一人暮らしにWi-Fiをおすすめする全理由|節約できるインターネット回線の選び方とは?

  • URLをコピーしました!

「一人暮らしだから通信費はできる限り抑えたい」

「一人暮らしのインターネット回線はどれを選んだらいいの?」

上記のような願望や疑問をお持ちではないでしょうか。

一人暮らしをする際に必ずと言っていいほど直面するインターネット回線選び。お金の管理をすべて自分でしなければならないため、通信費などの固定費は極力安くしたいですよね。

ただ費用を少なくするだけでなく、できることなら快適に通信が出来る環境を整えたいと思う方も多いはずです。

いくら費用がかからなくてもサービスの質が悪ければ生活に悪い影響を与えてしまうことも…。

そんな思いを抱える一人暮らしの方には、ポケット型WiFiが非常におすすめです。

工事不要ですぐにインターネット環境を整えられるほか、リーズナブルな料金、いつでもどこでも大容量の通信が可能であることなど、一人暮らしの方にとってメリットはかなりあります。

本記事では、一人暮らしで契約出来るインターネット回線の種類や特徴、回線選びで押さえたいポイントやそれらを踏まえてポケット型WiFiをおすすめする理由など詳しく解説していきます。

一人暮らしのインターネット回線選びでお困りの方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次(タップしてジャンプ)

一人暮らしで契約出来るWiFi(インターネット回線)は3種類

まずは、一人暮らしで契約出来るWiFiにはどんなものがあるのか見ていきましょう。

一人暮らしで利用出来るWiFiは主に以下の3種類です。

一人暮らしで利用出来るWiFi3種

  • 固定回線
  • ポケット型WiFi(モバイルWiFi)
  • ホームルーター

それぞれの回線の特徴やメリット・デメリットについて順番に解説していきます。

固定回線のメリットとデメリットについて

固定回線は、回線を直接家に引き込んでインターネット通信を行います。

固定回線のメリット

固定回線のメリットは、何と言ってもその通信速度の速さと安定性。

回線を直接引き込んで通信を行うため通信速度のムラが少なく、いつでも安定して高速通信が可能です。

さらに実質パケット無制限で使い放題なのも魅力的なポイント。

プロバイダによっては一度に大量のパケット量を使うと速度制限がかけられてしまう可能性はあるものの、その数値は通常利用ではまず使うことのないほど大量なものになります。

固定回線は、高画質動画の長時間視聴やオンラインゲームなど、大量のパケット量と高速通信を必要とするようなサービスもストレスなく無制限で楽しむことが可能です。

固定回線のデメリット

一方で、固定回線には工事が必要で利用出来るまでに時間がかかってしまったり、引っ越しや解約時に多額の費用が請求されたりするというデメリットがあります。

また月額料金は決して安くはなく、2~3年単位で契約期間が定められている場合が多いためある程度の期間は利用し続けなければならない場合も。

自宅でしか使えないということもあり、外出が多い方や勤務時間が長い方にとってはメリットを感じられる場面が少ない可能性もあります。

ポケット型WiFi(モバイルルーターのメリットとデメリットについて

ポケット型WiFi(モバイルルーター)は、持ち運びができるため好きな場所でインターネット通信ができるWiFiルーターです。

ポケット型WiFiのメリット

ポケット型WiFi単体で電波を飛ばせるため外出先でも大容量の通信をすることが可能なだけでなく、工事不要ですぐに利用出来るメリットがあります。

一人暮らしをしていると、友人と遠くへ出かけたり出張しなければならなかったりと、一定期間家を空ける必要が出てくることもあるでしょう。

そうなった場合、利用しているのが固定回線であればスマホのパケットを消費せざるを得ませんが、ポケット型WiFiであれば持ち運んでどこでも使えるため急な用事があっても問題ありません。

万が一引っ越しをする際にも契約住所を変更するだけで解約する必要がないので非常に気楽です。

ポケット型WiFiのデメリット

ポケット型WiFiは場所によってつながらない可能性があったり通信速度にムラが出てしまったりするデメリットもあります。

さらには、応答時間が遅いためオンラインゲームなどの高速通信を必要とするサービスにはあまり向かないことも覚えておきましょう。

ホームルーターのメリットとデメリットについて

ホームルーターは、自宅のコンセントに差すだけで簡単にインターネット通信をすることが可能です。

ホームルーターのメリット

ポケット型WiFiと同様、工事不要ですぐにインターネット環境を整えられるほか、ある程度安定した速度で通信をすることが出来ます。

回線を直接引き込んで通信を行う固定回線には劣るものの、自宅での気軽で快適な通信を目的とするホームルーターの通信速度や安定性は、普段使う分には問題ないと言えるでしょう。

また、引っ越しの際に解約が不要というのも嬉しいポイント。

コンセントに差すだけで通信が出来るため、契約住所さえ変えてしまえば引っ越し先でも簡単に通信環境を作ることが出来ます。

ホームルーターのデメリット

ホームルーターは固定回線と同様に自宅以外で利用出来ないというのが大きな難点

コンセントに差すだけで使えるホームルーターですが、基本的にはGPSやIPアドレスによって情報が契約住所に紐づけられているため自宅以外で利用することは出来ません。

設置場所や通信時間帯などの環境要因によって通信速度にムラが出てしまう可能性があるのもデメリットで、応答時間も遅いためオンラインゲームなど高速通信を必要とするサービスには向かないでしょう。

監修者:河村

ただし、WiMAX +5Gのホームルーターであれば規約上持ち運びは可能です。

初めてのインターネット回線選びで押さえたいポイント4つ

一人暮らしで使えるインターネット回線の種類を知っても、どれが一番自分に合っているのかなかなかわからないですよね。

初めてのインターネット回線は、以下の4つのポイントに注目して最適なものを見つけていきましょう。

インターネット回線選びで押さえたいポイント4つ

  • どれくらいパケット通信量を使うか確認する
  • どのくらいの期間使用したいか見極める
  • 月間どれくらいの予算が出せるか検討する
  • 自宅での利用が多いか出先での利用が多いか振り返る

順番に詳しく解説していきます。

1.どれくらいパケット通信量を使うか確認する

自身が普段どれくらいパケット通信量を使うか前もって確認しておきましょう。

通信の使い方は人によって大きく異なりますが、中でも動画サービスを利用する場合は大容量のパケット量が必要になります。

ここでは、動画サービスとして多くの方が利用する「YouTube」を例に挙げて、視聴時間に応じて月間どれくらいのパケット通信量が必要になるのかご紹介します。

YouTube動画の画質ごとの消費パケット量は以下の通りです。

スクロールできます
画質通信量(5分間)通信量(1時間)
144p10MB120MB
240p14MB168MB
360p27MB324MB
480p(SD画質)51MB612MB
720p(HD画質)88MB1GB
1080p(フルHD画質)171MB2GB
引用元:YouTubeとTikTokの動画1時間あたりの通信量・ギガ数は?」LINEモバイル

上記の表をもとに、例えばYouTubeの標準画質である480pで毎日2時間ずつ動画を視聴したとすると、月間の消費パケット量は以下のようになります。

・612MB×2時間×30日間=36,720MB(約36GB)

同じように、144pの画質で毎日2時間ずつ動画を視聴した場合は月間5GB、1080pのフルHD画質で毎日2時間ずつ動画を視聴した場合は月間120GBと、YouTube動画の画質によって月間消費パケット量は大きく変わってきます。

日によって動画の視聴時間は変動するものだと思うので、平均の視聴時間を割り出し自身のライフスタイルに合わせて大まかに消費パケット量を計算してみると良いでしょう。

2.どのくらいの期間使用したいか見極める

一人暮らしでインターネット回線を利用するにあたり、どのくらいの期間使うのか見極める必要があります。

大学生の方であれば基本的に4年間、社会人の方であれば転勤や転職を考慮して、なるべく具体的にどのくらいの期間サービスを利用したいのか検討してみましょう。

大学生の方で大学院に進学予定であれば6年間は必要になりますし、社会人の方で転勤時期が決まっている場合などは最低その期間はインターネット回線を使用することになるでしょう。

特に引っ越す予定がある方は、契約期間に縛りがある固定回線サービスでは違約金や回線撤去費用などが発生してしまう可能性があります。

サービスによって異なりますが、固定回線の場合では契約期間が2年間もしくは3年間となっているケースが多く、大学生の場合では進学・引っ越しのタイミング前に解約するケースが多いため、契約解除料を請求されるケースが後を絶ちません。

自身がサービスを利用する期間をある程度把握しておかないと余計なお金がかかってしまうことがあるので、契約前に必ず確認しておくのがおすすめです。

3.月間どれくらいの予算が出せるか検討する

通信費に月間どれくらい予算を出すことが出来るのかについても検討しておくと良いでしょう。

参考までに、総務省が行った家計調査の結果から平均で通信費にどれくらい支出しているのか見ていきます。

「一人暮らし(単身世帯)の通信費(統計上、郵便や宅配の配送料金も含む)は6,413円
※総務省家計調査(2021年7月-9月期)単身世帯のデータから1ヵ月あたりの費用を算出
参考:https://www.e-stat.go.jp/dbview?sid=0003348232

調査結果から、一人暮らし(単身世帯)の1ヵ月の通信費を割り出すと、平均して6,413円だということがわかりました。

この金額を基準として、1ヵ月にどれくらい通信費としてお金を出せるかということをある程度決めておくと、インターネット回線を契約する際に利用するサービスを絞り込めるようになるでしょう。

4.自宅での利用が多いか出先での利用が多いか振り返る

インターネット通信について、自宅での利用が多いか出先での利用が多いか一度振り返って考えてみましょう。

自宅で利用することが多い場合は固定回線やホームルーターが、外出先でも利用することが多い場合はポケット型WiFiがそれぞれおすすめです。

平日と休日それぞれの1日の流れを確認してみて、総合的に自宅と出先どちらでの利用が多いか大まかにでも把握しておくと自身にぴったりの回線を見つけやすくなります。

「学校や職場では特に使わないから固定回線やホームルーターがいいかな?」

「友だちと遠くへ遊びに行くことが多いから持ち運びできるポケット型WiFiが良さそう」

など具体的な利用シーンを考えると自分に合うサービスがわかってきます。

自身が使用するパケット通信量や期間、予算などのめどがついたら、利用シーンも合わせてよく考えてみるのがおすすめです。

一人暮らしにポケット型WiFiをおすすめする6つの理由

自分が使用するパケット通信量や期間、ある程度の予算や利用場所を考えても、なかなかはっきりとはわからないものですよね。

的確にポイントを押さえられたとしても、生活環境が急に変化する可能性は大いにあります。

そこで、ここでは上記の回線選びのポイントを踏まえ、一人暮らしにポケット型WiFiがおすすめな理由を解説していきます。

一人暮らしにポケット型WiFiをおすすめする理由は以下の6つです。

一人暮らしにポケット型WiFiをおすすめする理由6つ
  1. 回線工事が不要ですぐにインターネットが出来る
  2. 光回線に比べて月額料金が安い
  3. 月間100GB程度のデータ容量で通信が出来るサービスもある
  4. 持ち運びできるから自宅でも外出先でもパケットを気にする必要なし
  5. 契約期間のないサービスを選べば解約金不要
  6. 引っ越しの際でも追加費用なし

順番に詳しく見ていきましょう。

1.回線工事が不要ですぐにインターネットが出来る

ポケット型WiFiは、固定回線と違い回線工事が不要ですぐにインターネットを利用出来ます。

ポケット型WiFiが届いたその日から基本的な設定だけで簡単に使えるようになるので、引っ越し直後などいち早く大容量の通信をしたい場合に非常に便利です。

また、ポケット型WiFiは引っ越しをする際に解約の必要がないのもポイント。

契約住所を変えるだけであとは引っ越し先でもそのまま使えるため余計な手間がかかりません。

工事や引っ越し時の解約が不要なことで、多額の工事費や違約金が発生してしまう心配もなく気軽に利用することが可能です。

2.光回線に比べて月額料金が安い

ポケット型WiFiは、光回線と比べて月額料金が安いというメリットもあります。

光回線の基本的な月額料金は5,000~6,000円程度なのに対し、ポケット型WiFiは月間パケット上限にもよりますが月額2,000円台から利用出来るサービスもあります。

一人暮らしにおいて固定費は出来るだけ安くしたいものですよね。

特に大学生の方や初めて一人暮らしをする方は、何かと出費がかさんでしまうこともあるかと思います。

自身の消費パケット量を把握して安いプランにすることが出来ればかなりお得にインターネットを利用することが可能です。

賢く通信費を節約して余計な出費をなくしていきましょう。

3.月間100GB程度のデータ容量で通信が出来るサービスもある

ポケット型WiFiは実にさまざまな種類がありますが、中には月間100GB程度という大容量通信が出来るものもあります。

実際のところ、月間100GBもあればさまざまなことに通信を使うことができます。

例えば先述したYouTube動画視聴について、100GBあれば標準画質の480pで約163時間も視聴することが可能です。

1日に約5時間ずつ毎日YouTubeを見続けることが出来る計算になるので、他の用途でも通信を使うにしてもかなりの大容量であることがお分かりいただけると思います。

オンラインゲームや4K動画視聴など、消費パケット量が激しいサービスを継続的に使わなければ、月間100GBあれば十分快適にインターネット通信をすることが出来るでしょう。

4.持ち運びできるから自宅でも外出先でもパケットを気にする必要なし

ポケット型WiFiは持ち運び可能で使用する場所を選ばないため、自宅でも外出先でもパケット通信量を気にせず存分にインターネットを楽しむことが可能です。

固定回線やホームルーターはある程度通信速度や通信品質が安定しているものの、自宅以外で使うことは出来ません。

それに比べてポケット型WiFiは、場所によって通信が安定しない可能性は多少あれど、いつでもどこでもパケットを気にせず大容量通信が可能。

外出先で想像以上に通信を使いすぎてしまってもスマホの通信制限を心配する必要がありません。

一人暮らしをしていると急に遠出をする予定が入ることも少なくないでしょう。

ポケット型WiFiを持っていれば急にインターネット環境が必要になった場合でも、いつも通りに通信が出来るので非常に便利です。

5.契約期間のないサービスを選べば解約金不要

契約期間の縛りがないポケット型WiFiサービスを選べば、万が一解約する場合でも解約金がかかることはありません。

実際ポケット型WiFiは、契約期間の縛りがないサービスがかなり多いです。

契約期間が決められている場合、サービスが自分に合わなければ解約することになってしまい多額の解約金がかかる可能性があります。

しかし、契約期間がないサービスにすればもし解約したくなっても気軽に解約可能。

サービスが自分のニーズに合っているかどうかお試しで使って確かめることが出来るのが契約期間のないポケット型WiFiのメリットだと言えるでしょう。

ただし、端末が無料レンタルではなく「購入」となっているサービスは注意が必要です。

端末代金を割賦支払い(分割払い)している期間に解約すると、端末残債の請求がくるため、いつやめるかわからない方は「契約期間がない」「端末が無料レンタル」のサービスを選びましょう。

監修者:河村

クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷なら契約期間なし・端末は無料レンタルです。

6.引っ越しの際でも追加費用なし

引っ越しをすることになっても、ポケット型WiFiであれば契約住所を変更するだけで引っ越し先でもいつも通りインターネットを使えるので余計なお金がかかりません。

固定回線では2~3年ほどの契約期間が設けられていることが多く、契約期間内に引っ越しをしてやむなく解約することになった際には、解約手数料に加えて回線撤去費用がかかってしまう可能性があります。

回線撤去費用は必ず必要になるというわけではありませんが、賃貸物件の場合次の居住者が入ることを考えて完全に回線を撤去しなければならないことがあります。

解約手数料だけでも高額ですが、回線撤去費用も数万円かかるケースが多く急な引っ越しによって想定外の出費をしてしまいかねません。

ポケット型WiFiは工事不要で使えるため、万が一引っ越しをする場合でも面倒な手続きや余計な費用をかけることなく気軽に使い続けることが出来ます。

【補足】通信費の節約を考えるなら格安スマホへの乗り換えも検討

通信費の節約を考えるのであれば、携帯電話会社の乗り換えも検討してみましょう。

2021年12月から、ドコモ・au・ソフトバンクと言った大手3社でキャリアメール持ち運びがスタートしました。

これまでは携帯電話会社を乗り換える際、利用していたキャリアのメールアドレスが使えなくなるため、サービスなどに登録しているアドレスを変更する手間がかかっていましたが、キャリアメールを引き続き使用出来るようになったことで乗り換えのハードルがかなり下がりました。

また携帯電話会社の乗り換えはWEBで進めることが出来ますが、WEBでの手続きが不安であればUQモバイル・ワイモバイルなどのサブブランドや、ドコモショップで申し込みが可能となったOCNモバイルONE「500MB/月コース」、TONEモバイル「TONE for iPhoneなどの格安プランの検討も非常におすすめです。

OCNモバイルONEの「500MB/月コース」は、パケット量が月500MB(0.5GB)のみの低容量ですが、月最大10分相当の無料通話がついて月額550円(税込)で利用可能、またTONEモバイルの「TONE for iPhone」は、動画以外パケット使い放題に高度な見守り機能と詐欺電話防止機能が付いて月額1,100円(税込)から利用可能と、それぞれかなり通信費を抑えられるプランとなっています。

「格安スマホ」と呼ばれるキャリアはどんどんサービス内容や種類が豊富になっているので、上記2つのプラン以外にも探してみると良いでしょう。

まとめ

ここまで、一人暮らしで契約出来るWiFiの種類やそれぞれのメリット・デメリット、初めてのインターネット回線選びのポイントや一人暮らしにポケット型WiFiがおすすめな理由について説明してきました。

一人暮らしでのインターネット回線の選択肢は、「固定回線」「ポケット型WiFi」「ホームルーター」の3種類です。

どの回線も一長一短ありますが、いずれにしても自身がどれくらいパケット通信量を使うか」「自宅と出先どちらで使う場合が多いかなどのポイントをしっかり押さえて最適な回線を選ぶ必要がありますし、通信費の節約に重点を置くなら格安スマホへの乗り換えも視野に入れる必要があります。

一人暮らしではいかに自身のライフスタイルに合わせたサービスを選べるかという視点が重要。

特に初めての一人暮らしでは不安も多く、何かと想定外なことも起こってしまうものですよね。

そんなあなたにはポケット型WiFiが非常におすすめです。

工事不要ですぐにインターネットを使えるだけでなく、手ごろな料金プラン、いつでもどこでもパケット量を気にせず大容量の通信が出来て急な引っ越しでも追加費用の心配は無用。

急な遠出や長期外出の際でも問題なくいつも通りのインターネット通信を楽しむことが可能です。

自分に必要なものは何かを見極めて、あなたにとってぴったりのサービスと出会えることを心から願っています。

\当サイトイチオシのサービスはこちら/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

この記事の執筆者

瀧澤 亮(タキサワ リョウ)

通信系WEBライター

約1年間大手通信キャリアのショップにて販売員を経験。在籍中キャリア資格筆記試験で全社1位に輝いた実績があり、通信系知識を学びわかりやすく説明するのが得意。

プロフィールを見る▶︎▶︎

この記事の監修者
河村亮介

河村亮介(カワムラリョウスケ)

回線サービスの比較専門家

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイル回線選びの専門家。徹底した通信速度測定に定評がある。回線系比較サイト「GreenWaves」運営/WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表

プロフィールを見る▶︎▶︎

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(タップしてジャンプ)