します。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック申請手順
  1. 端末発送月を含む11ヶ月目に、契約時に新規で発行される基本メールアドレスにキャッシュバック申請メールが届く
  2. 口座情報を登録
  3. 口座情報登録の翌月末日に指定口座に振り込まれる

基本的に、上記のように契約後しばらくしてから届くキャッシュバックメールにしたがって口座情報を登録し、確認後に振り込みとなるケースが多いです。

GMOとくとくBB WiMAXでは契約から11ヶ月後にプロバイダのメールアドレスに届く仕組みとなっているため気付かずに忘れてしまうユーザーが多いですが、どのプロバイダでも申請・受け取りまでには時間がかかります。

また、キャッシュバックメールがプロバイダのアドレスに届くため、契約時に申請時期やメールが届くアドレスを必ず確認し忘れないよう対策をしましょう。

その2.乗り換えキャンペーンの適用方法

続いて、乗り換えキャンペーンの適用方法を紹介します。

乗り換えキャンペーンがお得で実質料金も安い「Broad WiMAX(ブロードワイマックス)」を例にみてみましょう。

STEP
下記リンクからBroad WiMAXに申し込む
STEP
「ギガ放題プラスDX(3年)」プランまたは「ギガ放題プラス(2年)プランを選択
画像出典:Broad WiMAX
STEP
「お乗り換えキャンペーンを希望する」を選択
画像出典:Broad WiMAX
STEP
支払い方法で「クレジットカード」を選択
画像出典:Broad WiMAX
STEP
オプションで「安心サポートプラス」「MyBroadサポート」を選択
画像出典:Broad WiMAX
STEP
申し込み完了後、契約開始月を含む4ヶ月末日までに「現在利用中のインターネット解約書類(契約名義・契約解除料・解約日がわかるもの)」をFAX、またキャッシュバックを受け取る口座情報をメールで送付
STEP
申し込み6ヶ月末に指定口座に振り込み
※オプションサービスは商品到着後無料で解約可能

乗り換えキャンペーンは、以前使用していたサービスを解約したことがわかる書類を送付することで適用可能となる場合が多いです。

また、Broad WiMAXのようにクレジットカードでないと適用できなかったり、指定オプションに加入しなければならなかったりするケースが多いので間違いのないようにしましょう。

乗り換えキャンペーンも契約から一定期間経過すると申請不可となるので、他社サービスを解約したら速やかに申請することをおすすめします。

\Broad WiMAXのお申込みはこちら/
ブロードワイマックス

乗り換えキャンペーンを使えばほとんどのサービスの違約金を帳消しにできる

WiMAXプロバイダの中には乗り換えキャンペーンを行っているプロバイダも多いですが、ャンペーン適用によりほとんどのサービスの違約金を帳消しにすることができます。

例えば、他社回線系サービスからの乗り換えで税込49,000円までの費用をキャッシュバックで負担してくれる「GMOとくとくBB 」であれば大半の違約金は相殺できるでしょう。

その3.その他キャンペーンについて

その他月額料金割引などのキャンペーンについては、申し込みを完了させることで自動的に適用されるケースが多いです。

中には指定オプションへの加入が必須であったり、支払い方法をクレジットカードに設定する必要があったりと申し込み以外の条件がある可能性があるので、契約時に必ず確認するようにしましょう。

まとめ

ここまでWiMAXのキャンペーンの種類やプロバイダごとのキャンペーン比較、おすすめプロバイダーからキャンペーンの注意点や適用方法など幅広く解説してきました。

WiMAXはキャッシュバックをはじめとしたキャンペーンが魅力的で、うまく利用することでお得に利用できます。

しかし、プロバイダー比較で重要なのはキャッシュバックや割引といったキャンペーンだけでなく、かかる料金すべてを含めた実質料金です。

プロバイダーの広告や公式サイトなどではキャッシュバックや月額料金の割引をメインにアピールしていますが、よく調べずに契約すると損をしてしまいかねません。

キャンペーンの注意点やポイントを押さえ、納得のいくプロバイダ選びをしていきましょう。

あなたが自分にぴったりのサービスと出会えることを心から願っています。

WiMAXのキャンペーンに関するよくある質問

WiMAXのキャンペーンに関してよくある質問をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

WiMAXのキャンペーンにはどんなものがあるの?

WiMAXのキャンペーンにはどんなものがあるの?

WiMAXのキャンペーンは、主に以下4種類に分けられます。

  1. キャッシュバック
  2. 月額料金割引
  3. 違約金負担
  4. その他(端末代金・初期費用無料など)

それぞれの中から自分にあったキャンペーンを実施しているプロバイダーを選ぶようにしましょう。

乗り換えキャンペーンを行っているWiMAXプロバイダはどこが一番お得?

乗り換えキャンペーンを行っているWiMAXプロバイダはどこが一番お得?

GMOとくとくBB 」です。実質料金が安く乗り換え時のキャンペーンが充実しているため、WiMAXへ乗り換えを考えている方にはぴったりのプロバイダだと言えます。

キャッシュバックを現金で受け取れるWiMAXプロバイダはある?

キャッシュバックを現金で受け取れるWiMAXプロバイダはある?

キャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダは多いですが、そのほとんどは現金でキャッシュバックを受け取ることができます。ただし、中には現金以外(amazonギフト券や商品券など)での受け取りとなる場合もあるので事前に確認しておきましょう。

ヨドバシカメラやヤマダ電機など量販店のWiMAXキャンペーンってどうなの?

ヨドバシカメラやヤマダ電機など量販店のWiMAXキャンペーンってどうなの?

家電量販店のプロバイダでも、ほかのプロバイダーと同様にキャッシュバックや月額料金などの割引キャンペーンを実施しているケースが多く、お得に契約できます。しかし、家電製品とセットで家電製品の実売価格から割引というような場合も多いため注意が必要です。

WiMAXのキャッシュバックメールが来ないんだけど?

WiMAXのキャッシュバックメールが来ないんだけど?

メールアドレスが正しいか、また迷惑メールフォルダに振り分けられていないか確認してください。プロバイダーによっては普段使っているアドレスではなく、プロバイダー独自のアドレスにメールが届くこともあるのであわせて確認してみましょう。

この記事の執筆者

瀧澤 亮(タキサワ リョウ)

通信系WEBライター

約1年間大手通信キャリアのショップにて販売員を経験。在籍中キャリア資格筆記試験で全社1位に輝いた実績があり、通信系知識を学びわかりやすく説明するのが得意。

プロフィールを見る▶︎▶︎

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップしてジャンプ)