Youtubeを視聴した際のデータ通信量について

どれくらいのデータ通信量を使うのか

ポケットWiFiを利用する上で動画視聴が用途になる方もたくさんいらっしゃると思います。

動画視聴はデータ通信量を多く使うと言われています。

画質接続する台数によって視聴できる時間が異なります。

ポケットWiFiということで

初めにどこでも気軽に視聴出来るYoutubeを使って検証してみました。

周辺環境などによってデータ通信量は変わってきますが

1つの参考にしてみてください。

1. 画質によってデータ通信量はかなり変わる

1.1 低画質~HD画質の通信量を調べてみる

スマートフォンにてYoutubeアプリを使用し、5分間の動画を下記画質にて視聴しました。

240p低画質
360p中画質
480p高画質
720p HD画質

視聴の際のデータ通信量1GB10GB
5分間1分間あたり
240p14.36MB2.87MB約5時間48分約58時間
360p24.29MB4.85MB約3時間25分約36時間
480p48.68MB9.73MB約1時間40分約17時間
720p86.15MB17.23MB約58分約9時間40分

5分間の通信量を調べて、1GBと10GB使用の際にかかる時間を計算しました。

1000MB=1GB、10000MB=10GBとなります。

Ymobile 502HWのアドバンスモードは

3日間で10GBを超えなければ、翌日の18時~翌々日の25時まで速度制限(1mbps)がかかりませんので、

1日12時間ほど中画質を視聴出来るということになります。

但し、Ymobile公式サイト利用用途ごとの目安では、

ネット動画(中画質)を閲覧すると約45時間(10GB)となります。

そのため、大雑把ですが、、、

3日間で40時間前後くらいであればスムーズに視聴が可能です

高画質の場合でも1日5時間半くらいは視聴出来ることになりますが、

HD画質では1日3時間ほどで3日間10GB前後になりますので、

動画視聴をメインで利用する場合には速度制限がかかりやすくなるということになります。

1.2  3台接続した場合

スマートフォン3台で同時に視聴した際のデータ通信量についても調べてみました。

視聴の際のデータ通信量10GB
5分間
240p43.13MB約19時間20分
360p64.7MB約12時間50分
480p137.87MB約6時間
720p234.97MB約3時間30分

Ymobile 502HWは10台まで接続が可能です。

Youtube動画の視聴では4~5台が接続目安と言われておりますが、

3台でも3倍程のデータ通信量を使うため

高画質やHD視聴では速度制限がさらにかかりやすくなります。

複数台数で利用を考える場合には通信量を少し気にした方が良いかもしれません。

但し、3台同時でもスムーズに動画視聴が可能です。

以前、5台同時に視聴したこともありましたが、

その際もスムーズに動画視聴が出来ました!

2. Youtubeでデータ通信量を抑えるには

2.1 画質を下げる

1.1の表からも確認が出来ますが、

低画質~高画質では視聴出来る時間がかなり変わってきます。

Youtubeアプリは画質が自動設定になっており、

電波や回線によって画質を選択されるので

高画質を選択されることが多くなります。

そのため、画質を選択することによって

設定以下の画質視聴が出来るようになります。

一日にかなりの時間動画を視聴するのであれば、

240pや360pを設定して通信量を抑える方法がおすすめです!

最低画質には144pもありますので、

気にならなければ上記を設定してさらに長時間動画を視聴することも可能です!

2.2 アプリとブラウザ

2.1で説明した通りアプリに関しては自動設定となっておりますが、

ブラウザでYoutubeを視聴する場合ですと、

アプリよりも低画質設定で再生されるため通信量を抑える事が出来ます。

普段画質を変更しないで視聴している方はブラウザでの視聴をおすすめします!

 

画質や接続台数によってデータ通信量は全然違います。

1台接続の際に中画質程度であれば速度制限がかからず、

十分視聴出来るデータ通信量ではないかと思いました。

データ通信量を抑える際には是非、画質の変更や設定の確認してみて下さい。

今後はAmazonプライムやNetflix視聴の際の

データ通信量についても調べていきたいと思います。