クラウドWiFiはおすすめ出来る?メリット・デメリットや評判を踏まえて専門家が徹底解説!

  • URLをコピーしました!

月間大容量のパケットが使えるサービスを探している

ポケット型WiFiに興味があるけど違約金が高いから契約しようか迷っている

このようにお考えの方は多いのではないでしょうか?

最近では「〇〇WiFi」や「〇〇WiMAX」などの「持ち運べるタイプのモバイルルーター」が非常に人気となってきています。

その理由はやはり「契約のしやすさ」です。

固定回線の契約を行う際は工事が必要な場合が多く、工事が完了するまでインターネットが使えない上に解約する際は撤去費用まで請求されることもしばしばあります。

その点、ポケット型WiFIでは工事の必要もなく、「持ち運びができる」ため、いつでもどこでもパケット上限を気にすることなくインターネットを楽しむことができるでしょう。

数あるモバイルルーターの中で私がおすすめするのが「クラウドWi-Fi」というサービスです。

本記事では月間最大100GBまで利用可能な「縛りなしWiFiサービス」であるクラウドWi-Fiの魅力や契約する前に注意したいポイント、法人契約などについて解説していきます。

株式会社ニッチカンパニー取締役:柳澤巧磨

今回は自社サービスの紹介となるため、外部の専門家に執筆を依頼しています。

通信費節約専門家:河村亮介

中立な立場でクラウドWi-Fiの魅力や注意点を隠し立てなく解説していきます!

目次(タップしてジャンプ)

[PR]

\縛りなし・端末費用なしの5G対応WiMAX/
FreeMax+5G

クラウドWi-Fiとは

クラウドWi-Fiとは、株式会社ニッチカンパニーが提供するモバイルルーターのレンタルサービスです。

提供会社名株式会社ニッチカンパニー
住所〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-18-19
新宿税理士ビル第二別館佐竹ビル2F
代表者代表取締役 前澤 篤
設立平成25年4月(2013年)
電話番号050-8882-6655
FAX番号03-5937-6861
企業サイトhttps://nitticompany.com/
メールアドレスhelp@wifi-tokyo-rentalshop.com
事業内容通信機器・回線の販売及びレンタル
クラウドPBX
コールセンターサービス
広告代理業
電気通信事業者届出番号A-25-13081
営業時間10:00~19:00
定休日土、日、祝日

株式会社ニッチカンパニーは2013年創業の会社で2022年4月時点で運営9年となりました。

株式会社ニッチカンパニーでは「クラウドWi-Fi」以外にも「WiFi東京レンタルショップ」という短期レンタル専門サービスも併せて展開しています。

【公式】WiFi東京レンタルショップ

筆者:河村

栄枯盛衰の激しい通信業界において9年の運営実績というのは非常に信頼できると評価できます。

サービス名の「クラウドWi-Fi」は採用してるモバイルルーターサービスが次世代通信システム「クラウドSIM」を採用しているところが所以だと考えて差支えないでしょう。

クラウドSIMとは

クラウドSIMとは、uCloudlink社が持つ特許技術です。利用端末に「クラウドSIMサーバー」からの仮想SIM情報をダウンロードして通信を行うことで、その場所に最適な電波を自動で選択して通信することが可能な仕組みになっています。

参考:クラウドSIM|特許庁

料金プランと使用端末について

クラウドWiFiは容量別に3種類の料金プランが用意されており、お好みの容量に合わせて選択することができます。

GlocalMe U3端末採用

月間100GBプラン|月額3,718円(税込)

GlocalMe U2s端末採用

月間50GBプラン|月額2,980円(税込)

月間20GBプラン|月額2,580円(税込)

スクロールできます
GlocalMe U2sGlocalMe U3
画像
対応プラン月間20GB/2,580円(税込)
月間50GB/2,980円(税込)
月間100GB/3,718円(税込)
同時接続数5台まで10台まで
接続端子micro USBUSB Type C
連続通信時間約12時間約12時間
寸法127×65.7×14.2mm126×66×10mm
重量151g125g
通信速度下り:150.0Mbps
上り:50Mbps
下り:150.0Mbps
上り:50Mbps
監修者:河村

両機種共に最大通信速度やバッテリーの持ち具合に違いはありません。
大きな違いは同時接続台数となっています。
ホームルーターとしても利用したい場合は月間100GBプランを選ぶべきでしょう。

端末保証などのオプションについて

クラウドWiーFiでは2つの端末保証オプションを用意しています。

クラウドWi-Fiの端末は全て「レンタル」となっており、水没・落下・盗難・紛失が発生した場合には機器損害金(端末代金)として27,500円(税込)が請求されるため、「もしも」の備えとして補償オプションをつけることがおすすめです。

安心補償フル安心補償ライト
月額費用550円(税込)275円(税込)
故障
水没
破損
盗難紛失×16,500円(税込)
バッテリー劣化×16,500円(税込)
安心補償オプションの適用は契約日から1年に1回まで

\当サイトイチオシのサービスはこちら/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

クラウドWi-Fi契約を検討すべき4つのメリット

月額料金やパケット容量、保証内容などの概要がわかったところで早速クラウドWi-Fiのメリット(利点)についてみていきましょう。

クラウドWI-Fiのメリット
  1. 契約期間縛りなしで契約できるため解約時の違約金がかからない
  2. カバーエリアが広く繋がりやすい
  3. 3日間合計容量超過による通信速度制限がない
  4. 海外旅行や海外出張でもそのまま利用することができる

メリット1.契約期間縛りなしで解約金無料

モバイルルーターのレンタルサービスは申し込む際に「契約期間」を設定することで月額費用を安く案内しているものが多くなっています。

月額料金が安価になる一方で、契約期間内での中途解約を行った際は高額の「違約金(解約金)」を請求される場合がほとんどで、サービスによっては2万円から3万円の支払い請求となるものも存在するのです。

これらのレンタルサービスは年を追うごとにもっとお得な新規サービスが次々を出るため、違約金がネックで解約ができないとなるとサービス品質に満足出来ず残念な思いもすることもあるでしょう。

そういった点でクラウドWi-Fiはすべてのプランで契約期間が存在しないため、いつ解約しても解約金を請求されることがないというのは非常に大きなメリットと言えます。

ただし解約後の端末返送費用は自己負担、端末に過度な汚損や破損、化粧箱の汚れ、付属品の欠損では機器損害金が請求される場合があるためくれぐれも取り扱いには注意しましょう。

メリット2.その場所で最適な電波を利用するためカバーエリアが広い

クラウドWi-Fiは、その名の由来通り「クラウドSIM」という次世代通信システムを採用しています。

通常のポケット型WiFiは「SIMカード」が挿入されており、その情報を元にインターネット接続を行いますが、クラウドWi-FiにはSIMカードが挿入されていません。

サーバーに収容された複数のキャリアのSIMカードの中から「仮想SIMカード」情報を端末にダウンロードすることで通信する仕組みとなっているため、ご自身が利用している地域で最適な電波が利用できるようになっているのです。

単一キャリアの電波ではなく、複数のキャリアの電波から自動的に1つを選択して通信を行うため、通常のポケット型WiFiと比較するとカバーエリアが広いという利点があるのが特徴となっています。

メリット3.3日間合計容量超過による通信速度制限がない

2022年2月1日から「WiMAX +5G」の3日間合計パケット量超過による速度制限が撤廃されましたが、旧サービスである「WiMAX2+」は直近3日間の合計パケット通信量が10GBを超過すると、翌日の18時から26時まで最大速度が1Mbpsに制限されるというデメリットがあります。

一方、クラウドWi-Fiは直近3日間の合計パケット量超過による速度制限がないため、面倒な計算をすることなく1日を通してを思いきりインターネットを楽しむことができるのです。

やはりパケット消費量の大きいYouTubeなどの動画コンテンツは休日にたっぷり見たいという方も多いでしょう。

クラウドWi-Fiなら1日10GB使っても速度制限がかからないため、翌日も快適な速度でインターネットを楽しむことができるのです。

メリット4.海外でもそのまま使える

前述の通り、クラウドWi-Fiは「クラウドSIM」の仕組みを採用しているため、その場所で最適な電波を掴んでインターネット接続ができます。

これは日本国内に限ったことではなく、世界135の国と地域でも同様なのです。

つまり、お使いの「クラウドWi-Fi」を海外へ持って行って電源を入れるだけで面倒な手続きをすることなく「そのまま」海外でインターネット接続ができます。

また、複数の国を「周遊」する場合、通常の海外専用のポケット型WiFiはその都度国によって新たな契約をする必要がありますが、クラウドWi-Fiなら「世界中の旅をクラウドWi-Fi1台」で完結することが可能です。

これは海外旅行へ行く人にとってはこの上ないメリットでしょう。

\当サイトイチオシのサービスはこちら/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

クラウドWi-Fiを申し込む前に確認すべき3つのデメリット

ここまででクラウドWi-Fiのメリットについてお伝えしてきました。

やはりサービスを利用する上で肝心なのはどのようなデメリットがあるかをきちんと知ることです。

それではクラウドWi-Fiのデメリットについても見ていきましょう。

クラウドWI-Fiのデメリット
  1. パケットチャージがないため容量超過後は低速化する
  2. WiMAXと比較すると実測速度が遅い
  3. 解約時に端末を返却する必要がある

デメリット1.月間パケット容量超過後は月末まで低速状態が続く

クラウドWi-Fiは3日間のパケット上限設定がないため1日あたりのデータ通信量を気にすることなく使えるメリットがありますが、月間のパケット上限が定められているというデメリットがあります。

クラウドWi-Fiのパケット上限
  • 月間100GBプラン|月額3,718円(税込)
  • 月間50GBプラン|月額2,980円(税込)
  • 月間20GBプラン|月額2,580円(税込)

この容量を超過してしまうと月末まで最大通信速度が128kbpsに制限されてしまうのです。

加えて、「パケットチャージ」の仕組みがないため一度容量を使い切って低速化してしまうと翌月1日まではずっと低速状態が続き、当月中に元の速度に戻すことができません。

河村

ただし、月間100GBの大容量を使い切るというケースは稀でしょう。
YouTube標準画質を1日2時間、30日間連続で見たときのパケット通信量の合計は約29.7GBです。
YouTubeの通信量について詳しく見る >>

デメリット2.WiMAXと比較すると通信速度が遅い

クラウドWi-FiとWiMAX +5Gの実測通信速度を比較してみましょう。

スクロールできます
クラウドWi-FiWiMAX +5G
理論値速度(下り/上り)150Mbps/50Mbps2.7Gbps/183Mbps
実測値(下り/上り)22.58Mbps/12.66Mbps※150.14Mbps/8.98Mbps※2
WiMAX +5G端末はSpeed Wi-Fi 5G X11とする

※1 みんなのネット回線速度を参考(2022年3月13日時点)
※2 みんなのネット回線速度を参考(2022年3月13日時点)

このように実際の通信速度を比較してみると、クラウドWi-Fiの方が遅いということが分かります。

確かに通信速度は速い方が何かと快適に利用できる可能性が高まりますが、利用したいサービスの推奨通信速度要件を満たしていれば問題ないという考え方も可能です。

例えばオンライン会議ツール「Zoom」の推奨速度は2.5Mbps /2.5Mbps(グループチャット利用時)となっており、YouTubeの高画質動画(HD1080p)の試聴には下り5Mbps以上が推奨されているというのを踏まえると、クラウドWi-Fiの通信速度でも十分事足りるということがお分かりいただけるでしょう。

河村

パソコンやPS4/5などを使ったオンラインゲームはそもそもモバイル回線向きではありませんので、そういった用途の場合は光回線サービスを選んだ方がいいでしょう。

デメリット3.端末は解約時に返却の必要あり

クラウドWi-Fiで利用する端末は購入ではなく「無料レンタル」となっているため、契約時に端末費用が発生しない利点がある反面、解約時には返却しなければいけないデメリットがあります。

端末に破損や汚損、付属品の欠品があった場合は機器損害金(端末代金)として最大27,500円(税込)が請求されるため、取り扱いには十分注意する必要があるでしょう。

監修者:河村

特に見落とされがちなのが化粧箱(外箱)を含む付属品の紛失です。
充電ケーブルだけでなく、SIMピンについてもしっかり保管しておきましょう。

\当サイトイチオシのサービスはこちら/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

クラウドWi-Fiはこんな人におすすめ

これまでにクラウドWi-Fiのメリット・デメリットについてお伝えしてきました。

以上の特徴を踏まえてクラウドWi-Fiをおすすめしたいのはこんな人です。

クラウドWi-Fiをおすすめしたい人
  • 今すぐWiFi環境が欲しい人
  • 自宅でも外出先でも思い切りインターネットを楽しみたい人
  • 月間使用パケットが100GB以下で通信費を節約したい人
  • WiMAXよりも安いサービスを探している人
  • どのくらいの期間利用するかわからない人

今すぐWiFi環境が欲しい人向け(最短即日発送)

大学進学や社会人になったタイミングの新生活準備でインターネット環境をすぐに整えたい方もきっと多いことでしょう。

真っ先に思い浮かぶインターネット手段のは光回線だと思います。

光回線は引き込み工事が必要な場合が多く、工事の際は立ち会う必要があることに加えて、混雑シーズンは工事自体が1-2ヶ月先になることも少なくありません。

また、引っ越しをする際には回線撤去費用を請求されるケースもあるため、あらかじめ引っ越す予定がある方やすぐにインターネット環境が欲しい方にはあまりおすすめできないのです。

その点、クラウドWi-Fiは工事不要で手元に届けばすぐに利用することができます。

さらに最短即日発送となっているため、「今すぐインターネット環境が欲しい!」という方にはぴったりのサービスと言えます。

自宅でも外出先でも思い切りインターネットを楽しみたい人

クラウドWi-Fiは光回線と違い持ち運ぶことができます。

特に単身世帯の方であれば自宅でも外出先でもクラウドWi-Fiを持っていればいつでもどこでもパケット通信量を気にせずにインターネットを楽しむことができるでしょう。

月間使用パケットが100GB以下で通信費を節約した人

クラウドWi-Fiは月間パケット通信量が100GB以下の方に非常におすすめできます。

大容量通信がしたい方は恐らくはキャリアのパケット無制限プランを契約しているケースが多いのではないでしょうか。

キャリアのパケット無制限プランは月間7GB以上利用する場合と、パケット無制限プランを選択する場合の価格差がほとんどないため、「パケット無制限までは必要ないけど月間7GB以上利用する」方にとっては無駄が多いというのが事実あります。

仮にお使いのスマートフォンを「OCNモバイルONE(500MB /月コース)」に変更して、クラウドWi-Fiと併用した場合は下記のような金額になります。

スクロールできます
50GB100GB無制限
プラン名OCNモバイルONE(500MB/月コース)OCNモバイルONE(500MB/月コース)5Gギガホプレミア
月額費用OCNモバイルONE550円(税込)
クラウドWiFi2,980円(税込)
OCNモバイルONE550円(税込)
クラウドWiFi3,718円(税込)
7,315円(税込)
月間通信上限50.5GB(合算)100.5GB(合算)無制限
合計費用3,530円(税込)4,268円(税込)7,315円(税込)
参考:https://wifi-tokyo-rentalshop.com/masternet/traffic_savings/#index_id11

このように月間100GB以下の場合であればキャリアパケット無制限プランよりも安価に利用することができるのです。

通信費の節約を考えている方にもクラウドWi-Fiはよい選択肢となるでしょう。

WiMAXよりも安いサービスを探している方

月々の通信費はなるべく安く抑えたいと考えている人にもクラウドWi-Fiはおすすめできます。

1月あたりの利用料金をUQ WiMAXと比較してみましょう。

スクロールできます
サービス月額費用端末費用初期費用
クラウドWi-Fi
(100GBプラン)
3,718円(税込)0円(税込)3,300円(税込)
クラウドWi-Fi
(50GBプラン)
2,980円(税込)0円(税込)3,300円(税込)
クラウドWi-Fi
(20GBプラン)
2,580円(税込)0円(税込)3,300円(税込)
UQ WiMAX
(契約期間なしプラン)
4,455円(税込)※121,780円(税込)※23,300円(税込)

※1 WiMAX5G始める割適用(▲550円(税込)/月×24ヶ月、25ヶ月目以降は5,005円(税込)/月)
※2 期間限定の割引キャンペーン等は考慮していません

このようにWiMAX +5Gサービスは月額費用が高額になるだけでなく、UQ WiMAXの場合では端末費用も自己負担となるため端末費用を分割払いにした場合は月々の支払い総額は5,000円を超えてしまいます。

一方クラウドWi-Fiは月間100GBプランでも月額4,000円以下で利用できることを考えると、WiMAXと比較した際はお得に使うことができます。

どのくらいの期間使用するかわからない人向け

一般的なモバイルルーターのレンタルサービスの場合、契約期間が設定されることが多く、期間内の解約では高額な違約金や解約金の請求をされてしまいます。

その点、クラウドWi-Fiではすべてのプランで「契約期間なし」となっているためいつ解約しても違約金・解約金は無料!

どれくらいの期間利用するかわからない、ポケット型 Wi-Fiの使い心地を確かめるためにお試しで使いたいという方にぴったりのサービスでしょう。

\当サイトイチオシのサービスはこちら/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

クラウドWi-Fiをおすすめできない人の特徴

どんなサービスも利用したい方のニーズに合っていなければおすすめすることはできません。

クラウドWi-Fiがおすすめできないのは下記に該当する方です。

クラウドWi-Fiをおすすめできない人
  • 月間パケット無制限サービスを探している人
  • 電源投入後からすぐに使いたい人

月間パケット無制限サービスを探している人

クラウドWi-Fiは月間使用量が最大でも100GBまでとなっており、パケット無制限ではありません。

月間パケット上限がない持ち運びができるモバイルルーターサービスを探している場合は、若干高額となりますがWiMAX +5Gを利用した方が満足できるでしょう。

クラウドWi-Fiはあくまでも「月間パケット通信量が100GB以下」で「WiMAXよりも安く使いたい人」向けのサービスです。

電源投入後からすぐに使いたい人

クラウドWi-Fiだけでなく、「クラウドSIM」の仕組みを用いているモバイルルーターは電源投入後から電波を掴んで利用できるまでに3分〜5分ほどの時間を要します。

これは利用している位置情報を元にクラウドサーバーからその場所に最適な仮想SIM情報を端末にダウンロードする過程を踏むためで、一般的な物理SIMカードが挿入されているモバイルルーターと比較すると電源投入後から電波を掴んで利用できるようになるまでが若干長めとなっているのです。

これはクラウドSIMの仕様上の問題なので、避けるためにはあらかじめ電源を投入しておくなどの工夫が必要になります。

よって、「今すぐ使いたい!」「ちょっとでも待ち時間が少ない方がいい!」という方にはおすすめ出来ません。

\当サイトイチオシのサービスはこちら/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

クラウドWi-Fi法人専用プランについて

※画像の価格は一般販売向け料金となるため法人契約の場合は異なることがございます

クラウドWi-Fiには、当サイトでのみ申し込める「法人専用プラン」をご用意しています。

一般向けプランとの大きな違いは下記の4つです。

個人向けプランと法人専用プランの違い
  1. 月額料金の開示がされていない
  2. 初期費用が開示されていない
  3. 最低契約台数が公開されていない
  4. 支払い方法がクレジットカード払い以外も選択できる

各種料金が公開されていない

法人専用プランは個人向けプランと比較して、各種料金が提示されておらず、開示請求が必要となっています。

これは契約台数などの条件によってご提示できる金額が異なってくるためです。

契約台数が多いほど標準としてる価格からディスカウントすることも場合によっては可能となります。

詳細については下記専用フォームからお見積もり依頼をお願いいたします。

支払い方法がクレジットカード以外も選択できる

法人専用プランでは、クレジットカード以外にも請求書払いを選択できる場合がございます。

クレジットカード払いの特徴

  • 締日に自動決済が可能となっており、都度支払い手続きが不要
  • 支払い履歴の管理がクレジットカード明細でできる
  • 決済手数料は事業者持ちなので会社側の手数料負担がない
  • 申し込む際にクレジットカード情報の入力が必要となるため、決済権を持たない担当者は契約できない

請求書払いの特徴

  • 決済権を持たない担当者でも契約可能で、経理上の手続きが簡単
  • 請求書発行に手数料が発生する場合が多い

クレジットカード払いは自動で会社口座から引き落としになるというメリットがある反面、申し込み時に決済権を持たない担当者の方は情報入力が行えずに申し込めないというデメリットが存在するのはご存じでしょうか。

一方、請求書払いであれば決済権を持たない担当者の方でも契約が可能となっており、経理上の手続きも簡便に済むというメリットがあります。

請求書払いについては利用条件がございますので、詳細についてか下記フォームからお問い合わせください。

クラウドWi-Fi法人専用プラン概要

スクロールできます
サービス名クラウドWiFi
提供会社株式会社ニッチカンパニー
データ容量月間20GB /50GB /100GBから選択可能
通信速度(理論値)下り150Mbps
 上り50Mbps
月額料金要開示請求
契約プランや契約台数によって変動いたします。
詳しくはお問い合わせください。
端末補償月額275円(税込)/台〜
発送料金無料
最低契約台数要開示請求
契約期間なし
初期費用要開示請求
利用端末100GBプラン:GlocalMe U3
20GB/50GBプラン:GlocalMe U2s
容量追加不可
回線種別日本国内の4Gネットワーク
端末購入レンタルのためなし
支払い方法請求書払い(※利用条件がございます)
クレジットカード
解約費用なし

その他、メリットやデメリット等は個人向け契約と共通していますので詳細は下記リンクボタンからご参照ください。

ZoomTeamsといったオンライン会議でも問題なく利用できる通信品質となっているためご安心いただけます。

クラウドWi-Fiのレンタル申し込みから利用までの手順

クラウドWi-Fiの申し込みから利用開始までの流れについて見ていきましょう。

STEP
クラウドWiFiサイトへアクセス

まずはクラウドWi-Fi公式サイトへアクセスし、TOPページ右上にある「お申し込みはこちら>」をボタンをタップします。

STEP
プランを確認・端末保証などのオプションを選択

続いて、利用プランと端末オプションを選択します。

※支払い方法についてはクレジットカードのみ選択可能です。

※ACアダプターは本体には付属していませんので必要であれば購入しましょう。

最後に発送予定日を最短発送もしくは翌月発送を選択し、利用規則を一読したあと「次のページへ進む」タップします。

無駄を無くしたい場合、「翌月発送」を選択すると次の月の1日に発送するように手配してくれるから無駄なく利用することができるよ!

STEP
申し込み内容を確認

入力内容に間違いがないことを確認して「次のページへ進む」をタップします。

STEP
会員情報を登録後、申し込みを確定

新規会員登録が必要ですので、新規会員登録をしてからログインします。

その後、ログインしてから申し込みを完了させましょう。

STEP
設定と利用開始

端末が届いたらすぐにインターネット接続をすることが出来ます。

同梱されているSSIDとパスワードをスマートフォンなどの無線LAN接続設定画面に入力してインターネット接続を完了させてください。

\月間最大100GBまで使える/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

クラウドWi-Fiの解約・返却方法

クラウドWi-Fiの解約はサービスサイト上にある「マイページ」から行います。

STEP
クラウドWiFi公式サイトへアクセスする

まずはクラウドWiFi公式サイトにあるマイページにアクセスします。

クラウドWi-Fi|マイページログイン

利用端末を選択し「解約フォーム」を選択します。

STEP
必要情報入力して送信

注文番号(注文完了時のメールと申し込み書類に記載)、IMEI番号(端末裏面のシールに記載)、名前、メールアドレス、電話番号を入力後、解約理由にチェック、「上記の内容に同意の上、解約申請をする」にチェックを入れた後に「送信する」をタップします。

返却方法については解約申請受理後に個別にメール連絡が来ますのでお待ちください。

【クラウドWiFiの端末返却先】
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-18-19
新宿税理士ビル第二別館佐竹ビル2F

注意点
  • 当月末での解約は15日までです。それ以降になると翌月末での解約となります。
  • 端末の返却は解約する月の翌月1日消印有効です。余裕を持って返送しましょう。
  • 返送時の送料は自己負担となります。

クラウドWi-Fiについてよくある質問

ここではクラウドWi-Fiのよくある質問について回答しています。

クラウドWi-Fiの評判や口コミはどうですか?

クラウドWi-Fiの評判や口コミはどうですか?

SNS上でネガティブなコメントを見かけることがほとんどありません。これまでに通信障害に陥ったこともなく好意的な印象を持っているユーザーが多いように思います。(執筆監修者:河村)

クラウドWi-Fiが繋がらない・遅いとき場合はどうしたらいいですか?

クラウドWi-Fiが繋がらない・遅いとき場合はどうしたらいいですか?

電波状況が悪い場所で電源を投入すると、仮想SIM情報の取得に失敗して通信ができない場合があります。その際は一度電源を切り、窓辺などなるべく屋外に近い場所で電源を入れ直してください。通信速度が遅いと感じた時も同様に電源の入れ直しを行い新たな仮想SIMカード情報に更新することで改善する場合がございます。

クラウドSIMの仕組みを使っているため通信障害が心配です

クラウドSIMの仕組みを使っているため通信障害が心配です

2020年にはクラウドSIMの仕組みを利用したサービスで大規模な通信障害が発生したことで、同様の仕組みを使っている通信各社は運用方針を見直し「パケット無制限」を廃止、パケット上限ありのプランに変更されました。よって今後の通信障害不安は少ないと考えて問題ありません。(執筆監修者:河村)

通信量の確認方法を教えてください

通信量の確認方法を教えてください

U2s /U3本体にWiFi接続し、管理画面にアクセスすることで確認できます。端末とWiFi接続した状態でブラウザに「192.168.43.1」と入力するとアクセス可能です。ユーザー名は[admin]パスワード初期設定は[admin]となっています。

まとめ

以上、クラウドWi-Fiの概要からメリット、デメリットについて幅広くお伝えしてきました。

やはり最近ではWiMAX +5Gが「実質パケット無制限」となったことでそちらを検討している方もきっと多くいらっしゃるでしょう。

やはりモバイルルーターのレンタルサービスを検討する時に重要なのが「月間どれくらいのパケット通信を行いたいか把握する」ことです。

パケット無制限のサービスよりも月間パケット上限が決められているサービスの方が月額料金が安価となっている場合が多く、ご自身のパケット通信量に見合ったサービスを選ぶことが通信費節約につながります。

また、「どれくらい利用したいか」について考えるのも非常に重要です。

モバイルルーターレンタルでは契約期間が設定されていることが多く、「やっぱり自分には向かなかった」と考えて解約しようとしたら高額な違約金を請求される…なんていうケースは珍しくありません。

これら2つの注意点を踏まえておすすめできるサービスが「クラウドWi-Fi」です。

月間最大100GB利用できて月額3,718円(税込)、契約期間がないためいつ解約しても違約金なしというのは非常に良心的なサービスと言えるでしょう。

ぜひ一度、ご検討してみてはいかがでしょうか?

\一度覗いてみてね/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップしてジャンプ)