WiFiレンタルブログ

インターネットが苦手な人も分かる!インターネット回線のイロハ

今日の社会ではインターネットのない生活なんて考えられないものであり、幼い子供も、高齢の方でもインターネットに触れている時代です。
ですが、最近は携帯電話から始まり、タブレット端末がすっかり主要化していったことから若い人でもパソコンの操作方法が実はあまりよく分からないという人が増加しているのです。
そういった人が、社会人になって会社での仕事の都合上どうしても自宅にもパソコンをおく必要性が出てきたとなったらどういう風にインターネット回線を繋いだらいいのか分からないという人も決して少なくはないはずです。
そういった人のために、インターネット回線の基本的なことをまとめてみました。

 

現在存在しているインターネット回線は4種類!

インターネット回線を繋ぎたいと思ってもその回線にも種類が存在しています。
昔は1種類しか無く、その回線は非常に遅いものでしたが、今日では4種類になりインターネットの生まれた頃と比較するとずっと速くなりました。
その中でも最も早く、現在のインターネット回線では最も主流となっているのが光ファイバーです。
速度が速い上に安定した利用ができるということが何よりの長所ですね。
但し、光ファイバーはマンション在住者の場合は在住しているマンションそのものが光ファイバーに対応していない場合は利用することが出来ません。
一応、個別で光ファイバーを引くことは出来なくはありませんが、壁に穴をあけることもあるので大家さんに許可が必要ですね。
そういったことが難しいという場合だとADSL回線やCATV回線(ケーブルテレビ回線)といったものを選択することになります。
ADSL回線はNTTの電話回線があれば利用可能ですし、料金も安いです。
ですが、NTT基地局から離れていると、速度が遅くなったり不安定になることがあるのが短所ですね。
そしてCATV回線はケーブルテレビ側が提供しているケーブルテレビの回線でインターネットを接続できるサービスのことです。
ケーブルで受信するという方法ということなのでアンテナは必要ありませんが、当然ながらケーブルテレビのサービスを利用している必要がありますね。
そして、最近増加しているのがモバイル回線です。
これは携帯電話会社が提供する3G・LTE回線の電波を受信して、Wi-Fiルーターなどの機器を利用することによってインターネットに接続します。
スマホのデータ通信制限に引っかかった場合にお世話になっている人も多いかもしれません。
持ち歩きが出来て、すぐにどこでも使えるのが魅力的ですが、電波が弱いと不安定になります。
キャリアによっては通信制限もありますね。

 

プロバイダやルーターって?

インターネット回線を繋ぐ上で欠かせないのがプロバイダとルーターの存在です。
プロバイダは、回線業者とインターネットを接続する事業者です。
どこのプロバイダを選択するかによって料金プラン・サービスが大分変わる場合もあります。
ただ、マンション在住者の場合は共有のプロバイダ・回線が存在している場合がありますね。
マンションで夜に回線が混み合いやすいのは共有の回線を使用しているからです。
そして、ルーターはひとつのインターネット回線を複数のコンピューターで共有できる機器です。
有線と無線のものがあり、これを使用することで複数のパソコンでインターネットが使用で着るようになります。

 

まとめ

最近は非常に簡単にインターネットの接続の申込が出来るようになっています。
最低限の言葉を理解しておけば自分が納得の行くインターネット回線を選択できるはずですよ。

 

WiFi東京レンタルショップ

WiFi東京レンタルショップ

    関連記事

    コメントは利用できません。

    おすすめ記事