今の時代、スマートフォンのデータ通信量プランには20GBや30GBもあるため、スマートフォンのテザリングを使って他機器をインターネットに接続する方もいらっしゃると思います。

ネット環境がない時にはとても便利なサービスです。しかし、テザリングはご利用されているスマートフォンの契約によって月間データ通信量の制限に違いがあるため、考えながらテザリングをする必要があります。

一方、ポケットWiFiでは月間データ通信量に制限がないものが多いため、他機器をインターネットに接続する時にはとても便利なサービスと言えます。

今回はポケットWiFiとテザリングを速度制限と料金という観点から比較し、ご説明させていただきます。

1. テザリングについて

テザリングには3種類の方法があります。

それぞれのメリット・デメリットと3大キャリアのテザリングオプション料金についてご紹介します。

1.1 テザリングの種類

WiFiテザリング

スマートフォンをWiFiとして使用するメジャーな方法となります。ポケットWiFiに比べると速度は落ちますが、普通にネットが利用できるほどの速度は出ていました。
充電の消耗が激しいというデメリットがあります。

USBテザリング

USBケーブルで端末と端末を接続する方法となります。通信速度は速く、充電しながら利用することができますが、USB接続できる端末のみしか利用できません。
また、一台のみ接続が可能。

Bluetoothテザリング

BluetoothもWiFiと同様に無線の規格となります。電池の持ちが良いですが、WiFiに比べて下り(受信)通信速度が10/1ほどと言われております。

【WiFiテザリング時の通信速度】

1.2 3大キャリアのオプション料金

テザリングオプションは、以前は3大キャリアともテザリングオプションは無料でしたが、現在、auとSoftbankは20GB以上の容量の大きいデータ通信量プランを、月額500円としています。Docomoは無料となります。

 

大容量だからこそテザリングも出来るので、

有料化はとても残念です。。。

 

 

auプランによって一部有料(500円)
Softbankプランによって一部有料(500円)
Docomo無料

2. ポケットWiFiとの比較

ここでは、テザリングの速度制限時とポケットWiFiの速度制限時の違いや、料金、充電の持ち時間などについての比較をしていきます。

ポケットWiFiでインターネットを利用した方が、お得であるということが理解できるはずです!

2.1 データ通信量と速度制限

データ通信量を考えた時にスマートフォンですとデータ通信量の制限があるため、長時間や頻繁にテザリングを行う時は、データ通信量を気にしながら行わなければなりません。

ネット閲覧やメール送受信などであれば消費量は少ないですが、動画視聴などでは多くのデータ通信量を消費します。

私事ですが、実際にAmazonプライム視聴の際にテザリングを行い、1時間40、50分ほどの動画を視聴したところ7GBを消費しました。

データ通信量プランがや5GBや7GB契約の場合、一発で通信制限がかかります!

ポケットWiFiの場合は月間のデータ通信量制限がない端末が多く存在します。

直近3日間で10GBを超えると速度制限がかかるなどという制限はあります。

 

次に、通信制限がかかった際、Wi-Fiとスマホのテザリングで実際にどれだけの速度に制限されてしまうのでしょうか。

2.2 通信量比較表

WiFi東京レンタルショップでのレンタル端末Ymobile 502HW とメジャーな方法であるWiFiテザリングについての比較表となります。

 ポケットWiFi (502HW)

テザリング

月額6500円+往復郵送費スマホ月額料金+オプション(500円 or 無料)
月額データ通信量無制限上限あり
通信速度最大165Mbps (下り)10Mbps程度(下り)
通信制限時1Mbps128Kbps
充電の持ち約10時間ほど消費が激しい

ポケットWiFiはレンタル品の場合、レンタル料金+スマホ月額料金となりますが、テザリングの場合、スマホ月額料金のみかそれに+500円となります。

料金の安さだけを求めるのであればテザリングということなります。但し、テザリングはデータ通信に制限があり、通信量を超えると128kbpsとなりネット閲覧が出来なくなるほどの通信速度となります。

上記を改善するためにデータ通信の購入という方法もありますが、1GBで約1000円くらいとなります。

再度データ通信を購入して気にしながら使用するよりは、短期間でポケットWiFiをレンタルしてデータ通信量を気にせずに使用した方が良いかと思います!

ポケットWiFi速度制限時の1MB(1024kbps)はYoutubeの読み込みに多少時間がかかり中画質程度では視聴ができる速度と言われております。

 WiFi東京レンタルショップ
WiFi東京レンタルショップ
https://www.wifi-tokyo-rentalshop.com/howto/about-data-traffic-volume-when-viewing-youtube/
Wi-Fiレンタル無制限|国内用PocketWi-Fi格安レンタル店

インターネットの利用時間が多い方へ

テザリングは契約しているデータ通信量によって使用できる量が変わってきます。ネット閲覧やメール送受信などだけでしたら可能かもしれませんが、毎日ネットで動画を視聴したり、ゲームをしたりということは現実的に厳しいです。

ポケットWiFiであれば月間のデータ通信量の制限がないためテザリングよりも快適にインターネットを利用することが出来ます!

どのような用途でどれくらいネットを利用するかによって使用する方を考えてみるのが良いかと思います!

最近の記事

関連記事