auホームルーター5Gはどう?口コミ評判・速度や料金など詳しく解説

  • URLをコピーしました!

auのホームルーターついて気になっていないでしょうか?

auの無線回線を使用したインターネットサービスは、KDDIの連結子会社であるUQコミュニケーションズ株式会社に準じており、「auホームルーター5G」と「モバイルルータープラン 5G」の2つを提供しています。

その中でも注目すべきなのは、工事不要で自宅のインターネット環境がすぐに手に入る「auホームルーター5G」でしょう。

5G通信に対応しており、工事不要ですぐにインターネット環境を整えられる「auホームルーター5G」ですが、実際には思うような速度で利用できないケースが多く不満の声もいくつかあがっています。

そこで本記事では、auホームルーター5Gの概要や実際の評判や口コミ、メリット・デメリットなどを徹底解説していきます。

auホームルーター5Gよりおすすめなサービスについても紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

目次(タップしてジャンプ)

[PR]

\縛りなし・端末費用なしの5G対応WiMAX/
FreeMax+5G

auホームルーター5Gとは?料金プランや速度・エリアなどの概要

au home router reputation002 2
画像出典:au

auホームルーター5Gとは、auが2021年8月6日より提供を開始した5G通信対応のホームルーターサービスのことです。

機種やエリアなどは「WiMAX +5G」と同等のサービスで、工事不要ですぐにインターネットを利用できるなどのメリットがあります。

そんなauホームルーター5Gの概要は以下の通りです。

提供元

KDDI株式会社

端末

・Speed Wi-Fi HOME 5G L12

・Speed Wi-Fi HOME 5G L11

通信回線

WiMAX2+/au 4G LTE/au 5G

最大通信速度(上り/下り)

183Mbps/2.7Gbps

最大通信速度(Wi-Fi接続時下り)

1,201Mbps

最大通信速度(LANケーブル接続時下り)

1,000Mbps

パケット通信容量

無制限※1
(プラスエリアモード利用時は月間30GB)

月額料金

0~25ヶ月目

4,620円(税込)

26ヶ月目以降

5,170円(税込)

端末料金

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

43,200円(税込)実質0円(税込)※2

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

39,600円(税込)実質0円(税込)※2

プラスエリアモード利用料

0円(税込)

契約事務手数料

3,300円(税込)

実質月額料金/3年間

4,798円(税込)※2

契約期間

なし

支払い方法

クレジットカード/口座振替

違約金

なし

キャンペーン・割引など

毎月割

5Gルーター割

auスマートバリュー

エクストラオプション

※1 一定期間内に大量のデータ通信を行った場合、混雑時の時間帯に速度が制限される可能性があります。また、ネットワークの継続的な高負荷などがあった場合、状況が改善するまで速度が制限されることがあります。

※2 「毎月割」適用時に36ヶ月以上利用した場合。

参考:auホームルーター説明書(Speed Wi-Fi HOME 5G L12 / Speed Wi-Fi HOME 5G L11

ここからは、auホームルーター5Gについて項目ごとに詳しくみていきましょう。

1.料金

au home router reputation003
画像出典:au

auホームルーター5Gの料金プランは「ホームルータープラン5G」で月額5,170円(税込)、25ヶ月間は「5Gルーター割」によって4,620円(税込)で利用可能です。

また、端末本体はレンタルではなく購入することになりますが、36ヶ月間「毎月割」が適用されることで毎月発生する端末代金が打ち消され、36ヶ月間継続利用することで実質0円(税込)となります。

さらに、「auスマートバリュー」を適用可能で、auのスマートフォンの月額料金が最大1,100円(税込)割引されるので、auのスマートフォンを利用している方はよりお得です。

契約期間の縛りがないため、いつ解約しても解約違約金の心配はありません。

しかし、36ヶ月以内に解約するとそれまで割引が適用されていた端末代金の残債を支払う必要が出てきてしまうので、実質36ヶ月間(3年間)は継続して利用する必要があると言えるでしょう。

2.通信速度

au home router reputation004
画像出典:au

auホームルーター5Gでは現在2機種取り扱いがあり、どちらも理論上の最大速度は上り183Mbps、下り2.7Gbpsとなっています。

ただし、あくまでも理論値であり、実際の通信速度や使用する地域や環境などによって大きく異なるので注意しましょう。

各機種の実測値は以下の通りです。

スクロールできます
Speed Wi-Fi HOME 5G L12Speed Wi-Fi HOME 5G L11
測定件数2,658件1,743件
平均ダウンロード速度58.62Mbps93.1Mbps
平均アップロード速度11.5Mbps14.32Mbps
平均Ping値48.08ms53.17ms
参考:みんなのネット回線速度

各機種の平均値を見る限り、ある程度高速通信が可能となっているようです。

理論値には遠く及びませんが、日常的な使用においては十分な速度が出せると言えるでしょう。

3.サービスエリア

au home router reputation005
画像出典:au

auホームルーター5Gは、「WiMAX +5G」と同等のエリアで利用することができ、人口カバー率が99%を超えています。

auホームルーター5Gには2種類の通信モードがありますが、それぞれで利用できる通信回線は以下の通りです。

通信モード利用できる回線
スタンダードモード・WiMAX2+(Band41)
・au 4G LTE(Band1/3)
・au 5G(N78)
プラスエリアモードau 4G LTE(Band18/26)

スタンダードモードではWiMAX2+に加え、auの4G・5G回線を利用可能、プラスエリアモードではより繋がりやすいプラチナバンドを使えるため、日本全国ほとんどの場所で繋がると言えるでしょう。

しかし、au ホームルーターで利用できる5Gエリアはまだまだ拡大途中のため、使用できるエリアが限られていることに注意が必要です。

サービスエリアについて詳しくはau公式サイトでご確認ください。

auのエリアマップはこちら

au 5g エリア拡大予定マップについてはこちらからご覧いただけます。

5Gサービスエリア住所リスト|au

4.通信速度制限

auホームルーター5Gは、スタンダードモードは実質パケット無制限感覚で利用可能、プラスエリアモードは月間30GBまで利用することができ、プラスエリアモードで月間30GBを超えた場合は月末まで最大速度が128kbpsまで制限されてしまいます。

また、スタンダードモードの速度制限については以下のような記載があります。

※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。「エクストラオプション」加入の場合も対象です。
※ご利用されるエリアの混雑状況により速度が低下する場合があります。
※ネットワークの継続的な高負荷などが発生した場合、状況が改善するまでの間、サービス安定提供のための速度制限を行う場合があります。

引用元:au|ホームルータープラン5G【通信速度制限】

基本的にはデータ無制限で利用できますが、一時的に大量のデータ通信を行ったり、ネットワークに継続的に高負荷がかかったりする場合は速度制限にかかる場合があり、解除まで時間がかかる可能性があるので注意が必要です。

とは言っても、一般的な用途で使用する分には速度制限がかけられる可能性は低いため、データ無制限で利用可能だと言えるでしょう。

auホームルーターを実質無制限で利用したい場合は、プラスエリアモードに設定しない方が無難でしょう。

Kawamura top R 1監修者:河村

WiMAX +5Gと同様のサービス内容となったことで、直近3日間で10GB超過した際の速度制限要件が撤廃されたのは大きな魅力ですね!

5.auホームルーター端末の使い方|通信モード切り替えとアップデート方法について

auホームルーター5Gは、コンセントに差して電源を入れるだけで簡単にインターネット環境を構築できます。

ここでは、通信モードの切り替え方法とアップデート方法についてみてみましょう。

通信モード切り替え方法(Speed Wi-Fi HOME 5G L11/12共通)
  • 本体背面の「Modeボタン」を2秒以上長押し
  • スタンダードモードの場合→正面のランプが緑点灯
  • プラスエリアモードの場合→正面のランプがオレンジ点灯
アップデート方法

所要時間:5分程度(目安)

【Speed Wi-Fi HOME 5G L12の場合】

  1. 本体正面の「Update」ランプがオレンジ点灯していることを確認
  2. 本体背面の「Update」ボタンを約5秒間長押しし、Updateランプがオレンジ点滅(遅)したら離す
  3. アップデート完了後、Updateランプが緑点灯し自動で再起動・Speed Wi-Fi HOME 5G L11の場合

【Speed Wi-Fi HOME 5G L11の場合】

  1. 本体正面の「MODE/UPDATE」の赤ランプが点滅していることを確認
  2. 本体背面の「UPDATE」ボタンを約1秒以上押す
  3. MODE/UPDATEランプが各色で点滅したのち、成功すると現在の通信モードの点灯に戻る

L11とL12で若干操作方法に違いがありますが、どちらも簡単な操作で通信モードを切り替えたりソフトウェアアップデートをしたりできます。

ランプ表示の意味一覧

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

Statusランプが赤もしくは赤点滅(遅い)

  • SIMカード未挿入/無効なSIMカード挿入中
  • APN設定確認待ち
  • PINコード入力待ち
  • PINロック中
  • PIN完全ロック中

電波マークランプがオレンジ点灯

  • データ通信量超過中|通信量カウンターで設定した場合、規定容量を超過するとオレンジ色になる。スタンダードモードの場合、このランプが点灯していても速度制限の対象ではない

Updateランプがオレンジ点灯

  • 最新ファームウェア公開中

参考:auホームルーター説明書(Speed Wi-Fi HOME 5G L12

auホームルーター5Gよりも「GMOとくとくBB WiMAX」がおすすめ

au home router reputation006
画像出典:GMOとくとくBB WiMAX

提供元

GMOインターネットグループ株式会社

通信回線

WiMAX2+/au 4G LTE/au 5G

最大通信速度(上り/下り)

183Mbps/2.7Gbps

パケット通信容量

無制限※1
(プラスエリアモードでは月間15GB)

月額料金

0~2ヶ月目

1,474円(税込)

3~35ヶ月目

3,784円(税込)

36ヶ月目以降

4,444円(税込)

端末料金

21,780円(税込)
→605円(税込)×36回払い

プラスエリアモード利用料

1,100円(税込)/月

契約事務手数料

3,300円(税込)

実質月額料金/3年間

3,671円(税込)

契約期間

2年

支払い方法

クレジットカード

違約金

0~24ヶ月目

1,100円(税込)

25ヶ月目以降

0円(税込)

キャッシュバック※2

新規契約で23,000円(不課税)

乗り換えで最大49,000円(不課税)

キャンペーン・割引など

月額料金割引

auスマートバリュー

※1 一定期間内に大量のデータ通信を行った場合、混雑時の時間帯に速度が制限される可能性があります。また、ホームルーターで自宅セット割またはauスマートバリュー加入の場合、利用可能データ容量は月間30GBとなります。

※2 期間によって金額が変わる場合があります。

auホームルーター5Gと「WiMAX +5G」のサービス内容には大きな違いはありません。

Kawamura top R 1監修者:河村

料金体系やプラスエリアモードの上限(au|30GB/WiMAX +5G|15GB)、エクストラオプションなどの細かな違いはありますが、サービス品質などはほとんど変わりません。

端末や通信品質などは数あるプロバイダーとすべて同じです。

プロバイダーによる違いは料金やキャンペーン・契約期間などですが、中でも「GMOとくとくBB WiMAX」はauホームルーター5Gよりもお得に利用できます。

ここでは、auホームルーター5GよりもGMOとくとくBB WiMAXがおすすめな理由を詳しくみていきましょう。

\GMOとくとくBB WiMAXのお申込みはこちら/
GMOとくとくBB 0

1.キャッシュバックが高額で実質料金がかなり安い

GMOとくとくBB WiMAXは、何と言っても高額キャッシュバックが魅力的で実質料金が非常に安いのが特徴です。

実質料金とは

月額料金やキャッシュバックなどをすべて含めた費用を契約期間で割ることで算出される、実際に支払う料金のこと
実質料金=(初期費用+契約事務手数料+端末代金+月額料金×契約月数-キャッシュバック・割引)÷契約月数

新規契約であれば23,000円(不課税)のキャッシュバックを受け取れるだけでなく、端末代金やプラスエリアモード利用料が無料なので、とにかくお得に利用することができます。

3年間利用した場合、auホームルーター5Gの実質料金が4,798円(税込)なのに対し、GMOとくとくBB WiMAXは3,671円(税込)と1,000円以上も安いです。

端末や通信品質が同じである分、実質料金が安いプロバイダを選ぶに越したことはないでしょう。

2.auスマートバリューを適用できる

GMOとくとくBB WiMAXでは、auのスマートフォンとセットで安くなる「auスマートバリュー」を適用することができるため、auユーザーにおすすめのホームルーター/モバイルルーターサービスといえます。

GMOとくとくBB WiMAXを固定回線としてauスマートフォンの月額料金を最大1,100円(税込)安くすることが可能。

スマートフォンをauで契約しているからauのサービスでないと割引が適用できない、ということもないので、auユーザーも安心して利用できるでしょう。

3.ホームルーターだけでなく持ち運び可能なポケット型WiFiも選べる

GMOとくとくBB WiMAXは、ホームルーターだけでなく5G通信対応のポケット型WiFiも選ぶことができます。

\GMOとくとくBB WiMAXのお申込みはこちら/
GMOとくとくBB 0

auホームルーター5Gのメリット5つ

auホームルーター5Gのメリット5つを詳しくみていきましょう。

auホームルーター5Gのメリット5つ
  1. 工事不要ですぐにインターネットを利用できる
  2. auスマートバリューでauスマートフォンの料金が安くなる
  3. プラスエリアモードのデータ容量が30GBまで使える
  4. 店頭で契約できる
  5. 最低利用期間がないため解約違約金がかからない

順番に解説していきます。

1.工事不要ですぐにインターネットを利用できる

auホームルーター5Gは、工事不要ですぐにインターネットを利用できます。

光回線のような回線引き込み工事が不要で、コンセントに差すだけで簡単にインターネット環境を構築可能です。

すぐにインターネット環境が欲しい方や、工事ができない方にとって最も大きなメリットだと言えます。

2.auスマートバリューでauスマートフォンの料金が安くなる

auホームルーターは、auスマートフォンの月額料金が安くなる「auスマートバリュー」を適用することができます。

auスマートバリューとは、auが実施している固定回線とセットの割引サービスのことで、スマートフォンとインターネット回線をauにまとめることでスマートフォンの月額料金が月最大1,100円(税込)安くなります。

auスマートバリューは契約者だけでなく家族の分も割引されるので、auスマートフォンを利用している家族の人数が多いほどお得になるサービスです。

家族でauを利用しているユーザーにとっては大きなメリットだと言えます。

3.プラスエリアモードのデータ容量が30GBまで使える

auホームルーター5Gは、auのプラチナバンドを使えるプラスエリアモードを月間30GBまで利用可能です。

WiMAX+5Gのサービスでは、スタンダードモードとプラスエリアモードの2種類の通信モードを利用できますが、プラスエリアモードは通常月間15GBまでしか使えません。

上限を超えると翌月になるまで最大速度が128kbpsに制限されてしまうため、プラスエリアモードは慎重に使う必要があります。

しかし、auホームルーター5Gでは30GBという通常の2倍の容量を使えるため安心できると言えるでしょう。

4.店頭で契約できる

auホームルーター5Gは、店頭で契約できるのもメリットだと言えるでしょう。

WiMAXをはじめ、WEB上で契約からアフターサービスまで完結する回線サービスが増えてきている中で店頭契約が可能というのは安心できるポイントです。

WEBで手続きが完結するのは便利ですが、契約内容や使い方などをすべて自分で把握しなくてはいけません。

実際に店員さんに話を聞きたいという方にとっては大きなメリットだと言えます。

5.最低利用期間がないため解約違約金がかからない

au ホームルーター5Gには契約期間の設定がないため、いつ解約しても解約違約金の請求はありません。

ただし、端末を分割払いにしてい場合、分割払い期間内に解約してしまうと端末残債の請求があるため注意しましょう。

Kawamura top R 1監修者:河村

2022年7月1日に施行された「改正電気通信事業法」によって、多くのサービスが契約期間なしに移行したり、契約期間内の解約違約金上限を月額料金1ヶ月分以下に設定したりと、利用者にとって使いやすい環境となりました。

auホームルーター5Gのデメリット7つ

auホームルーター5Gのメリットを把握したところでデメリットについても詳しく掘り下げてみていきましょう。

auホームルーターのデメリット7つ
  1. 5G通信はエリアが限られている
  2. 契約時の住所でしか利用できない
  3. キャッシュバックキャンペーンがない
  4. 36ヶ月以内の解約だと端末代金の残債を支払わなければならない
  5. 使用場所や環境によっては通信品質が落ちる
  6. 応答時間が長くオンラインゲームや動画配信には向かない
  7. エクストラオプションの利用料金が高額

順番に解説していきます。

1.5G通信はエリアが限られている

auホームルーター5Gはその名の通り5G通信に対応していますが、まだまだエリアが狭く使える場所は多くありません。

また、5G対応エリアであっても「NSA(ノンスタンドアローン)」という4G回線を転用したものとなっている場合が多いので、実際には思っているような高速通信はできないことがほとんどです。

ただし、従来のWiMAX 2+回線に加え「au 4G LTE(Band1/3)」回線も利用可能となったため、4Gエリアでも高速通信が可能となっています。

5G基地局の整備は急速に進められているので、今後の展開に期待しましょう。

auのエリアマップはこちら

2.契約時の住所(登録住所)でしか利用できない

auホームルーター5Gは、契約時の住所でしか利用できないというのもデメリットだと言えるでしょう。

コンセントに差すだけで簡単にインターネット通信ができるのが魅力のホームルーターサービスですが、契約住所とIPアドレスが紐づけられていることで契約住所以外では使用することができません。

引っ越しをする場合は住所変更の手続きをすることで引っ越し先でも利用可能となりますが、ポケット型WiFiとは異なりそれ以外では持ち運んでコンセントに差しても使えないので注意しましょう。

Kawamura top R 1監修者:河村

WiMAXの場合は、規約上ホームルーターを契約住所以外で利用しても問題なく通信が可能です。

3.キャッシュバックキャンペーンがない

auホームルーター5Gは、ほかのWiMAXプロバイダと異なりキャッシュバックキャンペーンがないのもデメリットだと言えるでしょう。

WiMAXプロバイダは20社以上存在していますが、契約時のキャッシュバックや乗り換え時の違約金負担キャンペーンなどを実施しているプロバイダが多いです。

WiMAXの通信品質はプロバイダによって違いはないので、キャッシュバックが欲しいという方は別のプロバイダを選んだほうが良いでしょう。

4.36ヶ月以内の解約だと端末代金の残債を支払わなければならない

auホームルーター5Gは、端末を購入している場合は36ヶ月以内の解約で残債を支払う必要が出てくるので注意が必要です。

「ホームルータープラン5G」は契約期間の縛りがないため解約時の違約金については気にしなくても良いですが、端末代は残債が残っている場合すべて支払わなければなりません。

端末購入した場合、36ヶ月間は「毎月割」によって端末代金分の割引が適用されるようになりますが、解約したタイミングで割引がなくなってしまいます。

そのため、解約時の費用負担をなくすためには最低でも36ヶ月間(3年間)利用しなければならず、実質的には契約期間の縛りがあるということを覚えておきましょう。

5.使用場所や環境によっては通信品質が落ちる

auホームルーター5Gは、使用場所や周辺の環境によって通信品質が著しく落ちてしまう危険性があります。

ホームルーターサービスは有線接続である光回線とは異なり、基地局から電波を受信しデバイスに繋ぐまで無線接続です。

ルーターを設置する部屋に障害物が多かったり、ルーターが窓から離れていたりすると通信速度が落ちてしまう可能性があります。

最悪の場合エリア内でも圏外になることがあるので、電波が届きやすくなる工夫をする必要があると言えるでしょう。

6.応答時間が長くオンラインゲームには向かない

auホームルーター5Gは、「Ping値」が大きく応答時間が長いためオンラインゲームなどのような用途にはおすすめできません。

Ping値とは、インターネット回線を表す数値のことで、インターネット接続時にユーザーが実際に感じる速度のことです。

Ping値は値が小さいほど応答時間が短く通信が快適であることを表しており、ホームルーターはPing値が大きいため、オンラインゲームのような快適な通信が求められる用途には向いていないと言えます。

オンラインゲームをするなら光回線にすべき

オンラインゲームなど、Ping値が小さく応答時間が短い必要があるサービスを利用したいのであれば、ホームルーターやポケット型WiFiサービスでなく光回線を選ぶべきだと言えるでしょう。

光回線は、光ファイバーケーブルを家に直接引き込んで有線接続をするため、安定した高速通信が可能です。

もちろんPing値もホームルーターより小さいので、快適な通信が必須の用途で使いたい方は光回線を検討するようにしましょう。

7.エクストラオプションの利用料金が高額

au ホームルーター5Gプランには、「エクストラオプション」というオプション契約が存在します。

これは、プラスエリアモードを利用する際に適用すると、プラスエリアモード利用時に月間30GB以上利用しても自動で月間容量が追加される仕組みです。

ただし、データ単価が非常に高額で、2GBで2,750円(税込)となっています。

本来、プラスエリアモードが規定容量を超過した場合、プラスエリアモードのみに制限がかかるため、自動的にスタンダードモードで月間容量実質無制限感覚で利用できるようになるのですが、エクストラオプションを申し込んでしまうと自動的に2GBずつチャージされてしまうため、月間請求額が非常に高額となります。

加えて、エクストラオプションの廃止申請をしても翌月からしか適用とならないため、さらに注意が必要です。

Kawamura top R 1監修者:河村

個人的には、au ホームルーター5Gプランにエクストラオプションは不要だと考えています。

速度が遅い?繋がらない?auホームルーター5Gの評判・口コミを徹底調査

WiMAXと同等のサービスで高速通信が期待できるauホームルーター5Gですが、実際の評判や口コミはどうなっているのか詳しく確認してみましょう。

良いものと悪いものどちらも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

auホームルーター5Gの良い評判・口コミ

まずは、auホームルーター5Gの良い評判や口コミについてみていきましょう。

スピードテストの画像を載せているユーザーもおり、場所によっては高速でインターネット通信ができているようです。

ただ、全体的に使いやすい、速度が速いといった口コミは少ない印象でした。

auホームルーター5Gの悪い評判・口コミ

続いて、auホームルーター5Gの悪い評判や口コミについてみてみましょう。

速度が遅い、不具合が多いという口コミが多い印象でした。

また、auの5G回線エリアはまだ狭く、エリア内だったとしても4G回線を転用した「NSA(ノンスタンドアローン)」となっていることが多いため、そこまで速い速度は期待できないようです。

auホームルーター5Gの評判・口コミまとめ

auホームルーター5Gの評判や口コミを良いものと悪いものどちらも紹介しましたが、どちらかと言えば不満の声のほうが多い印象です。

しかし、高速通信ができるという口コミもあったので、使用場所によって速度は大きく変化すると言えるでしょう。

ここからはauホームルーター5Gのメリット・デメリットを詳しく解説していくので、評判や口コミとあわせてよく検討してみてください。

ポケット型WiFiは持ち運んでどこでも使えるのが魅力のサービスで、ホームルーターに比べると若干通信品質は劣りますが高速通信が可能です。

前述の通り、ホームルーターは契約住所でしか使えないので、自宅だけでなく職場や電車など外出先でもインターネットを使いたいという方はポケット型WiFiを検討してみると良いでしょう。

fukidasi4

実質料金を安く抑えられて、高額キャッシュバックキャンペーンも受けられるGMOとくとくとBB WiMAXの方がお得に利用できるよ!

\GMOとくとくBB WiMAXのお申込みはこちら/
GMOとくとくBB 0

au ホームルーター5Gの申し込み方法と利用開始までの手順

ここからはau ホームルーター5Gプランの申し込み方法から利用開始までの手順について解説していきます。

申し込みから利用開始までの手順
  1. 利用予定地域が対象エリア内か確認する
  2. 公式サイトもしくは店舗で申し込み手続きを行う
  3. 接続設定をする

利用予定地域が対象エリア内か確認する

申し込みを行う前に、ご自宅が利用可能エリアかどうか確認しましょう。

エリアマップはauの公式サイトから確認することができます。

サービスエリアの確認|au

公式サイトもしくは店舗で申し込み手続きを行う

自宅が対象エリア内だった場合、次は申し込み手続きを行いましょう。

申し込みは「au オンラインショップ」もしくは「au ショップ」で行うことができます。

Kawamura top R 1監修者:河村

auオンラインショップであれば、端末が特別割引で購入できるケースが多いため、こちらをおすすめします!

また、申し込みの際には下記の情報が必要となるため、あらかじめ用意しましょう。

申し込みで必要なもの

  • 契約者情報(住所・電話番号・メールアドレスなど)
  • 支払い先情報(クレジットカード/口座番号)
  • 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)

これらを揃えた上で契約に臨みましょう。

接続設定をする

auショップの場合はその場で端末を持ち帰ることが可能なケースもあるため、最短即日インターネット利用が可能となります。

オンラインショップで契約した場合は、端末が届くまでは2-3日かかる場合があるため、急ぐのであれば店舗での契約が良いでしょう。

端末が届いたら開封し、UIMカード(USIMカード)を本体に挿入しコンセントにつなぎます。

お使いのパソコンやスマートフォンのWi-Fi接続設定からホームルーターのSSIDを選択し、マニュアルに記載してあるパスワードを入力するとインターネット接続完了です。

au ホームルーター5Gの解約方法

auホームルーター5Gは、インターネット上での解約はできません。

解約するには、必要書類を揃えて、auショップへ行く必要があります。

解約に必要な書類
  • 本人確認書類
  • 印鑑(シャチハタは避けた方が無難)
  • 委任状(解約するのが本人以外の場合)

auショップは、現在感染症対策のために来店の際は事前に予約をとった方がスムーズに対応してくれます。

予約は「auショップ検索」からご希望の店舗を選択して、予約をおこなってください。

まとめ

ここまで、auホームルーター5Gの概要や実際の評判、メリット・デメリットからauホームルーター5Gよりもおすすめのサービスまで徹底的に解説してきました。

auホームルーター5Gは、工事不要で気軽にインターネット環境を構築できるのが魅力で、「WiMAX+5G」と同等のサービスとなっています。

WiMAXのサービスはどのプロバイダも同じなので、実質月額料金がさらに安い「GMOとくとくBB WiMAX」のほうがおすすめです。

キャンペーンなどをチェックし、ぜひこの機会に利用してみてください。

\GMOとくとくBB WiMAXのお申込みはこちら/
GMOとくとくBB 0

auのホームルーターに関するよくある質問

auホームルーター5Gに関してよくある質問をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

auのホームルーターは無制限で使える?設定は必要?

auのホームルーターは無制限で使える?設定は必要?

スタンダードモードで利用することでデータ無制限で使えます。ただし、一定期間に大量のデータ通信があった場合や、ネットワークの継続的な高負荷が起こった場合は速度制限がかけられる可能性があります。

auのホームルーターが遅い・Wi-Fiが繋がらない時の対策を教えてください

auのホームルーターが遅い・WI-Fiが繋がらない時の対策を教えてください

ルーターの使用場所や周囲の環境によっては通信速度が低下する可能性があります。

【iPhone /Android共通】遅いと感じた時や繋がらない時は、まずはホームルーターの設置場所を再確認してください。

建物の奥まった場所など、屋外から遠い場所に設定している場合は、窓の近くなど可能な限り屋外に近い場所に設置することで接続状況が改善し、通信速度が正常に戻る可能性があります。

それでも改善しない場合は、まずは一度ホームルーターの電源を切って、再度電源を入れ直して改善するか試してみましょう。

まだ問題が解決しない場合は、こちらのコンテンツも参考にしてみてください。

最終手段としては、auに問い合わせをしてみましょう。

auのホームルーターは機種変更できる?

auのホームルーターは機種変更できる?

可能です。すでにauのホームルーターを利用中の場合、スマートフォンと同じように機種変更することができます。

auのホームルーターのアップデートが終わらないんだけど?

auのホームルーターのアップデートが終わらないんだけど?

アップデートの内容によっては時間がかかることがあります。ルーター周囲の環境を確認し、インターネット通信がスムーズにできるようにしておきましょう。

takiji profile
著者

通信系WEBライター

瀧澤 亮(タキサワ リョウ)

約1年間大手通信キャリアのショップにて販売員を経験。在籍中キャリア資格筆記試験で全社1位に輝いた実績があり、通信系知識を学びわかりやすく説明するのが得意。

河村亮介
監修者

回線サービスの比較専門家

河村亮介(カワムラリョウスケ)

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイル回線選びの専門家。徹底した通信速度測定に定評がある。回線系比較サイト「GreenWaves」運営/WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップしてジャンプ)