ポケット型WiFiにおける4GLTEとWiMAXの違いについて解説

  • URLをコピーしました!

ポケット型WiFiを利用しているみなさんは、ふと自分が利用している回線に疑問を持ったことはないでしょうか?

例えばモバイルルーターサービスでよく聞かれるWiMAXと、携帯電話界隈では主流である4GLTE。

日本国内のポケット型WiFiで使用される回線は、WiMAXとLTEの2種類に分類されています。

この2つの回線はそれぞれ周波数帯が決まっていて、利用エリアや電波状況などの繋がりやすさに大きく関わってくるのです。

本記事ではポケット型WiFiにおける4GLTEとWiMAXの違いについて解説し、それぞれの回線の特徴を知る事で、自身に合った回線選びの参考にしていただければと思います。ぜひ、最後までお読みください。

目次(タップしてジャンプ)

LTEとWiMAXの違いについて

そもそもLTEとWiMAXは、それぞれの違いを比較する対象として間違っています。

なぜなら、LTEとWiMAXは同じ分類の回線だからです。

LTEの特徴とは

  • LTEはFDD-LTEとTD-LTEに分類できる
  • 携帯電話通信のメイン回線
  • WiMAX2+回線・AXGP回線など

LTEの特徴について次から詳しく解説するので、次項で正しい知識を身に着けましょう。

LTEはFDD-LTEとTD-LTEに分類できる

LTEは「FDD-LTE」と「TD-LTE」の2種類の通信方式に分類できます。

まず、FDD-LTEは携帯キャリアが持つLTE回線のことです。一般的にLTEと呼ばれるものはFDD-LTEのことを指しています。

次にTD-LTEは、UQコミュニケーションズが所有するWiMAX2+のデータ通信で用いられているLTE回線です。

日本国内ではUQのWiMAX2+回線のほか、ソフトバンクの独自規格であるAXGP回線がTD-LTEに該当します。

厳密に言えばAXGPはPHSの通信方式を発展させたもので、TD-LTEと互換性を持つ別名「3.9G」と呼ばれる回線です。

WiMAX2+回線はLTE回線を発展させて高速化した規格であるため、LTE規格のひとつであるTD-LTEに分類されている回線です。

あえて違いを説明するなら、LTE回線とWiMAX回線は通信方式がFDDとTDで分類されているに過ぎません。

どちらも大元となるLTEの枠組みに含まれているので、LTEとWiMAXは同一の回線であると説明できます。

FDD-LTEの特徴|携帯電話通信のメイン回線

FDD-LTEは携帯電話の音声通話や電話通信に用いられ、相互通信が可能な通信方式で長らく利用されてきました。

最大の特徴は通信時に上りと下りで別々の周波数を使い、送信と受信の回線を分けることで混線を避けられる事です。

その一方、日本国内ではFDD-LTEの周波数帯域は700MHz〜2.1GHzに割り振られており、通信速度はさほど速くありません。

しかし、周波数帯が低いことで電波が回り込みやすくなり、遮蔽物による影響を受けにくいという電波特性があります。

その結果「(FDD-)LTE回線の方が繋がりやすい」と評価される場面が多いのです。

FDDとは『Frequency Division Duplex Long Term Evolution』のそれぞれの頭文字を取った略称で、直訳すると周波数分割複信(周波数を分割して通信しているもの同士が通信を同時に行う)という意味になります。

TD-LTEの特徴|WiMAX 2+回線・AXGP回線など

先述したように、TD-LTEはUQコミュニケーションズが提供する「WiMAX 2+」と、ソフトバンクが提供する「AXGP」がそれに該当します。

TD-LTEは送受信を別々の回線で行うFDD-LTEとは逆に、同一回線を共有しながら送信と受信を行っているのが特徴です。アップロードが多いときは上りの枠を増やし、ダウンロードが多いときは下りの枠を増やすことで帯域の住み分けを行っています。

限られた周波数帯を砂時計のように上りと下りの比率を調整することによって、アクセスの集中による混雑を緩和させることが可能です。

ただし、TD-LTEの周波数帯は2.5GHz帯と3.5GHz帯と高く、FDD-LTEとは逆に電波が回り込みにくいという特性を持ちます。

そのため、遮蔽物の多い屋内では繋がりにくく「WiMAXは速いけど繋がりにくい」と言われることが多いです。

ちなみTD-LTEとは『Time Division Long Term Evolution』の略で、直訳すると時間分割(2つ以上の処理をズラして分割遂行)という意味合いになります。

LTEとWiMAXはどっちがおすすめ?

LTEとWiMAXはどちらがおすすめなのかは、人によって利用目的や魅力を感じるポイントが違うので一概には決められません。

どうしても選ぶというのであれば、LTEとWiMAXの電波特性やプロバイダが提供するサービスの方向性から考えます。

LTEとWiMAXはどっちがおすすめ?

  • WiMAX +5Gの方が向いている人の特徴
  • FDD-LTE回線のポケット型WiFiの方が向いている人の特徴

あなたにとってLTEとWiMAXのどちらがおすすめか、それぞれの特徴を照らし合わせて紹介していきましょう。

WiMAX +5Gの方が向いている人の特徴

以下の特徴に当てはまる人は、WiMAX +5Gがおすすめです。

WiMAX +5Gの方が向いている人の特徴
  • 実質パケット上限なしで使いたい人
  • 高速通信とつながりやすさのどっちもほしい
  • 月額料金相場である約5,000円の支出が苦ではない

上記に当てはまる人が、なぜWiMAX+5Gに向いているのか、早速見ていきましょう。

実質パケット上限なしで使いたい人向け

WiMAX +5Gの直近3日間の合計使用量15GBを超過した翌日に掛かる速度制限要件が、2022年2月1日から撤廃されました。

そのため実質パケット無制限のような感覚で利用できるようになり、パケット上限を気にせず毎日使いたい人にはWiMAX +5Gがおすすめです。

ただし、一般的な使用量を超える膨大なデータ量のパケット通信を継続的に行った場合、プロバイダ側から速度制限を掛けられる恐れがあるので覚えておきましょう。

高速通信とつながりやすさのどっちもほしい

WiMAX +5Gは高速通信が可能なWiMAX 2+回線(TD-LTE方式)に加え、繋がりやすい周波数を用いているFDD-LTE回線をオプションなしで両方の利用が可能です。

さらにエリア内ではau5G回線も利用できるため、エリアカバー範囲が広く、用途に合わせて回線を切り替えられる柔軟性を持ち合わせています。

ポケット型WiFiに繋がりやすさと高速通信を求めている人にこそ、WiMAX +5Gはおすすめのサービスです。

月額料金相場である約5,000円の支出が苦ではない

WiMAX +5Gの月額料金相場は5,000円程度とされ、後述のFDD-LTE回線のみを利用したポケット型WiFiの相場である3000円〜4000円程度に比べて高額です。

その代わり、WiMAX+5Gはパケット通信を無制限感覚で使用でき、広いエリアで高速通信が可能というサービスの特徴があります。

FDD-LTE回線には無いこれらのメリットに対し、5,000円の費用を支払う価値を見出せる人にはWiMAX +5Gがおすすめです。

FDD-LTE回線のポケット型WiFiの方が向いている人の特徴

以下の特徴に当てはまる人は、FDD-LTE回線のポケット型WiFiがおすすめです。

FDD-LTE回線のポケット型WiFiの方が向いている人の特徴
  • 中容量から大容量などパケット上限があってもいい
  • なるべく月額費用を安く抑えたい
  • 通信速度の速さをそこまで気にしない

なぜポケット型WiFiが上記に当てはまる人におすすめなのか、次から順に説明しましょう。

中容量から大容量などパケット上限があってもいい

FDD-LTE回線を利用しているサービスでは、パケット無制限を提供しているモバイルルーターのレンタルサービスはありません。

月間使用量が50GB〜100GB程度の中容量、大容量のパケット容量で事足りる人ならFDD-LTE回線のポケット型WiFiが向いています。

なるべく月額費用を安く抑えたい

FDD-LTE回線を利用したサービスは、月額3000円〜4000円程度の費用で利用可能です。

月額相場が5,000円前後のWiMAX+5Gと比べて費用が安く、速さや性能はそこそこの安さでコスパを重視する人におすすめします。

通信速度の速さをそこまで気にしない

FDD-LTE回線のモバイルルーターサービスは、費用が安い代わりに月間パケット上限があることや、通信速度がWiMAX+5Gに比べて劣るのがデメリットです。

ただし、標準画質の動画をスマートフォンで見ることやテレワークでのWeb会議に使用するなど、一般的な使用用途であればそこまでの高速通信を必要としていません。

なぜなら、YouTubeのシステム要件では標準画質480pでの動画視聴推奨速度は1.1Mbps、Zoomミーティングにおける複数人で使用するグループチャットの必要速度は1.2Mbps〜1.5Mbps程度とされているからです。

下りの速度が実測値で10Mbps程度も出せれば十分に利用できるので、ほどほどの速度であるFDD-LTE回線でも普段使いには問題がありません。

まとめ

本記事では、ポケット型WiFiにおける4GLTEとWiMAXの違いについてお伝えしました。

WiMAXは元々LTEが発展したTD-LTEに分類される回線であるため、厳密に言えばLTEと同じカテゴリに含まれる無線通信の規格です。

あえてLTEとWiMAXを違う回線として分けるのであれば、エリア範囲や電波の性質、掛かる費用といった特徴が異なる通信方式とします。

2つの回線は月間パケット上限と通信速度、必要となる費用などの特徴が対照的です。

ポケット型WiFiの契約を検討されている方は、本記事を参考にしてLTEとWiMAX+5Gでお好みのほうを選んでください。

ぜひこの記事を参考にしていただき、自分に用途に合った回線選びの参考にして下さい。

GMOとくとくBB|最安値クラス!何をとっても素晴らしい

  • 37ヶ月間総額でWiMAX史上最安値クラス
  • キャッシュバックキャンペーンがお得23,000円キャッシュバックに加えて他社から乗り換えでかかる違約金を最大49,000円まで還元!
  • 端末費用は21,780円(税込)(36分割で605円(税込)/月)
  • 契約期間は24ヶ月自動更新なし|違約金は最大1,100円(税込)

\公式サイトを見てみる/
GMOとくとくBB

カシモWiMAX|シンプルに安いプロバイダを探している人に

  • シンプルに基本料金が安くキャッシュバック受け取り忘れの心配がない
  • 月額料金の値上がりなし
  • 端末分割払いなら実質端末費用が無料!で超お得(▲605円(税込)×36回)
  • 契約期間縛りなし
  • Galaxy 5G Mobile Wi-Fiは申込み不可
  • プラスエリアモード|1,100円(税込)/月

\公式サイトを見てみる/
カシモWiMAX

BIGLOBE WiMAX|キャッシュバックで選びたい方向け

  • 契約期間なしで違約金も無料
  • 申込み翌月に5,000円(不課税)もらえるキャッシュバックキャンペーンがお得
  • 公式サイト公開のクーポンコードでさらにお得に
  • 口座振替に対応して且つ安い
  • クレカ払い/口座振替の場合でも▲913円(税込)×24回分を月額費用から割引
  • 端末費用|21,792円(税込)(クレカ払いは24分割/口座振替は一括払いのみ)
  • プラスエリアモード|1,100円(税込)/月

\公式サイトを見てみる/
BIGLOBE WiMAX +5G

Broad WiMAX|他社からの乗り換え時にかかる違約金をキャッシュバック

  • バリュープラン(24ヶ月契約)とフリープラン(縛りなし)から選べる
  • 他社からの乗り換え時に発生する違約金を最大19,000円(不課税)まで負担
  • 他社乗り換え時は契約事務手数料3,300円(税込)が無料
  • クレジットカード払いなら初期費用が無料
  • 口座振替に対応
  • 端末費用|21,780円(税込)(一括/36回分割)
  • バリュープランの解約違約金は一律1,100円(税込)

\公式サイトを見てみる/
ブロードワイマックス

UQ WiMAX|本家の安心感と契約期間なしが魅力

  • 全プラン契約期間なしで違約金が無料
  • UQスポットでサポートが受けられる
  • WiMAX 5Gはじめる割(▲682円(税込)×25ヶ月間割引)で月額費用がお得に
  • 口座振替に対応
  • オンラインショップ限定で端末費用が特価|5,940円(税込)〜(通常21,780円(税込))
  • プラスエリアモード利用料|1,100円(税込)

\公式サイトを見てみる/
UQ WiMAX

5G CONNECT|初期費用を抑えて端末を「レンタル」したい方向け

  • 端末レンタルで初期費用が安く始めやすい
  • 指定利用期間3ヶ月以降はいつ解約しても違約金なし
  • お試しでWiMAXを使いたい方に最適
  • 端末費用|無料(無料レンタル)
  • プラスエリアモード利用料|無料
  • UQモバイル/auのセット割は非適用

\公式サイトを見てみる/
5G CONNECT

この記事の執筆者

manji(マンジ)

通信系WEBライター

フリーのWEBライターとして、主にインターネットなどの通信系をメインに活動中。調査や取材が好きで、ジャンルを問わず題材に取り組んで独自の知識を構築。未経験のジャンルには「積極的にチャレンジ」をモットーに日々精進。

プロフィールを見る▶︎▶︎

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップしてジャンプ)