データ通信量の目安を知ろう!1ヶ月で何ギガ使う?ポケット型WiFiなしで乗り切れるのはどれくらい?

  • URLをコピーしました!

ポケット型WiFiなしでどのくらいインターネットを使えるのか気になっていませんか? 

ポケット型WiFiなしで間に合うようなら、追加料金を支払ってポケット型WiFiの契約をする必要はありません。

一方、たくさんギガが必要であれば、ポケット型WiFiを契約した方が速度制限を気にせず目一杯インターネットを楽しめます。

この記事では、自分が使うデータ通信量を確認する方法と主要なアプリごとに消費されるデータ通信量の目安を紹介します。

自分の利用シーンと照らし合わせて考えて、ポケット型WiFiなしでも十分にインターネットを使えるか判断する際の参考にして下さい。

結論
  • TwitterやLINEなどの文字ベースのサービスを利用している場合にはポケット型WiFiなしでも大丈夫
  • YouTubeやTikTokなどの動画主体のサービスの利用が多い場合は大容量通信が必要

→動画コンテンツをたくさん見る場合はキャリアのパケット無制限プランもしくはポケット型WiFiの利用がおすすめ

→大容量ポケット型WiFiならキャリアパケット無制限プランよりお得に使える!

\動画もたくさん見られる大容量!/
当サイトおすすめWi-Fiはこちら

目次(タップしてジャンプ)

[PR]

\縛りなし・端末費用なしの5G対応WiMAX/
FreeMax+5G

自分が使っているデータ通信量を確認する方法

スマートフォンの使い方は人それぞれ。

動画をたくさん見る人であればデータ通信量は多くなり、TwitterやLINEなどのSNS中心の使用方法であればそれほどパケット消費量が多くないでしょう。

このように、月間パケット通信量は使用するサービスによって大きく異なってきます。

ただし、「自分が実際に月にどれくらいのデータ通信を行なっているか」について十分に把握できている方は少ないのではないでしょうか。

まずはお使いの端末別に月間データ通信量の確認方法について一緒に見ていきましょう。

この項でわかること
  • Androidでのデータ通信量を確認する方法
  • iPhoneでのデータ通信量を確認する方法

Androidの場合のデータ通信量を確認する方法

Android端末でデータ通信料通信量を確認する方法は下記の通りです。

1.アプリ一覧画面から[設定]をタップします

2.[ネットワークとインターネット]をタップします

※Galaxyの機種では「接続」という項目名の場合が多いです

3.[データ使用]をタップします

4.[アプリのデータ使用量]をタップします

5. スクロールすると各アプリのデータ使用量を確認することができます

【Android】アプリごとのデータ使用量を確認したい| よくあるご質問」au

※Androidのバージョンや端末によって設定項目の名前などが異なる可能性があります。

iPhoneの場合のデータ通信量を確認する方法

iPhoneでデータ通信量を確認する方法は以下の通りです。

“ホーム画面より「設定」→「モバイル通信」(または「モバイルデータ通信」)→「現在までの合計」でデータ通信量の使用状況をご確認できます。

[iPhone/iPad]本体からデータ通信量を確認する方法はありますか?」ソフトバンク

なお、iPhoneでデータ通信量を確認する場合、以下2点について注意が必要です。

  • 一度データ通信量をリセットしないとその月のデータがわからない
  • iPhoneではWiFiでの通信量がわからない

注意点:一度データ通信量をリセットしないとその月のデータがわからない

iPhoneで確認できるのは、集計を一旦リセットしてから現在までのデータ通信量の合計となるため、ご自身の区切りの良いタイミングで「リセット」を行わないと正確な月間データ通信量を知ることが出来ません。

集計をリセットする方法は以下の通りです。

1)「設定」をタップする

2)「モバイル通信」(もしくは「モバイルデータ通信」)をタップする

3)画面下部にある「統計情報をリセット」をタップする※

[iPhone/iPad]本体からデータ通信量を確認する方法はありますか?」ソフトバンク

仮に今まで1度もリセットしていないのであれば、お手元のiPhoneでモバイルによるデータ通信を開始してから現在までの集計が表示されます。

Androidのように、1カ月単位などで表示されているわけではないため、1ヶ月間の合計データ通信量を常に参照したいのであれば、毎月1日に集計をリセットしなくてはいけません。

実際のところ、毎月1日にこの作業を行うのは「うっかり忘れる」ことが多いため、あまり現実的ではないでしょう。

注意点:iPhoneではWiFiでの通信量がわからない

iPhoneで確認できるのは、モバイル通信に関するデータ通信量のみとなっており、無線LANにWiFi接続した際のデータ通信量は確認できません。

WiFiのデータ通信量を確認したい場合、以下アプリを利用するとよいでしょう。

ギガ残量

ギガ残量

Rigato, inc.無料posted withアプリーチ

こちらのアプリでは、モバイルデータ通信と無線LANなどのWiFi接続との両方に関する1日分・1ヵ月分のデータ通信量を確認できます。

iPhoneでは1ヵ月分のモバイルデータ通信量を常に集計するのが前述のように難しいので、データ通信量のチェックはこのアプリの方が便利です。

データ通信量の節約方法が知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

iPhoneの場合は、アプリを使ったほうが簡単にチェックできそうだね!

\動画もたくさん見られる大容量!/
当サイトおすすめWi-Fiはこちら

データ通信量の目安!1ヶ月で実際にどれくらいパケットを消費するのかシミュレーション

データ通信量の確認方法がわかったところで、例を挙げて「実際に1ヶ月でどれくらいのパケット通信量を消費するのか」シミュレーションしてみましょう。

ケース:会社員Aさん(女性)の場合

近県から電車で1時間かけて都内の会社に通うAさん。

趣味はファッションでInstagramやTikTokでのファッションコーディネートをスマートフォンで見るのが日課です。

暇を見つけてはYouTubeでミュージックビデオを見るような生活をしています。

Aさんのある1日のスマートフォン利用状況
  • 電車での通勤1時間を使ってスマートフォンでInstagram /TikTok /YouTubeを利用
  • お昼休みの30分間にInstagramを見る
  • 帰りの電車の中で通勤時同様にスマートフォンでInstagram /TikTok /YouTubeを利用
  • 寝る前の30分間はYouTubeを利用
  • スマートフォンの合計使用時間:3時間
  • 主に使用するアプリ:Instagram /TikTok /YouTube

スマートフォンの合計使用時間:3時間

Instagram /TikTok /YouTubeの使用時間を仮に1時間ずつとした場合、1日の利用パケット量はこのようになります。

アプリパケット通信量
Instagram約840MB
TikTok約540MB
YouTube(標準画質)約500MB
合計約1,880MB
=1.9GB/日
※10分間見て「いいね!」をつけた場合の実測値が約140MBという数値を元に算出

Aさんの勤務が月に20日間だとすると

約1.9GB×20日間=約38GB

ここに休日の10日を考慮してパケット通信量を多めに見積もると、月間で約50GB以上消費することになります。

意外にも多くのパケットを消費していて驚いたのではないでしょうか。

普段使うアプリはどれくらいパケットを消費するの?

Aさんのように動画や画像コンテンツを多く利用する人のパケット通信量は多くなりがちです。

最初にも述べたように、どのくらいデータ通信量が必要かは人によって差があります。

そのため普段使うアプリが消費するデータ通信量の目安を知っておくと、自分の場合はどの程度のデータ通信量が必要かイメージしやすいですしょう。

以下、参考となるデータを紹介します。

メールの送受信やニュースサイトの閲覧

メール送受信やウェブサイト閲覧ではそれほどデータ通信量は消費されません。

たとえば1GB/月あれば、1日あたりメールなら約69.5通、ウェブサイトの閲覧なら1日あたり約116.5ページ参照できます。

仮に10GB/月の契約ならこの10倍です。

これらの利用だけであれば、データ通信量が「足りなくなる」という方は少ないのではないでしょうか。

メールやニュースサイトの閲覧ならパケット通信量はあまり消費されないのね。

LINEメッセージやLINEでんわの利用

多くの人が利用するLINEのデータ通信量がどのくらいか、目安をみていきましょう。

LINEの音声通話の場合、0.3MB/分ということなので、1GBあれば約3,400分(約57時間)話せる計算です。

1GB/月の小容量の契約でも1日110分以上(1時間50分)、10GB/月なら1日1,100分(約18.3時間)以上話せる計算になります。

相当長電話をする方でない限り、LINEの音声電話だけでデータ通信量を使いきれないでしょう。

一方、ビデオ通話の場合、5.1MB/分と音声電話に比べデータ通信量が約17倍に増えます。

1GBなら約200分(約3時間20分)使える計算となり、1GB/月なら1日あたり6~7分、10GB/月なら1日あたり60~70分で消費されますされる計算です。

家族や恋人と離れて暮らしていて、毎日ビデオ通話をするといった方であると、少ないデータ通信量では足りなくなるのではないでしょうか。

仮に1日1時間、LINEのビデオ通話をしたいのであれば、それだけで10GB/月、1日2時間なら20GB/月が必要となります。

文字(メールなど)・ウェブサイト・音声(音声電話など)に関するデータ送受信では、それほどデータ通信量は消費されません。

しかし動画(ビデオ通話)となると、大幅に消費されるデータ通信量が増えます。

ビデオ通話はパケット通信量をすごく使うんだね。

そうだね。多くビデオ通話を使う人はWiFi環境で利用することをおすすめするよ。

YouTubeなどのやTikTokなどの動画コンテンツ

YouTubeやTikTokの動画を閲覧したときに、どのくらいデータ通信量を消費するかみてみましょう。

まずYouTubeについて、画質ごとに消費されるデータ通信量が大きく異なることが分かります。

仮にスマートフォンでSD画質の動画を視聴する場合、1GBで約100分視聴できる計算です。

そのため1GB/月なら1日約1.7分、10GB/月でも1日約17分しか視聴できないことになります。

たとえば会社や学校の昼休みに動画を楽しみたいとしても、これだけ短いと足りないですね。

大きな画面を持つタブレットで、HD画質・フルHD画質の動画を視聴すれば、視聴できる時間はさらに短いです。

同様にTikTokについても、1GB/月なら1日約3.8分、10GB/月でも1日約38分しか視聴できません。

TikTokの動画は一本一本が短いとはいえ、このぐらいのデータ通信量では、自宅でゆっくり楽しんだりはできないですね。

Youtubeの再生にかかるパケット通信量について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

\動画もたくさん見られる大容量!/
当サイトおすすめWi-Fiはこちら

動画を中心に楽しむ場合は大容量ポケット型WiFiがないと難しい

前項で紹介したデータを見てわかる通り、LINEビデオ通話・YouTube・TikTokといった動画に関するデータ通信では大量のデータ通信量が消費されます。

最近話題になっているキャリア各社のオンライン専用プランが提供している「月間20GB上限」でどのくらい使えるかみてみましょう。

項目20GB/月
LINEビデオ通話約4,000分/月(1日約120~130分 約2時間)
YouTube(SD画質)約2,000分/月(1日約60~65分 約1時間)
YouTube(HD画質)約1,200分/月(1日約40分)
TikTok約2,275分/月(1日約75分 1時間15分)

上記はあくまで、それぞれの用途でのみ使った場合に使える時間です。

たとえばLINEの音声通話を使ったりウェブサイトを視聴したりすれば、使える時間はさらに短くなります。

もちろん人によって異なりますが、この程度では心許ないと感じる方が多いのではないでしょうか。

このように使えるデータ通信量が限られているプランだと、動画関連のコンテンツをたくさん楽しむことはできません。

データ無制限のプランを選ぶか、使えるデータ通信量が非常に大きなポケット型WiFiを選んだ方がよいでしょう。

ぼくはYoutubeをよく見るんだ。

それならポケット型WiFiの利用をおすすめするよ。

\動画もたくさん見られる大容量!/
当サイトおすすめWi-Fiはこちら

まとめ|動画中心の利用方法ではポケット型WiFiが必要

以上、1ヶ月でかかる通信量がサービスによって異なることや、各アプリがどれくらいのパケットを消費するかについて説明してきました。

「1ヶ月どれくらいの通信量であればポケット型WiFiが必要か」という疑問に対する結論としては、「動画や画像を多く使用するサービスを利用する人はポケット型WiFiを持った方が良い」と言えます。

シミュレーションで登場したAさんは、月間50GBの通信量でしたね。

実はキャリアのパケット無制限プランを利用するよりも、格安スマホと大容量ポケット型WiFiを組み合わせて使用した方が月間の通信費としては安価になる傾向があります。

詳細についてはこちらの記事でも解説しています。

動画サービスの利用が多い人はポケット型WiFiの活用をぜひ検討してみてくださいね。

\動画もたくさん見られる大容量!/
当サイトおすすめWi-Fiはこちら

著者

MasterNet編集部

MasterNet編集部です。当サイトは「一人ひとりに最適な通信環境を提供すること」をコンセプトにモバイルルーター・ホームルーターに関する情報を発信しています。

河村亮介
監修者

回線サービスの比較専門家

河村亮介(カワムラリョウスケ)

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイル回線選びの専門家。徹底した通信速度測定に定評がある。回線系比較サイト「GreenWaves」運営/WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップしてジャンプ)