Huluをテレビで見る方法を環境別に解説!意外にも簡単にできる方法を紹介

  • URLをコピーしました!

「Huluをテレビで見る方法を知りたい」

「Huluをテレビで見るための回線速度は?」

上記のように考えていないでしょうか。

Huluをテレビで見るための方法はいくつかあり、ユーザーのテレビ周辺機器などの利用環境によって最適な方法があります。

この記事では「ユーザーにとって最適なHuluをテレビで見る方法」を解説していくとともに。「Huluを見る時の注意点」や「Huluを試聴するためのインターネット環境」も提案していきます。

きっとあなたの役に立つ情報ですので是非最後までご覧ください!

目次(タップしてジャンプ)

Huluをテレビで見る前に確認したい「テレビ環境」について

「Hulu(フールー)をスマートフォンで契約したけど、テレビで見る方法ってあるの?」

このような疑問をお持ちの方はきっと多いのではないでしょうか?

スマートフォンで契約した「Hulu」は、契約したアカウントを使用することでテレビでも見ることが可能です。

スマートフォンより大画面のテレビで好きな映画やアニメを楽しむためには下記の2つの条件を満たしている必要があります。

Huluをテレビで見る2つの条件

  1. テレビやその周辺機器がインターネットに接続している必要がある
  2. テレビまたはテレビ周辺機器がHuluに対応している

まず、Huluをテレビで見るための大前提として、「テレビ」や「テレビに接続しているHulu」を見れる端末がインターネットに接続している必要があります。

Huluはインターネット通信を介して視聴ができる動画配信サービスとなっているため自宅のテレビや周辺機器がインターネットに接続しているのは利用するにあたっての前提条件になります。

テレビをインターネットに接続する方法については下記記事で詳細を解説しているため合わせてご覧ください。

ここからは、「テレビまたはテレビ周辺機器がHuluに対応している」について詳しく解説していきます。

ブルーレイレコーダーやゲーム機がHuluに対応しているかどうか確認する

やはりHuluをテレビで見るために新たに機器を用意するのは費用的にも「もったいない」と考える方が多いでしょう。

Huluでは一部のブルーレイレコーダーやゲーム機に視聴機能がついているものが存在します。

まずはお使いの機器がHuluに対応しているか確認しましょう。

対応している周辺機器一覧

■ブルーレイレコーダー/プレーヤー

Panasonic ブルーレイレコーダー/プレーヤー

■ゲーム機

PlayStation 4

PlayStation 5

出典:対応機器一覧 – Hulu ヘルプセンター

補足として、PS3ではHuluの動画コンテンツ視聴に対応していましたが、2018年12月をもってサポート終了となり、現在ではHuluの視聴ができません。

テレビにHDMI端子がついているかどうか確認する

前述した対応機器を持っていない場合でも、専用視聴機器を別途用意することでHuluをテレビで見ることが可能です。

これら専用視聴機器は全て「HDMI接続」となっているため、お使いのテレビに「HDMI端子」がついているかどうか確認しましょう。

HDMI端子は差し込み口が台形のような形をしている端子で、テレビと複数の機器(ゲーム機やブルーレイレコーダーなど)をHDMIケーブル1本でつなげます。

HDMI端子の場所は、主に背面の「LAN端子」や「ビデオ入力端子」の近くにあるので、確認してみてください。

今使っているテレビがスマートテレビかどうか確認する

スマートテレビという言葉は明確には定義されていませんが、簡単にいうと「インターネットに繋がっていて幅広いコンテンツが楽しめるようになっているテレビ」を指します。

スマートテレビでは、地上波やBS・CS放送などの視聴以外に加え、テレビをインターネットに接続して動画配信サービスやアプリを利用可能です。

スマートテレビは搭載されている基幹プログラム(OS)が複数存在していますが、最もメジャーとなっているのがGoogle社が開発した「Android TV OS/Google TV OS」でしょう。

もちろんこのOS搭載のスマートテレビでもGoogle Playストアから「Hulu」アプリをダウンロードしてくればHuluをテレビで見ることができます。

「Android TV OS/Google TV OS」以外にも下記のようなOSが存在します。

スマートテレビOS (Android TV OS/Google TV OS 以外)

  • 東芝の「REGZA OS」
  • パナソニックの「VIERA OS」
  • LGの「webOS」
  • ハイセンスの「VIDAA」
  • アマゾンの「Fire OS」
  • アップルの「tvOS」

参考;https://www.earlyteches.com/2021/12/smart-tv-os-how-many-2021/

上記にあげたOS搭載のスマートテレビでも問題なく「Hulu」の視聴が可能ですのでご安心ください。

Huluをテレビで見るためのおすすめ方法は3つだけ

なるべく今ある機器を使ってお金をかけずにテレビでHuluを楽しみたいと考えるのはきっとあなただけではないでしょう。

この項では、Huluをテレビで見るためのおすすめ方法を3つ紹介します。

Huluをテレビで見るための3つのおすすめ方法

  • スマートテレビ 
  • Hulu対応デバイス(ブルーレイプレーヤーやPS4/5など) 
  • 動画視聴専用デバイス

また、動画視聴専用デバイスの購入にあたっておすすめなのが、「Amazon Fire TV Stick」「ChromeCast」「Apple TV」の3つです。

合わせて紹介するので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

スマートテレビを持っているのであれば専用アプリで見るのが最も簡単

まず、最もお金をかけずにHuluを見るためにはお使いのテレビの機能を用いることでしょう。

お使いのテレビが「スマートテレビ」であれば、「Huluアプリ」を使うことでテレビでHuluが視聴可能です

前述したようにスマートテレビには「Android TV OS/Google TV OS」以外にもさまざまな種類のOSを用いたテレビが存在します。

Hulu対応のスマートテレビについては下記となっていますが、詳細については公式サイトをご覧ください。

Hulu対応テレビ一覧

  • Panasonic テレビ
  • PIXELA テレビ
  • SHARP テレビ
  • Sony テレビ
  • TCL テレビ
  • 東芝テレビ
  • LG テレビ
  • FUNAI テレビ
  • Hisense テレビ

出典:対応機器一覧 – Hulu ヘルプセンター

Hulu対応デバイス(ブルーレイプレーヤーやPS4/5など)を利用する

お使いのテレビが「スマートテレビ」でなくとも、すでに「Panasonic製のブルーレイプレーヤー」や「PS4/5などのゲーム機器」を持っている場合は、それらの機器を使うことでHuluが視聴可能です。

対応している周辺機器一覧

■ブルーレイレコーダー/プレーヤー

Panasonic ブルーレイレコーダー/プレーヤー

■ゲーム機

PlayStation 4

PlayStation 5

出典:対応機器一覧 – Hulu ヘルプセンター

動画視聴専用デバイスを購入する

上記でお伝えした通り「スマートテレビでもないし、Hulu対応したブルーレイやゲーム機もない」という人でも「動画視聴専用デバイス」を購入すればHuluを視聴できます。

スマートテレビやHulu対応のレコーダー・ゲーム機を購入するより格段に安価に手に入るものが多くなっているので、Huluを大画面テレビで楽しみたい人に最も人気となっているのがこの「動画視聴専用デバイス」を用意する方法です。

Huluに対応している動画視聴専用デバイス一覧

  • Air Stick
  • Amazon Fire TV
  • Apple TV
  • AQUOS ココロビジョンプレーヤー
  • Chromecast
  • J:COM LINK
  • KDDI セットトップボックス
  • Panasonic セットトップボックス
  • PIXELA 4K スマートチューナー/PIXELA Smart Box
  • テクニカラー セットトップボックス
  • AMIGO 7X

出典:対応機器一覧 – Hulu ヘルプセンター

次の項では11あるメディアプレーヤーの中でもおすすめの3つを紹介していきます。

また、動画視聴専用デバイスを購入する際にはお使いのテレビに「HDMI端子」がついてるか忘れないように確認してください。

1.Hulu視聴に1番のおすすめは「Amazon Fire TV Stick」

Hulu視聴に1番のおすすめは「Amazon Fire TV Stick」です。

Amazon Fire TV Stickをお使いのテレビのHDMI端子に挿入することで「専用のアプリストア」が閲覧できるようになり、リモコンを操作することで好きなアプリを利用することが可能なデバイスとなっています。

Amazon Fire TV Stickの画面を見るためにはテレビリモコンで「外部入力」に切り替える必要があるため注意が必要です。

Amazon Fire TV Stickは他のHuluが見られる視聴デバイスに比べて安価ということに加えて以下のメリットがあります。

Amazon Fire TV Stick を使うメリット
  • Alexa対応のリモコンが優秀
  • 対応している動画配信サービスが多い
  • インターネットも出来る
  • ゲームも遊べる
  • 音楽を聴くこともできる
  • Androidのミラーリングにも対応
  • 子ども向けにペアレンタルコントロールも搭載している
  • 90日間の保証期間を2年まで延長可(有料)

特にAmazon Fire TV Stickでは、Hulu以外にも様々な動画配信サービスに対応しているというのがおすすめできる点です。

Huluだけでなく、無料で利用できるYouTubeが視聴できる他、下記の動画配信サービスが利用可能です。

有料動画配信サービス

  • Amazonプライム・ビデオ
  • U-NEXTNetflix
  • Hulu
  • FODプレミアム
  • Paravi』Disney+ (ディズニープラス)
  • dTV
  • dアニメストア
  • バンダイチャンネル
  • DAZN

無料動画配信サービス

  • YouTube
  • ABEMA
  • GYAO!
  • TVer
  • Twitch
  • cookpadLive
監修者:河村

TVerは地上波放送を見逃しちゃった時によく使っています。

TVer(ティーバー) 民放公式テレビポータル/動画アプリ

TVer(ティーバー) 民放公式テレビポータル/動画アプリ

TVer INC.無料posted withアプリーチ

また、「Amazon Fire TV Stick」に別途「イーサネットアダプター」を購入すれば無線LANがなくても有線LAN接続でHuluを見ることができます。

2.スマホアプリのHuluでテレビに映せる「ChromeCast」

続いて紹介するのが「ChromeCast」です。

ChromeCast端末をテレビのHDMI端子に挿入した状態でスマートフォンを操作することで、スマートフォンに映っているHuluの動画がそのままテレビで見ることができるようになります。

また、Hulu以外にも「Netflix」や「U-NEXT」などの他、「Googleフォト」などでもクロームキャスト対応アプリも同様にテレビで楽しめます。

ただし、スマートフォンが必須ということに加えて、クロームキャストと同一無線ネットワークに接続していなければ、キャストボタンを押してもテレビでHuluの視聴ができないため注意が必要でしょう。

3.Apple好きなら「Apple TV」

最後に紹介するのが「Apple TV」です。

前述のAmazon Fire TV StickやChromeCast(クロームキャスト)と比べると、価格的にはかなり高価になりますが、Appleの洗練されたデザインが好きな人にはおすすめです。

また、iPhoneユーザーであれば簡単に設定できるというメリットもあります。機能としては、前述のAmazon Fire TV Stickと同様に、Apple TVをテレビのHDMI端子に接続し、専用のインターフェースからApple TV +を見るということになりますが、AppleストアからHuluアプリをダウンロード・インストールすることでHuluがテレビで視聴可能になります。

Apple TVは、お使いの端末がiPhoneやiPadであれば簡単に操作が可能となっており、端末自体が有線LANを標準で搭載しているため、無線LANがない環境でも利用できるなどのメリットもあります。

Huluをテレビで見るときの注意点

ここまで、Huluをテレビで見る方法についてご説明してきました。

Huluをテレビの大画面で見ることができるようになるのは非常に大きなメリットですが、その一方でスマートフォンで見る時に比べて少々注意すべき点もあります。

Huluをテレビで見るときの注意点

  • 再生が途中で止まる時はインターネットの回線速度を確認する
  • 複数デバイスでの同時視聴は不可
  • テレビをケーブルで接続する方法は公式の推奨外
  • 公式推奨デバイス以外は利用しない

特に「テレビ」と「スマートフォン」などの複数デバイスで同時に視聴する場合には注意が必要です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

再生が途中で止まる時はインターネットの回線速度を確認する

Huluをテレビで見ているとき、再生が途中で止まる不具合があればインターネットの回線速度が推奨速度要件を満たしていない可能性があります。

Huluを見る際に必要な回線速度は以下の通りです。

Huluを見る際の回線速度

  • パソコン:下り速度 6Mbps 以上を推奨
  • スマートフォン/タブレット:下り速度 3Mbps 以上を推奨
  • テレビ/ブルーレイプレーヤ/ゲーム機/メディアプレーヤー:下り速度 6Mbps 以上を推奨

出典:Hulu を見るには、どれくらいの回線速度が必要ですか?│Hulu公式

Huluの推奨速度はテレビで下り「6Mbps以上」とされています。

お使いのインターネット回線速度を調べるには「FAST.com」などのサイトをご活用ください。

通信速度が遅い原因はお使いのインターネット回線が混雑している以外にも下記のような原因が考えられます。

  • 使用している無線LANが電波干渉により速度が低下している
  • 同時にインターネット通信を行っている端末が複数存在する

使用している無線LANが電波干渉により速度が低下している

自宅用の無線LANルーターが発する電波には「2.4GHz帯」と「5GHz帯」の2種類が存在し、

通常利用されることの多い「2.4GHz帯」は電子レンジやBluetoothの利用帯域と近いことがあり、これらの機器を同時に使用している場合「電波干渉」が生じて通信速度が低下してしまう場合があると言われています。

この場合は「2.4GHz帯」から「5GHz帯」に利用周波数を変更することで速度低下が改善する可能性があります。

同時にインターネット通信を行っている端末が複数存在する

ご自宅で利用している無線LANネットワークは、複数の機器を接続して通信することが可能です。

無線LANの特性として、同時に通信している端末に対して通信速度を等分するという性質があるため、Huluをテレビで視聴している以外の端末(スマートフォンやパソコン)で同時にインターネット接続をしていた場合、速度が低下してHuluの推奨速度要件を満たせなくなる可能性があります。

「急に動画が止まるようになった」などの症状と時は、同時に通信している端末がないかも合わせて確認しましょう。

複数デバイスでの同時視聴は不可

Huluでは「複数デバイスでの同時視聴は不可」となっており、1アカウントにつき1台までしか視聴ができないという点には注意が必要でしょう。

たとえば、「スマートフォン」と「テレビ」または「スマートフォン」と「ダブレット」などのデバイスにおける同時視聴は不可です。

ただし、ダウンロードした動画に関しては同時に見ることが可能です。

ダウンロードした動画に関しては1アカウントにつき2台まで利用可能となります。

よって、Huluでの最大同時視聴台数はストリーミング再生の端末1台+端末2台の合わせて3台と言えます。

テレビをケーブルで接続する方法は公式の推奨外

一部スマートフォンやパソコンではHDMI出力に対応しているモデルがあるため、テレビと情報端末をHDMIケーブルで接続しても視聴が可能ですが、Hulu公式では認められていないため避けた方がいいでしょう。

以下、Hulu公式の見解です。

ケーブル(HDMI ケーブル、MHL ケーブルなど)を利用して、Android、iPhone、iPad などのスマートフォン/タブレット、及びパソコンの映像をテレビ、プロジェクターなどに出力する視聴方法は動作確認をしておりません。

なお、テレビでのご利用は、Hulu に対応しているテレビ等、ゲーム機器からの視聴を推奨しています。

出典:スマートフォン、タブレット、パソコンからケーブルを経由してテレビ等への出力はできますか? – Hulu ヘルプセンター

ここで注釈しているのはあくまでも「スマートフォン/タブレット/パソコンなどの端末で表示されているHulu動画コンテンツをテレビなどの映像機器にケーブルを用いて表示されること」についてとなっています。

「動画視聴専用デバイス」や「ゲーム機器」でのHDMIケーブル接続は問題ありませんので安心してください。

公式推奨デバイス以外は利用しない

公式サイトに掲載されていない動画視聴デバイスでもHuluを利用することが可能です。

しかし、「画面が正しく表示されない」など、予測不能な事態に陥る可能性があるためHulu公式推奨デバイス以外は利用を止めましょう。

ポケット型WiFiでもHuluは視聴できる?

この記事を読んでくださっている方のイメージでは「Huluを見るなら高速回線が必要なのでは?」と思う人も多いのではないでしょうか?

前述したようにHuluの推奨速度はテレビで下り「6Mbps以上」となっていることを踏まえると、おおよその下り速度が10Mbps程度となっているポケット型WiFiでもHuluの視聴は十分可能と言えます。

通信速度が速いほど高画質な映像を見ることができるとは言えないため、たとえポケット型WiFiであっても問題なく大画面でHuluの映像を楽しむことができるでしょう。

ただし、Huluの4KUHDにおける視聴は難しいかもしれません。

Huluの公式サイトには4K動画の視聴推奨速度は記載されていませんが、YouTubeの公式サイトでは4K動画の視聴推奨速度は20Mbps以上となっています。

動画の解像度推奨される持続的な速度
4K20 Mbps
HD 1080p5 Mbps
HD 720p 2.5 Mbps
SD 480p1.1 Mbps
SD 360p0.7 Mbps
出典:映画とテレビ番組の要件│システム要件│YouTubeヘルプ

4K視聴をする人にとっては20Mbps以上が必要なので、Huluで4K動画を視聴したい場合は光回線などの高速回線を利用したほうがいいかもしれません。

まとめ

以上、Huluをテレビで見る方法を環境別に解説してきました。

Huluをテレビで見るためのおすすめ方法は以下の3つがあります。

Huluをテレビで見るための3つのおすすめ方法

  • スマートテレビを持っているのであれば専用アプリで見るのが最も簡単
  • Hulu対応デバイス(ブルーレイプレーヤーやPS4/5など)を利用する
  • 動画視聴専用デバイス(Amazon Fire TV StickやChromeCast、Apple TVなど)を購入する

お使いのテレビまたはテレビ周辺機器を確認してHuluに対応していなければ、動画視聴専用デバイスを購入するといいでしょう。

また、どの方法も前提条件として「テレビがインターネットに接続されている」ことが重要です。

自宅ですでに固定回線を用意されている方にとっては不要かもしれませんが、新たに一人暮らしを始める方などにおすすめしたいインターネット回線が「ポケット型WiFi」です。

Huluの推奨速度はテレビで下り「6Mbps以上」(4KUHDを除く)と、コンスタントに10Mbpsを出せるポケット型WiFiでも十分に回線速度を満たしています。

ポケット型WiFiなら自宅にてHuluをテレビで視聴するだけでなく、持ち運び自由なため外出先でも利用可能です。

自宅でのHulu視聴だけでなく、外出先でのYouTube視聴や音楽サービスの利用などもデータ通信量を気にせずに楽しめます。

記事を参考にHuluをテレビ視聴可能にすると共に、インターネット回線の選択肢も広がるといいですね。

\当サイトイチオシのサービスはこちら/
クラウドWiFi公式サイトを見る▷▷

この記事の監修者
河村亮介

河村亮介(カワムラリョウスケ)

回線サービスの比較専門家

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイル回線選びの専門家。徹底した通信速度測定に定評がある。回線系比較サイト「GreenWaves」運営/WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表

プロフィールを見る▶︎▶︎

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてねっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MasterNet編集部です。当サイトは「一人ひとりに最適な通信環境を提供すること」をコンセプトにモバイルルーター・ホームルーターに関する情報を発信しています。

目次
トップへ
目次(タップしてジャンプ)
閉じる