Ymobile 502HWのアドバンスモードについて

アドバンスモードはデータ通信量の制限がないモード

WiFi東京レンタルショップではYmobile 502HWのレンタルが可能です。

レンタルショップの場合ですと何年契約などの縛りもなく、

ネット環境が必要な時にだけポケットWiFiをレンタル(レンタル料金+往復郵送費のみ)することができます。

502HWはアドバンスモード(無制限)標準モード(同月内7GB制限)の2つのモードをポケットWiFi端末内で簡単に切り替えることが可能です。

高速通信の可能アドバンスモードは月間のデータ通信量の制限はありませんが、

注意点はいくつかありますのでご説明します。

1. アドバンスモードとは何か

1.1 AXGP

アドバンスモードの電波は「Softbank 4G=AXGP」の回線となります。

上記は2.5Ghzという高い周波数を使っているため、

サービスエリアが標準モードに比べると狭くなっていますが、

アクセス集中などが起きた際に調整できる通信方式を取っているので、

スムーズな通信が可能です!

普段使われているSoftbankの電波は「Softbank 4G LTE 」となり、標準モードで使われている電波帯となります。

アドバンスモードの電波帯は普段使われているSoftbankのLTEではないので注意が必要です。

1.2 エリア

                 (Ymobile: Pocket WiFi 502HWの対応エリアより引用)

青いエリアアドバンスモード対応エリアとなり

赤いエリアだと標準モードも使えるエリアとなります。

都心部主要部ではアドバンスモードが対応エリアになっていることが確認できますが、

山間部や山地では繋がりにくい場合や繋がらない場合が多いということになります。

都心部でも地下、建物の上階や構造などによっては繋がらない場合もあります。

お申込み前に必ず対応エリア (Ymobile: エリアマップより)の確認をお願いします。

1.3 速度制限

月間のデータ通信量はないアドバンスモードですが、

3日間で10GB以上ご利用されると、

翌日4日目の午後6時~翌々日5日目の午前1時(約7時間)まで速度制限がかかります。

速度制限中は1Mbpsまで速度が下がります。

1MbpsはYoutube等の低画質~中画質動画で読み込みに時間が掛かり、視聴は出来る速度と言われています。

2. データ通信量について

2.1 利用用途ごとの目安

(Ymobile: よくあるご質問より引用)

上記画像は利用用途ごとの目安となります。

ネット閲覧やメール送受信ではかなりのページ閲覧やメールのやり取りが出来る事が分かります。

動画視聴では大きなデータ通信量を消費しますが、

Youtubeなどの中画質動画では10GBで約45時間程視聴が出来ます。

3日間で約45時間程動画視聴が出来るのであれば、十分ではないかと思います!

2.2 確認方法

全ての端末はアドバンスモード設定で発送していますが、

データ通信量の確認表示に関しては標準モードの表示設定となっています。

変更方法

  1. ポケットWiFiの「データ通信量」アイコン
  2. データ通信量設定
  3. 表示するデータ通信量:アドバンスモードを選択
  4. 表示するデータ通信量の下にあるデータ通信量設定:7GB→10GBに変更

上記を行っていただくと、アドバンスモードの当日~3日前までのご利用状況が確認出来ます。

 

現状山間部や地下などでお使いいただくには難しいですが、

AXGPが使えるエリアは徐々に広がっていくと思います。

対応エリアを調べていただいてお使いいただけるエリアであれば快適なネット環境が整います。

ぜひ一度、高速通信可能なアドバンスモードを使ってみてください!