WiMAX速度制限の緩和について解説|3日で15GB制限から実質制限なしへ!

  • URLをコピーしました!

WiMAXの速度制限とは、以下に該当するケースを指します。

速度制限がかかるご利用データ量直近3日間で10GB以上(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計)
制限時間3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯(18時頃~翌2時頃)
制限後の最大通信速度概ね1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)
出典:UQ WiMAX
※WiMAX 2+ のみ

また、WiMAX +5Gも3日間で15GB以上使うと速度制限がかかっていました。しかし、こちらは2022年2月1日に緩和され、現在は実質無制限で利用できます。

そこで今回こちらの記事では、WiMAXの速度制限の緩和とはどのようなものなのか、詳しく解説します。

目次(タップしてジャンプ)

WiMAXの速度制限がかかる基準

速度制限がかかる基準は、利用しているプランが「WiMAX 2+」と「WiMAX +5G」どちらを使っているかで決まります。

WiMAX +5Gは制限が緩和されていますが、WiMAX 2+はこれまで通り利用状況に応じて制限がかかります。

では、WiMAXの速度制限について、詳しく見ていきましょう。

ギガ放題(WiMAX 2+)プランは3日間で10GB

ギガ放題(WiMAX 2+)プランは、3日間で10GB以上使うと制限がかかります。3日間とは当日を含む3日間なので、たとえば以下のような場合が該当します。

ギガ放題(WiMAX 2+)プランの速度制限の例
  • 今日:5GB
  • 昨日:3GB
  • 一昨日:3GB

上記のケースは、今日4GBを超えた時点で制限の対象です。

また、昨日と今日で合計8GB使用していますので、明日2GBを超えると再び制限の対象になります。

仮に1〜2日で10GBを超えた場合は、当日を含む3日間制限がかかり続けるので注意が必要です。

ギガ放題プラス(WiMAX +5G)プランは速度制限が緩和され3日間で15GB制限は撤廃

ギガ放題プラス(WiMAX +5G)プランは、これまで3日間で15GB以上使うと、WiMAX 2+と同じように速度制限がかかっていました。

しかし2022年2月1日に制限が緩和されたことで、利用状況を気にすることなく、実質無制限での利用が可能です。

この速度制限の緩和は、ユーザーにとって非常に大きなメリットと言えます。

現在WiMAXを取り扱う事業者の中で、ギガ放題プラス(WiMAX +5G)プランを提供しているのは、以下の事業者です。

WiMAXでギガ放題プラス(WiMAX +5G)プランを提供している事業者
  • UQ WiMAX
  • カシモWiMAX
  • GMOとくとくBB
  • So-net WiMAX
  • Broad WiMAX
  • VisionWiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • DTI WiMAX
  • hi-ho WiMAX
  • J:COM WiMAX
  • 5G CONNECT

2022年7月時点

WiMAX 2+が速度制限にかかるとどうなる

WiMAX 2+の速度制限がどれくらいの通信速度になるのか、いつまで速度制限がかかるのかなど、詳しく見ていきましょう。

WiMAXが速度制限される時間帯

WiMAX 2+の速度制限の時間は、3日間で10GB以上使った翌日の18時頃から翌2時頃までです。

上限を超えた瞬間ではありませんので、注意しましょう。

WiMAX速度制限後の速度

速度制限後は、1Mbps程度になります。

これは最大速度を示しているため、実際にはこれよりも遅くなる可能性があります。

速度制限後はどれくらい使える?

WiMAX 2+が速度制限されても、メールの送受信やインターネットサイトの閲覧程度なら、問題なく利用できます。

YouTubeなどの動画視聴についても、360pや480p程度の低画質であれば、ほぼ問題なく視聴が可能です。

ただし、高画質な動画の視聴は動画が途切れたり、容量の大きなファイルの送受信は通常よりも時間がかかったりするなどの可能性があります。

ギガ放題(WiMAX 2+)プラン

ギガ放題(WiMAX 2+)プランは、速度制限がかかると通信速度がおおむね1Mbpsとなります。

1Mbpsとはどれくらいの速度で、どんなことができるのでしょうか。

1Mbpsでは何が出来る?

インターネットの速度制限と言えば、以前は128Kbpsまで制限されることが多くありました。

しかし現在は、WiMAXのように制限されても1Mbps程度なので、比較的多くのことができます。

インターネットサイトの閲覧やSNSの利用、LINEのやり取り、低画質での動画視聴はほぼ問題ありません。

ただし、通販サイトのように画像が多く表示されるページやInstagramなど写真がメインのSNSは、やや表示に時間がかかる場合があります。

以下は、1Mbpsで利用した際のサービスごとの快適度を表しています。

Twitter
Instagram
Facebook
LINE
Skype
ニュースサイト
地図
通販サイト
YouTube○ ※高画質を除く
Netflix○ ※高画質を除く
Hulu○ ※高画質を除く

WiMAXの速度制限が解除されるのは何時?

速度制限が解除されるのは、3日間で10GB以上使った翌々日の2時頃です。

速度制限の解除後も通信が出来ないケース

通常だと3日間で10GB以上使った翌々日の2時頃に速度制限は解除されますが、2時を過ぎても制限が継続しているケースがあります。

これは、制限が解除される2時より前から通信を利用している場合です。

この場合、一度電源を落とすなどしてWiMAX 2+のインターネット接続を解除してから接続し直すことで、制限を手動解除できます。

WiMAXモバイルルーターの平均速度はどれくらい?

WiMAXモバイルルーターを利用した際、実際にどれくらいの通信速度が出るのでしょうか。

今回は、通信回線の速度比較サイトである「みんなのネット回線速度(みんそく)」のデータを参考に、検証していきます。

WiMAX 2+対応機種の平均速度

WiMAX 2+対応機種の時間帯別の平均速度は以下のようになっています。

スクロールできます
時間帯下り上り
64.8Mbps11.25Mbps
52.69Mbps10.45Mbps
夕方51.05Mbps9.25Mbps
49.0Mbps9.34Mbps
深夜78.18Mbps12.99Mbps
出典:みんそく

上記のデータから、下りは59.14Mbps上りは10.66MbpsがWiMAX 2+対応機種の平均速度となります。

利用者が多くなる夕方から夜にかけての時間帯は、若干速度が低下しますが、通常使用には支障のないレベルです。

WiMAX +5G対応機種の平均速度

次にWiMAX +5G対応機種の平均速度です。

こちらもみんそくから、時間帯別の平均速度を見てみましょう。

スクロールできます
時間帯下り上り
56.63Mbps12.16Mbps
44.96Mbps12.61Mbps
夕方49.83Mbps9.82Mbps
46.16Mbps9.24Mbps
深夜53.97Mbps11.33Mbps
出典:みんそく

上記のデータから、下りは50.31Mbps上りは11.03MbpsがWiMAX +5G対応機種の平均速度となります。

やはり朝や深夜の時間帯が速く、それ以外の時間帯は若干速度が落ちます。

ただし、高画質動画でも問題なく再生できるだけの速度が出ています。

速度制限をされずにWiMAXを使用するには

制限がかからない状態でWiMAXを使用するには、WiMAX +5Gを利用することです。

WiMAX +5Gなら、制限が緩和されたので好きなだけ使えます。

3日で15GBの制限が解除された「ギガ放題プラス」を利用する

制限のないWiMAXを使用するには、「ギガ放題プラス」を利用しましょう。

制限を気にすることなく、高速通信を利用できます。

まとめ|WiMAX +5Gは実質速度制限なしで使える

WiMAX 2+は利用状況によって制限がかかりますが、最新のWiMAX +5Gは制限が緩和されたため、ほぼ無制限で利用できます。

制限がかかると1Mbps程度になるため、通常時よりもかなり速度が落ちます。

SNSやインターネットサイト閲覧は可能ですが、高画質な動画の視聴などは難しくなるため、利用するデータ量が多い方はWiMAX +5Gがおすすめです。

WiMAX速度制限に関するよくある質問

WiMAXの速度制限に関するよくある質問と、その回答を紹介します。

制限が緩和されたギガ放題プラスは実際どれくらい使える?

制限が緩和されたギガ放題プラスは実際どれくらい使える?

ギガ放題プラスは、3日間で15GB以上利用した際の速度制限を緩和したため、基本的には無制限で利用可能です。

ただし、一定期間内に大量の利用を行うと、キャリア側の判断によって速度制限がかけられるケースもあります。

3日で10GBってどのくらい使える?

3日で10GBってどのくらい使える?

3日で10GBとは、実際どれくらい使えるのでしょうか。

PCでYouTubeを視聴したケースを想定すると、以下のようになります。

内容

画質

10GB

YouTube

超高画質

約7時間

高画質(HD)

約13時間

標準画質(SD)

約47時間

低画質

約83時間

出典:UQ WiMAX

WiMAXの通信量がおかしいのですが心当たりはありますか?

WiMAXの通信量がおかしいのですが心当たりはありますか?

WiMAX端末に表示される通信量がおかしい場合、次のような原因が考えられます。

WiMAXに表示される通信量が急激に増加する4つの原因
  • 動画視聴によって急激に通信量が増加した
  • スマートフォンのOSが通信を行っていた
  • スマートフォンのアプリがバックグラウンドで通信していた
  • 自分以外の第三者がWiMAXに接続していた

これらの対処法としては、まずWiMAXを使用しない時は電源を切ることです。

電源を切っていれば、通信は発生しません。

PCやスマートフォンの設定も見直してみましょう。

アプリやOSが自動更新になっていると、WiMAXに接続したタイミングで、勝手に通信が行われてしまいます。

また、WiMAXの接続に必要なパスワードは、定期的に見直すようにしましょう。

パスワードを定期的に変更すれば、自分以外の誰かが勝手にWiMAXに接続するといったことも避けられます。

WiMAXの速度制限が解除されないのですがどうしたらいいですか?

WiMAXの速度制限が解除されないのですがどうしたらいいですか?

WiMAXの速度制限は、課金して解除するといったことはできませんので、速度制限が解除されない場合は、以下をチェックしてみてください。

WiMAXの速度制限かかった際に確認するべき3つのこと
  • データ使用量
  • WiMAXの契約内容
  • プラスエリアモードの利用状況

WiMAX 2+を利用している方で、3日間の使用量が10GB以上になっていれば、10GBを下回るまで速度制限は解除されません。

また、WiMAXの契約内容も確認が必要です。

契約プランがWiMAX 2+の場合、前述した通り使用量によって速度制限がかかります。

WiMAX +5Gの契約になっていれば、基本的に速度制限がかかることはありません。

ただし、プラスエリアモードは月間データ容量の上限が15GBまでとなっており、超過すると最大128kbpsの速度制限がかかります。

プラスエリアモードの速度制限は翌月1日まで解除されませんが、スタンダードモードは通常通り使用できます。

WiMAXは制限なしと聞いたのですが嘘ですか?

WiMAXは制限なしと聞いたのですが嘘ですか?

WiMAX 2+は完全無制限ではありません。

月間データ量の制限はありませんが、3日間で10GBの制限が存在しています。

また、WiMAX +5Gは速度制限が緩和されたため、制限無く利用できます。

一定期間内に大量の使用を行うと、速度制限がかかるケースもありますが、基本的には実質無制限で使用できます。

この記事の執筆者

伊藤 大介(イトウ ダイスケ)

通信系WEBライター

通信企業でマーケティングMgrとして、広告運用やオウンドメディア運用を経験。ライティングやディレクションのほか、自らメディアの制作・運用も行う。2013年から現在まで、SEOについてインプットとアウトプットを継続中。

プロフィールを見る▶︎▶︎

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップしてジャンプ)