入院にはレンタルWi-Fiの契約がおすすめ!病院で持ち込みで使用する際の注意点とは

  • URLをコピーしました!

「入院期間中にWiFiを利用して快適に入院生活を送りたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

入院中にインターネットを快適に利用するには、ポケット型WiFiのレンタルが非常におすすめです。

医療機器への影響も否定できないため、病院によってスマホなどの通信機器の使用を制限している場合もありますが、ポケット型WiFiが使える場所であれば入院期間や利用状況に合わせてお得に、そして快適にインターネットを使うことができます。

入院中は体調に関わらず不安や緊張がなかなか取れないもの。自身が思うように行動できない場合が多いため、できるだけ快適に過ごしたいですよね。

また、出産を控えた妊婦の方は身体は健康なのに安静にしなくてはいけないという状況になることが多く、ベッド上での安静時間を持て余すこともあるでしょう。

本記事では、入院中におすすめのポケット型WiFiやその選び方、利用時の注意点など徹底的に解説していきます。

病院の通信機器に対する対応についても詳しく紹介するので、入院中のインターネット回線についてお困りの方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次(タップしてジャンプ)

【お知らせ】2022年7月1日の改正電気事業通信法施行に伴い、掲載サービスの料金プランが大きく変更されている場合があります。最新のプランについては公式サイトをご参照くださいますようお願いいたします。(修正完了後にこの文言は削除されます)


 

入院患者用に「フリーWiFi」を設置している病院は少ない

入院加療中は、行動が制限されている場合が多いので時間を持て余してしまいがちですよね。

そんな時、スマートフォンが使える病棟なら「お金のかからないフリーWiFiがあれば…」と誰もが考えることでしょう。

しかし、実際に入院患者用にフリーWiFiを設置している病院は多くないのが現状です。

電波環境協議会が病院・有床診療所を対象として2021年に行った調査では、以下の調査結果が出ています。

患者様・外部訪問者のインターネット接続用は30.9%
引用元:電波環境協議会「医療機関における適正な電波利用推進に関する調査」(2021年1月5日~2月8日)

調査結果からわかるように、入院患者用にフリーWiFiを導入している病院や有床診療所は3割程度と非常に少ないです。

スマホだけでインターネットを利用する場合、キャリアパケット無制限プランでない限りは請求額が高額になってしまいます。

ただでさえ入院でお金がかかるのに、通信費まで高くなってしまうのはとても辛いですよね。

とは言っても入院中にフリーWiFiを使える病院は少ないのが現実。

入院中にインターネット通信をしたい場合には、この点をしっかりと押さえておく必要があります。

入院中にポケット型WiFiをレンタルして病院で使う際の2つの注意点

フリーWiFiが使える病院が少ないとなると、「ポケット型WiFiをレンタルして使えばいいんじゃないの?」と考える方も多いのではないでしょうか。

持ち運びが可能で気軽に使えるポケット型WiFi。

自由度が高く非常に魅力的なサービスですが、入院中にポケット型WiFiを利用する場合は注意すべきこともあります。

入院中にポケット型WiFiを利用する際に注意すべき点は主に以下の2つです。

入院中にポケット型WiFiを利用する際の注意点

  • ポケット型WiFiはどの病院でも使えるわけではないため、必ず利用前に病院に確認する
  • ポケット型WiFiが使えない場合は、フリーWiFiがあればフリーWiFi、無い場合はスマホのプランを無制限のものに変更する

それぞれ詳しく解説していきます。

必ずレンタル前に病院で使用してもいいかを確認する

ポケット型WiFiをレンタルする前に、必ず病院で使用してもいいか確認するようにしましょう。

先述の電波環境協議会による調査では、病院内での携帯電話やスマホの使用可能場所について以下の調査結果が出ています。

一部の場所で使用可:36.3%

施設内すべての場所で使用可:59.6%
引用元:電波環境協議会「医療機関における適正な電波利用推進に関する調査」(2021年1月5日~2月8日)

調査結果から、上記の割合を合わせると95.6%の施設では携帯電話やスマホを使用できますが、施設内すべての場所で使用できる割合は6割程度にとどまっており、病室のベッドでは使用できない可能性があります

また、スマホやWiFi機器と言った通信機器については、医療機器の誤作動などの生命に関わる機器に影響を及ぼす可能性があるため、利用が禁止されていることも多いです。

病院内の携帯電話・WiFi機器等のご使用については、利用場所の制限を設けています。

使用許可場所以外での携帯電話・WiFi機器等のご使用は、医療機器等へ影響を及ぼすことが考えられますのでご遠慮ください。

ポケット型WiFiの使用が許可されていない場合は別の方法を検討する

ポケット型WiFiの使用が許可されていない場合は、別の方法を検討する必要があります。

フリーWiFiが使える場合は、利用可能エリアをしっかりと確認したうえでフリーWiFiを利用しましょう。

もしくは、ポケット型WiFiが禁止されているとしても、スマホの利用は可能となっている病院もあるため、その場合はスマホのプランをパケット無制限プランに変更するのがおすすめです。

しかし、スマホプランの変更は反映までに時間がかかることに注意が必要。

基本的にスマホプラン変更の反映は申請翌月からであるため、すぐにパケット無制限で使えるようにはなりません。

また、スマホのパケット無制限のプランであっても、テザリングには月間パケット量の使用制限がある場合がほとんどです。

数あるパケット無制限プランの中でも、テザリングの容量指定がないキャリアはドコモの「5Gギガホプレミア」だけ。

このほかの無制限プランは、月間30GBなどテザリングの容量が決められています。

ただし、前述したように「スマートフォンで受信する電波」を使用してスマートフォンを利用する行為自体は問題がなくても、テザリングで利用する周波数帯域が医療機器に意図しない影響を与えるケースがあり、テザリングを行う行為そのものが「ポケット型WiFiでインターネットを利用する行為」と同義です。

よってスマートフォンの電波をパソコンやタブレットなど他の機器で利用することは禁止される場合があります。

これらの注意点を事前に把握したうえでスマホプランの変更を検討するようにしましょう。

【監修者コメント】病院での電波利用に関しての見解

監修者:河村

監修者の河村です。
病院での電波利用に関してコメントいたします。

前述しているように、病院では「電波の利用を制限されているケース」が大変多くあることがお分かりいただけたでしょうか。

本項では関係各所への聞き取りや参考資料をもとに私の見解を述べたいと思います。

病院で使えるポケット型WiFiを選ぶ時の3つのポイント

病院での利用が許可されている場合は、ポケット型WiFiを使うのが非常におすすめです。

ただ、ポケット型WiFiもその特徴は実にさまざま。

入院中に快適な通信環境を整えるために、病院で使えるポケット型WiFiを選ぶ際は以下3つのポイントを意識しましょう。

病院で使えるポケット型WiFiを選ぶ3つのポイント

  • 契約期間に縛りのないものを選ぶ
  • 入院期間に合わせて「短期レンタル」か「長期レンタル」どちらかを選ぶ
  • 1日あたりに使用できるパケット容量を確認する

それぞれ詳しく解説します。

1.契約期間に縛りがなく端末がレンタルのサービスを選ぶ

入院中にポケット型WiFiを利用する場合は、契約期間に縛りがない・端末費用がかからない=レンタルのものを選びましょう。

入院期間=利用期間となるため、契約期間が定められている場合は中途解約となり契約解除料がかかってしまいます。

契約期間や契約解除料はサービスによって異なりますが、概ね月額費用1ヶ月分となっていることが多いです。

入院中だけポケット型WiFiを使用するのであれば、できるだけ余計なお金はかけたくないですよね。

契約期間がないものであれば、自分の状況に合わせて最適な利用が可能。

お得に利用できるよう、入院中に利用するポケット型WiFiは契約期間の縛りがないものを選びましょう。

加えて、端末は購入ではなく「レンタル」のサービスを選ぶべきです。

特にWiMAX +5Gサービスでは端末が分割購入となっている場合が多く、分割期間内に解約すると端末残債の精算があります。

解約した後に不要な端末が残らないよう、端末がレンタルとなっているサービスを選びましょう。

2.入院期間に合わせて「短期レンタル」か「長期レンタル」か選ぶ

入院中のポケット型WiFiのレンタルは、入院期間に合わせて「短期レンタル」「長期レンタル」どちらにするか選びましょう。

ここでは、「WiFi東京レンタルショップ」が提供するポケット型WiFiの短期レンタルサービスと、同等の長期レンタルサービスである「クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷」の月間100GBプランについて、利用期間別の費用を詳しくご紹介します。

MASTER NET<br>編集部

WiFi東京レンタルショップのモバイルルーターはすべて「無料レンタル」ですので費用はかかりません。
ご安心ください。

各サービスのパケット量と利用にかかる諸費用は以下の通りです。

スクロールできます
WiFi東京レンタルショップクラウドWiFi
パケット上限3GB/日100GB/月
初期費用(契約事務手数料)0円3,300円(税込)
送料1,100円(税込)370円(税込)
※レターパックライト利用の場合
※なお、どちらも月頭1日から利用を開始した場合を想定して料金を比較します。クラウドWiFiは15日までの解約申請により当月料金で解約可能(最低利用期間1ヵ月)、16日から翌月15日までの解約では2ヵ月分の料金がかかります。

これらのサービスは、1ヵ月以下と1ヵ月以上を境に総費用が大きく変わります。

WiFi東京レンタルショップ

クラウドWiFi

日数

ベース料金

累計支払額

日数

ベース料金

累計支払額

1日間

1日~15日間

3,718円(税込)

7,388円(税込)

2日間

440円(税込)

1,540円(税込)

15日間

3,850円(税込)

4,950円(税込)

30日間

6,600円(税込)

7,700円(税込)

30日~45日間

7,436円(税込)

11,106円(税込)

45日間

10,450円(税込)

11,550円(税込)

60日間

13,200円(税込)

14,300円(税込)

60日~75日間

11,154円(税込)

14,824円(税込)

75日間

17,050円(税込)

18,150円(税込)

90日間

18,150円(税込)

19,250円(税込)

90日間

14,872円(税込)

18,542円(税込)

表中のベース料金は、WiFi東京レンタルショップの場合は日ごとの基本料金、クラウドWiFiの場合は月額基本料金を表しています。累計支払額は、ベース料金に送料や初期費用を含めた総支払額です。
※クラウドWiFiは月額制のため、15日までの利用であれば一律で1ヵ月分の使用料と初期費用・返送料が発生し、以降は1ヵ月ごとに基本料金が上乗せされます。
※WiFi東京レンタルショップの場合は、端末の往復送料1,100円(税込)が一律で発生し、あとはレンタル日数ごとの使用料がかかります。

表でわかる通り、1ヵ月(30日間)以下の利用であれば、WiFi東京レンタルショップのほうが3,000~6,000円ほど安く、1ヵ月を超えて利用する場合は、クラウドWiFiのほうが400~800円ほど安くなります。

このように、自身の入院期間に合わせて短期レンタルか長期レンタル、最適なものを選ぶようにしましょう。

\短期利用はこちら/
WiFi東京レンタルショップ

\長期利用はこちら/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

3.1日あたりにどれくらい使用できるか確認する

ポケット型WiFiで、1日あたりにどれくらい通信ができるかも合わせて確認しましょう。

どのように通信を使うかは人によって異なりますが、中でも動画サービスは多くのパケット通信量を必要とします。

SNSなどを利用する以上に消費量が多いので、普段からよく動画を見る方は特に注目してみてください。

ここでは、動画サービスの「YouTube」と「Netflix」を例に、画質と視聴時間ごとにどれくらいのパケット通信量が必要なのか詳しくご説明します。

まずは、各サービスにおける画質ごとの推奨速度について見てみましょう。

YouTubeNetflix
標準画質(SD)1.1Mbps3Mbps
高画質(HD)5Mbps5Mbps
4K/UHD 4K20Mbps25Mbps
参考:YouTube,Netflix
※YouTubeの標準画質はSD480p、高画質はHD1080pとしています。

Mbps(メガビーピーエス)は通信速度の単位で1秒間に送受信可能なデータ量を表しており、動画の画質が上がるほど必要な通信速度は速くなっていきます。

上記の推奨速度をもとに、画質と視聴時間ごとにどれくらいのパケット通信量が必要なのか見ていきましょう。

YouTube

Netflix

視聴時間

10分

30分

60分

10分

30分

60分

標準画質(SD)

82.5MB

247.5MB

495MB

225MB

675MB

1350MB

(1.3GB)

高画質(HD)

375MB

1125MB

(1.1GB)

2250MB

(2.2GB)

375MB

1125MB

(1.1GB)

2250MB

(2.2GB)

4K/UHD 4K

1500MB

(1.5GB)

4500MB

(4.5GB)

9000MB

(9.0GB)

1875MB

(1.8GB)

5625MB

(5.6GB)

11250MB

(11.2GB)

※1Mbps=0.125MB/secとして計算しています。

表でわかる通り、動画の画質が上がるほど必要なパケット通信量も多くなり、比較的Netflixのほうが消費量は多いです。

約1000MBで1GBとなるので、Netflixの標準画質で10分動画を視聴したとすると、およそ0.2GBのパケット通信量を消費します。

また、WiFi東京レンタルショップの短期レンタルでは1日3GBのパケット通信量を使えるので、YouTubeの標準画質であれば1日6時間ほどは視聴することができます。

上記の表を参考に、ポケット型WiFiごとに使えるパケット通信量を確認し、自身の使い方に合わせてある程度把握しておくのがおすすめです。

入院期間別に選ぶおすすめのポケット型WiFiサービス

先述のように、入院期間に応じてWiFi東京レンタルショップの短期レンタルとクラウドWiFiの長期レンタル、どちらがおすすめなのかは変わってきます。

先ほどの内容を踏まえ、入院期間別におすすめのサービスを紹介していきます。

入院期間別におすすめのサービス

  • 1ヵ月以内の入院なら「WiFi東京レンタルショップ」の短期レンタルWiFiがおすすめ
  • 1ヵ月以上の入院なら「クラウドWiFi」の長期レンタルWiFiがおすすめ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1ヵ月以内の入院なら「WiFi東京レンタルショップ」の短期レンタルWiFi

1ヵ月以内の入院なら、価格的にWiFi東京レンタルショップの短期レンタルWiFiがおすすめです。

WiFi東京レンタルショップ

クラウドWiFi

日数

ベース料金

累計支払額

日数

ベース料金

累計支払額

1日間

1日~15日間

3,718円(税込)

7,388円(税込)

2日間

440円(税込)

1,540円(税込)

3日間

880円(税込)

1,980円(税込)

4日間

1,320円(税込)

2,420円(税込)

5日間

1,760円(税込)

2,860円(税込)

6日間

2,200円(税込)

3,300円(税込)

7日間

2,640円(税込)

3,740円(税込)

8日間

3,080円(税込)

4,180円(税込)

9日間

3,520円(税込)

4,620円(税込)

10日~16日間

3,850円(税込)

4,950円(税込)

17日間

4,290円(税込)

5,390円(税込)

16日~30日間

7,436円(税込)

11,106円(税込)

18日間

4,730円(税込)

5,830円(税込)

19日間

5,160円(税込)

6,260円(税込)

20日間

5,610円(税込)

6,710円(税込)

21日間

6,050円(税込)

7,150円(税込)

22日間

6,490円(税込)

7,590円(税込)

23日~30日間

6,600円(税込)

7,700円(税込)

表でわかる通り、クラウドWiFiは15日以内の利用で7,388円(税込)の料金がかかりますが、WiFi東京レンタルショップであれば、最短2日間の利用で1,540円(税込)と最大で6,000円近くも費用が安いです。

16日以上の利用であればクラウドWiFiは2ヵ月分の料金がかかるため11,106円(税込)ですが、WiFi東京レンタルショップは16日以内で4,950円(税込)、30日間利用しても7,700円(税込)のため3,000円以上は安くなります。

また、WiFi東京レンタルショップの短期レンタルは契約期間がないためレンタル日数ごとの料金で利用可能。

自宅だけでなく病院に直接発送することもできるので、急な入院でもスムーズな受け取りができるのが魅力的です。

さらにWiFi東京レンタルショップの短期レンタルは1日最低3GBのパケット通信量を保証しており、通信制限を気にせず快適に利用することができます。

参考までに、3GBでできることをサービスごとにご紹介します。

サービス名3GBで使用できる時間
Twitter(タイムライン閲覧)約12時間
LINE(ビデオ通話)約9時間
YouTube視聴(標準画質)約6時間
YouTube視聴(高画質)約1時間30分
YouTube視聴(4K)約20分
Netflix視聴(標準画質)約2時間20分
Netflix視聴(高画質)約1時間30分
Netflix視聴(UHD 4K)約15分

このように、3GBあればかなり多くのサービスを利用することが可能です。特にTwitterのタイムライン閲覧であれば1日中使っても問題なく標準画質のYouTube視聴であっても6時間ほどは利用できるので常に動画を見ていても不便を感じることは少ないと言えるでしょう。

\短期利用はこちら/
WiFi東京レンタルショップ

1ヵ月以上の入院なら「クラウドWiFi」の長期レンタルWiFi

1ヵ月以上の長期的な入院ならクラウドWiFiの長期レンタルWiFiがおすすめです。

WiFi東京レンタルショップ

クラウドWiFi

日数

ベース料金

累計支払額

日数

ベース料金

累計支払額

31日~45日間

10,450円(税込)

11,550円(税込)

31日~45日間

7,436円(税込)

11,106円(税込)

46日~60日間

13,200円(税込)

14,300円(税込)

46日~75日間

11,154円(税込)

14,824円(税込)

61日~75日間

17,050円(税込)

18,150円(税込)

76日~90日間

18,150円(税込)

19,250円(税込)

76日~90日間

14,872円(税込)

18,542円(税込)

クラウドWiFiは、月間100GBまで利用できるポケット型WiFiの長期レンタルサービスです。

1ヵ月を超えて45日間利用した場合、WiFi東京レンタルショップは11,150円(税込)なのに対して11,106円(税込)、90日間利用した場合、WiFi東京レンタルショップは19,250円(税込)なのに対し18,542円(税込)と、利用期間が長くなるほどWiFi東京レンタルショップの短期レンタルよりも料金を抑えられます。

クラウドWiFiは100GBプラン以外にも、50GB・20GBと月間パケット使用量を選択できるため利用状況に合わせてさらにお得に利用可能。契約期間の縛りがないことで違約金の心配もいりません。

また、クラウドWiFiは「クラウドSIM」を採用しており、ドコモやau、ソフトバンクと言った大手キャリアの中から場所ごとに最適な回線を掴んでくれるため圏外になりにくいというメリットも。

長期的な入院で快適なインターネット通信を求めるにはぴったりのサービスです。

入院する期間は容態によって大きく変わるものですが、特に切迫早産などでの入院は点滴をしながら数ヵ月に及ぶこともあるかと思います。

手術を伴う場合は、手術前後は安静にするが体調が落ち着いてきたらたくさん通信を使いたいというように、日によって通信量が変わることもあるでしょう。

WiFi東京レンタルショップの短期レンタルは、1日最低3GBのパケット通信量が保証されていますが、月間100GBまで使えるクラウドWiFiは日によって通信量が変わる場合でも気兼ねなく利用することができます。

入院期間が1ヵ月以上の長期にわたる見込みがあれば、クラウドWiFiが非常におすすめだと言えるでしょう。

\長期利用はこちら/
WiFi東京レンタルショップ

まとめ

ここまで、フリーWiFiを導入している病院が少ないことや病院でポケット型WiFiを利用する際の注意点、入院時にポケット型WiFiを選ぶ際のポイントやおすすめのサービスについて説明してきました。

入院中にポケット型WiFiを利用する場合は、事前に病院へ使用可能かどうか確認する必要があり、入院期間や利用するサービスに応じて最適なものを選ぶことが重要です。

入院中は、たとえ体調が安定していたとしても病院という自宅以外の場所で過ごさなければならない緊張感やストレスを感じてしまうものだと思います。

特に手術を伴う場合は、手術前後で体調を崩したり強い不安を感じたりしてしまうかもしれません。

そのため、あなた自身にぴったりのポケット型WiFiサービスを見つけることができれば、少しでも入院生活を快適なものにすることができることでしょう。

入院期間が1ヵ月以内であればWiFi東京レンタルショップの短期レンタル、1ヵ月以上の長期に及ぶものであればクラウドWiFiの長期レンタルを利用して、より充実した入院生活が送れることを心から願っています。

監修者:河村

ポケット型WiFiを病院で利用するときは必ず利用許可をとりましょう。

\短期利用はこちら/
WiFi東京レンタルショップ

\長期利用はこちら/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

この記事の執筆者

瀧澤 亮(タキサワ リョウ)

通信系WEBライター

約1年間大手通信キャリアのショップにて販売員を経験。在籍中キャリア資格筆記試験で全社1位に輝いた実績があり、通信系知識を学びわかりやすく説明するのが得意。

プロフィールを見る▶︎▶︎

この記事の監修者
河村亮介

河村亮介(カワムラリョウスケ)

回線サービスの比較専門家

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイル回線選びの専門家。徹底した通信速度測定に定評がある。回線系比較サイト「GreenWaves」運営/WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表

プロフィールを見る▶︎▶︎

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次(タップしてジャンプ)
閉じる