クラウドSIMという「国内外で自由にデータ通信が使える」従来のSIMにクラウド技術を適用させたクラウドSIMとクラウドSIMサーバーという新技術の仕組み、サービスについてご紹介します。

従来、スマホやタブレットには1台につき1枚のSIMカードが挿入されており、そのカード情報を基に電話やインターネットなどのサービスが利用できます。そのため、海外時には現地のSIMカードを購入したりポケットWiFiをレンタル、契約している携帯会社のサービスである国際ローミングを行って高価格な料金で、データ通信を行う必要がありました。

その中、2009年に中国で設立されたuCloudlinkによって世界中のユーザーおよび旅行者に向けて低価格で利用できるデータ通信サービスが提供されるようになりました。

クラウドSIM対応端末クラウドWi-Fiを1台持ち歩くことによって、国内の普段の使用時だけではなく、海外へ持ち出してもSIMを差し替えることなく、国境を意識せずに自由にデータ通信を使えるサービスが実現しました。

この画期的なサービスについて最後までお読みいただければ幸いです。

クラウドSIMとは

クラウドSIMとは

クラウドSIMとは、クラウドサーバー上に格納された世界中のSIM情報を保管し、必要に応じてクラウドSIM対応端末(クラウドWi-Fi)にSIM情報をダウンロードして使えるようにします。

従来のSIMカードではスマホやタブレット1台ごとに、1種類のSIMカードが差し込まれています。このSIMカードの情報によって通話やインターネットなどのサービスを利用することができます。そのため、他の事業者の回線を使うにはSIMカードを差し換えないといけませんでした。

クラウドSIMではサービス提供国の複数の通信事業者のSIMカード情報をクラウドサーバー上に保管しています。

世界中のSIM情報がクラウドサーバー上に保管されているこの技術により、場所や状況にあわせてクラウドWi-Fiに最適なSIM情報を自動的に選択し、通信を行うことができるようになりました。

クラウドSIMでは、このSIMカードをスマホやタブレットなどの通信端末ではなく、uCloudlinkが開発した独自のクラウドSIMサーバー上で管理しています。クラウドWi-Fiには各国の設定を書き込んで通信の認証を行う制御SIMが装着されており、この制御SIMに対してクラウド上のSIMカードを割り当てることでデータ通信サービスを可能にしています。

つまり、旅行や出張の際の国内外のデータ通信サービスの使用が心配不要となります。

クラウドSIMとクラウドSIMサーバーのポイント

  • クラウドSIMは中国のuCloudlinkの開発したクラウド技術です。
  • クラウドSIMは各国キャリアの発行するSIMを情報化してクラウドサーバーに格納されています。
  • クラウドSIM対応端末(クラウドWi-Fi)にはクラウドサーバーに位置情報を伝える制御SIMが装着されています。
  • クラウドSIMサーバーは、制御SIMからのリクエストによるり加入者情報などを送り、クラウドWi-Fiにコピーして、現地SIMの情報で通信できるようにします。
クラウドとは「インターネット上にあるさまざまなサービスや情報を必要な時に利用できるようにする」という考え方のことです。
通常、データは自己所有のストレージ(データを保存する場所で、容量に限りがある)に保管されています。
クラウドサーバーでは「インターネット上にあるため、容量に限りがなく、さまざまな情報やサービスが無限に保管できる場所」ということになります。

クラウドSIMの仕組み

クラウドSIMはuCloudlinkが開発提供するサービスです。

uCloudlinkは2009年に中国で設立された企業で、世界中のユーザーおよび旅行者に向けて安価な値段で利用できるローカルデータ通信を提供しています。

2009年の設立からローカルデータ通信の開発に注力していて、現在は50%以上の従業員が研究開発部門に所属しており世界中で60件もの特許を得ています。

クラウドSIMでは、端末に内蔵されているソフトウェアからクラウドサーバーにアクセスしてSIM情報をダウンロードするので、従来のSIMカードとは違って物理的な差し換えが必要ありません。

わかりやすく表現すると、クラウドSIMは端末内蔵のソフトウェアにSIMカード情報が入っているためSIMが不要というわけです。

端末とSIMの関係を「1対1」から「1対多数」へ.

クラウドサーバー上に保管されている通信事業者のSIMカード情報は国外用のものも含まれているので、旅行などで海外へ行くときに利便性もあります。

クラウドSIM用のクラウドサーバー上には世界100ヵ国以上のSIMカード情報が保管されているので、クラウドSIMモバイル対応のモバイルWi-Fiルーター(クラウドWi-Fi)が1台あれば、海外でも広範囲での利用が可能になります。

国内向けのポケットWi-Fiは海外での利用ができない(できたとしてもコストが高額になる)ので、クラウドWi-Fiは今後海外に行く頻度が高い人にとって重宝するアイテムになると予想されます。

ただ、海外で使用する場合、契約事業者やプランによっては一定量の通信を行うと現地の通信制限が適用される場合があるので注意してください。

1台の通信端末で複数のSIMカードを利用しているかのような使い勝手を実現できるのです。

この通信端末をクラウドWi-Fiと言います。

クラウドWi-Fiとは

クラウドWi-Fiとは、クラウドサーバー上にある最適なクラウドSIMの情報を適用させ、インターネット通信ができるモバイルWi-Fiルーターです。

現状、クラウドSIMを使用するには、uCloudlinkが開発提供している専用の対応端末が必要になります。

クラウドWi-Fiは端末内に制御SIMが内蔵されており、クラウドサーバー上に現地の情報を伝えます。その情報を受信したクラウドサーバー側で最適なSIM情報を選択し、クラウドWi-Fiにコピーします。

端末内にSIMカードを挿入しなくても、インターネットを利用できるのが大きな特徴です。

これまでのWi-Fiとの違い

従来のWiFiは、1台の端末に1回線が基本でした。例えば、ドコモのSIMカードを使っている場合は、ドコモ回線だけ利用できるなど。

ですがクラウドSIMは、SIMカード1枚あれば世界中の回線が使えます。その土地で利用されている回線でネットを使える、新しい仕組みなのです。

使える回線が多い

使える回線が多いのがメリット。クラウドSIMは国内の大手キャリアはもちろん、世界中の回線を使えるケースがほとんどです。クラウドSIMを1枚持っていれば、わざわざ他のSIMカードを契約する必要はありません。

エリアにあわせて最適な回線に自動切り替え

クラウドSIMは国内の大手キャリアはもちろん、世界中の回線を使えるケースがほとんどです。クラウドSIMを1枚持っていれば、わざわざ他のSIMカードを契約する必要はありません。
そして、エリアに合わせて最適な回線に自動で切り替えてくれます。常に一番安定した回線を使えるので、快適なネット環境を維持してくれるのも魅力です。

通信エリアが広い

世界中の回線に対応しているので、わざわざSIMカードを変更する必要もありません。

クラウドWi-Fiの特徴

世界135ヵ国のSIM情報がクラウドサーバー上に保管されています。渡航先に合わせてクラウドWi-Fiが自動的にSIM情報をダウンロードし、データ通信ができるようになります。国際ローミングのような高額な料金を請求されることもなく低価格でデータ通信が使用できます。

クラウドWi-Fiのサービスを提供する会社によっては、uCloudlinkと独自でそれぞれの通信業者と提携している場合は3大キャリアのLTEを使用することが可能となります。

国際ローミングとは、国内で契約している携帯会社が国外の提携先会社との契約により、利用者が同様のサービスを海外でも利用できるということです。インターネットを利用する際に国際ローミングで行うと、ほとんどが従量課金制となりますので、パケット毎に何円、通話30秒毎に何円というように利用料に応じて課金されます。

メリット

  • SIMカードの差し換えが不要なため、国内外でのネット通信が可能
  • 国内利用時には大手3キャリアのLTE横断が可能

海外でインターネット利用をするには、空港でポケットWi-Fiをレンタルするか現地でのSIMカードの購入・手続きが必要で面倒でしたが、クラウドSIMはそれらの必要がなく海外での利用方法を簡単にしています。

サービスを提供する会社よっては、Softbank,au,Docomoの回線を利用できる場合があります。対応エリアによって最適な回線が自動的に選択されるため、広範囲で快適にインターネットサービスを利用できます。

デメリット

  • 最大通信速度はやや劣る

クラウドSIMはWiMAXなど従来のWiFiと比べると、通信速度が劣ります。

例えば、WiMAXの最新機種「W06」の最大通信速度(下り)が1.2Gbpsに対し、クラウドWi-Fi人気機種の最大通信速度(下り)は150Mbpsほど。10倍近い差があるのが現状です。ただ、150MbpsでもYouTubeやSNSを楽しむには十分の速度となっています。

海外でも低料金で利用できる理由とは?

通常、海外でインターネットを利用する場合、高額な国際ローミングを行うか、それを避けるために現地のSIMカードを購入してスマホに挿入する方法があります。

一方、クラウドSIMでは国内のサービス業者からクラウドWi-Fiを購入するか、レンタルするだけで、国際ローミングを行う必要がありません。クラウドサーバー上にある世界中のSIM情報をエリアに合わせて、クラウドWi-Fiが自動的に選択してくれます。

そのため、どの国に行っても、SIMカードを差し替えることなく現地の料金に近い形で通信が可能です。

従来のポケットWi-Fiの月額料金が半額である理由とは?

従来のポケットWi-Fiをレンタルした場合は、最低1日や2日からレンタルが可能であり、縛りや解約金がない店舗がほとんどです。

一方クラウドWi-Fiでは、初期費用の他に契約縛り、解約金がかかる店舗があります。「長期利用者向け」の端末である分、月額料金が半額ほどに抑えられています。但し、レンタル店舗の中にも契約縛り、解約金なしでクラウドWi-Fiが借りれる店舗もあります。

クラウドWi-Fiの利用方法と人気機種5つ

クラウドSIM対応のWi-Fiを使用するには2つの方法があります。

  • uCloudlinkが提供しているサービスのGlocalMeなどから端末を購入してデータ通信量をチャージする【購入型クラウドWi-Fi】
  • レンタル店舗から端末を借りる【レンタル型クラウドWi-Fi】

購入型クラウドWi-Fi

クラウドSIM対応Wi-Fiルーターを提供する事業者は4種類あります。

uCloudlink社の2つのブランド「GlocalMe」と「Roamingman

GlocalMeとRoamingmanはどちらもuCloudlink社が提供するクラウドSIMサービスですが、GlocalMeは個人ユーザー向けの端末販売ブランド、Roamingmanはレンタル向けブランドです。

2019年9月時点でRoamingmanは日本国内でのレンタル受付をしていないので、日本に在住の人が利用できるuCloudlink社のクラウドSIMサービスはGlocalMeのみです。

GlocalMeでは端末をAmazonで購入でき、最初の1.1GB(利用開始日から1年間)は無料で利用できます。もちろん無料の1.1GBは海外でも利用可能です。

購入後に利用するデータ容量は、専用のスマホアプリまたはパソコンのWEBブラウザを使ってクレジットカード決済で事前にチャージをします。

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B072ZXHFGM

MAYA SYSTEMのJetfon

MAYA SYSTEMはuCloudlink社のSIMを搭載した独自ブランドで、Jetfonというサービス名でクラウドSIM内蔵のモバイルルーターのレンタルを行っています。

利用料金は以下の通りで、無制限プランまで展開されています。ただ、無制限プランでは一度の申し込みで複数の国での利用ができなので注意が必要です。

ちなみに、MAYA SYSTEMはFREETELのスマホや機種の販売も行っていて、公式のオンラインショップではSIMフリーポケットWi-FiのARIA2が購入できます。

レンタル型クラウドWi-Fi

レンタル型クラウドWi-FiはGlocalMeから端末を購入し、その代理店がレンタル業者に端末を貸出します。

国内利用時にはSoftbankのみの電波帯が利用できる代理店、購入型クラウドWi-Fiと同様にそれぞれのキャリアと契約している代理店であれば、3大キャリアの電波が利用できるレンタル店舗もあります。

また、購入型はデータ定額プラン・従量課金プランとデータ通信に制限がありますが、レンタル型クラウドWi-Fiの場合は超大容量通信のできるレンタル店舗がほとんどです。

2年縛りや解約金などがかかる店舗、反対に契約の縛りがなく解約金などがかからない店舗もあります。

2019年9月時点で流通しているクラウドWi-Fiは以下となります。

  • U2/U2s/D1
  • G3/G4

U2

U2

引用元:https://jp.ucloudlink.com/html/ucloudlink-solution/

U2はほとんどのクラウドSIMサービスで取り扱われているクラウドWi-Fiの一つです。

タッチパネルが非搭載で国内の主要ルーターと比べると機能性が劣るように見えますが、かなりの薄型なので持ち運びやすさは優秀です。また、3500mAHのバッテリーが内蔵されているため、連続通信時間が12時間と長持ちする。電池残量は本体のボタンを押して3段階の電池アイコンまたは下部の4段階の〇ランプで確認が可能。接続したスマートフォンのWEB GUIで使用量などの管理もできる。

U2s

uCloudlinkのセカイルーター「GlocalMe U2」をベースとした製品2018年8月に発売されたクラウドWi-Fiとなります。U2と形やSIMスロットを2スロット搭載しているため、格安SIMや現在のSIMを利用することも可能です。

D1

レンタル業者「どんなときもWiFi」が提供している端末となります。端末自体はU2sとなりますが、2019年6月に名称をD1に変更して、端末自体に「どんなときもWiFi」のロゴが入っています。

G3

引用元:https://jp.ucloudlink.com/html/ucloudlink-solution/

こちらもuCloudlink社の製品であり、G3もさまざまなクラウドSIMサービスで取り扱われている機種の一つです。

U2と比べると厚みと重さが増していますが、タッチパネル搭載で使いやすく、モバイルバッテリーにもなりスマホの充電が可能な利点があります。内蔵されているモバイルバッテリーは5350mAHで、約15時間の連続通信ができます。また、約4時間で充電満了となります。

G4

G4

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07VW6WZ6S

2019年6月に発売された最新のクラウドWi-Fiとなります。G3の特徴であった「持ち時間」という機能から離れ、モバイル・デバイスとしての持ち運び機能の強化、軽量化が重視されています。画面サイズがかなり大きく、見た目はスマートフォンのような形となっています。画面サイズを生かし、翻訳アプリや旅行情報アプリなどを内蔵しています。

クラウドWi-Fiを検討されている方へ

WiMAXなどでは郊外や山間部で「圏外」表示になることが多々ありますが、クラウドWi-FiではLTE回線を利用していることから「圏外」の可能性が低くなります。

クラウドWi-Fiが1台あれば、海外利用時に多数の回線が低価格で利用できます渡航先に合わせてポケットWi-Fiを変更したり、空港や海外現地で面倒な手続きの必要もなくなります。

国内利用時には、月額料金がポケットWi-Fiの半額ほどでレンタルできます。

これらの利便性の面で今後は、ポケットWi-FiからクラウドWi-Fiを使用するユーザーが増えると考えられます。

かなり魅力的なサービスとなっておりますので、ぜひご検討ください。

Wi-Fiレンタル

最近の記事