WiFiレンタルどっとこむの口コミ評判!デメリットから概要まで徹底解説

  • URLをコピーしました!

WiFiレンタルどっとこむは、手軽にWi-Fiルーターをレンタルできるサービスです。

特に短期間の利用におすすめで、なるべく安くWi-Fiルーターを使いたい方に向いています。

しかし、Wi-Fiルーターのレンタルサービスは他にもいくつかあるため、どのサービスを利用するべきか迷う方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、WiFiレンタルどっとこむの基本的な情報からメリットやデメリット、さらに口コミや評判について詳しく解説します。

WiFiレンタルどっとこむの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次(タップしてジャンプ)

[PR]

\縛りなし・端末費用なしの5G対応WiMAX/
FreeMax+5G

WiFiレンタルどっとこむの基本情報

wifi rental com002
画像出典:WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむは、株式会社ビジョンが運営するWi-Fiルーターのレンタルサービスです。

株式会社ビジョンはWiFiレンタルどっとこむ以外にも、海外で利用できるWi-Fiルーターをレンタルする「グローバルWiFi」を運営しています。

また、株式会社ビジョンは東証プライム上場企業なので、信頼して利用できるサービスです。

WiFiレンタルどっとこむのレンタル料金

WiFiレンタルどっとこむでは、さまざまな回線や機種をレンタルできます。そこで、料金プランについて各キャリアのプランをピックアップして紹介します。

回線

ソフトバンク

au

UQ WiMAX

NTTドコモ

端末

E5785

FS030W

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

docomo 5G U50

データ容量(月間)

無制限

6GB

無制限

無制限

レンタル料金

当日

496円(税込)

1,320円(税込)

700円(税込)

1,320円(税込)

1泊2日

992円(税込)

2,640円(税込)

1,400円(税込)

2,640円(税込)

3泊4日

1,984円(税込)

3,965円(税込)

2,800円(税込)

5,280円(税込)

7泊8日

3,968円(税込)

3,965円(税込)

5,600円(税込)

10,560円(税込)

14泊以上

7,430円(税込)

3,965円(税込)

9,800円(税込)

15,800円(税込)

30泊31日以降1日あたり

239円(税込)

127円(税込)

316円(税込)

509円(税込)

上記はレンタル料金の一部をピックアップしたものです。

WiFiレンタルどっとこむでは、必要に応じて1日単位でレンタル日数を選択できるため、「4泊5日」や「11泊12日」といった使い方もできます。

レンタル料金だけを比べた場合、ソフトバンク端末が安いので費用を抑えたい方におすすめです。

WiFiレンタルどっとこむでレンタルできる端末

WiFiレンタルどっとこむは、レンタルできる端末の種類が豊富です。

現在ホームページに掲載されている端末は、以下のようになっています。

ソフトバンクエリア対応端末GW01、E5785、T7、FS030W、T6300、WN-CS300FR、E5383
auエリア対応端末FS030W、Si-L10
UQ WiMAXエリア対応端末Galaxy 5G Mobile Wi-Fi、WiMAX 5G Mobile Wi-Fi X11、Speed Wi-Fi HOME 5G L11、Speed Wi-Fi HOME 5G L12
NTTドコモエリア対応端末U50

もっとも端末の種類が豊富なのは、ソフトバンクです。

また、UQ WiMAXとNTTドコモには5G対応端末があります。

そのため、用途や利用エリアに合わせて最適な端末を選択可能です。

WiFiレンタルどっとこむの悪い・良い口コミ評判

wifi rental com007

WiFiレンタルどっとこむの利用を検討するにあたり、インターネット上の口コミや評判をチェックしてみましょう。

口コミや評判は、実際にWiFiレンタルどっとこむを利用した方のリアルな声を見ることができます。

ただし、口コミは投稿した方の主観によるものも多いため鵜呑みにせず、あくまでも参考としてとらえておくのがおすすめです。

WiFiレンタルどっとこむのデータ容量(通信制限)に関する悪い口コミ評判

3.無制限端末でも通信制限がかかる場合がある」でもお伝えした通り、WiFiレンタルどっとこむには、「無制限」と書かれていても1日あたりや月間のデータ容量に上限が設けられているケースがあります。

1日3GBや月間90GBなど、実際に利用できるデータ容量には上限があり、それを超えると通信制限がかかります。

そのため、無制限だと勘違いしてレンタルしてしまった方もいらっしゃるようです。

もし無制限で利用したい場合は、UQ WiMAXの5G対応端末を選ぶのがおすすめです。

UQ WiMAXの5G対応端末は、プラスエリアモードを利用すると月間15GBを超えた時点で通信制限がかかりますが、「WiMAX 2+」や「WiMAX +5G」は通信制限がかかりません。

ただし、一定期間内に大量のデータ通信をしたり、回線が混雑したりすると、キャリアの判断で一時的に通信制限がかかる場合もあります。

WiFiレンタルどっとこむの通信エリアに関する悪い口コミ評判

WiFiレンタルどっとこむでレンタルした端末が、対応エリア外などの理由により使用できないケースがあります。

このような場合、WiFiレンタルどっとこむでは返金対応を行っていません。

そのため、申込み前にWi-Fiルーターを利用する場所が対応エリア内かどうか必ず確認してください。

また、対応エリア内でも建物の構造や高層階では電波が受信できなかったり、繋がらなかったりする可能性があります。

これはWiFiレンタルどっとこむに限ったことではなく、Wi-Fiルーター全般に共通する内容なので、このようなリスクがあることを理解したうえで、申込みを検討しましょう。

WiFiレンタルどっとこむの端末に関する悪い口コミ評判

WiFiレンタルどっとこむはレンタルサービスなので、新品が利用できるわけではありません。

そのため、端末に使用感があったりバッテリー持ちがやや悪くなったりしている可能性があります。

もちろんこうした点は理解したうえでWiFiレンタルどっとこむを利用しなければなりませんが、2~3時間程度しか使えないのはさすがに不便ですね。

ただ、こちらの投稿にある通り、あまりにもバッテリー持ちが悪い場合は交換対応してくれるようなので、早めにWiFiレンタルどっとこむへ連絡するのがおすすめです。

WiFiレンタルどっとこむの料金に関する良い口コミ評判

1日単位で利用できる点や、料金について柔軟に対応してもらえた点などが好評でした。

急に短期間Wi-Fiルーターが必要となった際は、WiFiレンタルどっとこむなら必要な日数分だけの料金で利用できるので便利ですね。

WiFiレンタルどっとこむの利用シーンに関する良い口コミ評判

こちらの方は、入院中にWi-Fiルーターをレンタルしていたようです。

入院中は、することがなく暇を持て余してしまうケースがあります。

しかし、スマートフォンでインターネット閲覧や動画視聴ばかりしていると、通信制限がかかってしまいかねません。

そのようなシーンでWiFiレンタルどっとこむのWi-Fiルーターがあれば、データ容量を気にすることなくスマートフォンやタブレット、パソコンを使って過ごすことが可能です。

\WiFiレンタルどっとこむのお申込みはこちら/
WiFiレンタルどっとこむimpression?a id=3395634&p id=2628&pc id=5879&pl id=33478

WiFiレンタルどっとこむと他社サービスの料金や機種を比較

wifi rental com003

WiFiレンタルどっとこむと他社サービスの料金や機種を比較してみましょう。

まずは、データ容量が無制限または大容量のWi-Fiレンタルプランを比較した表です。

スクロールできます
サービス名WiFiレンタルどっとこむどんなときもWiFi for レンタルWiFiレンタルJAPANWiFiレンタル屋さんNETAGEカシモバ
機種E5785D1502HWSpeed Wi-Fi NEXT WX05FS040WSpeed WiFi NEXT W05
データ容量無制限
(1日3GB または月間90GB)
5GB/日5GB/日10GB/3日無制限10GB/3日
レンタル料金当日496円
(税込)
440円
(税込)
495円
(税込)
1泊2日992円
(税込)
880円
(税込)
2,900円(税込)980円
(税込)
990円
(税込)
1,140円(税込)
3泊4日1,984円(税込)1,760円(税込)2,900円(税込)1,960円(税込)1,980円(税込)2,280円(税込)
7泊8日3,968円(税込)3,520円(税込)2,900円(税込)3,920円(税込)3,960円(税込)4,560円(税込)
30泊31日7,430円(税込)8,800円(税込)7,350円(税込)6,930円(税込)8,050円(税込)
上記以外の費用送料:
550円(税込)
返却料:
自己負担
往復送料:1,100円(税込)往復送料:990〜1,100円(税込)往復送料:1,100円(税込)往復送料:1,100円(税込)往復送料:1,100円(税込)
※調査時点で販売されていないプランは除いています。

今回WiFiレンタルどっとこむと比較したサービスの中には、無制限プランが提供されていないものもあったため、同条件での比較はできていません。

しかし、どんなときもWiFi for レンタル、WiFiレンタル屋さん、そしてNETAGEはWiFiレンタルどっとこむよりも安く利用できることがわかりました。

では、次に機種を比較してみましょう。

スクロールできます
サービス名WiFiレンタルどっとこむどんなときもWiFi for レンタルWiFiレンタルJAPANWiFiレンタル屋さんNETAGEカシモバ
機種の種類14種類1種類9種類10種類15種類7種類
5G対応機種ありなしありありありなし
データ容量無制限の機種ありなしありありありあり
利用できる回線ソフトバンク
au
UQ WiMAX
NTTドコモ
NTTドコモ
(クラウドSIM)
ソフトバンクau
UQ WiMAX
NTTドコモ
ソフトバンクau
UQ WiMAX
NTTドコモ
ソフトバンクau
UQ WiMAX
NTTドコモ
Y!mobile
UQ WiMAX
NTTドコモ

WiFiレンタルどっとこむとNETAGEは機種が豊富なので、いろいろな端末の中から選びたい方にはおすすめです。

また、WiFiレンタルどっとこむ、WiFiレンタルJAPAN、WiFiレンタル屋さん、NETAGEには5G対応端末と無制限端末があるので、通信速度やデータ容量を重視する方に適したサービスと言えます。

\WiFiレンタルどっとこむのお申込みはこちら/
WiFiレンタルどっとこむimpression?a id=3395634&p id=2628&pc id=5879&pl id=33478

WiFiレンタルどっとこむを利用する5つのデメリット注意点

wifi rental com005

WiFiレンタルどっとこむには、次のようなデメリットがあります。

WiFiレンタルどっとこむのデメリット
  1. 長期利用すると割高になる
  2. 基本的に返金対応はなし
  3. 無制限端末でも通信制限がかかる
  4. 海外で利用できる端末がない
  5. 支払い方法はクレジットカードのみ

それぞれ詳しく解説しますので、これらのデメリットについても理解したうえで、WiFiレンタルどっとこむの利用を検討してください。

WiFiレンタルどっとこむのデメリット1.長期利用すると割高になる

WiFiレンタルどっとこむは短期利用だと安く使えますが、長期利用になると割高です。

もっとも高額なプランだと、1ヶ月の料金が15,800円(税込)にもなります。

何かしらの事情でレンタル期間を延長する場合を除き、あらかじめ長期間の利用がわかっている場合は、月単位で利用できるサービスを検討したほうがよいかもしれません。

WiFiレンタルどっとこむのデメリット2.基本的に返金対応はなし

回線の対応エリア外などが理由でレンタルしたWi-Fiルーターが使えなくても、WiFiレンタルどっとこむでは返金対応を行っていません。

そのため、端末をレンタルする際は必ず事前に対応エリアの確認を行ってください。

NTTドコモ
ソフトバンク
au
UQ WiMAX

また、電波が繋がらないからといって早めに端末を返却しても、レンタル期間は短縮となりませんので注意しましょう。

WiFiレンタルどっとこむのデメリット3.無制限端末でも通信制限がかかる場合がある

WiFiレンタルどっとこむで「無制限」と表示されているプランの中には、完全に無制限ではなく、一定のデータ容量を超えたら通信制限がかかるものがあります。

無制限プランには「無制限の注意事項」という表示があり、タップすると以下のような内容が書かれています。

wifi rental com006
画像参照:WiFiレンタルどっとこむ

1日あたりや月間のデータ容量は、端末によって異なります。

WiFiレンタルどっとこむでレンタルした端末を使っていて通信速度が遅いと感じた際は、データ容量を超過していないか通信量を確認してみてください。

なお、UQ WiMAXの5G端末については、プラスエリアモードを利用しない限り、基本的に通信制限がかかることはありませんので、実質無制限での利用が可能です。

WiFiレンタルどっとこむのデメリット4.海外で利用できる端末がない

WiFiレンタルどっとこむでは、海外で利用できる端末やプランがありません。

以前はGlocalMeという国内・海外どちらでも利用可能な端末が掲載されていました。

しかし、コロナ禍の影響によるものなのか、現在はホームページから削除されています。

そのため、現在WiFiレンタルどっとこむで海外利用可能なポケット型Wi-Fiをレンタルすることはできません。

GlocalMeは、国内では無制限で利用できるうえ、海外でも使えるという非常に便利なポケット型Wi-Fiだっただけに、なくなってしまって残念です。

海外で利用できるWi-Fiルータをレンタルしたい方は、同じ株式会社ビジョンが運営する「グローバルWiFi」の利用を検討してみてください。

WiFiレンタルどっとこむのデメリット5.支払い方法はクレジットカードのみ

WiFiレンタルどっとこむで利用できる支払い方法は、クレジットカードのみです。

口座振替や請求書、電子決済などは利用できません。

また、デビットカードは利用できますが、申込みの際に与信分として引き落としがかかります。

その後、利用実績にもとづいて確定額が再度カードへ請求となるので注意してください。

WiFiレンタルどっとこむを利用する9つのメリット

wifi rental com004

WiFiレンタルどっとこむを利用するメリットを9つ紹介します。

以下の点を参考に、WiFiレンタルどっとこむの利用を検討してみましょう。

1.15時までの申込みなら当日発送

WiFiレンタルどっとこむは、15時までに申込みをすると当日発送になります。

そのため、地域によっては申込みの翌日には端末の利用が可能です。

なお、以前までWiFiレンタルどっとこむは店舗での即日受取を行っており、申込み当日にポケット型Wi-Fiを利用することができました。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在は店舗での受取を行っていません。

2.1日単位でレンタルできる

WiFiレンタルどっとこむは、ポケット型Wi-Fiを1日単位でレンタルできます。

ポケット型Wi-Fiを1週間だけ使いたい、1ヶ月だけ必要といったシーンで、とても便利です。

突然の入院や出張など、1週間〜1ヶ月程度ポケット型Wi-Fiをレンタルしたい場合、WiFiレンタルどっとこむの無制限端末を利用すれば仕事や動画視聴など、快適にインターネットを利用できます。

3.安くポケット型Wi-Fiを利用できる

WiFiレンタルどっとこむは1日単位でポケット型Wi-Fiをレンタルできるので、安くポケット型Wi-Fiを利用できます。

月単位の契約だと、月の途中で返却しても1ヶ月分の料金が発生してしまいますが、WiFiレンタルどっとこむは利用した日数に応じた料金体系なので、無駄がありません。

ただし、長期利用になるとWiFiレンタルどっとこむはやや割高となるケースもあるため、利用期間に合わせて検討するのがおすすめです。

4.利用できる回線や端末の種類が多い

WiFiレンタルどっとこむは、ソフトバンク、au、UQ WiMAX、NTTドコモの中から利用したい回線を選んで、ポケット型Wi-Fiをレンタルできます。

また、端末の種類も豊富で、14種類のポケット型Wi-Fiやホームルーターを利用可能です。

通信速度を重視する方は最新の端末を、費用を抑えたい方は旧型の端末を選ぶなど、好みに合わせて選択できるのが、WiFiレンタルどっとこむの大きなメリットのひとつと言えます。

5.必要なデータ容量に合わせてプランを選べる

必要なデータ容量に合わせてプランを選択できるのも、WiFiレンタルどっとこむのメリットです。

WiFiレンタルどっとこむにはデータ容量無制限のプランもありますが、それほど多くの容量は必要ないので、料金を抑えたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような場合、WiFiレンタルどっとこむにはデータ容量の少ないプランがあります。

例えば月間5GBのE5383なら、30泊31日レンタルすると1日あたりの料金は127円(税込)と非常にリーズナブルです。

6.端末の受取や返却方法が豊富

Wi-Fiレンタルサービスでは、宅配便や郵送による端末の配送が一般的ですが、WiFiレンタルどっとこむは空港カウンターやコンビニでも受取れます。

空港カウンターは国内10箇所の空港に設置されているため、旅行や出張の際に便利です。

また、コンビニ受取なら近所のお店で好きな時間に受取できるため、帰宅時間が遅い方でも安心してWiFiレンタルどっとこむを利用できます。

7.自動延長だから延長の連絡は必要なし

WiFiレンタルどっとこむは自動延長システムを採用しているため、利用期間を延長した際に高額な料金が発生することはありません。

延長の申請も必要なく、必要なくなったタイミングで返却すれば大丈夫です。

ただし、料金は月末締めの翌月請求となるため、月をまたぐ延長の際は月末までの料金がクレジットカードへ請求されますので、注意しましょう。

8.オプションが充実していて便利

WiFiレンタルどっとこむは端末や回線だけでなく、オプションも充実しています。

以下は、WiFiレンタルどっとこむで利用できるオプションの一覧です。

スクロールできます
料金内容
安心補償サービス44円(税込)/日端末の破損や紛失時の負担を軽減
モバイルバッテリー1645円(税込)/日スマートフォンやWi-Fiルーターの充電が可能
無線子機33円(税込)/日無線LAN受信機能がないパソコンでもWi-Fi接続が可能
カーチャージャーUSB110円(税込)/日車のシガーライターソケットをUSBとType-Cへ変換
USBx4ポートACアダプター110円(税込)/日4つのUSBポート付きアダプター
WiFi中継機ELECOM110円(税込)/日広い場所でWi-Fiの利用範囲を拡大するUSBタイプの中継機
WiFi中継機IODATA55円(税込)/日広い場所でWi-Fiの利用範囲を拡大するコンセント型の中継機
データ通信ケーブル33円(税込)/日Type-BのUSBケーブル
プラグ付モバイルバッテリー220円(税込)/日そのままコンセントに挿すことが可能なモバイルバッテリー

オプションの利用は任意ですが、万が一レンタルしている端末を破損したり紛失したりすると高額な弁済金が発生するため、安心補償サービスを利用するのがおすすめです。

もしも端末を紛失した場合、40,000円(不課税)の弁済金が発生しますが、安心補償サービスに加入していれば8,000円(不課税)の負担で済みます。

そのほか便利なオプションもありますので、端末をレンタルする際に必要なものがあれば検討してみてください。

9.電話やLINEでサポートを受けられる

WiFiレンタルどっとこむは、サポート体制も充実しています。

ちょっとした不明点なら、LINEの自動チャットで簡単に解決できます。

また、営業時間内であれば電話での問い合わせも可能なので、端末の不具合や使い方についてわからないことがあっても安心です。

電話0120-474-235(9:00〜19:00)
電話(海外からの場合)050-5893-8021(9:00〜19:00)
LINE公式アカウント

\WiFiレンタルどっとこむのお申込みはこちら/
WiFiレンタルどっとこむimpression?a id=3395634&p id=2628&pc id=5879&pl id=33478

WiFiレンタルどっとこむをおすすめできる方

wifi rental com008

これまでに紹介したメリットやデメリット、口コミなどをまとめると、WiFiレンタルどっとこむは次のような方におすすめと言えます。

ポケット型Wi-Fiを短期間レンタルしたい方

ポケット型Wi-Fiを短期間レンタルしたい方に、WiFiレンタルどっとこむはおすすめです。

WiFiレンタルどっとこむは1日単位で無制限のポケット型Wi-Fiもレンタル可能なため、引越や入院、出張などで短期間Wi-Fiルーターが必要なシーンで使いやすいサービスと言えます。

月ごとや年間契約のポケット型Wi-Fiでは、使わない期間の料金も負担しなければなりませんが、WiFiレンタルどっとこむなら必要な日数分の料金だけでWi-Fiルーターを利用できます。

ただし、長期利用になるとWiFiレンタルどっとこむは割高となるため、気をつけてください。

いろいろな回線やプランを利用したい方

WiFiレンタルどっとこむには複数の回線や端末がそろっているため、いろいろな回線やプランを利用してみたい方にもおすすめです。

回線はソフトバンク・au・UQ WiMAX・NTTドコモの4種類、端末はポケット型Wi-Fiとホームルーター合わせて14種類ほどあります。

長期契約の前に試してみたい方や、現在使っているものとは異なる回線を試してみたい方、端末の使用感を確認してみたい方などにもおすすめできます。

また、無制限で使えるポケット型Wi-Fiの契約を検討している方は、WiFiレンタルどっとこむなら安い料金で試すことが可能です。

\WiFiレンタルどっとこむのお申込みはこちら/
WiFiレンタルどっとこむimpression?a id=3395634&p id=2628&pc id=5879&pl id=33478

WiFiレンタルどっとこむの申込み方法

wifi rental com009

WiFiレンタルどっとこむの申込み方法を解説します。

以下の手順に沿って申込みを進めてみてください。

1.プランを選択

wifi rental com010
画像参照:WiFiレンタルどっとこむ

はじめに、WiFiレンタルどっとこむの公式ホームページ上部にある「お申し込みはこちら」をタップして申込みページへ進み、プランを選択します。

利用したい回線やデータ容量からプランを決めたら、「台数選択」のところで必要な台数を選びます。

プランを選択する際は、対応エリアの確認も忘れずに行ってください。

2.受取・返却方法を選択

wifi rental com011
画像参照:WiFiレンタルどっとこむ

次に、受取方法と返却方法を決めます。

受取と返却は別々の方法でも問題ありません。

ただし、受取や返却は選ぶ方法によって異なる手数料が発生するので注意しましょう。

wifi rental com012
画像参照:WiFiレンタルどっとこむ

3.利用期間を選択

wifi rental com013
画像参照:WiFiレンタルどっとこむ

レンタルする端末が届く日と返却する日を決めます。

配送先によって配送にかかる日数が異なるため、できるだけ日数には余裕を持って申込みをしましょう。

4.オプションを選択

wifi rental com014
画像参照:WiFiレンタルどっとこむ

オプションは、必要なものがあれば選択してください。

万が一端末を破損したり紛失したりすると高額な弁済金が発生するため、安心補償サービスは加入しておくのがおすすめです。

5.個人情報とクレジットカードの登録

wifi rental com015
画像参照:WiFiレンタルどっとこむ

最後に、個人情報とクレジットカード情報の登録です。

あらかじめクレジットカードを手元に用意しておくと、スムーズに申込みできます。

申込みが完了したら、あとは端末が届くのを待ちましょう。

なお、レンタルセットには取扱説明書なども同梱されているので、はじめてWiFiレンタルどっとこむを利用する方でも、使い方に迷うことはないので安心です。

\WiFiレンタルどっとこむのお申込みはこちら/
WiFiレンタルどっとこむimpression?a id=3395634&p id=2628&pc id=5879&pl id=33478

WiFiレンタルどっとこむの返却方法

wifi rental com016

WiFiレンタルどっとこむの返却方法を解説します。

返却が遅れると自動延長で料金が高くなってしまうため、延長をしない場合は期日に間に合うように返却しましょう。

1.申込時に選択した方法で返却

返却方法は、申込時に選択した方法で行います。

宅配便を選ぶと、レンタルセットに返却用の伝票が同梱されているので、そちらを利用してください。

返却にかかる送料は自己負担となります。

空港返却は、WiFiレンタルどっとこむのカウンターが設置されている空港で、レンタルセットを返却します。

返却手数料が端末1台につき550円(税込)かかることと、カウンターの営業時間をあらかじめ確認しておきましょう。

空港カウンター一覧

ポスト返却は、レンタルセットに同梱されている返送用袋に専用伝票を貼って、中にレンタルセットを入れたらポストへ投函するだけです。

なお、返却はレンタル終了日の翌朝8:00までにポストへ投函しないと、延長になってしまうおそれがあるので注意しましょう。

2.返却完了メールを確認

WiFiレンタルどっとこむで端末の返却が確認できたら、返却完了メールが届きます。

付属品などの不足や延長料金の発生など、なにかあればこのメールで連絡がくるので、必ず返却完了メールをチェックしてください。

まとめ

wifi rental com017

WiFiレンタルどっとこむは、豊富なプランが揃ったWi-Fiレンタルサービスです。

15時までの申込みは当日発送なので、急にWi-Fiルーターが必要となった場合でも、すぐに利用できます。

また、端末の受取や返却方法も選べるため、さまざまなライフスタイルの方が利用しやすいサービスです。

ただし、WiFiレンタルどっとこむは長期利用になると割高なので、短期での利用がおすすめとなります。

そのほか、電波が繋がらなかった際の返金対応はないので、事前に対応エリアの確認を行ったうえで申し込んでください。

\WiFiレンタルどっとこむのお申込みはこちら/
WiFiレンタルどっとこむimpression?a id=3395634&p id=2628&pc id=5879&pl id=33478

WiFiレンタルどっとこむについてよくある質問

WiFiレンタルどっとこむについてよくある質問を、ピックアップして紹介します。

WiFiレンタルどっとこむを使っていて通信制限がかかることはある?

WiFiレンタルどっとこむを使っていて通信制限がかかることはある?

WiFiレンタルどっとこむは、通信制限がかかる場合があります。

データ容量はプランごとに異なるため、事前に確認してから選びましょう。

「無制限」と書かれているプランでも、1日あたりや月間のデータ容量に制限があるので、利用するプランの「無制限の注意事項」を確認してみてください。

なお、UQ WiMAXの場合は以下に該当するケースのみ、通信制限がかかります。

  • WiMAX 2+を利用していて3日間で10GBを超えた
  • プラスエリアモードを利用していて月間7GBを超えた
  • WiMAX +5Gを利用していて一定期間内に大量のデータ通信をした
  • 回線が混雑する時間帯

データ容量を気にせずに使いたい方は、UQ WiMAXの5G対応端末を選ぶのがおすすめです。

WiFiレンタルどっとこむにキャンペーンはある?

WiFiレンタルどっとこむにキャンペーンはある?

WiFiレンタルどっとこむではキャンペーンを実施していることがあるので、申込み前に公式ホームページを確認してみましょう。

また、WiFiレンタルどっとこむの公式LINE限定でキャンペーンが開催されることもあるため、友だち追加しておくのもおすすめです。

そのほか、JAFの会員の方はWiFiレンタルどっとこむの優待割引が利用できます。

詳しくは「JAFナビ」をご確認ください。

WiFiレンタルどっとこむの問い合わせ先は?

WiFiレンタルどっとこむの問い合わせ先は?

WiFiレンタルどっとこむの問い合わせ先は、以下の3種類です。

電話0120-474-235(9:00〜19:00)
電話(海外からの場合)050-5893-8021(9:00〜19:00)
LINE公式アカウント
フォームお問い合わせページ

簡単な問い合わせはLINEでも可能ですが、詳しい説明が必要な場合は電話かフォームからの問い合わせがおすすめです。

WiFiレンタルどっとこむのポケット型Wi-Fiにかかった通信制限はいつ解除される?

WiFiレンタルどっとこむのポケット型Wi-Fiにかかった通信制限はいつ解除される?

WiFiレンタルどっとこむのポケット型Wi-Fiを使っていて通信速度が制限された場合、解除のタイミングは利用している回線やプランによって異なります。

WiMAX 2+の場合、直近3日間で10GBを超えるとその翌日の18時頃~翌2時頃まで通信制限がかかります。

そのほかの回線で1日あたりのデータ容量を超過した場合は、0時を超えると順次解除されます。

WiFiレンタルどっとこむのおすすめ機種は?

WiFiレンタルどっとこむのおすすめ機種は?

データ容量がそれほど必要なく、とにかく安くポケット型Wi-Fiを使いたいなら「SoftBank E5383 5GB」がおすすめです。

30泊31日レンタルすると、1日あたりの料金は127円(税込)と非常に安くなります。

また、料金よりも快適さを求めるのであれば、「WiMAX 5G X11 無制限」がおすすめです。

こちらはWiMAX +5Gにも対応しているため、対応エリアが広いうえ通信速度が速く、データ容量の上限もないので無制限で利用できます。

WiFiレンタルどっとこむはキャンセル料がかかる?

WiFiレンタルどっとこむはキャンセル料がかかる?

利用開始日の4日前までにキャンセルすれば、キャンセル料はかかりません。

それ以降は申込み金額の100%がキャンセル料として請求されるので、キャンセルは4日前までに行いましょう。

WiFiレンタルどっとこむのクーポンの使い方は?

WiFiレンタルどっとこむのクーポンの使い方は?

クーポンは、申込みページに「クーポンコードをお持ちの方は入力してください」という欄があるので、そちらへ入力して申込みをしてください。

WiFiレンタルどっとこむのクーポンを入力できない

WiFiレンタルどっとこむのクーポンを入力できない

価格.comなど、一部のサイト経由でWiFiレンタルどっとこむを利用する場合、すでに割引が適用されているケースがあり、申込みページにクーポンコード入力欄が表示されません。

WiFiレンタルどっとこむのトップページ上部に「〇〇限定特別価格」と書かれていたり、料金一覧に「特定サイトからの特別価格」と表示されたりしている場合が該当します。

このような表示がある場合はクーポンを利用できませんので、また次回利用時にクーポンを使いましょう。

dsk profile
著者

通信系WEBライター

伊藤 大介(イトウ ダイスケ)

通信企業でマーケティングMgrとして、広告運用やオウンドメディア運用を経験。ライティングやディレクションのほか、自らメディアの制作・運用も行う。2013年から現在まで、SEOについてインプットとアウトプットを継続中。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップしてジャンプ)