WiMAXが遅い原因とは?対処方法について解説

  • URLをコピーしました!

WiMAXが遅くてお困りでしょうか?

2021年からは「WiMAX +5G」が提供を開始し、それまでの「WiMAX 2+回線」に比べて、屋内でも繋がりやすい「au 4G LTE回線」を標準で利用できるようになったため「WiMAXが遅い」という口コミもずいぶん減ったように思います。

しかし、たとえWiMAX +5Gでも特定の時間帯や環境など、さまざま要因で通信速度が遅くなることがあるのです。

この記事ではWiMAXが遅いと感じた時の対処方法・解決方法について解説していきます。

監修者:河村

目次をクリックすると読み飛ばしが可能ですのでご活用ください!

目次(タップしてジャンプ)

【重要】WiMAXが遅い時はまず端末の再起動を行う

WiMAX 2+/WiMAX +5Gに限らず、WiMAXが遅いと感じた時はまず、「端末の再起動」をしてみましょう。

再起動の方法
  • モバイルルーター端末|電源ボタンを長押しして電源を切る→再度電源ボタンを長押しして電源を入れる
  • ホームルーター端末|コンセントから電源を引き抜く→再度コンセントにつなぐ

たったこれだけで多くの不具合が解決する可能性が高いです。

監修者:河村

WiMAXが低速化する1番の原因は「電源投入状態が続くことによるキャッシュの蓄積」だと考えています。

これを試しても通信速度が改善しない場合は下記の方法を試してみましょう。

WiMAXが遅い原因と対処方法について

ここからは「再起動」で通信速度が改善しなかった場合の原因と解決方法について解説していきます。

出現頻度が高いと考えられる順に説明していくので、順番に試してみてください!

通信速度速いし、3日間の速度制限が撤廃されたっていうからWiMAX +5Gにしたのにこんなに遅いのはちょっと困るなぁ…

監修者:河村

利用場所や時間帯など、避けにくい状況でなければ通信速度が速くなる可能性があります!これから説明する方法をぜひ試してみてください!

 

WiMAXが遅い時に試してみたいこと
  1. 設置場所の電波状況が悪い
  2. WiMAXと離れば場所で通信をしている
  3. ルーターが省電力モードになっている
  4. 電波干渉を起こしている
  5. 接続している機器の台数や同時使用台数が多い
  6. 回線が混雑している夜間帯に通信している
  7. 通信速度制限の対象になっている
  8. サービスエリア外で利用している(圏外)
  9. 回線そのものが通信障害を起こしている

1.設置場所の電波受信状況が悪い

WiMAXが遅い原因としてまず考えられるのが、設置場所の電波受信状況が悪いことです。

WiMAXサービスでは下記の電波を用いて通信を行なっています。

WiMAX +5GWiMAX 2+

標準で利用できる回線
WiMAX 2+(Band41)
au 4GLTE(Band1/3)
au 5G(N78)

(スタンダードモード)
WiMAX 2+(Band41)
(ハイスピードモード)
オプションで利用できる回線au 4GLTEプラチナバンド
(Band18/26)
au 4GLTEプラチナバンド
(Band18/26)
つながりやすさつながりやすいつながりにくい

特に「旧WiMAX 2+」を利用されている方は、遮蔽物に弱い「WiMAX 2+回線」でしか通信が行えないため、屋内で利用する際には通信速度が低下する可能性が高いです。

また、「WiMAX +5G」サービスを利用されており、WiMAX 2+回線と比べて屋内で繋がりやすい「au 4G LTE回線」を使って通信していた場合でも、建物の内部や地下などでは電波が届きにくくなった結果、通信速度が低下してしまうことがあるのです。

窓辺など屋外に近い場所に移動させる

このように、室内や地下鉄、建物の内部でWiMAXが「繋がらない」と感じた時は、可能な限り屋外に近い場所にWiMAX端末を設置し直しましょう。

特に窓辺などでは屋外からの電波を受信しやすくなるため、電波状況が改善した結果、速度が速くなる可能性があります。

LTEオプションの利用を検討する

また、設置場所の変更が難しい場合はWiMAXのLTEオプションである「プラスエリアモード」の利用も検討しましょう。

プラスエリアモードとは
au 4G LTE回線のうちのプラチナバンド(=Band18/26)が利用できるようになるオプションサービス。端末側でオンにすることで屋内でも高速通信が可能になる。WiMAXプロバイダーから注釈がなければプラスエリアモードに切り替えた時から月額1,100円(税込)の追加料金が発生する。

WiMAX +5Gの場合は、月間15GBまで*プラスエリアモードが利用可能、その後はスタンダードモードで実質パケット上限なしで利用継続ができますが、WiMAX 2+の場合は注意が必要です。

WiMAX 2+の場合、LTEオプションをオンにした状態で月間7GB以上利用すると、月末まですべての通信モードが128kbpsに制限されてしまいます。

そうなった場合、翌月まで速度制限を解除する方法はないため利用する際は十分注意しましょう。

※auスマートバリュー/UQモバイル自宅セット割インターネットコースを利用中の場合はプラスエリアモードの月間パケット上限が30GBまで増量する。詳細はこちら

2.WiMAX本体と離れた場所で通信をしている

WiMAXは屋外からの電波(WiMAX 2+/au 4G LTE/au 5G)を受信し、2.4GHz /5GHz帯域のいずれかの無線LANを使用して利用端末へ電波を発しています。

この電波をパソコンやスマートフォンで送受信することでインターネット接続が可能となっているのです。

よって、WiMAX本体と接続機器が離れ過ぎていると電波の送受信ができなくなるためインターネット接続が行えなくなります。

監修者:河村

GreenEchoes Studioが行ったGalaxy 5G Mobile Wi-Fiを用いた接続テストでは、同端末を用いた接続限界距離は端末から半径45mでした。

電波は遮蔽物に弱い性質があるため、壁や柱などの構造物を隔てると繋がりにくくなる傾向があります。あくまでも実験上のデータとなるため、実際に利用する際は水平垂直距離において45m以下で繋がらなくなる可能性があるためご了承ください。

WiMAX本体と近付く

実験結果ではGalaxy 5G Mobile Wi-Fiの接続可能範囲は約45mとなりましたが、屋内では壁や天井などの遮るものが多いため、もっと狭い範囲でも繋がりにくくなる可能性が十分考えられます。

WiMAX端末がある部屋以外で通信していて速度が遅くなった場合は、端末が置いてある部屋に移動してみて、通信速度が改善するか試してみましょう。

その際には、WiMAX端末自体も屋外に近い環境にあるかどうかもあわせて確認してみてください。

中継機を利用する

もう一つの手段として「Wi-Fi中継機」を利用する方法もあります。

中継機とは、ある無線LAN端末から発せられる電波を受信し、方向を変えて同一の電波を送信してくれる機器のことです。

固定回線を繋いでインターネットを行うための「無線LANルーター」の機能の一つとして搭載されていることも多く、「中継機」としての機能に特化した商品もあります。

ホームルーターを1階に設置し、家族と共有している関係でWiMAX端末と同一空間で接続機器を利用できない場合などに利用してみましょう。

3.ルーターが省電力モードになっている

使用しているWiMAXルーターの電力設定が「省電力モード」になっている場合、通信速度を抑えることで省電力化を実現するため、結果として通信速度が低下してしまいます。

電源モードを「ハイパフォーマンス」に設定する

モバイルルーターによって設定は異なりますが

設定電源モードハイパフォーマンス

に設定することで通信速度が改善する可能性があります。

ただし、ハイパフォーマンスモードではバッテリー消費が大きくなるため、連続駆動時間が短くなる点については注意が必要です。

多くのモバイルルーターの連続稼働時間は10時間程度です。
必要であればモバイルバッテリーも用意しましょう。

4.電波干渉を起こしている

通常、無線LANの電波としてよく利用される「2.4GHz帯域」は電子レンジやBluetoothなど、近似した電波が多数存在します。

そのため、それらの近似周波数を出す機器と同時に利用した場合、混線して通信速度が低下してしまう可能性があるのです。

5GHz帯に周波数を変更する

他の通信機器がだす周波数帯域を変更するのは難しいですが、多くのWiMAX端末の場合、利用する周波数帯域を2.4GHz帯域と5GHz帯域の2種類から選ぶことができます。

他の電子機器とバッティングしない5GHz帯域に切り替えて通信することで、速度低下が解消する可能性があるため試してみましょう。

ただし、屋外での5GHz帯域の利用は特定の場合を除いて電波法で禁止されているため、5GHz帯域はあくまでも屋内で利用しましょう。

監修者:河村

厳密に言えば、自宅の「離れ」で母家からの5GHz帯域の電波を送受信するのも違法に当たる可能性があるため注意しましょう。

5.接続している機器の台数や同時使用台数が多い

WiMAX端末だけでなく、無線LAN機能を持った通信機器は同時に接続できる端末の台数上限が決められています。

ホームルーターであれば30台から40台程度、モバイルルーターであれば10台程度です。

接続台数上限を超えて接続した場合、通信速度が遅くなる可能性があります。

特にモバイルルーターの場合は、接続台数上限に達していない場合でも、接続台数が増えるほどに通信が不安定になる場合があるため注意しましょう。

同時接続・使用台数を減らす

同時接続台数が多い場合は、接続台数を減らす必要があります。

イベントなどで利用する場合やオフィスで利用する場合などは端末の契約台数を増やすなど、物理的に解決する方法も検討すべきです。

6.回線が混雑して遅い夜間帯に通信している

現代人の生活リズムを考えると、仕事を終えて自宅にいる時間にインターネット接続をする傾向が強くなっています。

そのため、同時にたくさんの人がインターネットを利用することで回線の混雑が発生し、通信速度が低下してしまうのです。

画像引用:インターネットの現状と品質の想定につきまして-総務省

混雑時間帯を避けて利用する

残念ながら、夜間帯の速度低下に関しては直接的な解決方法はありません。

たとえ超高速とされている光回線を用いても、ボトルネックとなる混雑部分が自分のコントロールができない箇所であることが多いため、利用時間を変えるという間接的な解決方法しかないのです。

7.通信速度制限の対象になっている

  • WiMAX 2+ が急に遅い!
  • 端末に「データ通信量が超過しました」と出ている

これらの場合は、一定期間内のデータ利用量を超過してしまったことで通信制限の対象となっている可能性が高いです。

特にWiMAX 2+では「直近3日間の合計パケット通信量が10GBを超過した場合、翌日18時から26時まで最大1Mbpsの速度制限がかかる」仕様となっています。

つまり、「使い過ぎたため速度制限の対象となった」ということです。

WiMAXが速度制限になったか確認するためには、契約しているWiMAXプロバイダーのマイページへアクセスする必要があります。

また、UQコミュニケーションズ株式会社が提供している「データ量通知サービス」も合わせて利用しましょう。

制限解除まで待つ

WiMAXが速度制限となった場合、待つ以外に解除される方法はありません。

WiMAX 2+のハイスピードモード(通常モード)の制限であれば、制限された翌日午前2時以降であれば自動解除されますが、ハイスピードモードプラスエリアモードで月間7GBを超過した場合は翌月1日まで速度制限は解除されないため注意しましょう。

また、WiMAX +5Gに関しては、速度制限対象となる時間帯は「混雑時間帯」としか明記されていません。

恐らくは総務省のインターネット利用時間帯と照らし合わせると19時ー23時の間は速度制限、それ以降に解除されるものと考えられます。

監修者:河村

ただし、WiMAX +5Gの速度制限に明確な基準がないため、通常の利用であれば制限される可能性は低いでしょう。

8.サービスエリア外で利用している(圏外)

WiMAXは、スマートフォンと同じく、電波受信圏外では利用することはできません。

WiMAX +5Gとなり、標準でau 4G LTE回線が利用できるようになってカバーエリアが大幅に拡大しましたが、あくまでも「人口カバー率が改善した」だけです。

当然、山間部や田舎など、圏外となる地域は多く存在するため利用場所には注意が必要です。

サービスエリア内で利用する

圏外で利用する方法はないため、WiMAXが利用できるカバーエリア内に移動しましょう。

もしくは、LTEオプションをオンにすることで電波状況が改善する可能性がありす。

9.回線そのものが通信障害を起こしている

頻度は非常に稀ですが、WiMAXが利用している回線自体に不具合が出ていて利用できないケースもあります。

最近では2022年7月2日に起きたauの大規模通信障害で、WiMAX +5Gで利用しているau 4G LTE /au 5G回線が利用できなくなる事象が発生しました。

参考:障害情報:2022年7月2日 | au携帯電話

このように、回線そのものに障害が発生した場合は利用者にできることはありません。

障害情報確認窓口

通信障害が改善するまで待つ

通信障害が発生してしまった時は、障害が復旧するまで待つ以外に方法がありません。

WiMAX以外の通信機器でもインターネットが利用できるよう、eSIMに対応した端末(2018年9月以降発売機種|iPhoneXR以降)を用意することも検討しましょう。

iPhoneでeSIMを契約してテザリング接続すれば、サブ回線として利用することができます。

WiMAXの通信速度に関するよくある質問

ここではWiMAXの通信速度に関するよくある質問に回答していきます。

WiMAXの実測平均速度はどのくらいですか?

WiMAXの実測平均速度はどのくらいですか?

WiMAXの実測平均速度は「みんなのネット回線速度」によると下記のようになっています。

  • WiMAX +5G|下り77.05Mbps /上り11.14Mbps(Speed Wi-Fi HOME 5G L11)
  • WiMAX 2+|下り49.99Mbps /上り9.25Mbps(Speed Wi-Fi HOME L02)

やはり利用できる回線が多く屋内でも利用しやすいWiMAX +5Gの方が速度が速い傾向にあると言えるでしょう。

WiMAXの通信速度を確認する方法を教えてください。

WiMAXの通信速度を確認する方法を教えてください。

現在利用しているWiMAXの通信速度を確認するには、WiMAXを無線LAN接続した状態のスマートフォンもしくはパソコンで「Fast.com」にアクセスしましょう。現在のおおよその通信速度が分かります。

WiMAX端末一覧

現在、WiMAX +5G/WiMAX 2+で利用できる端末を紹介します。

WiMAX +5G対応端末

スクロールできます
機種名称Speed Wi-Fi 5G X11Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01Speed Wi-Fi HOME 5G L12Speed Wi-Fi HOME 5G L11
画像
おすすめ端末

おすすめ端末
製造元NECサムスンNECZTE Corporation
発売日2021年10月15日2021年4月8日2021年11月5日2021年6月4日
最大通信速度
(下り/上り)
2.7Gbps/183Mbps2.2Gbps/183Mbps2.7Gbps/183Mbps2.7Gbps/183Mbps
連続通信時間約8時間約16時間
重量約174g約203g約446g約599g
同時接続台数最大17台*
※有線接続含む
最大10台最大40台最大30台
対応無線LAN規格Wi-Fi6対応
IEEE802.11
a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
Wi-Fi5対応(5GHzのみ)
IEEE802.11
a/n/ac(5GHz)
IEEE802.11
b/g/n(2.4GHz)
Wi-Fi6対応
IEEE802.11
a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
Wi-Fi6対応
IEEE802.11
a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
WiMAX2+
au5G◯(Sub6/NR化)◯(sub6)◯(sub6/NR化)◯(sub6)
au4GLTE

WiMAX 2+対応端末(ホームルーターのみ掲載)

スクロールできます
機種名称WiMAX HOME 02Speed Wi-Fi HOME L02
画像
製造元NECプラットフォームズ株式会社HUAWEI
発売日2020年1月30日2019年1月25日
最大通信速度
(下り/上り)
440Mbps/75Mbps1Gbps/75Mbps
連続通信時間
重量約218g約436g
同時接続台数最大20台最大40台
(5GHz/2.4GHzで格20台)
対応無線LAN規格Wi-Fi5対応
IEEE802.11
ac/n/a(5GHz帯)
n/g/b(2.4GHz帯)
Wi-Fi5対応
IEEE802.11
ac/n/a(5GHz帯)
n/g/b(2.4GHz帯)
WiMAX2+
au5G××
au4GLTE
対応通信技術××

まとめ

以上、WiMAXが遅いと感じた時に試してみたい9つの方法について解説してきました。

WiMAXが遅い時に試してみたいこと
  1. 設置場所の電波状況が悪い
  2. WiMAXと離れば場所で通信をしている
  3. ルーターが省電力モードになっている
  4. 電波干渉を起こしている
  5. 接続している機器の台数や同時使用台数が多い
  6. 回線が混雑している夜間帯に通信している
  7. 通信速度制限の対象になっている
  8. サービスエリア外で利用している(圏外)
  9. 回線そのものが通信障害を起こしている

繰り返しになりますが、この方法を試す前にまずは「端末の再起動」を行ってみましょう。

症状が改善しなかった場合に上記9つの方法を順に試してみてください!

当サイトではWiMAXに関する情報を発信しています。

よければ他の記事も是非ご覧ください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップしてジャンプ)