インターネットをとにかく安く!ポケット型WiFi・固定回線どっちがおすすめ?|テザリングについても解説

  • URLをコピーしました!

自宅のインターネット選びにお悩みではないでしょうか?

インターネットの種類を大きく分けると、モバイル回線と固定回線の2つに絞られます。

近年はスマートフォンの普及によって、携帯電話やタブレットなどのモバイル端末でのインターネットが増加傾向です。

安い料金で使える無制限のポケット型Wi-Fiは、最近ではポケット型Wi-FiのWiMAXなどが人気ですね。

従来のインターネットのイメージなら、パソコンで接続する固定回線、今なら高速通信の光回線という方も多いのではないでしょうか?

主流のインターネットをあげただけでも、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね?

本記事では、モバイル回線(ポケット型Wi-Fi)と固定回線のどちらがおすすめなのか、それぞれの特徴とメリット・デメリットとともに詳しく解説しています。

ぜひ、あなたのインターネット選びの参考にしてください。

目次(タップしてジャンプ)

[PR]

\縛りなし・端末費用なしの5G対応WiMAX/
FreeMax+5G

ポケット型Wi-Fiと固定回線の違い

ポケット型Wi-Fiと固定回線には、インターネットの接続方法が有線か無線かという明らかな違いがあります。

もちろんそれだけではないので、2つの回線の具体的な違いについて以下の流れで解説していきましょう。

ポケット型Wi-Fiと固定回線の3つの違い
  • ポケット型Wi-Fiの特徴とメリット
  • 固定回線の特徴とメリット
  • テザリングとはなにか?固定回線やモバイル回線との違い

ポケット型Wi-Fiと固定回線は回線の性質から、導入方法や利用料金などまったく違うといっていいインターネット回線です。

「とにかく安くインターネットを使いたい」「環境を改善したい」という方は、一緒に読み進めていきましょう。

ポケット型Wi-Fiの特徴とメリット

ポケット型Wi-Fiとは、携帯型無線LANルーターの一般的な通称です。

モバイルルーターやポケットWi-Fiルーター、持ち運びWi-Fiルーターとさまざまな呼び名があります。

ポケット型Wi-Fiはコンパクトサイズで持ち運びやすく、屋内外のどこでもインターネットに接続できるのが特徴でもありメリットと言えるでしょう。

主な特徴として、ポケット型Wi-Fiはインターネット回線の開通や機器設置などの工事を必要としません。

そのため、ポケット型Wi-Fiなら安い料金と短期間でインターネット環境を構築できることが、固定回線との大きな違いです。

近年は固定回線や固定電話を持たない層が増加傾向にあるとされており、総務省の発表ではインターネット利用者のモバイル端末の利用が固定回線を上回っているとされています。

参考資料:令和3年通信利用動向調査の結果|総務省

このことから、ポケット型Wi-Fiなどのモバイルルータ―端末を固定回線代わりに使う層が一定数存在し、固定回線を特段必要としない・いらないユーザーが多いと考えるべきでしょう。

ポケット型Wi-Fiには、有線接続機能が付属するものがあります。

外では携帯用のポケット型Wi-Fiとして、自宅では固定回線代わりに使えるので、固定回線を併用するほどの費用をかけずに済むという利便性も大きなメリットです。

ポケット型Wi-Fiの回線の種類

ポケット型Wi-Fiは無線通信、つまり電波で通信しているという固定回線との違いが前提にあります。

そして、ポケット型Wi-Fiで使用してる回線は「モバイル回線」と呼ばれ、大手キャリア会社が敷設している基地局から発信される電波です。

モバイル回線は携帯電話回線を流用したもので、次のような種類があります。

モバイル回線の種類4つ
  • 3G
  • 4G LTE
  • 5G
  • WiMAX

3〜5GのGとは世代を意味する「Generation」の頭文字で、数字は通信規格の世代です。

携帯電話が爆発的に普及した、いわゆる「ガラケー」のデータ通信は3Gで行われます。

3G以降からはLTE呼ばれる通信規格が生まれ、みなさんもご存じのスマートフォンやポケット型Wi-Fiなどで使われている4G LTEが現在のモバイル回線の主流となりました。

5Gはもうお気づきですね?そう、次世代の5G回線のことを指します。

最後にWiMAXですが、こちらはUQコミュニケーションズ株式会社が運営する「UQ WiMAX」の通信回線です。

3Gや4Gのように世代というか種類があり、WiMAX・WiMAX2+・WiMAX 5Gの3つが存在します。

現在はWiMAX2+とWiMAX 5Gが主流になり、無制限の安いWi-Fiと言えばこれらを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

そのほか、大手キャリアの回線を使い分けられる「クラウドSIM」というものがあります。

WiMAXやクラウドSIMについて知りたい方は、別記事をご参照ください。

ポケット型Wi-Fiのデメリット

ポケット型Wi-Fiは、通信速度が不安定になりやすく、条件下で速度制限がかかるデメリットが多いです。

光ファイバー網などのケーブルで通信を行う固定回線とは違い、モバイル回線は無線の電波によるネットワークでデータ通信を行っています。

ポケット型Wi-Fiの電波は障害物や遮蔽物、周辺の建物や電磁波の電波干渉による影響を受けやすく、回線が安定しにくいということが多いのです。

また、WiMAXサービスではデータ通信量が無制限とされていますが、実際には完全無制限のポケット型Wi-Fi(光回線を含めたインターネット)はありません。

3日間での合計消費パケットによる速度制限、いわゆる「3日間制限」は撤廃されましたが、短期間で大量のパケット通信が行われた場合に速度を制限されるケースがあるのです。

そのほかにも、複数台の端末機器を使って同時接続した場合、ポケット型Wi-Fiの回線が機器全体に割り振られるため通信速度が低下します。

このように固定回線とは異なり、通信時における速度制限の条件が多いのがポケット型Wi-Fiの主なデメリットと言えるでしょう。

ポケット型Wi-Fiとホームルーターはなにが違う?

ポケット型Wi-Fiは自宅や外出先でも使えますが、ホームルーターは契約時に登録した住所以外では使用できない完全据え置き型のルーターです。

これはプロバイダによるホームルーターの利用規約が一斉に厳密化され、規約を破ると通信制限や最悪の場合は利用停止の罰則を受ける恐れがあります。

参考資料:よくあるご質問(FAQ)|SoftBank

ホームルーターを別の場所で使用する場合は正式な手続きが必要となるため、ポケット型Wi-Fiのように気軽に持ち運ぶことができなくなりました。

工事不要の自宅用Wi-Fi回線という見方をすれば、固定回線に比べて安い費用で導入できるのがホームルーターのメリットです。

ホームルーターはポケット型Wi-Fiよりも電波強度が強いので、有線接続機能を使ってモバイルルーターを固定回線化するよりずっと安定します。

当然WiMAXを固定回線代わりにすることも可能なので、ホームルーターならより強度の高いWiMAX回線を使用することも可能です。

ポケット型Wi-Fiとホームルーター(固定回線)の併用を検討されている方に、耳寄り情報として「WiFi革命セット」をご紹介します。

WiFi革命セットとは、ポケット型Wi-Fiの「ONE MOBILE」とホームルーターの「モバレコAir」がセットになった格安のWi-Fiサービスです。

とにかく安くインターネット環境を充実させたい方は、検討されてみてはいかがでしょうか?

以下に、TwitterのWiFi革命セットの口コミレビューもあわせて参考にどうぞ。

WiFi革命セットの口コミ

固定回線の特徴とメリット

固定回線とは、建物内にケーブルなどの導線を引いてインターネット接続する回線を指します。

通信速度の高い安定性、光ファイバー網を使用した高速通信など自宅用インターネットとして高水準の品質が固定回線のメリットです。

モバイル回線と違い、固定回線には容量制限がなく、ほぼ無制限(プロバイダ判断による速度制限はある)の使い方ができます。

回線を引くための工事が必要となるため、固定回線は有線でモバイル回線は無線と覚えておいて問題ありません。

固定回線でインターネット接続するためには、LANルーターの設置が必要になります。

LANルーターはパソコンなどの端末機器や家電製品とLANケーブルで繫ぎ、インターネット接続や通信を行うための装置です。

近年のLANルーターには無線LAN機能が標準化されているので、固定回線と同時に無制限のWi-Fiの導入も可能になります。

固定回線の無線LANルーター(Wi-Fiルーター)にはさまざまな種類・機能があるので、ルーター選びも重要です。

Wi-Fi機能以外にもLANルーターは固定電話の導入に必須の装置で、通話機能や料金などは会社ごとに異なります。

固定回線の種類|光回線がおすすめ!

固定回線には、主に次の3種類があります。

主な固定回線の種類3つ
  • 光回線
  • CATV回線
  • ADSL回線

このうちADSLが2023年1月31日に提供終了を予定しているので、実質2種類となる見通しです。

固定回線で選ぶなら光回線をおすすめします。

家庭用では最大となる10Gbpsの通信速度、安定性の高さから自宅用インターネットでは光回線が最高峰の品質です。

光回線は無制限のパケット通信やWi-Fiルーターの性能など、固定回線のなかでも抜けています。

固定回線(光回線)とポケット型Wi-Fiを比べた場合、使い方が異なるので単純な比較は難しいです。

ただし、自宅用回線・据え置き型Wi-Fiルーターとして見た場合、ポケット型Wi-Fiと光回線では品質や安定性でどっちを選ぶかは言うまでもありません。

固定回線のデメリット

固定回線のデメリットは、建物内に回線を引く有線のインターネットであることがすべてです。

「開通工事にかかる費用」と「利用開始までの期間」と「持ち運べない」の3点が、固定回線とモバイル回線では決定的に違います。

近年の固定回線の工事費用はモバイルルーター端末代より安いケースが多いです。

しかし、通信速度の高速化が進む影響により、約40,000円以上かかる光回線も増えています。

工事費用が高額化することによって、分割時の支払額が増えたり、支払い完済までにかかる期間が伸びるなどのデメリットにも要注意です。

ポケット型Wi-Fiの契約期間は緩く、解約金がかからないサービスが多く、短期から長期まで自分のスタイルにあわせた使い方ができます。

インターネットに費用の安さや利便性を重視している方ほど、ポケット型Wi-Fiを固定回線の代わりにしているのではないでしょうか?

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスがあるのも、固定回線とモバイル回線との違いと言えるでしょう。

テザリングとはなにか?固定回線やモバイル回線との違い

スマートフォンのインターネットを調べていると、テザリングという単語を目にする機会が多いと思われます。

テザリングを簡単に説明すると、携帯電話と回線を疑似モバイルルーターにして、パソコンなどの端末をインターネットに接続する機能のことです。

ポケット型Wi-Fiは、契約した料金プランでパケットを消費してインターネットに繋げていますよね?

テザリングとは、「ポケット型Wi-Fiが携帯電話に変わった通信方法」という認識で覚えてもらって問題ありません。

ポケット型Wi-Fiや固定回線を持たない人でも、テザリング機能を使えばいつでもWi-Fiが使えるメリットがあります。

ただしテザリングには、パケット消費量が多く、携帯電話本体への負担や費用がかかりやすいなどのデメリットが多いです。

たまにテザリング機能を使うなら問題ないですが、頻繁に使うようならポケット型Wi-Fiを購入したほうが安い場合があります。

テザリングとpovoを組み合わせた裏技

povoを使った無料でWi-Fiが使える裏技を紹介します。

povoとは、基本料金0円から使えるauの格安プランです。

好きなオプションでカスタマイズできる「トッピング」というサービスが特徴で、有料オプションの購入や通話を一切しなければWi-Fiが無料で使い放題になります。

ただし、通信速度は128kbpsに抑えられるので、ネットサーフィンやLINEなどを中心にした使い方となるでしょう。

そのほかpovoの利用規約には、180日間有料オプションのトッピングの利用がない、もしくは通話料とSMS送信料の合計額が660円未満の場合は強制契約解除になるデメリットがあります。

povoを無料の固定回線代わりとするには制約が多すぎるので、豆知識として覚えておいてください。

ポケット型Wi-Fiと固定回線はどっちがおすすめ?

結局のところ、ポケット型Wi-Fiと固定回線はどちらも用途が違うので、一概にはおすすめするのが難しいインターネットです。

そこで用途別に、次の流れで解説します。

  • ポケット型Wi-Fiがおすすめな方
  • 固定回線がおすすめな方

ポケット型Wi-Fiと固定回線(光回線)、両方のメリットとデメリットを見比べてチェックしていきましょう。

ポケット型Wi-Fiがおすすめな方

次にあてはまる方には、ポケット型Wi-Fiがおすすめです。

ポケット型Wi-Fiがおすすめな方
  • 常にインターネットが使える環境が欲しい
  • インターネット・スマートフォンを安く抑えたい
  • 一人暮らしや単身赴任の方

ポケット型Wi-Fiは、どこでも使えるインターネットということは理解できていると思われます。

その特徴やメリットが、ニーズにあてはまっているなら導入に損をすることはないでしょう。

UQ WiMAXをはじめ、安くて無制限のインターネットならWiMAX 5Gがおすすめです。

インターネットは高額な初期費用が難点ですが、Wi-Fiであれば固定回線よりもずっと安い料金で導入できます。

高額になりがちな戸建てのインターネット回線でも、Wi-Fiであれば固定回線よりも安い料金で導入可能です。

単身赴任で引越しの機会が多い方、自宅にいる時間が短い一人暮らしの方にこそ、どこでも使えて初期費用や手続きの手間がかからないポケット型Wi-Fiをおすすめします。

固定回線はいらないけどインターネットは欲しい!という方こそ、ポケット型Wi-Fiを導入してみてはいかがでしょうか?

費用に余裕があれば、光回線とポケット型Wi-Fiのセットでインターネット環境を充実させるのもよいでしょう。

固定回線がおすすめな方

次にあてはまる方には、固定回線(光回線)がおすすめです。

固定回線がおすすめな方
  • 完全無制限で使い放題のインターネットを使いたい
  • 動画やオンラインゲームを快適に楽しみたい
  • 家族でインターネットを使う

固定回線は屋内に固定された回線のため、インターネットは自宅専用と割り切る人が前提です。

4K・8Kなどの高画質動画やオンラインゲームでは、常に高消費のパケット通信が発生します。

また、通信の遅延やラグの発生が頻繁に起これば、強いストレスになるので避けたい要素です。

完全無制限で高速通信、高い安定性の固定回線ならスムーズなインターネットが楽しめます。

また、固定回線の無線LANルーターは無制限でWi-Fiが使え、モバイルWi-Fiルーターのように容量による速度制限や同時接続数に縛りがありません。

光回線の代わりとして高速通信のWiMAXの導入を検討される方は多いと思われますが、自宅限定のインターネットで固定回線以上のものは考えにくいです。

ポケット型Wi-Fiは、光回線があればほぼ屋外専用になるので、自宅限定のインターネットならセットで使う必要性がありません。

ポケット型Wi-Fiのような速度制限の条件がほとんどなく、完全無制限で快適なインターネットを求めている人にこそ固定回線をおすすめします。

ポケット型Wi-Fiだけで固定電話を引く方法

近年は固定電話を持たない方が増えています。

しかし、社会的な信用性や高齢者層の所有率などから、固定電話を持たなくてはならないケースも少なくありません。

固定電話は有線というイメージが強いですが、近年はWi-Fiで電話回線が引けるものも登場しています。

Wi-Fiで固定電話を引く方法について、次の流れで解説しましょう。

  • IP電話ならポケット型Wi-Fi(Wi-Fi)だけで固定回線を引ける
  • IP電話と従来の固定電話(アナログ電話)との違い

ここからは固定電話なしの状態から、Wi-Fiで電話回線を引く方法についてお伝えします。

「固定回線が必要だけど、自宅にはWi-Fi回線(ポケット型Wi-Fi)しかない!」という方は、ぜひ読み進めてください。

固定回線とポケット型Wi-Fiの両方を使っていて、電話回線を引いていない方にも有益です。

IP電話ならポケット型Wi-Fi(Wi-Fi)だけで固定回線を引ける

ポケット型Wi-Fiで電話回線を引くには、IP電話の導入が必要です。

IP電話とは、インターネット回線を使用した050から始まる電話回線を指します。

光回線には「光電話サービス」というものがあり、これは光ファイバー網を電話回線の代わりにして通話をする仕組みです。

固定回線でWi-Fiができるのは、ケーブルから送られてくる信号をWi-FiルーターがWi-Fiに変換することで無線通信が可能になります。

使用する電話機さえIP電話とWi-Fi対応であれば、モバイルルーターだけで固定電話を使うことが可能です。

IP電話と従来の固定電話(アナログ電話)との違い

従来の電話回線は「アナログ電話」と呼ばれているもので、NTTが提供するアナログ回線を利用した電話のことを指します。

アナログ電話は「ダイヤル回線」と「プッシュ式回線」の2種類に分類され、双方の違いは電話番号をダイヤルかプッシュボタンで入力するかの違いです。

IP電話とアナログ電話は、050や03で始まる番号のほかに通話料金や通話回線の安定性が異なります。

電話回線を使用するADSL回線は、基地局との距離によって回線速度や安定性に影響が出るのをご存じでしょうか?

アナログ回線はメタル線を使用して糸電話のように音声を伝えるため、通話する距離区間が長いほどノイズなどの影響を受けて音質に影響を受けやすいです。

IP電話はインターネット回線を介して音声をデジタル化しているので、音質を劣化させることなく通話相手に伝わります。

アナログ回線は距離区間や地域、時間帯によって通話料金が異なりますが、IP電話は固定電話同士での通話であれば通話料金は全国一律同じです。

IP電話はインターネット回線の固定電話なので、契約しているプロバイダから電話番号を発行できれば固定回線でもWi-Fiでも導入可能です。

電話加入権の購入なども不要なので、固定電話なしからの導入ならWi-Fiをおすすめします。

ちなみに、IP電話の通話には通話料金以外にパケットを消費するので、ポケット型Wi-Fiで通話する機会の多い方は念のため覚えておいてください。

まとめ

ポケット型Wi-Fiと固定回線の特徴とメリット、双方の違いについてお伝えしてきました。

どちらも特徴とメリットデメリットがはっきりと違うため、使う人の用途次第で評価が分かれるインターネットです。

近年はインターネットに利便性を求める人が増加傾向なので、とにかく安く手軽に使いたいという方にはポケット型Wi-Fiがおすすめです。

今なら無制限で安く使えるWiMAX 5Gが、UQ WiMAXなどのさまざまなポケット型Wi-Fiサービスから提供されています。

リモートワークや在宅でのインターネットがメインなら、高品質で安定した高速通信の固定回線・光回線がおすすめです。

インターネットはライフスタイルで選ばないと高い買い物となってしまいます。

MASTER NETでは随時あなたにとって有益な情報を提供していますので、ぜひ本記事や当サイトを活用してくださいね。

著者

通信系WEBライター

manji(マンジ)

フリーのWEBライターとして、主にインターネットなどの通信系をメインに活動中。調査や取材が好きで、ジャンルを問わず題材に取り組んで独自の知識を構築。未経験のジャンルには「積極的にチャレンジ」をモットーに日々精進。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップしてジャンプ)