WiMAX短期レンタル(最短1日)のおすすめサービスを比較|お得な理由や手順・注意点など解説【2022年】

  • URLをコピーしました!

「WiMAXって短期レンタルできるの?」

「WiMAXの短期レンタルのおすすめが知りたい!」

気軽にインターネットを楽しめるサービスとして大人気のWiMAX。

WiMAXは長期間の契約をして利用するというイメージが強いかもしれませんが、実は短期間だけレンタルすることも可能です。

旅行や入院など、少しの間だけWiFi環境が欲しいというタイミングは多いですよね。

本記事では、そんな時に便利なWiMAXの短期レンタルサービスについて、おすすめな理由やお得に使えるサービスを徹底的に解説していきます。

短期レンタルサービスの利用方法や注意点も紹介するので、WiMAXの短期レンタルが気になるという方はぜひ最後までご覧ください。

目次(タップしてジャンプ)

[PR]

\縛りなし・端末費用なしの5G対応WiMAX/
FreeMax+5G

WiMAXの短期レンタルがおすすめな理由

WiMAXを短期間だけ利用したい場合、短期レンタルサービスの利用がかなりおすすめです。

WiMAXの短期レンタルがおすすめな理由は以下の3つです。

WiMAXの短期レンタルがおすすめな3つの理由
  1. 契約期間の定めがなく契約解除料(違約金)がかからない
  2. WiMAXの端末を無料でレンタルできる
  3. WiMAXの使用感を実際に確かめることができる

それぞれ詳しく解説していきます。

1.契約期間の定めがなく契約解除料(解約違約金)がかからない

WiMAXの短期レンタルであれば、「契約期間の縛り」が存在しないため解約時に高額の契約解除料を請求される心配がありません。

一般的に、通信サービスの契約期間は2年ほどに設定されている場合が多く、契約期間が終わるタイミングでないと契約解除料(解約違約金)を支払う必要があります。

しかし短期レンタルサービスであれば、最短1日からレンタルできる場合も多いなど短期利用を前提としているため、契約期間の縛りがなく気軽にWiMAXを利用できます。

一時的に利用したいだけという場合や、どれくらいの期間使うかわからない場合はできるだけ料金を抑えたいものですよね。

短期レンタルは契約解除料の心配がないため、料金がネックでWiMAXの契約に踏み切れないという方に非常におすすめです。

2.WiMAXの端末を無料でレンタルできる

短期レンタルであれば、WiMAXの端末を無料で利用することが可能です。

通常、長期契約でWiMAXを利用する場合は端末代金も支払う必要が大半となっています。

多くの場合は36回の分割払いで支払うため、分割払い期間中有に解約してしまうと端末残債の精算があるのです。

一方、短期レンタルサービスであれば短期利用を前提としている分、契約期間がなく端末代金も無料でWiMAXを利用できます。

解約違約金と合わせて余計なお金がかかる心配がないのは大きなメリットだと言えるでしょう。

3.WiMAXの使用感を実際に確かめることができる

短期レンタルでWiMAXの使用感を実際に確かめることができます。

前述の通り、通常であれば数年単位の長期契約をすることでWiMAXを利用できるようになりますが、短期レンタルであれば契約解除料などの余計なお金がかからないため、お試し感覚で気軽にWiMAXを使えます。

エリアやルーターのスペックなど、WiMAXの情報はインターネットでいくらでも調べることができますが、WiMAXを使う場所や環境によって使用感は変わるので、本当に自分が満足できるものなのかは実際に使ってみないとわからないでしょう。

WiMAXを気軽に試すことができるのは、短期レンタルの最も大きなメリットだと言えます。

データ容量無制限で使える?WiMAXをレンタルする際に確認したいポイント

短期レンタルサービスはWiMAXをお試し感覚で気軽に利用できるため、これまでは契約期間や端末料金などがネックでなかなか契約できずにいた方に非常におすすめです。

ただ、短期レンタルサービスであればなんでも大丈夫というわけではありません。

本当に自分が納得できる使い方ができるように、ポイントをしっかり押さえてサービスを選んでいきましょう。

WiMAXをレンタルする際に確認したいポイントは以下の4つです。

WiMAXをレンタルする際に確認するべき4つのポイント
  1. 送料なども含めたすべての料金
  2. 月間データ容量
  3. 使えるルーターの種類・スペック
  4. ルーターの受取・返却方法

順番に解説していきます。

1.送料なども含めたすべての料金

まずは、短期レンタルサービスの料金について知っておきましょう。

料金と言ってもレンタル料だけでなく、返却時の送料や万が一の場合の補償、うっかり返却期限を過ぎてしまった場合の延滞料など、かかる可能性がある料金すべてについて調べておくのがポイントです。

WiMAXの短期レンタルは契約解除料や端末料金などがかかりませんが、往復送料や延滞料・延長料金など短期レンタルならではの費用がかかることがあります。

特に長期間利用した場合は料金が割高になってしまうケースが多く、「うっかり返却し忘れてしまった」「端末を壊してしまった」ということがあればさらに高額な費用がかかってしまう可能性も。

自分は大丈夫だと思っていても、イレギュラーな事態はいつでも起こり得るので、かかる可能性がある料金はすべて把握しておく必要があると言えます。

2.月間データ容量

毎月どれくらいのデータ容量が使えるのかということも事前にしっかり確認しておきたいポイントの一つです。

WiMAXのルーターであれば、一定期間内に大容量のデータ通信を行った場合に一時的に速度制限がかけられることはあれど、基本的にはデータ容量が実質無制限でインターネットを利用できるケースが多いです。

しかし、サービスごとに利用可能データ容量が決められていたり容量別に月額料金が変わってきたりすることもあるため、すべてがデータ容量実質無制限で利用できるわけではありません。

月間データ容量は多めに欲しいという方が多いと思うので、毎月どれくらいのデータ容量が使えるのか料金とあわせてチェックしておくと、より自分に合ったサービスを見つけられるでしょう。

3.使えるルーターの種類・スペック

レンタルできるルーターの種類やスペックも必ず確認しておきましょう。

同じWiMAXのルーターであっても、機種によって通信速度や同時接続台数、バッテリー稼働時間などが異なります。

特に通信速度についてはスペックの差が大きく出やすいので、自分がどれくらいの速度があれば問題なくインターネットを利用できるかあらかじめ調べておくとスムーズに機種やサービスを決められるでしょう。

参考までに、用途ごとに求められる通信速度は以下の通りです。

用途問題なく使える通信速度の目安
インターネット検索1~10Mbps
メール・メッセージ128kbps~1Mbps
SNS(LINE・Instagramなど)1Mbps~10Mbps
動画視聴(YouTube・TikTokなど)3Mbps~25Mbps
オンラインゲーム30Mbps~100Mbps
参考:Nojima|快適なインターネット回線速度は?速度計測法や遅い時の対処方法を解説!

最近のルーターは上記表の基準を問題なくクリアしているものがほとんどですが、通信速度の目安を知っておくと何かと役に立つことが多いです。

上記の表をもとに、自身のインターネットの使い方とルーターのスペックを照らし合わせて快適に使えるルーターをレンタルしていきましょう。

4.ルーターの受取・返却方法

WiMAXの短期レンタルサービスは、ルーターの受取や返却がより簡単にできそうなものを選ぶようにしましょう。

いくら利用料金が安くても、受取・返却方法がわかりにくかったり手間がかかったりしてしまうのであれば、それはコストパフォーマンスが高いサービスだとは言えません。

最近では、自宅だけでなくコンビニや空港などで受取ができるサービスも多く、ポストに入れるだけで簡単に返却できる場合も多いです。

初めての利用であれば特に手間取りがちなポイントなので、忘れずにチェックしておきましょう。

WiMAXレンタルのおすすめサービスの料金を一気に比較!

WiMAXのレンタルサービスはたくさんありますが、その中でもおすすめの8つについてレンタル期間別に料金を比較してみましょう。

サービス名

1日

1週間

2週間

1ヶ月

UQ WiMAX(Try WiMAX)

画像出典:UQ WiMAX

無料

×

WiFiレンタルどっとこむ

画像出典:WiFiレンタルどっとこむ

605円(税込)~

4,235円(税込)~

8,470円(税込)~

8,475円(税込)~

NETAGE

画像出典:NETAGE

500円(税込)~

3,500円(税込)~

6,000円(税込)~

6,000円(税込)~

どこでもネット

画像出典:どこでもネット

990円(税込)

※1泊2日から

3,465円(税込)

8,635円(税込)

8,635円(税込)

WiFiレンタル屋さん

画像出典:WiFiレンタル屋さん

980円(税込)

※1泊2日から

3,430円(税込)

6,860円(税込)

7,350円(税込)

e-ca

画像出典:e-ca

700円(税込)

4,900円(税込)

9,800円(税込)

9,800円(税込)

カシモバ

画像出典:カシモバ

1,140円(税込)~

※1泊2日から

3,990円(税込)~

7,980円(税込)~

8,050円(税込)~

縛られないWiFi※

画像出典:縛られないWiFi

×

×

×

4,620円(税込)

※初回のみ契約事務手数料込みで7,920円(税込)

※WiMAX対応端末のレンタル料金のみ記載しています。
※端末補償サービスや各種オプションを追加する場合、サービスごとに所定の料金がかかります。
※「縛られないWiFi」は初回のみ契約事務手数料3,300円(税込)がかかります。

料金だけで見ると、2週間以内の短期利用ではUQ WiMAXが無料となっているほか、WiFiレンタルどっとこむ、NETAGEが次いで比較的安価に利用できます。

WiMAXのレンタルサービスは上記の表に記載されているもの以外にもかなりの数が存在しており、どのサービスを選んでも良いというわけにはいきません。

UQ WiMAX(Try WiMAX)は2週間無料で使える分それ以上の利用はできない、縛られないWiFiは1ヶ月の利用料金がかなり安いが初回のみ事務手数料がかかるため短期レンタルだと割高になるなど、サービスによって特徴が異なります。

自分の使用目的に合わないサービスを利用してしまうとかえって損をしてしまうことになるので、どれくらいの期間使いたいのか、どれくらいの金額まで許容できるかなど事前にある程度決めておき、自分にぴったりのサービスを見つけていきましょう。

【利用期間別】WiMAXレンタルのおすすめサービス2選!

前述した8つの中でも、利用期間ごとのおすすめサービスを厳選して紹介していきます。

それぞれのサービスの特徴もあわせて解説するので、気になるものをぜひチェックしてみてください。

利用期間別のWiMAXレンタルのおすすめサービスは以下の通りです。

利用期間別のWiMAXレンタルのおすすめサービス
  • 1日~1週間ほどの間で新しい機種を使いたい場合:WiFiレンタルどっとこむ
  • 1週間~1ヶ月ほどの間で即日レンタルしたい場合:NETAGE

順番に見ていきましょう。

2.WiFiレンタルどっとこむ|1日~1週間の超短期で新しい機種を利用したい場合におすすめ

画像出典:WiFiレンタルどっとこむ

機種※

・Galaxy 5G Mobile Wi-Fi 

・Speed Wi-Fi 5G X11

・Speed Wi-Fi HOME 5G L11

・Speed Wi-Fi HOME 5G L12

・WiMAX HOME 02

・Speed Wi-Fi HOME L02

・Speed Wi-Fi NEXT W06

レンタル料金

1日

700円(税込)

605円(税込)

3泊4日

2,800円(税込)

2,420円(税込)

5泊6日

4,200円(税込)

3,630円(税込)

6泊7日

4,900円(税込)

4,235円(税込)

13泊14日

9,800円(税込)

8,470円(税込)

15日~1ヶ月

9,800円(税込)

8,475円(税込)

2ヶ月

19,280円(税込)

16,665円(税込)

3ヶ月

28,760円(税込)

24,855円(税込)

受け取り方法:費用

宅配・空港・コンビニ:550円(税込)/台

2台以上1,100円(税込)(4台まで)

返却方法:費用

宅配:配送方法により異なる

空港:550円(税込)/台、2台以上1,100円(税込)(4台まで)

ポスト:517円(税込)/台

オプション

・安心補償サービス:44円(税込)/日

・モバイルバッテリー:220円(税込)/日

・無線子機:33円(税込)/日

・カーチャージャーUSB:110円(税込)/日

・USB×4ポートACアダプター:110円(税込)/日

・WiFi中継機ELECOM:110円(税込)/日

・WiFi中継機IODATA:55円(税込)/日

・データ通信ケーブル:33円(税込)/日

備考

15時までの申し込みで最短当日発送

※WiMAX端末のみ記載しています。
※機種名は簡略化して記載しています。

WiFiレンタルどっとこむは、最短1日からWiMAXをレンタルできるサービスです。

取り扱い機種が豊富で、WiMAX +5G対応の最新機種を利用できるほか、ソフトバンクやauの機種も選べるのが特徴。

さらにポケット型WiFi・ホームルーターどちらもレンタルすることができるため、用途に合わせて利用できます。

15時までの申し込みで即日発送可能であり、自宅だけでなくコンビニや空港など受取場所の選択肢が多いのも嬉しいポイントです。

病院やホテルでも宅配受取ができるため、入院時や出張時など少しの間だけでもデータ無制限でインターネットを使いたいという時に非常に便利。

2週間以上利用すると料金が割高になってしまうことに注意が必要ですが、1週間以内の超短期レンタルであれば便利・お得に利用できます。

\WiFiレンタルどっとこむのお申込みはこちら/
WiFiレンタルどっとこむ

3.NETAGE|1週間~1ヶ月で即日レンタルしたい場合におすすめ

画像出典:NETAGE

機種

Speed Wi-Fi 5G X11
Speed Wi-Fi HOME 5G L12

レンタル料金

1日

715円(税込)

3泊4日

2.860円(税込)

5泊6日

4,290円(税込)

6泊7日

5,005円(税込)

12泊13日

9,295円(税込)

14日~1ヶ月

9,460円(税込)

2ヶ月

18,610円(税込)

3ヶ月

27,760円(税込)

受け取り方法:費用

宅配・店頭・バイク便(法人):550円(税込)

返却方法:費用

ゆうパケット:550円(税込)

宅配:元払い

オプション

安心補償:40円(税込)/日(月上限400円)

備考

17時までの申し込みで最短翌日受取可能

※端末のみ記載しています。
※機種名は簡略化して記載しています。

NETAGEは、1日715円(税込)からWiMAX +5Gのポケット型WiFiをレンタルできるサービスです。

デイリープラン・マンスリープランと利用期間に合わせてお得なプランを選べるのが特徴で、Speed Wi-Fi 5G X11であれば1日715円(税込)、1ヶ月9,460円(税込)と他のサービスに比べて比較的安く使うことができます。

また、NETAGEは即日レンタル可能なのが大きな魅力。

17時までの申し込みは最短翌日、さらに平日限定ではありますが、東京都中央区築地にある店舗まで直接行くことで即日受取も可能となっており、お急ぎでWiFiを使いたいという方にぴったりのサービスです。

WiMAX +5G対応ルーターはSpeed Wi-Fi 5G X11とSpeed Wi-Fi HOME 5G の2種類のみですが、他のサービスと同様に実質的にデータ無制限のような感覚で使えるほか、ソフトバンクやau、ドコモなどの大手キャリアやクラウドSIMを取り扱っているため、機種全体の選択肢はかなり多いです。

X11などの比較的新しい機種やスペックの高い機種はレンタル料金が高めに設定されていることに注意が必要ですが、どのプランであっても月の上限額が決められているため使いすぎてしまうという心配もありません。

1日だけでなく、1週間から1ヶ月ほどの短期利用にも非常におすすめのサービスだと言えるでしょう。

\NETAGEの公式サイトはこちら/
NETAGE

WiMAXのレンタルから返却までの流れ

WiMAXの短期レンタルサービスはお得で便利に使えるだけでなく、利用方法もいたってシンプルで非常にわかりやすいです。

サービスによって細かい違いはありますが、基本的には以下の流れで返却まで行うことができます。

WiMAXのレンタルから返却方法の流れ
  1. インターネット・電話・店舗でレンタルを申し込む
  2. 端末を受け取る
  3. 期日までに端末を返却する

順番に見ていきましょう。

1.インターネット・電話・店舗でレンタルを申し込む

まずは、インターネットや電話、店舗でWiMAXのレンタルを申し込みましょう。

中でもインターネットは24時間いつでも申し込み可能である場合が多く、インターネット受付をメインに行っているサービスがほとんどで最も手軽な方法です。

サービスによっては店舗で直接申し込みができその場で端末を受け取れるケースもありますが、数は少なく時間を合わせる必要があるので注意しましょう。

2.端末を受け取る

申し込みが済んだら、あとは端末を所定の方法で受け取りましょう。

宅配での受取がほとんどですが、中にはコンビニや空港などで受取可能なサービスもあります。

自身の都合に合わせて最適な方法で受け取りましょう。

3.期日までに端末を返却する

端末の使用が済んだら、期日までに所定の方法で端末を返却します。

端末と一緒に返送用のゆうパケットや返送伝票が同梱されている場合が多いため、指定がなければ自身がやりやすい方法で返却しましょう。

期日を過ぎてしまうと延滞金などお金がかかってしまう可能性があるので、返却日や返却方法はしっかりと確認しておくことをおすすめします。

WiMAXをレンタルする際に気を付けたいこと

WiMAXの短期レンタルは便利なサービスですが注意すべきこともいくつかあります。

損をしたりトラブルが起きたりしないよう、事前にしっかりと確認しておきましょう。

WiMAXをレンタルする際に気を付けたいことは主に以下の4つです。

WiMAXをレンタルする際に気を付けるべき4つのこと
  1. レンタル期間が長くなるほど料金が割高になる
  2. 延滞や故障で高額な費用を請求される可能性がある
  3. エリア内でも環境によってうまく繋がらないことがある
  4. 海外では利用できない

順番に解説していきます。

1.レンタル期間が長くなるほど料金が割高になる

WiMAXの短期レンタルサービスは短期間であればお得に利用できますが、レンタル期間が長期になると料金が割高になってしまう場合が多いです。

NETAGEや縛られないWiFiのようにプランが決まっているのであれば心配はいりませんが、多くの短期レンタルサービスは期間が長くなるほどプロバイダで長期契約するよりも料金が高くなってしまいます。

あくまでも短期利用を目的としたサービスとなっているため、長期間の利用には向かないということを覚えておくと良いでしょう。

2.延滞や故障で高額な費用を請求される可能性がある

WiMAXのレンタルサービスでは、延滞や端末の故障で高額な費用を請求される可能性があります。

端末費用がかからずリーズナブルなレンタルサービスですが、レンタルである以上端末が正常な状態で返却されなければ相応の金額を支払わなければなりません。

せっかくお得に使えるサービスなので、高額な費用を支払うのは何としてでも避けたいものですよね。

補償サービスをオプションとして提供している場合がほとんどなので、万が一の時のためにレンタルとあわせて加入しておくのがおすすめです。

3.エリア内でも環境によってうまく繋がらないことがある

WiMAXのルーターは、サービスエリア内でも使用場所の環境によってうまく繋がらないことがあります。

レンタルサービスで利用できるWiMAXのルーターは、主に「WiMAX2+」という回線を利用していますが、この回線は2.5GHzという高周波数帯のため障害物にとても弱いという特性を持っています。

そのため、地下や建物内、山間部では特に繋がりにくく、エリア内にもかかわらず圏外になってしまうということも。

この他にも電波干渉を起こしている、通信が混雑しているなどWiMAXが繋がらなくなる原因は多くあるので、事前に知っておくといざという時役に立つでしょう。

4.海外では利用できない

WiMAXのルーターは、日本国内での利用を前提としているため海外で利用することはできません。

空港で端末を受け取れるサービスもありますが、海外旅行や出張の際にWiMAXをレンタルして持っていこうと思っても使えないので注意しましょう。

海外でポケット型WiFiを使いたい場合は、使用場所で最適な回線に自動接続する「クラウドSIM」対応の端末がおすすめです。

まとめ

ここまで、WiMAXの短期レンタルがおすすめな理由とおすすめサービス、レンタルの手順や注意点について詳しく解説してきました。

WiMAXの短期レンタルでおすすめなのは以下の4つです。

WiMAXの短期レンタルサービスでおすすめできる2選
  • WiFiレンタルどっとこむ
  • NETAGE

短期レンタルサービスは、契約期間がなく違約金や端末代金がかかる心配がないほか、気軽にWiMAXの使用感を実際に確かめることができるというメリットがあります。

WiMAXの短期レンタルサービスの数はかなり多いので、利用期間や利用スタイルに合わせて慎重に検討していきましょう。

あなたが自分にとってぴったりのサービスに出会えることを願っています。

著者

通信系WEBライター

瀧澤 亮(タキサワ リョウ)

約1年間大手通信キャリアのショップにて販売員を経験。在籍中キャリア資格筆記試験で全社1位に輝いた実績があり、通信系知識を学びわかりやすく説明するのが得意。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップしてジャンプ)