置くだけWi-Fiでゲームは可能!注意点や選び方、おすすめホームルーターを紹介

  • URLをコピーしました!

置くだけWi-Fiは、手軽に自宅のインターネット環境を構築できるため人気となっています。

また、置くだけWi-Fiはオンラインゲームにも利用できるので、ゲーム用に導入を検討されている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回こちらの記事では、置くだけWi-Fiをゲームに利用する際の注意点や、快適にゲームをプレイできる置くだけWi-Fiの選び方などを解説します。

目次(タップしてジャンプ)

[PR]

\縛りなし・端末費用なしの5G対応WiMAX/
FreeMax+5G

置くだけWi-Fiでゲームをプレイする5つのメリット

置くだけWi-Fiでゲームをプレイするメリットには、以下のようなものがあります。

置くだけWi-Fiでゲームをプレイするメリット5つ
  1. 工事不要で手軽にゲームをプレイできる
  2. 光回線より安い
  3. ポケット型Wi-Fiより通信が安定している
  4. ポケット型Wi-Fiより同時接続台数が多い
  5. LANケーブルで有線接続も可能

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.工事不要で手軽にオンラインゲームをプレイできる

置くだけWi-Fiは、端末が自宅に届いたら電源を入れてすぐに使えるため、工事不要のWi-Fiでオンラインゲームをプレイしたい方におすすめです。

光回線は、導入する際に工事を行わなくてはいけません。

場合によっては在宅が必要となるため、スケジュールの調整も必要です。

置くだけWi-Fiは端末さえ受け取れれば問題ないので、一人暮らしで家を空けることが多い方でも手軽に導入できます。

2.光回線より安い

置くだけWi-Fiは、光回線に比べて料金が安い点も、大きなメリットの一つです。

光回線は安定した高速通信を利用できますが、その分料金は高くなります。

置くだけWi-Fiの料金は光回線よりも抑えられて、なおかつ安定した高速通信を利用できるので、なるべくコストを抑えて安定したWi-Fiを利用したい方におすすめです。

3.ポケット型Wi-Fiより通信が安定している

置くだけWi-Fiは、ポケット型Wi-Fiよりも安定した通信が可能です。

ポケット型Wi-Fiは内蔵しているバッテリーで稼働しますが、置くだけWi-Fiはコンセントから直接電力を供給します。

こうした仕組みの違いから、置くだけWi-Fiの方が通信は安定しているのです。

そのため、オンラインゲームのプレイはもちろん、ゲーム配信をする方にも、置くだけWi-Fi(ホームルーター)はおすすめと言えます。

4.ポケット型Wi-Fiより同時接続台数が多い

置くだけWi-Fiの同時接続台数は、最新機種なら65台程度となっており、ポケット型Wi-Fiより多くなります。

最新のポケット型Wi-Fiの同時接続台数は、多くても30台程度です。

そのため、大人数で集まってオンラインゲームをプレイする方や、家族でWi-Fiを利用する方、パソコンやタブレットなど自宅でたくさんの機器をWi-Fiに接続する方でも、安心して利用できます。

5.LANケーブルで有線接続も可能

置くだけWi-FiにはLANポートがあるので、LANケーブルを使った有線接続も可能です。

機種によって数は異なりますが、1〜2つ程度のLANポートがあります。

安定した通信を利用してオンラインゲームをプレイしたい場合は、LANケーブルを使って有線接続するのがおすすめです。

置くだけWi-Fiでゲームをプレイする4つのデメリット

置くだけWi-Fiには、以下のようなデメリットもあります。

置くだけWi-Fiでゲームをプレイするデメリット4つ
  1. 外出先では使えない
  2. 利用環境によっては速度や通信が安定しない
  3. 光回線よりPing値が高い
  4. 通信制限がかかる場合がある

ゲームのために置くだけWi-Fiを契約する際は、メリットだけでなくデメリットについても理解したうえで検討しましょう。

1.外出先では使えない

置くだけWi-Fi(ホームルーター)は、基本的に自宅以外で使えません。

例えばNTTドコモのhome 5Gは、設置場所住所と異なる場所で利用すると通信が停止されます。

設置場所住所以外での利用を繰り返すと、回線解約となる場合があるので注意が必要です。

また、SoftBank Airも設置場所住所以外で利用すると、通信が停止になります。

ただし、WiMAXの置くだけWi-Fi(ホームルーター)は、自宅以外の場所で利用しても問題ありません。

そのため、自宅以外でもWi-Fiを使ってゲームをしたい方は、WiMAXの置くだけWi-Fi(ホームルーター)またはポケット型Wi-Fiの利用がおすすめです。

2.利用環境によっては速度や通信が安定しない

置くだけWi-Fiが利用する電波は、ポケット型Wi-Fiでも使われているモバイル回線のため、利用環境によっては通信速度が遅くなったり、通信が安定しなかったりする可能性があります。

壁など遮蔽物の影響を受ける環境で利用する場合は、置くだけWi-Fiを電波の拾いやすい窓際に設置するといった対策をしてください。

また、家電製品による電波干渉の恐れもあるため、できるだけ家電から離れた場所に設置するのがよいでしょう。

設置場所を変えても電波干渉の影響がある場合は、置くだけWi-Fiの周波数帯を5GHzに変更すると、ゲーム機との通信もスムーズになります。

3.光回線よりPing値が高い

置くだけWi-Fi(ホームルーター)は光回線と比較した場合、Ping値が高くなるためレイテンシ(通信の遅延)も大きくなります。

一人でプレイするゲームであれば、それほどPing値を気にする必要はありません。

しかし、オンラインで対戦するゲームなどは、Ping値が高いと不利になってしまうため、勝ちにくくなる恐れがあります。

これは、最新の5G対応ホームルーターであっても同様で、光回線よりはPing値が高くなる傾向があります。

どうしてもPing値を低くしたい場合は、光回線の利用を検討してみましょう。

4.通信制限がかかる場合がある

置くだけWi-Fiは、利用状況によって通信制限がかかる場合があります。

置くだけWi-Fiの多くは月間のデータ通信量に制限がなく、「3日で○○GB」といった制限も緩和されており、実質無制限で利用が可能です。

しかし、一定期間に大量のデータ通信を利用した場合や混雑する時間帯は、プロバイダーの判断で通信制限がかかる可能性があります。

そのため、通信制限のないWi-Fiを利用するには、光回線の利用を検討しましょう。

オンラインゲームに最低限必要なWi-Fiの通信速度やスペック

オンラインゲームを快適にプレイするには、Wi-Fiの通信速度やPing値などがそれなりのスペックを満たしていなくてはなりません。

そこで、オンラインゲームをプレイする際、最低限必要なWi-Fiのスペックを解説します。

ゲーム用に置くだけWi-Fiの利用を検討している方は、以下のスペックを参考にしてください。

通信速度は下り30Mbps以上

オンラインゲームにWi-Fiを利用するなら、通信速度は下り30Mbps程度必要です。

それほど通信速度を必要としないオンラインゲームであれば、1Mbps程度でも問題なくプレイできますが、ゲームの種類によっては1Mbpsだとラグが生じてしまう恐れがあります。

100Mbpsまでは出なくても大丈夫ですが、最低でも30Mbps以上の通信速度が確保できないと、オンラインゲームのプレイに支障が出る可能性があると認識しておきましょう。

Ping値は30ms以下

オンラインゲームを快適にプレイするためには、Ping値は30ms以下が目安です。

オンラインゲームでは、通信速度と同じくらいPing値が重要です。Ping値は「ms(ミリ秒)」という単位で表されており、数値が高くなるほどラグが生じる可能性も高くなります。

Ping値が高いままだと、入力した操作が反映されるまでにラグがあったり、画面がカクついたりします。

もし、一時的にPing値が高くなった場合は、Wi-Fiルーターの再起動で解消できる可能性があるので、試してみてください。

オンラインゲームを快適にプレイしたいなら通信速度とPing値は
必ずチェックしよう!

快適にゲームをプレイするための置くだけWi-Fiのスペックをタイトル別に解説

ここからは、快適にゲームをプレイするために必要な置くだけWi-Fiのスペックを、ゲームタイトルやジャンル別に紹介します。

以下を参考に、置くだけWi-Fi選びを進めてみてください。

FPS・シューティング系:通信速度下り70Mbps以上/Ping値15ms以下

スプラトゥーンをはじめとする、いわゆるFPSやシューティング系ゲームは、通信速度が下り70Mbps以上、Ping値は15ms以下が目安です。

  • スプラトゥーン
  • PUBG
  • FORTNITE
  • Apex Legends

FPSは、「回線負け」という言葉があるように、回線スペックで勝敗が分かれるシーンがあります。

そのためFPSをプレイする際は、目安以上のスペックのWi-Fiでプレイするのがおすすめです。

上記のように、ホームルーターでApex Legendsをプレイした場合、ラグが発生するといった口コミも多く見られます。

こうした投稿からもわかるように、PC(パソコン)やPS4でApex Legendsをプレイする際、ホームルーターはあまりおすすめできません。

できれば、通信速度が速くPing値の低い光回線を利用したほうがよいでしょう。

ストラテジー系:通信速度下り50Mbps以上/Ping値60ms以下

以下のようなストラテジー系ゲームは、通信速度が下り50Mbps以上、Ping値は60ms以下が目安です。

  • HEARTH STONE
  • Shadowverse

ストラテジーゲームは、FPSのように激しい動きがないため、通信速度やPing値はそれほど重要ではありません。

一般的なオンラインゲームがプレイできる程度のスペックで十分でしょう。

アクション・RPG系:通信速度下り30Mbps以上/Ping値40ms以下

以下のようなアクション・RPG系ゲームは、通信速度が下り30Mbps以上、Ping値は40ms以下が目安です。

  • Dead by Daylight
  • マリオカート8 デラックス
  • モンスターハンターライズ
  • LOL(League of Legends)
  • Dota
  • GTA(Grand Theft Auto)
  • Minecraft
  • ELDEN RING

アクションやRPG系も、通信速度やPing値に求められるスペックはそれほど高くありません。

ただし、モンスターハンターライズやGTAでマルチプレイをする際は、Ping値が高すぎるとラグが発生するため注意が必要です。

ソシャゲ・MMORPG・その他:通信速度下り1Mbps以上/Ping値50ms以下

以下のようなソシャゲ・MMORPG、その他のゲームは、通信速度が下り1Mbps以上、Ping値は50ms以下が目安です。

  • モンスターストライク
  • あつまれどうぶつの森
  • ポケットモンスターソード・シールド
  • PSO2(PhantasyStarOnline2)
  • FF14(ファイナルファンタジーXIV)
  • 黒い砂漠

激しいアクションやシューティングのないゲームは、最低限のスペックがあれば問題なくプレイできます。

置くだけWi-Fiでゲームをする前に回線速度を測定する3つの方法

置くだけWi-Fiの回線速度は、利用環境によって大きく異なります。そのため、実際にどれくらいの速度が出ているのか、測定して確かめてみるのがおすすめです。

ここでは、回線速度を測定できる3つのサイトを紹介します。

1.Google(インターネット速度テスト)

Googleで「インターネット速度テスト」と検索して、「速度テストを実行」をクリックすると、簡単に速度テストができます。

ダウンロードとアップロードのほか、レイテンシ(Ping値)も測定可能です。

Google(インターネット速度テスト)

2.Fast.com

Fast.comは、ストリーミングサービスで有名な「Netflix」が運営する速度測定サイトです。

サイトにアクセスすると、自動的にダウンロード速度の測定がスタートします。

さらに、「詳細を表示」をクリックすれば、アップロード速度やレイテンシもチェック可能です。

Fast.com

3.みんなのネット回線速度(みんそく)

みんなのネット回線速度は、ほかのユーザーの測定結果も閲覧できるサイトです。

速度の測定を実施する際は、回線タイプや住所などを入力します。

IPv4とIPv6それぞれの速度や、Ping値も計測できます。

置くだけWi-Fiを選ぶ際、ほかのユーザーの実測値がどれくらいなのか、参考にするのもおすすめです。

みんなのネット回線速度

置くだけWi-Fiをゲーム機器と接続する方法

置くだけWi-Fiとゲーム機の接続方法を解説します。

無線接続と有線接続、どちらも難しくありませんので、以下の手順を参考に接続してみてください。

Wi-Fiを使った無線接続の方法

置くだけWi-Fi(ホームルーター)の電源を入れたら、ゲーム機のインターネット設定で無線接続(Wi-Fi接続)を選びます。

次に、置くだけWi-Fi(ホームルーター)のSSIDを選択して、パスワードを入力すれば完了です。

PC(パソコン)でゲームをする際も同様に、置くだけWi-Fi(ホームルーター)のSSIDを選んでパスワードを入力します。

SSIDとパスワードは置くだけWi-Fi(ホームルーター)の本体に記載されているケースが多く、なかにはQRコードを使って設定できるものもあります。

LANケーブルを使った有線接続の方法

有線接続は、置くだけWi-Fiとゲーム機やパソコンをLANケーブルで繋ぎます。

次に、ゲーム機やパソコンのインターネット設定で有線接続を選択すれば完了です。

スマートフォンやLANポートのないゲーム機を有線接続する際は、有線LANアダプターなどを購入して接続しましょう。

置くだけWi-Fiで快適にゲームをプレイするための5つのポイント

置くだけWi-Fiで快適にゲームをプレイするためのポイントを、5つ紹介します。

以下のポイントを参考にして、快適なゲーム環境を構築してみましょう。

POINT1:無制限で利用できるプランを契約する

オンラインゲームで利用する置くだけWi-Fiは、データ通信量の制限がないものを選びましょう。

ゲーム中のデータ通信量はそれほど多くありませんが、ゲームデータのダウンロードやアップデートは、多くのデータ通信量を消費します。

そのため、データ通信量が限られているWi-Fiだと、通信制限がかかって一時的にオンラインゲームをプレイできなくなる恐れがあります。

無制限で利用できる置くだけWi-Fiなら、通信制限を気にせずゲームをプレイできるのでおすすめです。

POINT2:置くだけWi-Fiをゲーム機の近くに設置する

無線接続(Wi-Fi接続)で利用する際は、置くだけWi-Fiとゲーム機をできるだけ近くに設置しましょう。

置くだけWi-Fiとゲーム機が離れていたり、間に壁などがあったりすると通信が安定しない、または通信速度が落ちてしまう可能性があります。

通信速度が遅い、安定しないと感じた場合には、置くだけWi-Fiの設置場所を変えて改善できるかチェックしてみてください。

POINT3:Wi-Fiの周波数帯を切り替える

置くだけWi-Fiの周波数帯は、利用環境に合わせて最適なものを利用しましょう。

Wi-Fiには2つの周波数帯があり、それぞれ以下のような特徴があります。

スクロールできます
周波数帯メリットデメリット
2.4GHz電波の届く範囲が広い電波干渉を受けやすい
5GHz電波干渉を受けにくい通信速度が速い障害物に弱い電波の届く範囲が狭い

2.4GHzは電波の届く範囲が広いため、置くだけWi-Fiとゲーム機が離れていても利用しやすいのが特徴です。

ただし、家電製品やBluetoothも同じ周波数帯であるため、電波干渉を受けて通信が途切れたり、速度が低下したりする場合があります。

一方5GHzは、Wi-Fi以外で使われることが少ない周波数帯なので、電波干渉を受けにくいのが特徴です。

また、通信速度も速いため、動画視聴やオンラインゲームとも相性がよいと言えます。

ただし、2.4GHzよりも電波の届く範囲が狭いため、置くだけWi-Fiとゲーム機に距離があると速度が低下する恐れがあります。

さらに、壁などの障害物に弱い電波なので、置くだけWi-Fiとゲーム機が別々の部屋に設置されていると、通信が不安定になりやすいのがデメリットです。

このように、2.4GHzと5GHzにはそれぞれ善し悪しがありますので、利用環境に合わせて周波数帯を切り替えてみましょう。

POINT4:ゲーム機が置くだけWi-Fiから遠い場合は中継器(中継機)を使う

ゲーム機と離れた場所に置くだけWi-Fiを設置する際は、中継器(中継機)の利用がおすすめです。

中継器(中継機)は、置くだけWi-Fiから電波を受信して再度送信するため、置くだけWi-Fiとゲーム機の中間に設置すると、通信速度の減衰を防ぐ効果が期待できます。

置くだけWi-Fiとゲーム機はなるべく近くに設置することをおすすめしますが、間取りなどの関係でどうしても離れてしまう場合、中継器(中継機)の利用を検討してみてください。

POINT5:無線(Wi-Fi)ではなく有線接続を利用する

通信速度や通信の安定性を求めるなら、無線接続ではなく有線接続を利用しましょう。

有線接続は無線接続と違い、障害物や電波干渉による影響がありません。

また、オンラインゲームのマルチプレイで無線接続を利用していると、途中で回線落ちしてしまうなど、周りに迷惑をかけてしまう可能性があります。

置くだけWi-Fi(ホームルーター)を有線接続で利用すれば、通信速度やPing値が安定するため、ゲーム中の回線落ちやラグが発生しにくくなります。

なお、ゲーム機にLANポートがない場合は、USB接続ができるLANケーブルアダプターを使って、有線接続することも可能です。

オンラインゲームにおすすめの置くだけWi-Fi(ホームルーター)5選

オンラインゲームにおすすめの置くだけWi-Fiを5つ紹介します。

置くだけWi-Fi選びにお悩みの方は、こちらを参考にしてみてください。

Broad WiMAX:実質無制限のWiMAXがリーズナブル

Broad WiMAXは、株式会社リンクライフが運営するプロバイダーで、WiMAX回線のポケット型Wi-Fiや置くだけWi-Fi(ホームルーター)を提供しています。

WiMAX 2+・au 4G LTE・au 5Gの3種類の回線が利用できるため、広い対応エリアが特徴です。

一定期間内に大量のデータ通信があった場合や混雑した場合を除き、通信制限がかかることもありません。

最新機種のSpeed Wi-Fi HOME 5G L12は、下り最大2.7Gbpsの高速通信が可能で、同時接続台数も40台となっており、大人数での利用にも向いています。

平均Ping値46.07ms
平均ダウンロード速度61.83Mbps
平均アップロード速度10.85Mbps
出典:みんそく

上記は、Speed Wi-Fi HOME 5G L12の通信速度レポートです。

平均値なので利用環境によって実際の数値は異なりますが、WiMAXは置くだけWi-Fi(ホームルーター)の中でも通信速度・Ping値ともに良好と言えるでしょう。

一般的なオンラインゲームのプレイには支障のないスペックです。

スクロールできます
料金プラン契約期間月額料金
ギガ放題バリュープラン2年初月:1,397円(税込)2ヶ月目以降:3,883円(税込)
ギガ放題フリープランなし初月:1,397円(税込)2ヶ月目以降:4,070円(税込)

料金プランは契約期間の有無で2つに分かれており、ギガ放題バリュープランは2年の契約縛りがある代わりに、リーズナブルな料金で利用できます。

また、他社のインターネット回線から乗り換えると、最大19,000円(不課税)まで解約違約金を負担してくれるキャンペーンもあるので、他社からの乗り換えにもおすすめです。

さらに、auのスマートフォンとセットで利用すれば、auスマートバリューで毎月最大1,100円(税込)の割引が適用になります。

費用を抑えてWiMAX回線の置くだけWi-Fiを利用したい方に、Broad WiMAXはおすすめのプロバイダーです。

\Broad WiMAXXのお申込みはこちら/
ブロードワイマックス

GMOとくとくBB WiMAX:高額キャッシュバックでお得

GMOとくとくBB WiMAXは、GMOインターネットグループ株式会社が運営するプロバイダーです。

Broad WiMAXと同じ、Speed Wi-Fi HOME 5G L12が利用できます。

平均Ping値46.65ms
平均ダウンロード速度57.92Mbps
平均アップロード速度8.96Mbps
出典:みんそく

上記は、Speed Wi-Fi HOME 5G L12(GMOとくとくBB WiMAX)の通信速度レポートです。

Broad WiMAXと比較してもそれほど大きな差はなく、オンラインゲームをプレイできるスペックを満たしています。

GMOとくとくBB WiMAXの大きな特徴は、高額なキャッシュバックです。

他社から乗り換えを行った際、解約違約金や端末残債などの合計金額に応じて、以下のようなキャッシュバックが受けられます。

キャッシュバック金額他社の解約違約金・端末残債などの合計
23,000円(不課税)20,000円(税抜)未満
49,000円(不課税)20,000円(税抜)以上

さらに、月額料金は35ヶ月目まで割引が継続されるため、コストを抑えて利用できます。

スクロールできます
利用期間月額料金割引金額
端末発送月・1ヶ月~2ヶ月1,474円(税込)3,828円(税込)
3ヶ月~35ヶ月3,784円(税込)1,518円(税込)

なお、auスマートバリューも利用できるので、auスマートフォンとセットの利用で毎月最大1,100円(税込)の割引が可能です。

他社からの乗り換えでキャッシュバックを受け取りたい方に、GMOとくとくBB WiMAXはおすすめです。

\GMOとくとくBB WiMAXのお申込みはこちら/
GMOとくとくBB

NTTドコモ home 5G:通信速度が速い

home 5Gは、NTTドコモが提供する置くだけWi-Fi(ホームルーター)です。

5G・4G LTEに対応しており、5Gは下り最大4.2Gbps、4G LTEは下り最大1.7Gbpsの高速通信が利用できます。

平均Ping値49.03ms
平均ダウンロード速度235.6Mbps
平均アップロード速度20.58Mbps
出典:みんそく

上記は、NTTドコモのhome 5Gの実測値による通信速度レポートです。

NTTドコモのhome 5Gは、置くだけWi-Fi(ホームルーター)の中でも、特に通信速度が速いと評判ですが、みんそくのレポートも評判通り下り速度・上り速度ともに十分な速度が出ています。

NTTドコモのhome 5GのPing値は低いとは言えませんが、通常のオンラインゲームをプレイする分には問題のない置くだけWi-Fi(ホームルーター)と言えます。

データ通信量に関しても、home 5Gは直近3日間のデータ利用量が特に多い場合を除き、基本的に無制限で利用できるので、速度制限を気にする必要もありません。

料金は月額4,950円(税込)で、NTTドコモのスマートフォンとセットで利用すれば、家族全員の料金から永年最大1,100円(税込)割引となります。

NTTドコモのスマートフォンを利用している方や、通信速度の速い置くだけWi-Fiを利用したい方に、home 5Gはおすすめです。

\NTTドコモ home 5Gのお申込みはこちら/
ドコモ home 5G

au ホームルーター 5G:au・UQ mobileユーザーなら割安

auのホームルーター 5Gは、KDDI株式会社が提供する置くだけWi-Fi(ホームルーター)です。

利用できる機種や回線はWiMAXと同じで、WiMAX 2+・au 4G LTE・au 5Gの3種類の回線によって広いエリアをカバーしています。

平均Ping値45.51ms
平均ダウンロード速度50.43Mbps
平均アップロード速度6.23Mbps
出典:みんそく

上記は、Speed Wi-Fi HOME 5G L12(au)の通信速度レポートです。

先に紹介した、Broad WiMAXやGMOとくとくBB WiMAXと大きな差はありません。

auの置くだけWi-Fiも、オンラインゲームをプレイするための最低限のスペックは満たしています。

料金プランは月額5,170円(税込)ですが、加入から25ヶ月間は「5G ルーター割」が適用されるため、月額4,620円(税込)です。

さらに、auのスマートフォンを利用している方はauスマートバリュー、UQモバイルを利用している方は自宅セット割が適用されるため、auユーザーやUQモバイルユーザーの方に、auのホームルーター 5Gはおすすめです。

\au ホームルーター 5Gのお申込みはこちら/
au ホームルーター 5G

SoftBank Air:SoftBank・Y!mobileユーザーなら割安

SoftBank Airは、ソフトバンク株式会社が提供する置くだけWi-Fiです。

回線が混雑した場合などを除き、基本的にデータ通信量無制限で利用できます。

置くだけWi-Fiの機種は2種類あり、Airターミナル4の支払い方法は、分割払いとレンタルから選択可能です。

機種

支払い方法

通信速度

月額料金

Airターミナル4/4 NEXT

分割払い

下り最大612Gbps

契約から24ヶ月間:2,750円(税込)

25ヶ月目以降:5,368円(税込)

レンタル

5,907円(税込)

Airターミナル5

分割払い

下り最大2.1Gbps

契約から24ヶ月間:4,180円(税込)

25ヶ月目以降:5,368円(税込)

なるべく料金を抑えたい方はAirターミナル4、通信速度を重視したい方はAirターミナル5がおすすめです。

Airターミナル4Airターミナル5
平均Ping値49.25ms40.52ms
平均ダウンロード速度34.96Mbps88.59Mbps
平均アップロード速度5.05Mbps9.4Mbps
出典:みんそく

上記は、SoftBank Airの通信速度レポートです。

2機種を比較すると、Airターミナル5の方が通信速度は速く、Ping値も低いことがわかります。

快適な環境でオンラインゲームをプレイしたい場合は、やや料金は高くなりますが、Airターミナル5がおすすめです。

なお、他社からSoftBank Airに乗り換える際は、解約違約金や撤去工事費が最大10万円まで還元されます。

また、ソフトバンクのスマートフォンを利用している方は、最大10回線まで永年毎月1,100円(税込)の割引も適用されるため、ソフトバンクユーザーの方にSoftBank Airはおすすめです。

\SoftBank Airのお申し込みはこちら/
SoftBank Air

まとめ

置くだけWi-Fiなら、工事不要でポケット型Wi-Fiよりも安定したWi-Fiを利用できます。

ただし、基本的に自宅でしか利用できないことや、光回線に比べるとスペックが劣る点は理解しておきましょう。

また、FPSのようにPing値が重要なジャンルのゲームは、若干ラグが発生したりPing値の差で負けてしまったりする可能性があります。

こうした置くだけWi-Fiのデメリットが気になる方は、光回線の利用を検討してみてください。

置くだけWi-Fiでゲームをプレイする際によくある質問

置くだけWi-Fiでゲームをプレイする際によくある質問を紹介します。

Wi-Fiでオンラインゲームができない(繋がらない)原因は?

Wi-Fiでオンラインゲームができない(繋がらない)原因は?

置くだけWi-Fiを利用していて、オンラインゲームができない、繋がらないといった場合、いくつかの原因が考えられます。

Wi-Fiでオンラインゲームができない3つの原因
  • ゲームサーバーが落ちている
  • インターネット回線の通信障害
  • 自身のWi-Fi環境のトラブル

まずは、ゲームサーバーやインターネット回線に障害などが発生していないか確認しましょう。

もし、ゲーム機だけではなくiPhoneやスマートフォンもWi-Fiに繋がらない場合は、通信障害やWi-Fi環境の問題である可能性が高くなります。

そのほか、Wi-Fiに繋いで「インターネット接続がありません」と表示される場合も、原因は通信障害またはWi-Fi環境と考えられます。

このようなケースは、まずは置くだけWi-Fiの電源が入っているか、有線接続の場合はLANケーブルが抜けていないかなど確認しましょう。

また、置くだけWi-Fiの再起動も試してください。

置くだけWi-Fiを再起動しても改善されない場合は、プロバイダーへ問い合わせしてみましょう。

PS4の設定で通信速度を速くできる?

PS4の設定で通信速度を速くできる?

PS4の設定を変えて通信速度を速くする方法には、以下のようなものがあります。

  • 有線接続にする
  • DNS設定やMTU値の設定を変える

置くだけWi-Fiとゲーム機を無線接続している場合は、有線接続に変更します。

次に、DNS設定やMTU値の設定を変更します。

変更の手順は以下の通りです。

PS4のDNS設定やMTU値の設定を変更する手順

1. 「ネットワーク」を選択
2.「インターネット接続を設定する」を選択
3.「LANケーブルを使う」を選択
4.「カスタム」を選択
5.「IPアドレス設定」を「自動」にする
6.「DHCPホスト名」を「指定しない」にする
7.「DNS設定」を「手動」にする
8.「プライマリーDNS」「セカンダリーDNS」を以下のいずれかに設定する

スクロールできます
プロバイダープライマリーDNSセカンダリーDNS
Google8.8.8.88.8.4.4
Cloudflare1.1.1.11.0.0.1

9.「MTU設定」を「自動」にする
10.「プロキシサーバー」を「使わない」にする

DNS設定やMTU値の設定を変更しても、必ず通信速度が速くなるわけではないので注意してください。

もし設定を変更して返って通信速度が遅くなるようなら、もとの設定に戻しましょう。

工事不要で使える光回線はある?

工事不要で使える光回線はある?

光回線の導入には、基本的に工事が必要です。

ただし、マンションでははじめから光回線の設備が設置されていたり、前の住人が利用していた設備が残っていたりするケースもあります。

このような場合、契約手続きとモデムをレンタルできれば、工事不要で光回線を利用できます。

なお、設備が設置されていない環境で工事をせずインターネット回線を利用したい場合は、本記事で紹介した置くだけWi-Fi、またはポケット型Wi-Fiの利用を検討してみてください。

置くだけWi-Fiにゲーム機だけ接続できない理由は?

置くだけWi-Fiにゲーム機だけ接続できない理由は?

置くだけWi-Fiにゲーム機だけ接続できない場合、以下のような理由が考えられます。

置くだけWi-Fiにゲーム機だげ接続できない4つの理由
  • SSIDやパスワードの誤り
  • 置くだけWi-Fiとゲーム機が離れすぎている
  • 置くだけWi-Fiとゲーム機の間に遮蔽物がある
  • 置くだけWi-Fiが電波干渉を受けている

まずは、SSIDとパスワードを確認してみましょう。

置くだけWi-Fiとゲーム機が離れすぎている、別々の部屋にあって壁などの遮蔽物があるといった場合は、電波が届いていない可能性もあるので、置くだけWi-Fiの設置場所を変更してください。

あるいは、LANケーブルを使って有線接続する方法もあります。

置くだけWi-Fiが家電製品などから電波干渉を受けている場合も、有線接続にすれば解決できます。

もし、有線接続が難しい場合は、周波数帯を5GHzに変更してみましょう。

置くだけWi-FiとPS4のおすすめの接続方法は?

置くだけWi-FiとPS4のおすすめの接続方法は?

置くだけWi-FiとPS4のおすすめの接続方法は、以下になります。

置くだけWi-FiとPS4のおすすめ接続方法4つ
  1. 「ネットワーク」を選択
  2. 「インターネット接続を設定する」を選択
  3. 「LANケーブルを使う」
  4. 「かんたん」を選択

基本的にはこの設定で問題ありません。

ただし、通信速度が遅いと感じる場合は、DNS設定やMTU値の設定を変更して、改善するかどうか確かめてみるのもおすすめです。

一人暮らしでゲームにおすすめのWi-Fiは?

一人暮らしでゲームにおすすめのWi-Fiは?

一人暮らしでゲームのためにWi-Fiを用意するなら、置くだけWi-Fiがおすすめです。

ポケット型Wi-Fiよりも通信が安定しているため、オンラインゲームを快適にプレイできます。

また、光回線にはスペックで劣りますが、料金面では置くだけWi-Fiの方がリーズナブルです。

置くだけWi-Fiの選び方については、本記事にある「オンラインゲームにおすすめの置くだけWi-Fi(ホームルーター)5選」を参考にしてください。

WiMAXのPing値を改善する方法はある?

WiMAXのPing値を改善する方法はある?

WiMAXの置くだけWi-FiのPing値を改善する方法には、以下のようなものがあります。

WiMAXの置くだけWi-FiのPing値を改善する方法4つ
  • 有線接続にする
  • プラスエリアモードを利用する
  • 周波数帯を変える
  • ゲーム機以外接続しない

まず、無線で利用している場合は有線へ切り替えましょう。

スタンダードモードからプラスエリアモードへの切り替えも、Ping値改善の効果が期待できます。

ただし、プラスエリアモードの利用には別途料金がかかるうえ、月間15GBを超えると通信制限がかかるため注意が必要です。

周波数帯を5GHzに変更することで、Ping値が改善されるケースもあります。

ゲーム機以外の機器を置くだけWi-Fiに接続している場合は、なるべく解除してゲーム機のみで利用してください。

Wi-Fiは繋がっているのにPC(パソコン)のゲームだけできない原因は?

Wi-Fiは繋がっているのにPC(パソコン)のゲームだけできない原因は?

Wi-Fiは繋がっていてWEBサイトの閲覧はできるのに、PC(パソコン)のゲームだけできない場合は、Wi-Fiの通信速度が低下している可能性があります。

WEBサイトの閲覧はそれほど通信速度が速くなくても可能ですが、オンラインゲームはある程度の速度が出ていないと接続できません。

ゲームに接続できない場合は、Fast.comなどで通信速度を確認してみましょう。

そのほか、ゲームサーバーのトラブルの可能性も考えられるため、ゲームの公式サイトなどもチェックしてみてください。

PS4を無線から有線接続にしても通信速度が変わらない理由は?

PS4を無線から有線接続にしても通信速度が変わらない理由は?

PS4を無線から有線接続に変えても通信速度が変わらない場合、以下のような理由が考えられます。

PS4を無線から有線接続に変えても通信速度が変わらない3つの理由
  • 置くだけWi-Fiが電波をしっかり受信できていない
  • 置くだけWi-Fiの回線スペックが低い
  • 電波が弱いエリアで使用している

置くだけWi-Fiが電波をしっかり受信できていないと通信速度が遅くなるので、電波を拾いやすい窓際などへ移動してみましょう。

また、そもそも置くだけWi-Fiの最大速度が遅いと、有線接続にしても大幅に速度が改善することはありません。

置くだけWi-Fiを電波が弱いエリアで使用しているケースも同様です。

この場合、最大速度が速いWi-Fiに乗り換えるか、光回線の利用を検討してみましょう。

Wi-Fiに繋がっているのにインターネットに繋がらない時の対処法は?

Wi-Fiに繋がっているのにインターネットに繋がらない時の対処法は?

Wi-Fiのネットワークに繋がるけどインターネット接続できない場合は、いくつか原因が考えられます。

Wi-Fiに繋がっているのにインターネットに繋がらない3つの原因
  • 置くだけWi-Fiの故障
  • 違うWi-Fiに接続している
  • 通信障害

対処法としては、まず接続しているWi-FiのSSIDを確認して、違うWi-Fiに接続していないか確かめましょう。

次に、置くだけWi-Fiを再起動します。

置くだけWi-Fiの一時的な不具合は、再起動で改善できるケースが多くなります。

また、通信障害が起きていないか、プロバイダーの公式サイトもチェックしましょう。

いずれの方法でも改善できない場合は、置くだけWi-Fiが故障している可能性があるので、利用しているプロバイダーへ問い合わせてください。

著者

通信系WEBライター

伊藤 大介(イトウ ダイスケ)

通信企業でマーケティングMgrとして、広告運用やオウンドメディア運用を経験。ライティングやディレクションのほか、自らメディアの制作・運用も行う。2013年から現在まで、SEOについてインプットとアウトプットを継続中。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップしてジャンプ)