ポケット型WiFiとは?メリット・デメリットやおすすめサービスまで徹底解説!

  • URLをコピーしました!

「ポケット型WiFiってよく聞くけど、実際どういうものなの?」

「ポケット型WiFiとWiMAXは違うの?」

上記のような疑問を抱いていないでしょうか?

ポケット型WiFiとは、「持ち運び可能な通信端末に通信専用のSIMカードが挿入されたもの」のことを言います。

もともとポケット型WiFiという言葉は、Y!mobile(ワイモバイル)が提供するモバイルWi-Fiルーターレンタルサービス「PocketWiFi®」の固有名称でしたが、現在では持ち運びができるモバイルルーター端末全般を差すものとして広く認識されるようになってきました。

本記事では、そんなポケット型WiFiの概要やメリット・デメリット、おすすめな人の特徴などを徹底解説していきます。

ポケット型WiFiのおすすめサービスも紹介するので、ぜひ最後までご覧ください!

目次(タップしてジャンプ)

ポケット型WiFiとは?使い道や仕組み、光回線との違いを解説

まずは、ポケット型WiFiとはどういうものか、その定義や仕組み、光回線との違いについて簡単に解説していきます。

ポケット型WiFiとは

ポケット型WiFiとは、「持ち運び可能な通信端末に通信専用のSIMカードが挿入されたもの」のことです。

ポケット型WiFiとスマートフォンやパソコンなどのデバイスを接続することで、デバイス側でインターネットを使えるようになります。

もともと、ポケット型WiFiという言葉は、Y!mobile(ワイモバイル)が提供するモバイルWi-Fiルーターレンタルサービス「PocketWiFi®」の固有名称でしたが、現在では持ち運びができるモバイルルーター端末全般を差すものとして広く認識されています。

ひとくちにポケット型WiFiと言っても、UQコミュニケーションズ株式会社が提供する「WiMAX(ワイマックス)」や、auやドコモなどの大手通信キャリアが提供する「キャリア系ポケット型WiFi」など、いくつかの種類に分けられているので多少ややこしく感じてしまうかもしれません。

しかし、一般的には通信ができて持ち運び可能なデータ通信専用端末をポケット型WiFiと呼ぶという認識で差し支えないでしょう。

ポケット型WiFiの仕組み

ポケット型WiFiは通信専用の端末であり、画面がついていなかったりついていても確認用であったりするため、端末単体ではインターネットを楽しむことはできません。

ポケット型WiFiはスマートフォンやパソコンなどブラウザ機能を備えたデバイスと接続することではじめてインターネットが利用できるようになります。

光回線などほかの回線サービスでも、ルーターだけではインターネット通信ができないためイメージしやすいのではないでしょうか?

ポケット型WiFiでインターネットを利用するには、ポケット型WiFiとスマートフォンなどの通信端末を無線LAN接続(WiFi接続)するのが基本です。

スマートフォンの場合は本体に挿入されているSIMカードによって通信を行いますが、ポケット型WiFiを使うことでSIMカードが挿入されていない通信端末でもインターネットが使えるようになります。

ポケット型WiFiと光回線の違い

ポケット型WiFiと光回線は、接続方法が有線か無線かという点で大きく異なります。

ポケット型WiFiは、基地局から電波を受信してスマートフォンなどのデバイスと通信をするまで無線接続となっていますが、光回線は光ファイバーケーブルを家に直接引き込みONU(終端装置)と無線LANルーターを有線で接続する仕組みです。

光回線を利用する場合、無線LANルーターとデバイス間は無線通信となっているケースが大半ですが、その無線LANルーターが通信可能となるまではすべて有線接続となっています。

そのため、光回線は回線引き込み工事が必要になってしまいますが、その分安定した高速通信が可能で、ポケット型WiFiは工事不要で気軽に使える分通信が安定せず速度が控え目になってしまうという違いがあります。

ポケット型WiFiの種類は大きく分けて4つ

ポケット型WiFiは実にさまざまなサービスがありますが、性質ごとに大きく4種類に分けることができます。

それぞれ特徴やメリットが大きく異なるので、違いをしっかりと把握しておきましょう。

ポケット型WiFiの種類
  1. WiMAX(ワイマックス)
  2. クラウドSIM
  3. キャリア系ポケット型WiFi
  4. ホームルーター

順番に詳しく解説します。

その1.WiMAX(ワイマックス)|実質無制限で高速通信が可能

ポケット型WiFiの中でも、UQコミュニケーションズ(株)およびKDDI(株)の回線を利用したサービスをWiMAX(ワイマックス)と言います。

WiMAXは「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略称で無線通信技術規格の一種であり、主に固定通信向けの「WiMAX」と移動して使える「モバイルWiMAX」の2つに分類されます。

もともとはUQコミュニケーションズ(株)がモバイルWiMAXを利用したポケット型WiFiサービスを「UQ WiMAX」として提供していましたが、徐々にWiMAXという言葉がUQ WiMAXのサービスそのものを表すようになってきました。

近年では「GMOとくとくBB WiMAX」をはじめ数多くのプロバイダがサービスを提供しているため、WiMAX回線を利用したサービス全般が「WiMAX」と認識されるようになっています。

現在は、従来のWiMAX2 +回線に加えau 4G LTE回線とau 5G回線を利用できるようになった「WiMAX +5G」サービスが広がりを見せており、実質無制限で高速通信が可能なサービスとして高い人気を誇っています。

その2.クラウドSIM|カバーエリアが広大で海外でも使える

uCloudlink社が提供するクラウドSIM技術を用いて通信を行うポケット型WiFiサービスを「クラウドSIM」と言います。

クラウドSIMとは、クラウドSIMサーバー上に存在する複数のSIM情報の中から、使用場所に最適なものを自動で選択して通信を行う技術のことです。

単体ではなく複数のキャリアのSIM情報の中から最適なものを使える仕組みとなっているので、どんな場所でも基本的に圏外にならず快適に通信ができるという特徴があります。

通信速度は控え目な印象ですが、クラウドSIMは世界135の国と地域でもそのまま使えるようになっているため、海外に行く機会が多い方にもおすすめできると言えるでしょう。

その3.キャリア系ポケット型WiFi|大手キャリアの安心感と独自キャンペーンが魅力

UQコミュニケーションズ(株)およびKDDI(株)の回線以外を利用したサービスは、WiMAXとは別に「キャリア系ポケット型WiFi」としてまとめることができるでしょう。

auはWiMAXサービスを提供していますが、そのほかdocomo(ドコモ)や楽天モバイルなどの通信キャリアはそれぞれ独自のポケット型WiFiサービスを展開しています。

キャリアのサービスということもあり、スマートフォンとセットのプランで契約できるほか、対応エリアが広い、5G通信対応などのメリットがあります。

中にはデータ無制限で使えるものもあるなど魅力的ですが、WiMAXやクラウドSIMなどほかのポケット型WiFiと比べると料金が高めで全体的に評価はあまり高くありません。

その4.ホームルーター|コンセントに差すだけで固定回線の代わりになる

家庭用コンセントに差すだけでインターネット通信ができる「ホームルーター」もポケット型WiFiの一種だと言えるでしょう。

ポケット型WiFiは「持ち運び可能な通信端末にデータ通信専用SIMカードが挿入されたもの」という意味のため、持ち運んで外では使えないホームルーターはポケット型WiFiとは言えないかもしれません。

しかし、ホームルーターをコンセントに差すのは給電のためであり、基地局から電波を受信してデバイスと通信するまで無線接続となっている点では光回線と異なります。

そのため、データ通信専用端末にSIMカードが挿入されたものという区分でホームルーターも広義ではポケット型WiFiに分類することができるでしょう。

ホームルーターはコンセントに差すだけで使えるため、工事不要で固定回線の代わりにすることができ、光回線ほどではありませんが高速通信が可能となっています。

ポケット型WiFiは購入とレンタルどちらもある

ここまでポケット型WiFiの仕組みや種類について詳しくみてきましたが、サービスによっては端末を購入するかレンタルするか異なります。

ただ、ポケット型WiFiは短期間レンタルできるサービスもあるほど、短期利用に優れています。

光回線などの固定回線は2〜3年という長期間利用が前提となっているほか工事など面倒な手続きが多いのが難点。

一方で、ポケット型WiFiは契約期間の縛りがないサービスや最短1日からレンタルできるサービスが多いため、一時的にインターネット環境が欲しい方にもぴったりです。

短期レンタルサービスは、1日500円程度などリーズナブルに使えるケースも多いので利用期間に応じてサービスを選ぶのもおすすめだと言えるでしょう。

ポケット型WiFiのメリット

ここからはポケット型WiFiのメリットについて詳しく解説していきます。

ポケット型WiFiの5つのメリット
  1. 自宅でも外出先でも思い切りインターネットが楽しめる
  2. 工事不要で気軽に使える
  3. 利用料金が安い
  4. スマートフォンの月額料金を安くできる
  5. 引っ越ししても解約せずそのまま使える

順番に詳しくみていきましょう。

メリット1.自宅でも外出先でも思い切りインターネットが楽しめる

ポケット型WiFiの最大のメリットと言えるのが、持ち歩きが可能で自宅でも外出先でもインターネットが楽しめることです。

WiMAXなど中には実質データ容量無制限で使えるポケット型WiFiサービスも存在しており、基本的にサービスエリアが広いため多くの場所でデータ量を気にせずインターネットを使うことができます。

外でデータ量を気にする心配がなくなるので、どこでも気軽に使えるというのはポケット型WiFiならではのメリットだと言えるでしょう。

メリット2.工事不要で気軽に使える

ポケット型WiFiは端末が届いたらすぐに利用でき、工事が不要であることも大きなメリットだと言えます。

光回線は回線引き込み工事が必要で、工事日の調整をしなければならないため利用開始まで2週間から1ヶ月程度かかってしまう場合が多いです。

一方でポケット型WiFiは端末が届いたその日からインターネットを使えるので、急にインターネット環境が必要になった場合などに重宝するでしょう。

メリット3.利用料金が安い

ポケット型WiFiは光回線などの固定回線に比べて料金が安いのもメリットの一つです。

光回線であれば回線引き込み工事が必要のため、初期費用として数万円の工事費が請求されるケースがほとんどですが、ポケット型WiFiの場合は工事費がかかることはありません。

また、ポケット型WiFiであれば端末代金が無料のサービスも多く、月額料金が1,000円(税込)ほどから利用できるサービスもあるため全体的にリーズナブルです。

余計な費用がかからないのは回線サービスを選ぶ重要なポイントとなるでしょう。

メリット4.スマートフォンの月額料金を安くできる

利用料金が安いこととあわせて、スマートフォンの月額料金を安くできるのもポケット型WiFiのメリットの一つです。

これまでスマートフォンで行っていたインターネット通信をポケット型WiFiに切り替えるだけで、スマートフォン単体で消費するデータ容量が減るため料金を節約することができます。

普段からポケット型WiFiをスマートフォンと一緒に持ち歩くことで、どこにいてもスマートフォンのデータ量を消費することなくインターネットができるのです。

これまでスマートフォンの大容量プランを使っていたり、データを追加購入していたりする方は特に料金の安さを感じられるようになるでしょう。

メリット5.引っ越しをしても解約せず使える

引っ越しをしても解約することなくそのまま利用できるのもポケット型WiFiのメリットだと言えるでしょう。

光回線などの固定回線であれば引っ越しの手続きを事前に済ませ、回線撤去と新住居での引き込み工事が必要になるためかなりの時間と手間がかかります。

しかし、ポケット型WiFiは工事不要ですぐ使えるため、引っ越し先でも電源を入れるだけでそのまま使用可能。

引っ越し直後の忙しい時期に手続きが不要なのは大きなメリットだと言えます。

ただし、重要な書類や案内などが届かなくなってしまうため、契約住所の変更は必ず行いましょう。

ポケット型WiFiのデメリット

ポケット型WiFiはメリットが多いですが、デメリットもいくつかあります。

契約する際はデメリットもしっかりと把握しておきましょう。

ポケット型WiFiの4つのデメリット
  1. 光回線に比べて通信が安定せず速度が遅い
  2. 通信速度制限にかかる場合がある
  3. 応答時間が遅い
  4. 複数接続には向いていない

順番に詳しく解説します。

デメリット1.光回線に比べて通信が安定せず速度が遅い

ポケット型WiFiは光回線と比べると通信速度が遅く、通信にムラが出てしまうというデメリットがあります。

ポケット型WiFiは高速通信が可能な機種が多いのですが、光回線では実測値で100~300Mbps程度の速度が出せるのに対し、ポケット型WiFiの速度は10~100Mbps程度であり、光回線と比較するとどうしても速度が遅いと感じてしまうでしょう。

また、ポケット型WiFiはスマートフォンと同じ無線通信を利用するため、使用場所や時間帯などの要因によって通信速度にムラが出てしまう可能性があります。

周囲の環境にかなり影響を受けやすく速度も光回線に比べると劣るため、用途によっては不便に感じてしまうかもしれません。

デメリット2.通信速度制限にかかる場合がある

ポケット型WiFiは、データ容量が定められているケースが多いため、データ通信を使いすぎると通信速度制限がかけられる可能性があります。

WiMAX +5Gで速度制限条件が緩和され、実質データ無制限で使えるサービスも増えてきてはいますが、まだまだ月間データ容量に上限があるサービスが少なくありません。

通信速度だけでなく速度制限条件においても光回線などの固定回線には劣ってしまうと言えるでしょう。

デメリット3.応答時間が長い

ポケット型WiFiは「ping値」が大きく応答時間が長いというのも、用途によってはデメリットになるでしょう。

ping値とはインターネット回線の応答時間を表す数値で、簡単に言うとインターネット通信を行った際にユーザーが実際に感じる通信速度のことです。

ping値は値が小さいほど応答時間が短く快適な通信ができることを表しており、オンラインゲームのように応答時間が短い必要があるサービスではかなり重要な要素になります。

ポケット型WiFiはこのping値が大きく応答時間が長いため、オンラインゲームなど高速通信が求められる用途では不便さを感じてしまうでしょう。

デメリット4.複数のデバイスを接続すると十分な速度が出ないことがある

ポケット型WiFiは複数のデバイスを同時に接続して使用すると通信速度が低下してしまうことがあります。

ポケット型WiFiはもともと光回線に比べて速度が遅く、通信を行う際に接続されているデバイスの数が多いほど通信が分散するため速度が低下してしまうのです。

ポケット型WiFiは同時接続台数が10台以上と多い機種もありますが、どの機種でも同時接続台数が増えるほど速度が落ちてしまう可能性があります。

そのため、家族や友だちとシェアして使いたい、タブレットやパソコンなどたくさんのデバイスを同時に使いたいという方にはあまりおすすめできないと言えるでしょう。

ポケット型WiFiがおすすめな人の特徴

ポケット型WiFiはメリット・デメリットがさまざまありますが、どのような人におすすめなのか詳しくみていきましょう。

ポケット型WiFiに向いている人の特徴
  1. 外出先でもインターネットを使いたい人
  2. インターネットはSNSや動画視聴がメインの人
  3. 接続したいデバイス数が少ない人
  4. すぐにインターネット環境が欲しい人

順番に詳しく解説します。

その1.外出先でもインターネットを使いたい人

自宅だけでなく外出先でもインターネットをたくさん使いたい人はポケット型WiFiが非常におすすめです。

前述の通り、ポケット型WiFiは持ち運びが可能というほかの回線サービスにはない特徴を持っておりカバーエリアも広いため、外出先でもインターネットを使いたい人やそもそも外出が多い人に向いていると言えます。

その2.インターネットはSNSや動画視聴がメインの人

インターネットの用途はSNSや動画視聴が中心という人にもポケット型WiFiはおすすめです。

ポケット型WiFiは無線接続となっている以上光回線ほどの速度で通信をすることはできませんが、SNSや中画質動画視聴、WEB会議などは問題なく利用できます。

その3.接続デバイス数が少ない人

同時に接続したいデバイス数が少ない人もポケット型WiFiがおすすめです。

前述の通り、ポケット型WiFiは同時接続台数が増えるほど通信が分散して速度が低下しやすくなるため、一人暮らしなど多くのデバイスを使わない人にぴったりだと言えるでしょう。

高速通信をあまり必要とせず接続するデバイス数も少な目という人は、ポケット型WiFiを使うことでスマートフォンの料金を安くできる可能性があります。

その4.すぐにインターネット環境が欲しい人

ポケット型WiFiは工事不要のため、すぐにインターネット環境が欲しい人にもおすすめです。

引っ越しや出張など一時的にインターネット環境が欲しいという状況になることは誰でもあることと思います。

ポケット型WiFiは契約後数日で届くほか、届いたその日からすぐ使えるのでサービスによってはメイン回線の契約までのつなぎとして使うことも可能です。

【種類別】ポケット型WiFiのおすすめサービス4選

ポケット型WiFiについて詳しく把握したところで、種類別のおすすめサービスについてみてみましょう。

1.WiMAXなら実質料金が業界最安級の「GMOとくとくBB WiMAX」

画像出典:GMOとくとくBB 
契約事務手数料3,300円(税込)
初期費用0円(税込)
端末費用21,780円(税込)
605円(税込)×36回払い
0ヶ月目1,484円(税込)の日割り
1ヶ月目1,484円(税込)
2ヶ月目1,484円(税込)
3-35ヶ月目3,784円(税込)
36ヶ月目以降4,444円(税込)
キャンペーン
(新規申込)
▲23,000円(税込)
キャンペーン
(乗り換えの場合のみ適用)
▲49,000円(税込)
合計135,818円(税込)|新規
実質月額3,671円(税込)|新規
契約解除料金
0~24か月目1,100円(税込)
更新月(25ヵ月目)0円(税込)
26ヵ月目以降なし

WiMAXであれば、実質料金が業界最安級の「GMOとくとくBB WiMAX」がおすすめです。

WiMAX +5Gに対応しており3種類の回線を使えるためカバーエリアが広大であるほか、高額キャッシュバックや各種割引などにより、お得で快適にインターネットを利用できます。

また、実質データ無制限で最新機種を使えるため、お得で高速通信ができるサービスをお探しであればぜひ詳細をチェックしてみてください。

動画視聴やオンラインゲームをよくするから容量が大きいプロバイダと契約したいな。

それならWiMAXの中で料金が最安、無制限で使用できる
「GMOとくとくBB WiMAX」がおすすめだよ!

\公式サイトを見てみる/
GMOとくとくBB

2.クラウドSIMなら契約期間がなく月100GBまで使える「クラウドWiFi」

提供元

株式会社ニッチカンパニー

通信回線

クラウドSIM

端末

GlocalMe U2s/U3

最大通信速度(上り/下り)

50Mbps/150Mbps

パケット通信容量

U2s

20GB/50GB

U3

100GB

月額料金

20GBプラン

2,580円(税込)

50GBプラン

2,980円(税込)

100GBプラン

3,718円(税込)

端末料金

0円(税込)

契約事務手数料

3,300円(税込)

契約期間

なし

違約金

0円(税込)

※ 端末破損や汚損などがある場合、最大27,500円(税込)の損害金がかかる可能性があります。(安心補償オプションなしの場合)

クラウドSIMであれば、契約期間がなく月間最大100GBまで使える「クラウドWiFi」がおすすめです。

複数キャリアの電波の中から使用場所に最適なものを自動的に選択してインターネットに接続するため、カバーエリアが圧倒的に広くまさに圏外知らずのサービスだと言えます。

また、契約期間の縛りがないため違約金の心配が不要であるほか、世界135の国と地域でもそのまま使えるので、国内だけでなく海外に行く機会が多い方にとっても非常に使いやすいでしょう。

契約期間の縛りなしで違約金も発生しないから短期間でもレンタルできるんだね。

うん。15日までの解約申請で当月末解約、16日以降の解約申請で翌月末解約扱いになるよ。

\クラウドWiFiのお申込みはこちら/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

3.キャリア系なら月額料金が格安でポイントももらえる「Rakuten WiFi Pocket」

画像出典:楽天モバイル

提供元

楽天モバイル

通信回線

楽天回線4G LTE

端末

Rakuten WiFi Pocket 2B/2C

最大通信速度(上り/下り)

50Mbps/150Mbps

パケット通信容量

2B

無制限※1

2C

月額料金

~1GB

0円(税込)※2

1~3GB

1,078円(税込)

3~20GB

2,178円(税込)

20GB~

3,278円(税込)

端末料金

7,980円(税込)1円(税込)※3

契約事務手数料

0円(税込)

契約期間

なし

違約金

なし

キャッシュバック

楽天ポイント5,000ポイント還元※4

※1 パートナー回線は月間5GBまでとなります。

※2 2022年10月31日まではポイント還元などにより実質0円(税込)、11月1日からは1,078円(税込)となります。

※3 製品+プランセット購入で割引を適用した場合。ポイント利用も可能。

※4 2022年6月30日まで。7月1日以降に「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」にはじめて申し込んだ場合は3,000ポイント還元。

キャリア系のポケット型WiFiであれば、楽天モバイルの「Rakuten WiFi Pocket」一択でしょう。

通信速度などのスペックはほかのサービスと比べて控え目ですが、楽天モバイルのプランをスマートフォンと同様に使えるため、非常に使い勝手の良いサービスとなっています。

今であればキャンペーンにより端末代金が1円(税込)で手に入るだけでなく、契約事務手数料が無料、さらに契約期間の縛りがなく違約金もかからないためお試しで使うのにもぴったりです。

また、キャンペーンにより楽天ポイントの還元を受けることもできるので、格安のポケット型WiFiをお求めの方はぜひ詳細をご確認ください。

スマホと併用したいけどポケットWiFiは安く抑えたいな。

今ならキャンぺーン適用でお得に契約出来るよ!

\楽天モバイルのお申込みはこちら/
楽天モバイル

まとめ

ここまで、ポケット型WiFiの仕組みや種類などの概要、メリット・デメリットから種類別におすすめのサービスまで広く解説してきました。

ポケット型WiFiは、外出先でも利用でき光回線に比べて料金が安いという特徴があるため、外でインターネットを使いたい人だけでなく通信費を節約したい人にも非常におすすめです。

通信品質はどうしても光回線に劣ってしまいますが、その分光回線にはないメリットがたくさんあります。

この機会にぜひポケット型WiFiの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ポケット型WiFiに関するよくある質問

ポケット型WiFiに関してよくある質問をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

ポケット型WiFiと光回線はどう違うの?

ポケット型WiFiと光回線はどう違うの?

無線接続か有線接続かという点で異なります。ポケット型WiFiは基地局から電波を受信しデバイスと通信をするまで無線接続ですが、光回線の場合は光ファイバーケーブルを直接家に引き込んでルーターやONU(終端装置)と繋げる必要があるため有線接続となります。そのため、ポケット型WiFiは工事不要で気軽に使える分通信が安定せず速度が控え目であり、光回線は回線引き込み工事が必要な分安定した高速通信が可能となっています。

ポケット型WiFiの使い方は?

ポケット型WiFiの使い方は?

機種によって多少異なりますが、基本的には以下のように使います。

  1. 端末のSIMスロットにSIMカードを挿入する
  2. 端末の電源を入れる
  3. 本体ディスプレイまたは端末に貼付されているシールなどで接続情報を確認し、スマートフォンやパソコンなどのデバイスと接続する
  4. 接続したデバイスでインターネットを利用する

ポケット型WiFiはデータ通信専用端末となっており、単体でインターネットはできないためスマートフォンやパソコンなどのデバイスと接続する必要があります。

ポケット型WiFiは月々いくらで使える?

ポケット型WiFiは月々いくらで使える?

サービスによって異なります。安いものでは1,000円(税込)ほど、高いものでも6,000円(税込)ほどの料金で使える場合が多いです。

ポケット型WiFiはレンタルできる?

ポケット型WiFiはレンタルできる?

可能です。ただ、端末を購入するかレンタルするかはサービスによって異なり、サービス内で好きな入手方法を選ぶことはできないケースがほとんどです。また、1日から使える短期レンタルサービスもあります。

スマホをポケット型WiFi代わりに使える?

スマホをポケット型WiFi代わりに使える?

使えます。スマートフォン側でWiFiテザリングの設定をすることで、スマートフォンをルーター親機としてほかのデバイスと接続しインターネットを利用できます。

この記事の執筆者

瀧澤 亮(タキサワ リョウ)

通信系WEBライター

約1年間大手通信キャリアのショップにて販売員を経験。在籍中キャリア資格筆記試験で全社1位に輝いた実績があり、通信系知識を学びわかりやすく説明するのが得意。

プロフィールを見る▶︎▶︎

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップしてジャンプ)