WiMAXをおすすめしない理由とは?デメリットについて詳しく解説

  • URLをコピーしました!

WiMAXは「知らない」と答える人の方が少ないと言えるほど知名度が高く大変人気のサービスです。

ポケット型WiFi界隈では絶大なシェアを誇り、モバイルルーターの先駆者的存在でそのネームバリューも非常に大きく信頼性の高いサービスとなっています。

しかし、そんな人気サービスでも人によっては「おすすめできない」場合もあるのです。

本記事ではWiMAXのデメリットを踏まえて、おすすめできない理由やおすすめできる人の特徴についてまとめていきます。

WiMAXの契約を検討している人はぜひ最後までご覧ください!

目次(タップしてジャンプ)

WiMAXとは?

WiMAX(ワイマックス)とは、UQコミュニケーションズ株式会社が提供するモバイルルーターを用いたインターネット接続サービスです。

2009年7月1日にサービスを開始し、2021年には契約回線数が3500万回線を突破するなど、非常に人気の高いサービスとなっています。

2021年4月には「WiMAX 2+」の後継となる「WiMAX +5G」をリリースしました。

従来のサービスの弱点であった「3日間制限」の撤廃、屋内での繋がりやすさを確保するために標準でau4GLTE回線が使用できるようになるなど、目まぐるしい進歩を遂げています。

また、au5G回線にも対応しており、5Gエリアの拡大とともに更なる利便性の向上が期待できるサービスと言えるでしょう。

監修者:河村

サービス開始から10年以上が経過した現在でもその勢いは止まることを知りません…!

参考

WiMAXをおすすめできない7つのデメリット

そんな大人気のWiMAXですが、使用ニーズによっては万人におすすめできないというのも事実です。

ここではWiMAXをおすすめしない7つのデメリットについて解説していきましょう。

WiMAXをおすすめしない理由
  1. 理論値速度と実際の速度の差が大きい
  2. 屋内ではつながりにくい可能性がある
  3. 光回線に比べると通信速度が遅い
  4. 固定回線に比べると速度が安定しにくくムラが大きい
  5. Ping値が大きいためオンラインゲームには使えない
  6. 本当の意味でパケット無制限ではない
  7. 中途解約時には端末残債の精算が必要

理論値速度と実際の速度の差が大きい

WiMAX +5Gの最高速度は理論値では「2.7Gbps」となっており、一般的に普及している光回線の最大理論値(1Gbps)の2倍以上の通信速度となっています。

しかし、それはあくまでも「理論上の話」で実際の計測値は理論値と大きく乖離しているのです。

スクロールできます
機種名実測値目安|下り/上り
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR0181.37Mbps /14.16Mbps
Speed Wi-Fi 5G X1147.03Mbps /9.09Mbps
Speed Wi-Fi HOME 5G L1255.86Mbps /11.9Mbps
Speed Wi-Fi HOME 5G L11103.94Mbps /16.01Mbps
実測値はみんそくを参考

上記は「みんそく」のデータをWiMAX +5G対応端末別の速度データです。

これを見ると理論値最大速度の「2.7Gbps」にははるかに及ばないことがわかります。

理論値速度実測値実測値/理論値(%)
下り2.7Gbps81.37Mbps 3
上り183Mbps14.16Mbps7%
速度数値は上記表のGalaxy 5G Mobile Wi-Fiを参考

実測値が理論値に占める割合を計算してみると、下り速度では理論値のたった3%、上り速度では7%しか速度が出ていないのです。

えー!!すっごく遅いじゃん!大丈夫なの?

監修者:河村

通常利用時に体感する速度としては100Mbpsも1000Mbpsもそれほど変わりありませんのでそこまで気にする必要はないでしょう。
むしろモバイルルーター界隈ではWiMAXの速度はトップクラスです。

屋内ではつながりにくい可能性がある

WiMAX+5Gはキャリアのスマートフォンに比べると屋内で繋がりにくい可能性があります。

旧サービスの「WiMAX 2+」はBand41(2.5GHz帯)と呼ばれる回線帯域を用いて通信していました。

周波数の特性として「周波数が高いほど高速通信ができる反面、直進性が増すため建物の中では繋がりにくい」というデメリットがあるため、WiMAX 2+は屋内では遅いという口コミ評判が大変多く聞かれていたのです。

WiMAX +5Gではこの弱点を解消するためにBand1(2.1GHz帯)とBand3(1.7GHz帯)に属する「au4GLTE回線」を標準で使えるように仕様変更を行いました。

これによって従来のWiMAX 2+に比べると屋内での通信速度は劇的に改善したのです。

WiMAX +5GWiMAX 2+

標準で利用できる回線
WiMAX 2+(Band41)
au 4GLTE(Band1/3)
au 5G(N78)

(スタンダードモード)
WiMAX 2+(Band41)
(ハイスピードモード)
オプションで利用できる回線au 4GLTEプラチナバンド
(Band18/26)
au 4GLTEプラチナバンド
(Band18/26)
つながりやすさつながりやすいつながりにくい

ただし、これはあくまでも「WiMAX 2+」と比較した時の話です。

回線帯域にはもっと屋内でつながりやすい「プラチナバンド」と呼ばれる周波数帯域が存在します。

このプラチナバンドは楽天モバイル以外のすべてのキャリアで利用できる回線で、屋内での高速通信を可能にしているのです

WiMAX +5Gでも「プラスエリアモードオプション」を利用すればプラチナバンドを使ってインターネット接続ができますが、月間15GBまでという制限があり、超過後はプラチナバンドを利用したインターネット通信は速度制限がかかってしまうため使い勝手としてはそこまで良くありません。(15GB超過後も通常モードは速度制限なしで利用可能)

光回線に比べると通信速度が遅い

WiMAXは光回線や光ファイバー網を用いたケーブルテレビ回線などと比べると、通信速度がそこまで速くありません。

実際の通信速度を「ドコモ光」を例に挙げて見てみましょう。

下り実測値上り速度実測値
光回線(ドコモ光)270.76Mbps213.32Mbps
WiMAX +5G(SCR01)81.37Mbps14.16Mbps
参考:みんそく

このようにWiMAX +5Gは下り速度では光回線の約3分の1、上り速度では15分の1程度となっていることがわかります。

監修者:河村

WiMAX +5Gは大容量のファイルを短時間でダウンロード・アップロードするような用途には向いていません。

固定回線に比べると速度が安定しにくくムラが大きい

WiMAXは「BWA(Broadband Wireless Access)」という通信方式をとっており、基地局までの通信を無線で実現できるというのが最大の特徴です。

無線通信のためどこでもインターネットができるメリットがある反面、回線利用者の数などの混雑状況、時間帯、気候などによって通信速度のムラが生じてしまうというデメリットが存在します。

「回線速度の安定」を求めるのであればWiMAXよりも固定回線のほうが優れていると言えるでしょう。

Ping値が大きいためオンラインゲームには使えない

Ping値とは、ある操作をした時にそれが反映されるまでの「応答時間」のことを指します。

数値が低ければ低いほど優れており、「遅延が少ない」と言い換えられることが多いです。

とりわけオンラインゲームではこの応答時間の速さがプレイの質を左右するような側面が大きく、Ping値が大きいWiMAXをオンラインゲーム用途で利用するのは不向きとなっています。

Ping値
光回線(ドコモ光)20.09ms
WiMAX +5G(SCR01)53.41ms
監修者:河村

ただし、スタンドアローン型の5Gが普及すれば「超低遅延」が実現します。
5Gの特徴は「超低遅延」に加えて「多数同時接続」「超高速」という3つの特徴が挙げられます。
参考:総務省|5Gの基本コンセプト

本当の意味でパケット無制限ではない

WiMAX +5Gでは「3日間で15GB制限」に関して2022年2月1日以降撤廃されましたが、下記のような通信制限要項が残っています。

より多くのお客さまにWiMAX +5Gを快適にご利用いただくために、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

<お知らせ>
これまで直近3日間の通信量が合計15GB以上の場合、通信速度を一律に制限しておりましたが、お客さまのご利用状況をふまえ、速度制限条件などを2022年2月1日より変更いたしました。

引用:UQ WiMAX ※太字は筆者が付与

このように厳密には「一定期間に大容量通信を行なった場合にのみ速度制限がかかる」となっているため、本当の意味でパケット無制限とは言えないのです。

どのくらいの通信が大容量通信に当たるかまでは明記されていませんが、固定回線よりは利用できるパケット上限は間違いなく少ないのは確かでしょう。

あれ?固定回線ってパケット無制限なんじゃないの?

監修者:河村

光回線の場合も大容量通信を行なった利用者に対しては速度制限をかける旨が注釈されているプロバイダが多い印象です。
「本当の意味での使い放題」は固定回線・モバイル回線含めて存在しません。

端末費用を分割払いにした際に中途解約すると端末残債の精算が必要

2022年7月1日に施行された「改正電気通信事業法」に則って、多くのWiMAXプロバイダーが「契約期間なし」もしくは「契約期間ありの場合の違約金上限を月額費用1ヶ月分を目安」とするようにプラン変更が行われました。

プロバイダー契約期間
UQWiMAXなし
カシモWiMAXなし
BroadWiMAX24ヶ月/なし
GMOとくとくBB24ヶ月
BIGLOBE WiMAXなし

これによって、ほとんどのWiMAXプロバイダーで「端末費用が全額ユーザー負担」へと変更されたのです。

多くの場合、端末総額を36分割=3年間の支払いとするため、3年以内に解約すると当然端末料金の残債精算が必要となります。

改訂により違約金は安くなりましたが、端末代金を支払い終えない中での解約時には端末残債の精算があることはよく覚えておきましょう。

WiMAXはこんな人にはおすすめできる

ここまでで7つのデメリットを説明してきましたが、全ての人にWiMAXがおすすめできないわけではありません。

WiMAXの利用が向いている人にはこのような特徴があります。

WiMAXをおすすめできる人
  • 工事不要ですぐにインターネット環境が欲しい方
  • 速度の速いポケット型WiFiを探している方
  • ホームルーター/モバイルルーターでパケット上限を気にせずにたっぷりインターネットを楽しみたい方

工事不要ですぐにインターネット環境が欲しい方

WiMAXの魅力の一つが「工事不要で届いたらすぐにインターネットができる」ということです。

光回線であれば申し込みから工事予約、工事の立ち合いが必要となるため申し込みから開通までに時間がかかってしまうデメリットがあります。

また、工事立ち合いは業者の都合上平日にしなければならないことも多いため都合がつけにくく、自宅内に他人が入ってくることにも抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

そういった点でWiMAXであれば、届いた端末の電源を入れて、お使いのスマートフォンやパソコンとWi-Fi接続するだけでインターネット環境を手にすることができます。

また、固定回線と違って引っ越しをする際にも解約が不要という点もおすすめしたいポイントの一つです。

監修者:河村

アパートに1から固定回線を引くと、引っ越しをする際に現場復帰をする必要が出てくるため、回線撤去費用を請求されるケースもあります。
通信速度や応答時間こそ光回線には敵いませんが、通常用途であればWiMAXで十分事足りるでしょう!

速度の速いポケット型WiFIを探している方

速度の速いポケットWiFiを探している方にもWiMAXはおすすめできます。

あれ?回線速度が遅いのがWiMAXのデメリットって言ってなかった?

監修者:河村

確かに光回線と比べるとWiMAXの通信速度は遅いのですが、ポケット型WiFiの中では非常に速い部類に入るのです。

下記の代表的なポケット型WiFiサービスの実測値比較表をご覧ください。

下り実測値上り実測値
WiMAX +5G(SCR01)81.37Mbps14.16Mbps
WiMAX 2+(W06)45.36Mbps7.42Mbps
ドコモギガホプレミア(SH-52A)152.95Mbps15.37Mbps
Pocket WiFi®︎(802ZT)30.63Mbps10.24Mbps

ドコモギガホプレミアには敵いませんが、多くのポケット型WiFiがソフトバンク回線を用いているのに対して、WiMAX2+回線とau回線を利用しているWiMAX +5Gが非常に高速ということが表からは読み取れます。

ドコモギガホプレミアは月額7,315円(税込)、端末(SH-52A)も70,000円近くすることから決してコスパがいいとは言えません。

その点WiMAX +5Gでは月額5,000円程度、端末も20,000円程度で入手できるため、コストパフォーマンスが非常に高いサービスと言えるでしょう。

ホームルーター/モバイルルーターでパケット上限を気にせずたっぷりインターネットを楽しみたい方

WiMAX +5Gではホームルーター/モバイルルーターのどちらでも、パケット上限を気にすることなく利用することがでます。

2022年2月1日から3日間の合計パケット通信量超過による速度制限要件が撤廃となったため、最近では固定回線の代わりとしてWiMAXホールルーターを選ぶ人が増えてきている印象です。

最新機種の「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」では同時接続台数も40台までと大変多いため、インターネットに接続すべき家電製品が多い方や家族みんなで利用したい方にピッタリでしょう。

また、モバイルルーターは一人暮らしの方に最適です。

UQモバイルユーザーであれば「セット割」が適用されるため、キャリアパケット無制限プランよりも安価に利用することが可能となっています。。

くりこしプランS+5GWiMAX+5G
ギガ放題プラス
月額料金1,628円(税込)4,950円(税込)
割引▲638円(税込)
自宅セット割
インターネットコース
▲682円(税込)
WiMAX5Gはじめる割
(25ヶ月間)
合計990円(税込)-①4,268円(税込)-②

合計金額

①+②=5,258円(税込)

実質的にパケット無制限のような感覚で利用可能

契約プロバイダ別のおすすめしない理由

ここまででWiMAXに興味を持たれた方も多いのではないでしょうか?

ここからはWiMAXプロバイダ別に「おすすめしない理由」について説明していきます。

カシモWiMAXをおすすめしない理由は端末分割払いにしないと割引が受けられないから

画像参照:https://www.ka-shimo.com/wimax

カシモWiMAXお得情報

端末分割払い指定で分割払い分の費用分を割引

→実質端末費用が無料!

カシモWiMAXはキャッシュバックキャンペーン等を一切していないのにも関わらず、シンプルに安いというのが魅力のWiMAXプロバイダです。

他のWiMAXプロバイダと異なり、1ヶ月目以降の料金がずっと変わらないというわかりやすさも人気理由の一つになっています。

カシモWiMAXをおすすめできないポイントは「端末を分割払いにしないと割引が受けられない」ためです。

分割払いを指定すると端末分割費用分の割引が毎月受けられます(605円(税込)×36ヶ月分)が、一括払いにするとこの特典を受けることができません。

Broad WiMAXをおすすめしない理由は辞めにくいから

画像参照:https://wimax-broad.jp/price/

Broad WiMAXお得情報

他社からの乗り換えで発生する違約金を最大19,000円(不課税)キャッシュバック!

Broad WiMAXは他回線サービスの解約にかかった違約金などを最大19,000円まで負担してくれる非常に珍しいWiMAXプロバイダです。

契約期間は24ヶ月、中途解約時には一律3,883円(税込)の違約金請求がありますが、「いつでも解約サポート」を利用することで違約金なしで提示された回線系サービスに乗り換えられるというメリットもあります。

Broad WiMAXをおすすめしない理由は「サービス解約が行いにくい」からです。

Broad WiMAXは特定条件(クレカ払い+2種のオプション加入)を満たすと初期費用20,743円(税込)が無料になる「WEB割キャンペーン」を実施しています。

「WEB割キャンペーン」を適用した場合での解約では、契約期間内解約に対する違約金以外にも「WEB割キャンペーン解約に関する違約金」も請求されてしまうのです。

仮にBroad WiMAX(ギガ放題バリュープラン)を13ヶ月目で解約した場合の費用は下記になります。

  • 違約金:3,883円(税込)
  • WEB割違約金:10,450円(税込)
  • 端末費用:13,915円(税込)(605円(税込)×23ヶ月分)

合計|28,248円(税込)

このようにブロードワイマックスは「他社からの乗り換えにかかる違約金を免除してもらいたい」「契約期間内は解約しない」人でないとおすすめできません。

\公式サイトを見てみる/
ブロードワイマックス

UQ WiMAXをおすすめしない理由は初期費用が高額だから

画像参照:https://shop.uqwimax.jp/shop/

UQ WiMAXは全プランで契約期間がないため、解約時の違約金の心配をすることなく利用できる点が魅力です。

一方で、初期費用が高額となるため、一時的な出費が気になる方についてはおすすめできません。

UQ WiMAXの初月費用を見ていきましょう。

初月請求費用

契約事務手数料3,300円(税込)
初期費用0円(税込)
端末費用21,780円(税込)
月額費用4,268円(税込)
合計29,348円(税込)

このように、端末費用を一括払いにした場合は初月に3万円近い出費となります。

端末を分割払いにすれば初月請求額は8,000円程度で収まりますが、端末を分割払いにしている分月額費用が高額となり、36ヶ月以内の解約では端末残債の精算もする必要があります。

監修者:河村

ただし、時期によってはオンラインショップ申し込みで端末を特別価格で提供している場合があるため、その場合はお得に申し込むことができます。

\公式オンラインショップを見る/
UQ WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXをおすすめしないのはキャッシュバックが受け取りにいから

GMOとくとくBB WiMAXは月額費用の安さとキャッシュバックキャンペーンの相乗効果でWiMAXプロバイダの中でも1位2位を争う非常に価格の安さが人気のWiMAXプロバイダーです。

GMOとくとくBBお得情報

新規申込で23,000円(不課税)キャッシュバック!

他社から乗り換え時にかかる違約金を最大49,000円(不課税)キャッシュバック!

ただし、キャッシュバックの受け取りが利用開始11ヶ月後以降となるため、手続きをし忘れてキャッシュバックを受け取れない可能性がデメリットと言えます。

契約後に来るキャッシュバック手続き方法が記載されているメールで手続きを行わないと受け取りができないため注意が必要といえるでしょう。

画像参照:https://gmobb.jp/lp/gentei8/

\公式サイトを見てみる/
GMOとくとくBB

まとめ

以上、WiMAXをおすすめしないデメリットについて解説してきました。

確かに固定回線とWiMAXを比較してしまうと見劣りする面が多くなるのは事実です。

しかし、WiMAXにしかない「工事不要で届いたその日からインターネットができる」という魅力は固定回線には変え難い大きな魅力も大きいでしょう。

また、モバイル回線を使ったインターネットサービスの中でも速度が速く、実質無制限のような感覚で利用できるのも大きなメリットと言えます。

これを機にぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

MasterNetはあなたのWiMAX選びを全力で応援しています!

この記事の執筆・監修者
河村亮介

河村亮介(カワムラリョウスケ)

モバイルルーター比較専門家

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイル回線選びの専門家。徹底した通信速度測定に定評がある。回線系比較サイト「GreenWaves」運営/WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表

プロフィールを見る▶︎▶︎

GMOとくとくBB|最安値クラス!何をとっても素晴らしい

  • 37ヶ月間総額でWiMAX史上最安値クラス
  • キャッシュバックキャンペーンがお得23,000円キャッシュバックに加えて他社から乗り換えでかかる違約金を最大49,000円まで還元!
  • 端末費用は21,780円(税込)(36分割で605円(税込)/月)
  • 契約期間は24ヶ月自動更新なし|違約金は最大1,100円(税込)

\公式サイトを見てみる/
GMOとくとくBB

カシモWiMAX|シンプルに安いプロバイダを探している人に

  • シンプルに基本料金が安くキャッシュバック受け取り忘れの心配がない
  • 月額料金の値上がりなし
  • 端末分割払いなら実質端末費用が無料!で超お得(▲605円(税込)×36回)
  • 契約期間縛りなし
  • プラスエリアモード|1,100円(税込)/月

\公式サイトを見てみる/
カシモWiMAX

BIGLOBE WiMAX|キャッシュバックで選びたい方向け

  • 契約期間なしで違約金も無料
  • 申込み翌月に5,000円(不課税)もらえるキャッシュバックキャンペーンがお得※実施時のみ
  • 公式サイト公開のクーポンコードでさらにお得に
  • 口座振替に対応して且つ安い
  • 端末費用|21,792円(税込)(クレカ払いは24分割/口座振替は一括払いのみ)
  • プラスエリアモード|1,100円(税込)/月

\公式サイトを見てみる/
BIGLOBE WiMAX +5G

Broad WiMAX|他社からの乗り換え時にかかる違約金をキャッシュバック

  • バリュープラン(24ヶ月契約)とフリープラン(縛りなし)から選べる
  • 他社からの乗り換え時に発生する違約金を最大19,000円(不課税)まで負担
  • 他社乗り換え時は契約事務手数料3,300円(税込)が無料
  • クレジットカード払いなら初期費用が無料
  • 口座振替に対応
  • 端末費用|21,780円(税込)(一括/36回分割)
  • バリュープランの解約違約金は一律1,100円(税込)

\公式サイトを見てみる/
ブロードワイマックス

UQ WiMAX|本家の安心感と契約期間なしが魅力

  • 全プラン契約期間なしで違約金が無料
  • UQスポットでサポートが受けられる
  • WiMAX 5Gはじめる割(▲682円(税込)×25ヶ月間割引)で月額費用がお得に
  • 口座振替に対応
  • オンラインショップ限定で端末費用が特価|5,940円(税込)〜(通常21,780円(税込))
  • プラスエリアモード利用料|1,100円(税込)

\公式サイトを見てみる/
UQ WiMAX

5G CONNECT|初期費用を抑えて端末を「レンタル」したい方向け

  • 端末レンタルで初期費用が安く始めやすい
  • 指定利用期間3ヶ月以降はいつ解約しても違約金なし
  • お試しでWiMAXを使いたい方に最適
  • 端末費用|無料(無料レンタル)
  • プラスエリアモード利用料|無料
  • UQモバイル/auのセット割は非適用

\公式サイトを見てみる/
5G CONNECT

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップしてジャンプ)