単身赴任・出張時のインターネット、最適解はポケット型WiFi|おすすめする理由とは?

  • URLをコピーしました!

「単身赴任でインターネット回線をどう選んだらいいかわからない」

「一定期間だけ利用できるWiFiサービスはあるの?」

上記のように考えてはいないでしょうか。

単身赴任や出張にはポケット型WiFiがおすすめです。

工事不要ですぐにインターネットが利用できるだけでなく、持ち運び可能でどこでも大容量の通信ができるなどメリットは多くあります。

ただ、一口にポケット型WiFiと言っても種類や特徴は実にさまざま。

一から自分にぴったりのポケット型WiFiを選ぶとなるとかなりの手間や時間がかかります。

そこで本記事では、単身赴任や出張時にポケット型WiFiを利用するメリットやおすすめのサービスなど徹底的に解説します。

単身赴任や出張時に必要なインターネット要件についても解説するので、本記事を読めば納得のいくインターネット回線選びができるようになるでしょう。

単身赴任や出張時のインターネット回線選びにお困りの方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次(タップしてジャンプ)

[PR]

\縛りなし・端末費用なしの5G対応WiMAX/
FreeMax+5G

単身赴任で求められるインターネット要件について

tanshinfunin wifi010

まずは、単身赴任や出張時に必要なインターネット要件について解説します。

単身赴任や出張時のインターネットについて、注目すべきポイントは以下の2つです。

  • 期間・一時利用などのスポット利用が可能
  • WEB会議が途切れずに実施できる回線速度

単身赴任や出張時のインターネット回線選びは、通常利用とは異なる視点が必要です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

短期間・一時利用時のスポット利用が可能

まず注目すべき要件は、短期間や一時利用といったスポット利用が可能かどうかという点です。

単身赴任や出張は、期間が定められている場合がほとんどです。

そのため、回線工事が必要で、契約期間内の解約で契約解除料がかかる光回線は不向きだと言えます。

光回線は基本的な契約期間が2~3年ほどと長く、契約解除料も数万円程度とかなり高額です。さらに、利用開始まで時間がかかるという難点も。単身赴任や出張の際、新たに光回線を契約するのはおすすめできません。

このような問題を解決するためには、インターネットがあらかじめ手配されている物件を選ぶ工夫が必要です。

他には、スマートフォンのテザリング機能や、ポケット型WiFiを使うなどが選択肢として挙げられます。

WEB会議が途切れずに実施できる回線速度を備えている

WEB会議が途切れずに実施できる回線速度を備えているかも非常に重要です。

昨今では、テレワークが急速に普及しているため、単身赴任や出張と言えど自宅でWEB会議をすることも多いでしょう。

WEB会議が途切れずに実施できる回線速度を備えていれば、仕事だけでなくプライベートでも快適にインターネットを利用できます。

公私どちらも充実させるために、回線速度要件をしっかり確認しておきましょう。

ここでは、WEB会議で使われることの多い「Zoom」「Microsoft Teams」という2つのサービスについて、WEB会議に推奨される回線速度要件を表で紹介します。

スクロールできます
帯域幅要件
(上り/下り)
1対1(WEB会議)複数(WEB会議)1対1(画面共有)複数(画面共有)
zoom1.8Mbps/1.8Mbps受信2.5Mbps/2.5Mbps
送信3.0Mbps/3.0Mbps
0.15Mbps/0.15Mbps0.15Mbps/0.15Mbps
Teams1.5Mbps/1.5Mbps2.5Mbps/4.0Mbps1.5Mbps/1.5Mbps2.5Mbps/2.5Mbps
※表記している通信速度に関しては各サービスの最高画質要件を引用

「帯域幅」とは回線速度、「Mbps」とは1秒間に送受信可能なデータ量を表す回線速度の単位のことです。

上り・下りとは通信の方向を表す言葉で、表中の上りは送信、下りは受信する際に必要な回線速度を示しています。

例えば、Teamsで複数のWEB会議をする場合、上りは2.5Mbps、下りは4.0Mbpsの速度がコンスタントに出ている必要があります。

利用するインターネット回線のホームページなどや「みんそく」などの口コミ投稿サイトで、必要な速度が出るかあらかじめ確認しておきましょう。

また、実際に利用している回線の速度は、WEB上のツールやアプリで簡単に測定することができます。

一般的に「回線速度」というと「下り速度=ダウンロード速度」が重視されていますが、ウェブ会議では双方向の通信となるため「上り速度=アップロード速度」についても重視する必要があります。

特にWiMAX2+は屋内で使用する場合アップロード速度が上記ウェブ会議ソフトの最低要件を満たさない可能性があるため利用には注意が必要です。

単身赴任などのビジネス用途でおすすめできるポケット型WiFiとは?

単身赴任や出張時におすすめのインターネット回線は、ポケット型WiFiです。

ポケット型WiFiとは、持ち運び可能でどこでも無線通信ができるモバイルルーター端末のことを指します。

基本的には、スマートフォンやパソコンなどとWiFi接続を行い、端末に挿入されているデータ通信専用チップを用いてインターネット接続をします。

ポケット型WiFiは、種類ごとに大きく以下4つに分けることができます。

名称概要
WiMAX(ワイマックス)UQコミュニケーションズ(株)およびKDDI(株)の回線を利用したサービス
ポケット型WiFiUQコミュニケーションズ(株)およびKDDI(株)以外の回線を利用したサービス
クラウドSIMuCludlink社が提供するクラウドSIM技術を用いて通信を行うサービス
ホームルーター端末にSIMカードが挿入されており、家庭用電源コンセントに接続して利用できるサービス

ポケット型WiFiとは、本来Ymobileが提供している「PocketWiFi®」を指す言葉でしたが、時代の流れとともに持ち運び可能でSIMカードが挿入されている通信端末のことを広くポケット型WiFiと呼ぶようになりました。

実際は、ポケット型WiFiの定義ははっきりと定まっているわけではありません。
参考:ポケット型WiFiの種類と定義について

厳密に言えば、ホームルーターは持ち運びが不可能なためポケット型WiFiとは呼べないかもしれません。

ただ、SIMカードが挿入されたデータ通信専用端末という意味ではポケット型WiFiに分類されると言って良いでしょう。

ポケット型WiFiについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの関連記事をご覧ください。

\単身赴任なら解約違約金なしがおすすめ/
当サイトおすすめWi-Fiはこちらdata

単身赴任に短期間ポケット型WiFiを利用するメリット

単身赴任や出張時に、短期間ポケット型WiFiを利用するメリットは多くあります。

ここでは、短期でポケット型WiFiのレンタルサービスを行っている「WiFi東京レンタルショップdata」を例に、ポケット型WiFiのメリットについて解説していきます。

単身赴任や出張時にポケット型WiFiを利用するメリットは以下の4つです。

単身赴任や出張時にポケット型WiFiを利用するメリット
  • 工事不要で最短翌日からインターネット環境が手に入る
  • 自宅以外でも受け取ることができる
  • 契約事務手数料がかからず解約金も不要
  • 大容量のインターネット通信が可能でスマホテザリングも不要

それぞれ順番に見ていきましょう。

工事不要で最短翌日からインターネット環境が手に入る

WiFi東京レンタルショップのポケット型WiFiは、最短即日発送となっているため工事不要で申し込みから最短翌日にはインターネット環境を整えることが可能です。

光回線であれば、利用開始まで速くても2週間から1ヵ月ほどかかる場合が多く、すぐにインターネットを使いたいときに対応できません。工事業者との兼ね合いもあるため希望日に工事をすることは難しく、希望通りに進められたとしても利用できるまでにかなりの時間と手間がかかります。

しかし、WiFi東京レンタルショップのポケット型WiFiであればこのような心配は不要。

急な出張やWEB会議など、必要なタイミングで申し込むことですぐにインターネットを利用できます。

自宅以外でも受け取ることができる

WiFi東京レンタルショップのポケット型WiFiは、自宅以外の場所でも受け取ることができます。

単身赴任や出張の際は、物件の契約手続きや滞在先・交通手段の確保などすべきことは何かと多いでしょう。

ただでさえ仕事で忙しいので、インターネット環境の手配はできるだけ簡単に済ませたいですよね。

WiFi東京レンタルショップのポケット型WiFiは、空港やホテルなど、配送先の住所があればどこでも受け取り可能。

配送場所を滞在先のホテルや出張先の空港などに指定すれば、そのまますぐにインターネット環境を整えることができます。

17時までの申し込みであれば当日発送となるので、申し込みから受け取りまでの流れも非常にスムーズです。

自身の都合に合わせて好きなタイミングや場所でポケット型WiFiを受け取ることができます。

契約事務手数料がかからず解約金も不要

WiFi東京レンタルショップのポケット型WiFiは、初回の契約事務手数料や解約金がかかりません。

通常の月額制のポケット型WiFiであれば初回契約時に手数料がかかる場合が多く、契約期間が決まっているものであれば更新月以外の解約で契約解除料がかかってしまいます。

しかしWiFi東京レンタルショップは、一般的な月額制のポケット型WiFiと異なり短期や長期での端末レンタルを提供しており、契約事務手数料が不要で解約金の心配もいりません。

必要な費用は端末の往復送料に相当する1,100円(税込)と、日数に応じたレンタル料金のみで非常にシンプルです。

わかりやすいシステムで余計な費用がかからないので、できるだけ通信費用を抑えたい方や、忙しくて複雑な契約内容の把握が困難な方におすすめだと言えます。

大容量のインターネット通信が可能でスマホテザリングも不要

WiFi東京レンタルショップのポケット型WiFiは、大容量のインターネット通信が可能でありスマホのテザリングも不要です。

1日最低3GBのパケット通信量を保証しているため、容量を気にせず快適にインターネットを利用できます。

参考までに、先述した「Zoom」と「Teams」の推奨速度を基に3GBではどれほど利用可能かを表でご説明します。

1Mbps=0.125MB/secとして算出しました。

サービスごとの3GBで使える時間

スクロールできます
サービス1対1(WEB会議)複数(WEB会議)1対1(画面共有)複数(画面共有)
zoom3時間42分2時間14分44時間27分44時間27分
Teams4時間27分1時間40分4時間27分2時間40分

恐らくは画面共有のみのWEB会議というのは稀だと思いますので、1対1や複数人とのWEB会議がどれくらいできるかという点に着目してください。

表でわかるように、各サービスごとの推奨速度で利用した場合でも3GBあれば長時間の利用が可能です。

WiFi東京レンタルショップのポケット型WiFiであれば、スマホのテザリングを使わなくても問題なくインターネットが使えるでしょう。

\公式サイトはこちら/
WiFi東京レンタルショップdata

【利用期間別】長期レンタルと短期レンタル、どっちがお得?

WiFi東京レンタルショップの短期レンタルでは、1日3GBのパケット通信量を保証しています。

ここでは、WiFi東京レンタルショップと同等の長期WiFiルーター月額レンタルサービスであるクラウドWiFiの月間100GBプランと比較し、利用期間別にどちらがよりお得になるかわかりやすくご説明します。

各サービスのパケット量と利用にかかる諸費用は以下の通りです。

スクロールできます
WiFi東京レンタルショップクラウドWiFi
パケット上限3GB/日100GB/月
初期費用(契約事務手数料)0円3,300円(税込)
送料1,100円(税込)370円(税込)
※レターパックライト利用の場合

なお、どちらも月頭1日から利用を開始した場合を想定して料金を比較していきます。

クラウドWiFiは15日までの解約申請により当月料金で解約可能(最低利用期間1か月)、16日から翌月15日までの解約では2ヵ月分の料金がかかります。

fukidasi1

1週間だけのレンタルならWiFi東京レンタルショップがお得だね!

fukidasi2

1ヶ月以上使う人や、容量を気にせず使いたいならクラウドWiFiを選べば良さそうね!

1日~14日間(2週間)以下の利用なら短期間レンタルがおすすめ

2週間以下の利用であれば、WiFi東京レンタルショップの短期レンタルがおすすめです。

WiFi東京レンタルショップ

クラウドWiFi

日数

ベース料金

累計支払額

日数

ベース料金

累計支払額

1日間

1日~14日間

3,718円(税込)

7,388円(税込)

2日間

440円(税込)

1,540円(税込)

3日間

880円(税込)

1,980円(税込)

4日間

1,320円(税込)

2,420円(税込)

5日間

1,760円(税込)

2,860円(税込)

6日間

2,200円(税込)

3,300円(税込)

7日間

2,640円(税込)

3,740円(税込)

8日間

3,080円(税込)

4,180円(税込)

9日間

3,520円(税込)

4,620円(税込)

10日~14日間

3,850円(税込)

4,950円(税込)

表中のベース料金は、WiFi東京レンタルショップの場合は日ごとの基本料金、クラウドWiFiの場合は月額基本料金を表しています。累計支払額は、ベース料金に送料や初期費用を含めた総支払額です。
クラウドWiFiは月額制のため、14日以内の利用であれば一律で1ヵ月分の使用料と初期費用・返送料が発生します。
WiFi東京レンタルショップの場合は、端末の往復送料1,100円(税込)が一律で発生し、あとはレンタル日数ごとの使用料がかかります。

表を見てわかる通り、クラウドWiFiの場合は一律で7,388円(税込)の料金がかかりますが、WiFi東京レンタルショップの場合は最短2日間の利用で1,540円(税込)のため、最大で6,000円近く費用が安いです。

14日間の利用でも4,950円(税込)と2,000円以上安いため、2週間以内の利用であればWiFi東京レンタルショップの短期レンタルがおすすめです。

\公式サイトはこちら/
WiFi東京レンタルショップdata

15日~30日間(1ヵ月)の利用なら短期間レンタルがおすすめ

1ヵ月程度の利用であっても、WiFi東京レンタルショップの短期レンタルがおすすめです。

WiFi東京レンタルショップ

クラウドWiFi

日数

ベース料金

累計支払額

日数

ベース料金

累計支払額

15日~16日間

3,850円(税込)

4,950円(税込)

15日間

3,718円(税込)

7,388円(税込)

17日間

4,290円(税込)

5,390円(税込)

18日間

4,730円(税込)

5,830円(税込)

19日間

5,160円(税込)

6,260円(税込)

20日間

5,610円(税込)

6,710円(税込)

16日~30日間

7,436円(税込)

11,106円(税込)

21日間

6,050円(税込)

7,150円(税込)

22日間

6,490円(税込)

7,590円(税込)

23日~30日間

6,600円(税込)

7,700円(税込)

クラウドWiFiは、15日間までであれば14日以内の場合と同様に総額7,388円(税込)で利用可能です。

しかし、16日以上になると2ヵ月分の料金がかかってしまうため、初期費用や返送料を合わせると総額11,106円(税込)となります。

一方で、WiFi東京レンタルショップは16日間までであれば14日以内の場合と同様に総額4,950円(税込)で利用可能なため、クラウドWiFiと比較して2,000円以上も総額費用が安いです。

また、23日~30日間の利用でも総額7,700円(税込)とクラウドWiFiよりも3,000円以上安くなります。

15日~30日間の利用であれば、いずれの場合でもWiFi東京レンタルショップの方がお得です。

\公式サイトはこちら/
WiFi東京レンタルショップdata

31日~60日間(2ヵ月)の利用なら長期・短期ともに同額程度

2ヵ月程度の利用の場合、長期・短期レンタルどちらを選んでも費用はほとんど変わりません。

WiFi東京レンタルショップ

クラウドWiFi

日数

ベース料金

累計支払額

日数

ベース料金

累計支払額

31日~45日間

10,450円(税込)

11,550円(税込)

31日

~45日間

7,436円(税込)

11,106円(税込)

46日~60日間

13,200円(税込)

14,300円(税込)

46日

~60日間

11,154円(税込)

14,824円(税込)

クラウドWiFiは、46日以上の利用だと解約時に3ヵ月分の月額料金がかかるため、初期費用や返送料と合わせて総額14,824円(税込)となります。

ただ、31日~45日間の場合はクラウドWiFiが、46日~60日間の場合はWiFi東京レンタルショップがそれぞれ数百円程度安いという違いなので、2ヵ月ほどのレンタルであれば長期・短期どちらを選んでも良いでしょう。

しかし、クラウドWiFiは月間で100GB利用できるのに対し、WiFi東京レンタルショップは保証されているパケット通信量が1日3GBとなっています。

そのため、日によって通信量にムラがある場合やそもそも1日3GB以上使用することが多い場合は、短期間の通信制限が無いクラウドWiFiがおすすめです。

\公式サイトはこちら/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷data

61日~90日間(3ヵ月)の利用なら長期レンタルがお得

3ヵ月程度の利用であれば、クラウドWiFiの長期レンタルがおすすめです。

WiFi東京レンタルショップ

クラウドWiFi

日数

ベース料金

累計支払額

日数

ベース料金

累計支払額

61日~75日間

17,050円(税込)

18,150円(税込)

61日~75日間

11,154円(税込)

14,824円(税込)

76日~90日間

18,150円(税込)

19,250円(税込)

76日~90日間

14,872円(税込)

18,542円(税込)

61日~75日間の利用の場合、WiFi東京レンタルショップの総額は18,150円(税込)なのに対し、クラウドWiFiの総額は14,824円(税込)となるのでクラウドWiFiの方が3,000円以上安いです。

また、クラウドWiFiは76日以上利用する場合4か月分の月額料金がかかるため、初期費用や返送料を合わせて総額18,542円(税込)となりますが、それでもWiFi東京レンタルショップは総額19,250円(税込)なので、クラウドWiFiの方が1,000円以上安くなります。

そのため、61日~90日間の利用であればクラウドWiFiの長期レンタルがおすすめだと言えます。

\公式サイトはこちら/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷data

まとめ

ここまで、単身赴任でインターネットを利用するニーズや、ニーズを踏まえた上でポケット型WiFiをおすすめする理由について説明してきました。

単身赴任や出張時のインターネット回線は、ポケット型WiFiがおすすめです。

単身赴任や出張で使うインターネット回線は、スポット利用ができるもの、またテレワークでの利用も考えてWEB会議が途切れずにできるものを選ぶ必要があります。

WiFi東京レンタルショップのポケット型WiFiやクラウドWiFiは、スポット利用ができWEB会議も問題なくできる回線速度を備えているほか、工事不要ですぐにインターネット環境を整えることが可能なので、単身赴任や出張時に非常におすすめです。

WiFi東京レンタルショップの短期レンタルとクラウドWiFiの長期レンタルは、利用期間によっておすすめ度合いが変わってきます。

必要な期間や使いたいパケット通信量などを事前に把握し、サービスごとの特徴を踏まえながら単身赴任・出張時のインターネット回線を選んでいきましょう。

あなたが納得できるインターネット回線が見つかるよう願っています。

\短期レンタルにおすすめ/
WiFi東京レンタルショップdata

\長期レンタルにおすすめ/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷data

takiji profile
著者

通信系WEBライター

瀧澤 亮(タキサワ リョウ)

約1年間大手通信キャリアのショップにて販売員を経験。在籍中キャリア資格筆記試験で全社1位に輝いた実績があり、通信系知識を学びわかりやすく説明するのが得意。

河村亮介
監修者

回線サービスの比較専門家

河村亮介(カワムラリョウスケ)

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイル回線選びの専門家。徹底した通信速度測定に定評がある。回線系比較サイト「GreenWaves」運営/WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップしてジャンプ)